2003年の冬期アジアオリンピックの皇太子ご夫妻

読者の方からメールをいただきました。

素敵な話だったので掲載許可を得て皆様にご紹介します。

ウィン太くんさま
2003年の冬期アジアオリンピックの時に私の地元青森県に皇太子さまと雅子さまがご来県されました。家族総出でお手降りに行きました。母によると特に町内会での有志のお手降り〜〜とかは募集されていなかったそうです。みんな自主的にお手降りに参加していたとの事です。
真冬の寒い日なのに、しかも空港から宿泊されるホテルまでのただの道路なのに皇太子さまと雅子さまは車の窓を開けてくださって、お手降りをしてくださいました。マジ感動です。お二人ともとってもキラキラされてました。道路には県民が押し寄せていて、祝日に家庭で飾っているような大きな日の丸の国旗を降っている人もチラホラいました。県民はキャーとか雅子さまー!とか皇太子さまー!と叫んでパーリーピーポーになってました。
その時、父がマイカメラで皇太子さまと雅子さまを撮影していたのですが、こちらを見てくださっていて、感動しました…!家の居間に大きく写真を現像して飾っております。
皇太子さまと雅子さま見たさに、大会の会場にも家族総出で行ったのですが、ボーボー吹雪いていても皇太子さまと雅子さまはじっと観戦されていました。
警備にあたっていた県警の人も自衛隊の人もパーリーピーポーになっている県民たちを特に注意することもなく、『一緒に殿下たちをお出迎えしましょう!』と言っていたそうです。(父談
)


素敵な話をありがとうございます。

ちなみに宮内庁HPのご日程をチェックすると

平成15年2月7日(金)~平成15年2月8日(土)
青森県行啓(第5回アジア冬季競技大会青森2003にご臨場,併せて地方事情ご視察)

平成15年2月7日(金)
皇太子同妃両殿下 東宮御所御発
皇太子同妃両殿下 ご昼食(青森グランドホテル)(青森市)
皇太子同妃両殿下 ご覧(カーリング競技)(青森市スポーツ会館)(青森市)
皇太子殿下 国事行為臨時代行(ご執務)(青森グランドホテル)(青森市)
平成15年2月8日(土)
皇太子同妃両殿下 ご視察(児童養護施設「藤聖母園」)(青森市)
皇太子同妃両殿下 ご昼食(青森グランドホテル)(青森市)
皇太子同妃両殿下 第5回アジア冬季競技大会青森2003閉会式ご臨席(新青森県総合運動公園「青い森アリーナ」)(青森市)
皇太子同妃両殿下 ご視察(三内まほろばパーク縄文時遊館)(青森市)
皇太子同妃両殿下 東宮御所御着
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/02/h15/gonittei-2-2003-1.html

ご夫妻らしいのは児童養護施設をご視察されていらっしゃる。

雅子さまはお忍びという形で東京の児童養護施設をご訪問されてます。

ちなみに別の日の開会式では入院中の父親に代わり皇太子殿下が開会を宣言されました

スポンサーサイト

外務省元職員が証言「要人の通訳をする人間はエリート」 

先日紹介した本『プロトコールとは何か』にこんなことが書いてあった。

>要人の通訳は外務省のエリート
>こうした重要な接遇の際に、外務省内で要人の公式通訳に指名される職員はさすがに素晴らしい語学力を備えていました。

(106ページ)

>通訳は言葉が堪能というだけでなく、業務の内容に通暁していなければなりません。また、相手の言語だけでなく、正確な美しい日本語を話せることが大切です。
(192ページ)

ガチで次の時代の皇后陛下の雅子さまの外務省時代の写真をご紹介

海部総理の通訳を任された雅子さま(平成3年3月)
e97256936abb1b844144c586c39bc35d.png
CCI20100717_00054_201701310125038a8.jpg



海部内閣時代
247631edd80f8c05d77fd4106aee5d25.png

三塚通産相とカーラヒルズ通称代表部の会談で通訳を任された雅子さま(平成3年11月)
b3d57c821b59bdc9f78a6b110c4e9c08.png


あとこちらも紹介
9c731d5b1c73ddfe0f5ec54143159c2b.png


首相の通訳を任される位スーパー優秀な女性を国内に幽閉してたんだからひでー話だぜ!

御代が変わったらガンガン海外をご訪問して欲しいですね!

デンフタのクラスメイトと一緒に

デンフタ時代のご友人の結婚式にご出席される独身時代の雅子さま

平成2年11月
ご友人の結婚式 その3

平成4年4月
ご友人の結婚式 その2
ご友人の結婚式


同窓会
田双の同窓会にて 平成3年2月
田双の同窓会にて


キーコさまとミテコさまってこういう写真見たことないんです。

まあ、キーコさまの場合学生結婚で若かったから結婚式に出席したことがないというのもありそうですが。

あとミテコ皇后の同窓会での話を高橋紘氏の『人間昭和天皇(下)』に書いてあります。

>東宮御所で皇后のクラス会か同窓会をしたときのこと。終わると同時に侍従が来て「フィルムなどをお預かりします」。後日、そのうちの何枚かがカットされて戻ってきた。「もう私は行かない」。

デンフタ時代のご友人の皆さんは雅子さまが体調を崩され、さらにはバッシングされるようになると

「オワが苦しんでるのに何もできない私たちが情けない」

と涙を流されました。

1999年の新年一般参賀と同じ衣装ですがそれでも美しい稀有なお方

こんばんは!

1月2日は毎年皇居で新年一般参賀が開かれてますね!

ヘカテーも旗振ってきました!

thumbnail_1483322504183.jpg

遊行寺で(笑)

今年は結構競り合いみたいな感じで遊行寺の坂を坂を下っていきましたね。

やっぱり走ってるとみんなイケメンに見えちゃうのよね。

昨年はルミネの福袋を買いに行ったから旗振れなかったけど、

今年は2年ぶりに観戦できました!

ついでに遊行寺で初詣もしてきました。

ちゃんと

「今年は皇太子ご一家にとっていい一年になりますように。そして平成4人組に天罰が下りますように」

とお願いしてきたぜ!

というわけで

千代田で行われた方の旗振りはどうだったのかと言いますと





59a1ff67e82546f98223f5a86b96abd1.png


雅子さまのお写真はこちら↓
93d3788cc7641549f08a692382ddbb14.png

調べてみたら1999年の新年一般参賀でお召のドレスなのです。

三笠宮家と高円宮家は喪中なのでご欠席です。

華子さまと雅子さまは同じ色でお揃いです。

(色被りはダメというのは下郎下女の言い出した妄言だから信じちゃだめだぞ!)


えー、平成で2番目に多い人が祝った新年一般参賀と報じられましたが、

一番多い年はいつやねんと思った方も多いと思います。

はい、一番多い年はこちら!

平成6年(1994年) 111,700人

(参考までに前年の平成5年が52,700人でした)


http://www.kunaicho.go.jp/20years/20kiroku/sanga01.html

ここにいる皆様はもうお分かりですね。

雅子さまが皇太子妃になられて初の新年一般参賀だったのだー!!!

雅子さま効果マジパネェ!

「もしかしたら平成最後の新年一般参賀になっちゃうかもしれない」

というのにそれでも雅子さまには敵わなかったキンジョーヘーカ

次の時代になったら絶対新年一般参賀も誕生日の一般参賀も行くぜ!


雅子さまお誕生日おめでとうございます

はい、せーの!

雅子さまお誕生日おめでとうございます





雅子さまのお言葉
皇太子妃殿下お誕生日に際してのご感想
平成28年12月9日(金)
この1年も,国の内外で様々なことがありました。4月の熊本地震や夏の台風第10号による洪水,海外でも多くの自然災害が発生するなど,今年も心の痛む災害の多い年でした。不幸にして亡くなられた方々とそのご遺族に心からの哀悼の意を表します。また,被災された方々のご苦労もいかばかりかとお見舞いを申し上げますとともに,1日も早く安心できる生活に戻ることができますよう,心からお祈りしております。熊本県での震度7の地震の発生は,思いもよらないことで,被害の大きさに心が痛みました。また,大きな余震も随分と長い期間続きましたので,多くの方が大変な思いをされたのではないかと思っております。

東日本大震災も,これまで常に私の心に懸かってきていることです。6月に,復興状況視察のため皇太子殿下とご一緒に岩手県を訪れました折には,災害公営住宅や団地の造成が進むなど,復興が着実に進んでいることを実感致しました。一方で,今なお仮設住宅にお住まいの方々などから,ご苦労が続いていることのお話を伺い,心が痛みました。さらに,そのような中,台風第10号が岩手県岩泉町や北海道に大きな被害をもたらしたと知り,被災された方々の受けた衝撃の大きさを思いました。また,近年,規模の大きい災害が多くなっているように感じられ,災害への日頃からの備えの大切さを改めて感じます。被災された方々が1日も早く安心して暮らせるよう願うとともに,今後とも,皇太子殿下とご一緒に,被災地の復興に永く心を寄せていきたいと思います。

今年の明るい話題としては,夏のリオ・オリンピック,パラリンピックで日本選手団がすばらしい活躍をしたこと,また,大隅良典博士がオートファジーの研究でノーベル生理学・医学賞を受賞されたことなどがあげられます。そして,アジアのノーベル賞と言われるマグサイサイ賞に,1965年に発足した青年海外協力隊が選ばれたことは,日本の若者たちによる国際貢献が世界から高く評価されていることの証しであり,これらのことをとても嬉しく思います。

ただ,国内では,障害を持った方々や,子供,お年寄りといった社会的に弱い立場にある人々が犠牲になる事が目につくようになっており,気にかかっております。世界に目を向けても,貧困や,難民の増大,テロによる多くの犠牲者の発生など,課題は山積しています。人々が,広い心を持ってお互いの違いを乗り越え,共に手を携えて英知を結集し,様々な問題の解決に向け一致して取り組むことが,今の世の中で大切になっていると感じます。

天皇皇后両陛下には,1月のフィリピン国ご訪問を始め,この1年も,一つ一つのお仕事を大切になさりながらお務めを果たしてこられているお姿を拝見し,深い感慨の念を新たにしております。そして,今年8月の天皇陛下のおことばは,テレビ放送を厳粛な思いで拝見し,陛下のお気持ちを重く受け止めております。両陛下には,ご公務に大変お忙しい毎日をお過ごしでいらっしゃいますので,くれぐれもお身体を大切になさり,永くお健やかにお過ごしになりますよう,心よりお祈り申し上げます。

10月には,三笠宮崇仁親王殿下が薨去されました。三笠宮様には,皇太子殿下を始め,私や愛子もお世話になり,良くしていただいておりましたので,寂しく感じております。この機会に改めまして,これ迄の感謝の気持ちと,ご長寿を全うされたことへの敬意を表し,ご冥福をお祈り申し上げます。また,海外でも,タイ国のプミポン国王陛下が崩御されました。長年にわたりタイ国のために尽力され,国民から慕われてきた方でいらっしゃいましたので,タイの国民の悲しみも深く,とても残念なことでした。二十年余り前,私にとりまして結婚後初めての外国訪問となった中東諸国への途次に立ち寄らせていただいたバンコクで,離宮にお招きいただき,深く思い出に残る,心温まる夕食会を催していただいた時のことを懐かしく思い出します。心からご冥福をお祈り申し上げます。

私自身につきましては,今年も体調に気をつけながら,4月の神武天皇二千六百年式年祭の儀を始め,東宮御所内外での公務について,できる限りの務めを果たそうと努力して参りました。その中で,6月に千葉県と岩手県,7月に奈良県と京都府,8月に長野県,そして11月に岐阜県を訪れました折に,多くの方々に笑顔で温かく迎えていただいたことは,私にとりまして大きな励みになりました。今後とも,皆様方からのお力添えをいただきながら,快復に向けての努力を続けていきたいと思います。

愛子は,多くのお友達に囲まれ,充実した中学校生活を送るとともに,今年に入り,皇太子殿下や私とともに,神武天皇山陵や「山の日」制定記念式典を始め,様々な行事や場所に出かけることも多くなりました。そうしたことを通じて,皇族としての自覚と役割を学びつつあるようにも感じます。秋に入り,体調を崩し,皆様には大変ご心配をおかけ致しました。お陰様で,現在は体調もかなり回復し,残り少ない中学校生活の日々を大切に送りながら,勉強に取り組んでいるように思います。これからも色々な経験を積みながら,より大きく成長していってもらえるよう願っております。両陛下には,日頃より温かいお心遣いをいただきながら,私や愛子をお見守りいただいておりますことに,この機会に改めまして心から御礼を申し上げます。また,国民の皆様からお寄せいただいている温かいお気持ちに対しても,重ねて御礼を申し上げます。

東北地方や熊本を始めとする被災地も厳しい冬の寒さを迎えていることと案じております。被災された方々が,多くの人からの温かい支援に支えられて,少しでも心穏やかな日々を過ごすことができますよう心から願っております。

http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/5

若いころから雅子さまはお綺麗でしたが、

最近では円熟味のある内面からの美しさが溢れてます。

もう本当にここまでよくお元気になられたと思います。

秋篠さんちが懇意の記者を通じてNHKに垂れ込んだ「生前退位」

(別名「僕朕疲れちゃったからテンノー辞めたいの。でも摂政はやだもんねー」)

これに一番大迷惑したのは皇太子ご一家ですよね。

雅子さまはお元気になられましたが、

敬宮さまがご体調を崩されてお母上として雅子さまもさぞ心配されたでしょう。

これからは今までの苦労が報われるような時間が過ごせますようにと祈るばかりです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR