苦しい環境にあっても光り続けた小公女のようなプリンセス 照宮成子内親王 

酒井美意子さんの『元華族たちの戦後史』を読んでいたら結構東久邇成子さまのお話が出ていました。

たぶん照宮さまと言っても、東久邇成子さんと言ってもわからない人の方が絶対多いよね。

ヘカテーも知らなかったもん。

a0287992_3314588_20160324224143013.jpg

照宮成子内親王

昭和天皇と良子さまの間に生まれた初めてのお子様
生まれたとき、女子だったことから家臣そして良子さまのお母さままでがガッカリしました。
しかし昭和天皇は「女の子は優しいからいいね」と誕生を喜びました。
慣例に従い学習院に入学
クラスメイトだった酒井美意子さんはこう思い出話を語っています。

勝ち気で滅多なことでは人のことに感心することのない私も、成子夫人だけにはかなわない、と尊敬できる方であった。同級生の間でも人気がおありで、私とその仲間の間ではだれもが憧れを持ってお慕いしていた方であった。

勉強も、スポーツもなんでもできる方でした。

昭和天皇の侍従や側近は「この方が男子であったなら」と何度も考えました。

ぶっちゃけ昭和天皇もそう考えたのかもしれません。

だって継宮って皇太子どころか男子としてあり得ないレベルだもん。

そのうえ皇族としての自覚も幼い頃からある方でした。
成子さまの作文がこちらです。

私はどういうめぐり合わせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。
いつどこにおいても私は優れていなければならない。
私は皇室を背負っている。
私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。
どうして安閑としていられよう。高い木には風が当り易い。
それなのに高きにありながら多くの弱点を持つ自分を見るとき、この地位にある資格があるかどうか恐ろしくなる。自分の能力は誰よりも自分で一番よくわかっている。ともかく私は自分で自分を育て、築きあげていかなければならない。
この炭鉱の奥深くで、来る日も来る日も働き続け世間から忘れ去られ、そして人知れず死に行く運命をもった人々の前に立った時、護衛の警官やおおぜいのお伴をひきつれている自分の姿に、いたたまれぬ申し訳なさを感じた。


皇族である東久邇家に嫁がれ5人のお子様に恵まれた成子さま

戦争中は昭和天皇にくれぐれも軍に逆らうのはやめてくださいと再三訴えていらっしゃった。

暗殺を恐れたからです。

東久邇家は戦後は臣籍降下で平民となりました。

本当に大変で、鶏を飼ったり、セールに並んだりと終戦までなら考えたこともない苦労をされた成子さま。

しかし、そんな中でも輝きを失わない真のプリンセスでした。

正田美智子が皇太子妃に決まった時に良子さまも常磐会も旧皇族もみんなが反対しましたが、

成子さまは

「美智子さまは、お利口で気丈な方らしいから、皇室にお入りになっても大丈夫だと思うわ。アタマの悪い人や弱気な人だと、本人も周りも困るでしょうが、美智子さまはその点心配はなさそうね。ただお体がお丈夫でないと無理ではないかしら。皇太子妃というお立場は激務なんだから・・・・・・」
(酒井美意子著『元華族たちの戦後史』より)
と話しています

ぎくしゃくしていると知って親戚一同集めてホームパーティーを企画してくれる本当に優しい方でした。

佳人薄明という言葉があるように東久邇成子さんはガンに倒れました。

手術したものの既に手遅れの状態で、そのままお腹を閉じるしかありませんでした。

「おかしいな。私の家系にガンの者はいないはずだが・・・」と昭和天皇は戸惑いました。

宮内庁病院に入院された成子さまの枕元に飾るために花を切ることが良子さまの日課となりました。

見舞いに来た友人に語るのは5人の子どもたちのことばかり。

良子さまは施術師という詐欺師まがいの人間に助けを求めるまで動揺していました。

結局成子さまは35歳の若さで亡くなられました。

昭和36年7月23日のことでした。

その時、昭和天皇と良子さまはあまりの悲しさに泣くことも忘れていました。

昭和天皇は亡くなった成子さまに「どうもありがとう」とつぶやきました。

葬儀の日の青山斎場には7000人の人々が弔問に訪れました。

墓碑銘には「享年三十五 内外皆その徳を慕う」と刻まれました。

その時の映像↓
[広告] VPS


大きな大きな存在を失った昭和天皇と良子さまは那須の御用邸で静養に入られました。

そこへ昭和の皇太子夫婦が突撃しました。

入江日記
「昭和36年8月16日(水)快晴
那須で東宮同妃から両陛下にいろいろのこの間からのことを十時すぎまで率直にお申し上げになったとのこと。お上はよく分かったと仰せになったが皇后さまは終始一言もお発しにならなかったとの事」


はい日付にご注目!

亡くなられてから一か月も経ってないんだけど!!!

昭和36年に亡くなられた。

と言うことは昭和35年生まれの浩宮さまという子どもがいるから我が子を亡くした親の悲しみくらいは想像できます。

列外派の読者の方がご指摘されてますが、

この昭和天皇の「よく分かった」という言葉はアッキー&ミッチーコンビの話の内容ではなく、「お前たちがどういう性格なのかがよく分かった」ということかもしれません。

こんな冷血な夫婦に子どもを育てさせたらどういう人間になるのか考えただけでも恐ろしい。

「跡取りである浩宮だけはちゃんとした養育係をつけ、そして自分の所に通わせて教育しよう」と決めたのです。

昭和の皇太子夫婦って「昭和天皇の名代」という形で国内外を旅していました。

浩宮さまを親から離すためです。

本人たちは「いろんな所に行けてチョー楽しー♪」とはしゃいでますが、

その裏にはまったく息子夫婦を信頼していない昭和天皇の考えがあったわけです。

スポンサーサイト

承子さまのお写真

承子さまの写真を見つけたのでご覧ください。

images_20150419155419b06.jpg

20141003-OYTSI50021-L.jpg

20141003-OYTSI50014-L.jpg

img_0_20150419155421fdf.jpg

imaga.jpg




3009.jpg
モナコの大公ご夫妻と


1379066449857.gif

1379066409192.gif


バイオリンを弾かれるお姿。素敵ですね。

これぞ皇族という感じです。

宮内庁HPがおかしい!

宮内庁HPをチェックしていると

本日平成26年10月17日の時点で新着情報が

皇太子殿下のおことば 第38回全国育樹祭
平成26年10月12日(日)(遊学の森)


となっています。

それを考えてからもう一度HPを見るとおかしなことが

秋篠宮家のご略歴のページを見ると

1d62324958717b4fc99831fe239cc9a2.png

9e1abc4c46618bdba8007c832111a459.png


http://www.kunaicho.go.jp/about/history/history03.html

となっています。


「えっ!まだ佳子ちんって学習院の学生なの?」と戸惑いました。


電撃の佳子ちん学習院中退発表があったのは9月11日

もう、1か月になるというのに宮内庁が仕事をしていません。

宮内庁のHPって結構おかしいんですよね。

以前も取り上げた

天皇陛下を「ご中退」ではなく「ご終了」と書かせるところなど

平成流のやり方そのもの

宮内庁!
早い所仕事しておくれ!
職務怠慢でっせ!


香淳皇后(良子さま)のプロフィール

d72cf98afa17420d2a4339a9c9426505_20140918165508561.jpg




明治36(1903)年3月6日 ご誕生
父久邇宮邦彦王、母島津俔子の第一女子

明治40(1907)年9月2日 学習院幼稚園ご入園

明治42(1909)年 学習院初等科ご入学

大正4(1915)年 学習院女学部中学科ご進学

大正7(1918)年1月14日 皇太子妃に内定

大正7(1918)2月4日 学習院女学部中等科3年でご退学

大正11(1922)年9月28日 納采の儀

大正13(1922)年1月26日 ご成婚

大正14(1923)年 第一子照宮成子内親王誕生

大正15(1924)年12月25日 皇太子裕仁親王践祚 皇后となる
 
昭和2(1927)年9月10日 第二子久宮裕子内親王ご誕生

昭和3(1928)年3月8日 久宮裕子内親王薨去

昭和3(1928)年11月10日 即位の大礼

昭和4(1929)年9月30日 第三子孝宮和子内親王ご誕生

昭和6(1931)年5月7日 第四子順宮厚子内親王ご誕生

昭和8(1933)年12月23日 第五子継宮明仁親王(皇太子)ご誕生

昭和10(1935)年11月28日 第六子義宮正仁親王ご誕生

昭和14(1939)年3月2日 第七子清宮貴子内親王ご誕生

昭和18(1943)年10月13日 照宮成子内親王(18歳)、東久邇宮盛厚王とご結婚

昭和20(1945)年3月10日 初孫東久邇宮信彦王ご誕生

昭和20(1945)年5月25日 空襲により宮殿全焼

昭和20(1945)年8月14日 終戦

昭和22(1937)年1月21日 日本赤十字社名誉総裁となる

昭和23(1947)年1月1日 新年一般参賀始まる

昭和24(1949)1月26日 銀婚式を迎える

昭和25(1950)年5月20日 孝宮和子内親王(21歳)、鷹司平通氏とご結婚

昭和26(1951)年5月17日 貞明皇后崩御

昭和27(1952)年10月7日 皇居仮宮殿完成

昭和27(1952)年10月10日 順宮厚子内親王(21歳)、池田隆政氏とご結婚

昭和27(1952)年11月10日 皇太子明仁親王、立太子の礼 成年式をあげる

昭和28(1953)年11月5日 大宮御所で戦後初の園遊会が行われる

昭和30(1955)年11月28日 義宮正仁親王 成年式を挙げられる

昭和33(1958)年11月27日 皇太子妃に正田美智子決定

昭和34(1959)年4月10日 皇太子(25歳)ご結婚

昭和35(1960)年2月23日 皇太子第一子浩宮徳仁親王ご誕生

昭和35(1960)年5月10日 清宮貴子内親王(21歳)、島津久永氏とご結婚

昭和36(1961)年7月23日 東久邇成子さん死去(35歳)

昭和36(1961)年11月27日 吹上御所落成

昭和36(1961)年12月8日 仮住居「御文庫」から移転

昭和38(1963)年3月6日 還暦

昭和39(1964)年9月30日 義宮(29歳)津軽華子ご結婚 常陸宮家創設

昭和40(1965)年11月30日 皇太子第二子礼宮文仁親王ご誕生

昭和43(1968)年11月24日 皇居新宮殿落成

昭和44(1969)年4月18日 皇太子第一女子 紀宮清子内親王ご誕生

昭和46(1971)年9月27日 ヨーロッパ7か国ご訪問

昭和48(1973)年4月3日 初曾孫 東久邇征彦ご誕生

昭和49(1974)年1月26日 金婚式を迎える

昭和50(1975)年9月30日 ご訪米

昭和52(1977)年7月17日 那須御用邸で脊骨腰椎損傷

昭和55(1980)年2月23日 浩宮成年式

昭和55(1980)年3月6日 喜寿を迎える

昭和59(1984)年1月26日 ご結婚60年 ダイヤモンド婚式を迎える

昭和61(1986)年11月30日 礼宮成年式

昭和62(1987)年9月22日 昭和天皇、腸の障害で入院手術

昭和63(1988)年9月19日 昭和天皇 吐血

平成1(1989)年1月7日 午前6時33分 昭和天皇崩御 
                 
平成1(1989)年1月7日 皇太子明仁親王即位 新年号を平成とする

平成1(1989)年5月26日 鷹司和子さん死去

平成2(1990)年6月29日 秋篠宮、川嶋紀子と結婚の儀

平成3(1991)年2月23日 皇太子徳仁親王、立太子の礼

平成5(1993)年1月19日 皇太子妃に小和田雅子正式決定

平成5(1993)年3月6日 卒寿を迎える

平成5(1993)年4月28日 小和田雅子、皇太子とともに初めて皇太后と接見

平成5(1993)年6月9日 皇太子、小和田雅子と結婚の儀

平成7(1995)年8月25日 秩父宮勢津子妃薨去

平成12(2000)年6月16日 薨去吹上御所にて老衰により崩御

平成12(2000)年7月10日 「香淳皇后」と追号

平成12(2000)年7月25日 斂葬の儀

【参考文献】
『週刊女性 臨時増刊 昭和の母皇太后良子さま』  2000年8月12日発行 主婦と生活社
ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B7%B3%E7%9A%87%E5%90%8E

皇太子殿下と海外王室

皇太子殿下とスペイン王室

ご家族そろって皇太子殿下のご到着を待っていてくださった。
当時の国王フアン・カルロス1世陛下は足が悪いのに立ったままでご到着を待っていてくれていた。

01e8e025fe345ff243504474c5b5d342.png

国王陛下が「おお元気そうだな」という感じで殿下の腕に手を置いています。

c86a724b72e9ec1e39dd651082d432d0.png




友好関係が良好であることがわかります。

AERA 2008月08年18日号をお読みになったお噂スレの住人の方のレポ


到着翌日には、フェリペ皇太子がプラド美術館に 皇太子さまをご案内なさったり、王宮で国王ご夫妻、フェリペ皇太子ご夫妻と皇太子さま 5人で「水入らずの夕食会」(原文どおり)が開かれたり、さらにその翌日には市内の
ティッセン・ボルネミッサ美術館にフェリペ皇太子が同行され、フェリペ皇太子の邸宅で夕食、その後はフェリペ皇太子がみずからハンドルを握って愛車で皇太子さまを滞在先のホテルまで送ってくださったとか。
で、その途中、皇太子さまも旧知の別の欧州王族の邸宅に立ち寄り、王族方と交流なさったらしいです。 皇太子さまがホテルに戻られたのは深夜だったそうです。きっと会話が弾んで楽しいひとときを過ごされたのだと思います。




皇太子ご一家とオランダ ルクセンブルク ベルギーの王室

オランダといえば、皇太子ご一家ファンは感謝せずにはいられません。

2006年 8月に病気に苦しむ雅子さまを暖かく迎えてくれた国です。

(管理人はWカップでオランダを応援しました。)

m56329.jpg
↓クリックすると大きくなるよ
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/08/img/m56329.jpg

img20080220122508.jpg

[広告] VPS


御一家がオランダの空港に到着した時にはベアトリクス女王陛下が迎えてくれました。

ベルギーのフィリップ王太子ご夫妻やルクセンブルクのアンリ大公夫妻は食事会に集まってくださいました。

ベネルクス万歳!

あっ、ちなみにこの二人に対してはこんな感じです。

3849415190_4b8f5c3473_o.jpg

http://farm3.static.flickr.com/2617/3849415190_4b8f5c3473_o.jpg

010225cfefe7e22e7a4ad7a0863e9ecc.png

http://www.yuko2ch.net/mako/mako/src/1251172094980.jpg

秋篠さんは「運河は暑いからヤダ。動物園がいい」と仰ったそうな。

オランダ来てそれはないでしょ。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR