結婚前に明仁皇太子が正田美智子を撮った写真はこちらです

匿名の読者さまよりメールがありました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(引用始め)

いつも楽しみに読ませていただいてます。
週刊朝日(昭和33年12月7日増大号)
の巻頭グラビアの写真と、
朝日新聞昭和33年11月27日夕刊の記事です。

今上が美智子さんを撮影して、宮内庁内の展覧会に
出品していることが書かれています。
(高清水氏がテレビで紹介したものとは異なる写真)

また、この写真を贈られた美智子さんも自室に
飾っていることがわかります。

高清水氏が切られたのは、思いがけず非常に良いことで、
弁護するつもりは毛頭ないので非常に迷いましたが、
あの宮内庁の反論も、かなり奇妙というか、ごまかしがあるので、
参考までに画像を送っておきます。

なぜ、朝日はじめマスコミが黙っているのか非常に不思議です。
私の世代だと、結構、知られた話だったんですよ。
ただ、記事を改めて読むと、完全に普通の恋愛結婚ですね。
新聞にも、両性の合意のみで結婚を決めた、というふうに
書いてあります。
(引用終わり)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そして添付されてた画像がこちら
7645f32b4efdd55f354b0887cfeef054.png
(『週刊朝日昭和33年12月7日増大号』巻頭グラビア)

e94c18891df51b742ff693ef895503ec.png
左に小さい字で書いてある文章は以下の通り
「自室の美智子さん
うしろの皇太子さまが撮影して美智子さんに贈られた写真(右)と美智子さんがテニスで優勝したときに皇太子さまが贈られたカップ(一番小さいもの)これにお名前が彫ってある(33年11月)
朝日新聞昭和33年11月27日夕刊の記事

あと上記朝日新聞の記事にも
ヘカテー注軽井沢で初めてテニスをしてから)
「三月ばかりたったあるときの試合の後、「コンテストに出すのだけど、一枚とらして下さい」と美智子さんにカメラを向けられた。昨年くれの宮内庁東宮職の部内博覧会に、その写真は出品された。間もなく―ことしの二、三月らしい―その写真は、学友の一人を通じて皇太子さまから美智子さんのもとに届けられた。美智子さんは大切に額に入れて、自分の部屋に飾った。」

と書いてあります。

よく調べもしないで「あたしは皇室ジャーナリスト」とどや顔でいい加減な調査で番組で紹介した高清水は

「m9(^Д^) いい気味だ」

と日本中から馬鹿にされて当然だ。

秋篠宮家とべったりの関係で有料ブログで皇太子ご一家を悪し様に書いたことは皇太子ご一家が許されてもヘカテーは許さない。

ヘカテーはこの女と朝日の岩井と工藤美代子が使った後の便座にだけは座りたくないと思うし、

この女と朝日の岩井と工藤は「こいつがくたばったらドンペリ買ってお祝いパーティーしてやる」と毎日思ってる。


しかしながら一応宮内庁という国の庁でもあるところが

「ご成婚前の宮内庁文化祭に,陛下が何であれ「女ともだち」などと題したお写真を出展なさった記録は勿論ありません。宮内庁文化祭は,宮内記者も自由に観賞できる行事であり,仮に,当時お若かったご成婚前の陛下が「女ともだち」と題する写真を出展されていたとすれば,お后問題への関心が最も高かったその頃,既にその時点で大きな社会的話題となったはずでありますが,そのような記録は見当たりません。」
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h30-0131.html

と嘘をつくことも異常である。

宮内庁文化祭ではなく正確には東宮職部内博覧会だが、出品してるからね。

まあ宮内庁は以前もやらかしてるもんな

友納氏が
「メキシコ大統領歓迎宮中晩餐会でキンジョーヘーカがフォックス大統領に皇族方を紹介する際に、皇太子妃である雅子さまを飛ばして秋篠宮さまを紹介してしまった。雅子さまはその日の晩餐会は真っ青な顔をされて食事もほとんどお召し上がりにならなかった。それ以降雅子さまは宮中晩餐会を欠席されるようになってしまった」と週刊文春に書いた。

これに対して宮内庁は「秋篠宮さまに確認したら『俺は記憶力がいい。雅子さまを飛ばすことは無かった』と仰っていた。だから友納氏の記事は間違ってる」と反論してきた。

(何でキンジョーヘーカとグルになった秋篠さんに聞くのよ?普通は被害者である皇太子殿下か雅子さまでしょ?と思うよね)

それから数か月経ってから
「ごめんごめーん。その日は秋篠宮さまは地方公務に行ってて宮中晩餐会にはいなかったわー」
と馬鹿なことを言いだした。

宮内庁って昭和と違って職員に華族の家柄の人間なんてほとんどいない。

本来なら守るべき皇太子ご一家を守らず、おいしい思いをさせてくれるヘーセー四人組の味方ばかりしてる。

次の時代になったら今の東宮職が宮内庁の中心になる。

徳仁皇太子殿下はただ優しいだけの方じゃない。

鬼になるときは鬼になるお方です。
スポンサーサイト

高貴高齢者コンビまたやらかす 今度はルーマニア

お世話になってる方から教えていただいたこと

平成30年1月19日の官報に載っていた弔電↓
5e161d3612c863c1c8cc643f76203188.png

https://gyazo.com/5e161d3612c863c1c8cc643f76203188

ミハイ1世が崩御されたのは昨年の12月5日です。

葬儀も12月16日に終わってます。

なんでこのタイミング?と思いますよね。

実は今年になって安倍総理がルーマニアに行ってるんですよ。

1月16日にルーマニアの大統領とも会ってる。

おそらくルーマニア側から「うちの元国王陛下が崩御しました」という話題が出て、それで安倍総理が外務省を経由して宮内庁に連絡が入ったんじゃないのかという疑惑があります。

ミハイ1世の葬儀にはチャールズ王太子を始めとした現役の王族方もご出席されました。





2012年2月23日にスウェーデンの王位継承権第2位となるエステル王女が誕生した際にも高貴高齢者コンビは祝電を3月9日に贈ったということがありました。

ウィリアム王子とキャサリン妃との間に生まれたジョージ王子の時は生まれた翌日にエリザベス女王、チャールズ王太子、ウィリアム王子の三人にそれぞれ祝電を贈った。

生まれた子の性別で対応を変えるという日本の皇室の男尊女卑っぷりを見事に表した。

こういうことをするから欧州の王室から嫌われるのだ。

で、今回はルーマニア王室です。

「ミハイ1世って誰―?ルーマニア王室なんて聞いたことなーい」

と思う方も多いかもしれません。

ルーマニア王国とは?

1881年に始まったルーマニア王室

初代国王はカロル1世

彼はホーエンツォレルン=ジグマリンゲン家の出身で、ナポレオン3世の母方従弟、プロイセン国王の親戚でした。

外国人君主の即位は政治的社会的安定のための解決策になるとして、自由主義者も保守主義者も賛成してました。

(ここが日本人とはちょっと違う考え方ですね)

カロル1世の治世へ48年という長さで幕を下ろしました

カロル1世は子どもに恵まれず、甥が跡を継ぎました。

フェルディナンド1世です。

1914年に即位した2代目ルーマニア国王フェルディナンド1世

第一次世界大戦中、ドイツ人であったにも関わらずフェルディナンド1世はドイツの敵である連合国側に味方した為、ドイツ皇帝は裏切り者としてフェルディナンド1世の名前をホーエンツォレルン家の名簿から消しました。

フェルディナンド1世の妃マリア王妃はヴィクトリア女王の孫にあたる方です。

第一次世界大戦でロマノフ家からペッサラヴィア、ハプスブルグ家からトランシルヴァニアとブコヴィアとバナートの一部を手に入れたルーマニアでしたが、それは同時に多くの異民族を抱えるということに繋がりました。それまでは文盲率40パーセントだったルーマニアでしたが、ブコヴィアでは60パーセント、ベッサラヴィアでは100パーセントまで上昇。

ルーマニアには油田があった為それを狙うヒトラーとスターリンの脅威にさらされてました。

1927年フェルディナンド国王崩御

即位したのが当時6歳だった王孫ミハイ1世

ミハイ1世の母はギリシャ国王コンスタンティノス1世の娘エレナ王太子妃

エレナ王太子妃の母はドイツ皇帝の娘です。

「なんで6歳児が王様になったの?」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

ミハイ1世の父であるカロル王太子は女性スキャンダルで王位継承を放棄させられており、父王崩御時愛人とともに国外逃亡してました。

ミハイ1世の摂政を叔父ニコラエ王子を含めた三人が務めました。

しかし3年後にカロル王太子が帰国し、息子を退位させ自分が国王として即位しました。

1930年、カロル2世即位

まあ女性スキャンダルで国外に愛人と逃亡したという時点で分かると思いますが、

王太子時代は息子のミハイ王子が生まれて父親になったというのに、スポーツカーに熱中し、国王としての修養を積むことなんて一切せず、自動車で走り回ってた。

イギリス国王ジョージ5世の母アレクサンドラの葬儀でロンドンへ行ったきりルーマニアに戻ってこない。

愛人のエレナ・ルペスクと逃亡したのです。
(エレナはユダヤ人で、後にマグダと改名)

逃亡と言っても名門ホテルのスイートルームで豪奢な生活をしてました。

息子から王冠を奪ったカロル2世でしたが、政治にも口出しするようになりました。

ルーマニアに呼び戻された愛人のマグダもやりたい放題

父親にハンカチ工場を始めさせ、カロル2世の肖像がプリントされたハンカチを兵士たちに押し付けて、その代金を給料から棒引きして兵士たちが抗議したり、莫大なお金を賭けたポーカーパーティーをしたり、マグダの親戚の建築家が宮殿の増築工事を請け負ったがその工事の見積もり書がどう考えても金額が大きすぎる等

秘密警察を作ってファシストや共産党員を拷問して殺害する等のことも行った。

王自身の独裁政治の為にあらゆる権力を握ったカロル2世。

遂にはヒトラーに石油の供給を保証してやるから、ドイツ軍の近代兵器を頂戴、自分に対して歯向かう勢力を排除する協力をしてと訴えるようになったカロル2世。

あのヒトラーから
「私の目から見ると、彼はルーマニア唯一の独裁者だ」
と言われるまでになりました。

1939年
スターリンがベッサラビアとブゴヴィナに侵出。
ブルガリアにドブルジャを奪われ、
ハンガリーにトランシルヴァニアを奪われた。
王宮周辺では国王退位を求めるデモが繰り返される。

1940年 ミハイ1世再び即位

カロル2世は「退位」という言葉を使わず、19歳の息子に王位を譲るという宣言書を発表する。
その後、王宮から美術品、宝石類、ドル札をたんまりと乗せた特別列車に愛人マグダと共に乗って西ヨーロッパに亡命。
これらを元手にカロル2世とマグダは贅沢な暮らしをした。
父親がぐちゃぐちゃにしたルーマニアを治めなければならなくなった19歳のミハイ1世はどんな気分だったのだろうか。
ミハイ1世は父王を一生許さず、二度と会うことはありませんでした。

父王とは違いほとんどの権力を持つことはなかったミハイ1世

1947年12月
ミハイ1世 退位&亡命
一説によると、
ルーマニア国内では駐留していたソ連軍に対する市民運動が激化して逮捕者が多数出ていました。
駐留ソ連軍の司令官はミハイ1世に対して「退位して国外に出なければ逮捕者を殺す」と脅され、事前に用意されていた退位文書に署名させられました。

こうして4人の国王を生み出したルーマニア王国は幕を下ろしました。

1948年 アンヌ・アントワネット・ド・ブルボン=パルムとアテネで結婚
(1947年の当時王女だったエリザベス女王とエディンバラ公の結婚式で出会い、亡命後に結婚しました)

イベリア航空のパイロットとして亡命生活を送りながらも「退位は無効だ」とルーマニア国王の称号を名乗り続けました。

1989年 ルーマニア革命でルーマニア社会主義共和国崩壊

1992年 ミハイ1世はルーマニアに一時帰国することを許可される

1997年 50年ぶりに市民権が回復される
(自宅はスイスにあるのでスイスとルーマニアを行き来してます)

2001年 ルーマニア共和国政府から特別な地位と認められ、住居・生計・活動費すべてが国庫で保証されるようになりました

大統領や首相からは「陛下」と呼ばれ、国土はなくとも「国王」として存在し続けました。

2012年のエリザベス女王即位60周年を記念した昼食会に出席されたミハイ1世



世界の王室

中央にホストであるエリザベス女王が座り、女王に近い席に即位した年数が長い王様が座ります。

1940年に即位したミハイ1世が一番格上です。

だからエリザベス女王の右隣に座ってます。

二番目が1943年に即したブルガリア国王ですね。

日本は9番目です。

「日本は一番古い歴史がある皇室だから偉いー」「日本の天皇は世界でただ一人のエンペラーだから偉い」というのは

ネット右翼の妄言なので信じてはダメですよ(笑)

欧州の王室では現存しない王室であっても現存する王室と同じ扱いをされてるのです。

それを頭にいれなければダメ。

それでも一番格上なのはエリザベス女王だと私は思います。

イギリス連邦にある国々のトップですから国土が大きい。

2017年12月5日 ミハイ1世崩御
スイスにある自宅で激動の人生を終えました。

2017年12月26日 ブカレストの旧王宮前で国民葬が営まれ、国民は元より欧州の王族も弔問に訪れました。

1B4Plcp.jpg




この方がルーマニア王室の現家長であるマルガレータ・ドゥダ陛下
e2aadc0b31b1f9e242d124cfd66ab7cf.png



「ルーマニア王冠の守護者」称号及び陛下という敬称を用いられてます。

ルーマニア王室も元々は男系男子継承でしたが、

ミハイ1世には女のお子様しか恵まれなかったため、2007年12月にルーマニア王家基本家憲が改定され、

マルガレータはルーマニア王室初の女性ルーマニア王太子となられました。

マルガレータ陛下は夫との間にお子様がいらっしゃらないので、妹のエレナ王女の娘エリザベータ王女が次の後継者となられます。

あとこのチャールズ王太子の後ろに座ってるふくよかな女性は現ロマノフ家の家長である

マリヤ・ウラジーミロヴナ・ロマノヴァです
無題

参考文献
『ヨーロッパ最後の王たち』 ピエール・ミケル著、田辺希久子訳 創元社刊 1997年出版
『ルーマニアを知るための60章』六鹿茂夫著 明石書店刊 2007年出版

高貴高齢者コンビ 沖縄へ言っちゃうぞー



80超えてるのに体だけは元気だねー。

まあというかミテコさまの最後の思い出作りじゃないのこれ?

まーた今週も雅子さま叩きの記事が週刊誌に出てる。

ヘーセー四人組の失敗は余りにも皇太子ご夫妻特に雅子さまをバッシングし過ぎたことだね。

たまに出るバッシング記事なら国民も信じたかもしれないが、

一番ひどい時なんて毎週毎週ほとんどの週刊誌がバッシング記事を書いてたでしょ?

月刊誌も毎月毎月バッシング記事が出ていた。

しかも内容が「どうしてそれを叩くの?別に何でもないよね。両陛下だったら褒められるのに」と疑問に思うようなことばかり。

もしくは「それ事実じゃなくてお前が作ったエピソードだろ」と分かるレベルのことだった。

「え、何でここまで叩かれなきゃならないの?男の子を生まないという理由で病気になるまで追い詰められた雅子さまをここまで叩くなんておかしくない?」

と普通は気が付く。

「どうして奥さんが病気だからって皇太子殿下が皇太子を辞めなきゃならないの?」

と当たり前のことを考える。

今は不妊症に悩むカップルは本当に多いし、精神科や心療内科に通う人も多い。

自分はそうじゃなくても家族や友人が不妊症やメンタルヘルスで悩んでることを知ってればどれだけ雅子さまがお辛い立場かが分かる。

昭和の皇室を知ってれば良子さまが外出公務にお見えにならなかったからね。

良子さまがお元気だった頃でさえ、一番体調が悪かった雅子さまよりも外出公務が少なかった。

というか昭和天皇も外出公務をこんなにされなかった。

高貴高齢者コンビが日本や海外の各地を回れるしチヤホヤされるしおいしいものを食べられるからと外出公務を増やしまくってこうなってしまったのだ。

皇太子殿下は「公務を見直す」と仰った。

ぜひそうして下さい。

無駄な出歩き公務なんて減らすべきだし、動物園めぐり等の趣味を公務枠に入れるのもおかしいし、自分が出席する式典の司会を懇意のコーシツジャーナリストにして金稼がせるのも止めるべき!

退位後も上皇后に仕えておいしい思いをしたーい!

『女性セブン』の記事なんだけどさ

退位後も「美智子さまにお仕えしたい」宮内庁職員は多数

最初これを読んだときヘカテーはこう思った

「・・・というミテコさまの妄想でした(笑)」

皇太子妃時代のミテコさまについては入江日記に「どうしようもねーなー」と思うエピソードはあるし、

皇后になっても大内糺や松本健一先生のように批判する人がいた。

皇太子妃時代から夫と共に山田東宮侍従長から「臣下の粗を上げるな」と注意されていた。

昭和40年3月24日
山田君が来て東宮さまにいろいろ申し上げたことについての話、人づかひが荒いこと、つまらない臣下のあらをとりあげないこと、孝養をおはげみになるべきこと。

(『入江日記』

昭和40年だぜ?

結婚して6年も経ってるのにまだこういう事を注意されてるってどうよ?

昭和天皇と良子さまの侍従の入江侍従に対して

「アタイが平民であること以外何が気に入らねーんだよ!あのババアはよ!」

って言うしな。

皇后になってからも「こいつ性格悪いなー」と思うエピソード多いしな。

「ミテコさまに仕えたいわけないじゃん」

と思ったんだわ。

ただ、後でよくよく考えると

「あー、でも高貴高齢者コンビとくっ付いてたからおいしい思いをした連中もいるなー」

と思った。

徳仁皇太子殿下は「公務を見直す」と仰った。

即位したら実行されるだろう。

時代に合ってない公務を廃止したり、減らしたり、「お前これ、趣味だろ」という物を公務枠に入れない等

となるとそれまで地方公務予定地に行って威張ったりおいしい食べ物を食べたりと楽しい思いをしてきた連中は困る。

東宮御所の職員は外廷皇族(宮家の皇族のこと)よりも多いのは次の時代になったら東宮御所の職員が天皇皇后を支えるからだ。

貞明皇后の皇太后時代も良子さまが皇太后時代も皇太后職が天皇皇后に仕える職員よりも少ないのは当然です。

エンペラーアキヒト&エンプレスミチコに仕えてる連中は次の時代になったらクビにされちゃうのだ。

今までは天下りも出来たけど恐らく徳仁天皇陛下は許さない。

皇太子殿下は穏やかですが、鬼になるときは鬼になる方です。

遂に陛下もカレンダーデビュー(笑)

読者さまから教えていただいたのですが、

518wYyPkPDL__SX345_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E3%82%81%E3%81%8F%E3%82%8A%E5%A4%A9%E7%9A%87%E9%99%9B%E4%B8%8B-%E5%BF%83%E3%81%AB%E5%AF%84%E3%82%8A%E6%B7%BB%E3%81%86%E3%81%8A%E8%A8%80%E8%91%89-%E5%AE%9F%E7%94%A8%E5%93%81-%E4%B8%BB%E5%A9%A6%E3%81%A8%E7%94%9F%E6%B4%BB%E7%A4%BE/dp/4391150972/ref=sr_1_7?ie=UTF8&qid=1509256484&sr=8-7&keywords=%E7%9A%87%E5%AE%A4%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

キンジョーヘーカの日めくりカレンダーデビューキタ━(゚∀゚)━!

10月20日に発売されてたんですって!!

お値段1300円

誰が買うのよこれ(笑)

ネット右翼、神道界隈、日本会議等がコツコツ買うのかしら



プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR