高松宮妃喜久子さまに一度も招かれたことがない筆頭宮妃さま

こんなコメントを戴きました。

あばこさまコメント

高松宮妃殿下が生前、一度も自邸に招かなかった唯一の
ミヤ卑と高松宮邸の近くに住む友人から聞きました。



喜久子さまが即位の儀での十二単をお召しになる際、

着付けの人に

「キコちゃんみたいにしないでね」

とおっしゃった。

こんな風にしないでねと↓

aef757f25d63b8012e28f42679ac8cf9_2016072021563652c.png

女官さんたちがやる気ゼロで着付けたことが実によくわかる。

喜久子さまは礼宮の書道の先生をされてました。

喜久子さまから礼宮に対する評価
歌会始の勅題、天長節、皇后様のお誕生日、皇太后様のお誕生日と、毎年四回、御歌を書いて送ってこられます。
どうもご両親様から詠むようにおっしゃられて、送っていらっしゃるようですが、いつもそれがスローモーションなのよ。
お早く詠んでちょうだと言うんですけど、ぎりぎりまで来ない(笑)
お正月の御勅題は、男と女で書き方が違いまして、男の方のがむずかしい。三十一字を、九字、十字、九字、三字と四行にわけて書くのが決まりなのです。これを九十九三と言います。おしまいの三字は硬い字で書く。ところがあのお坊ちゃまの歌は九字で切れない(笑)。時々、とんでもなく字余りになってしまう。仕方がないから、その御歌の字に朱を入)れています。

(『菊と葵のものがたり』より引用)

まあ、ぶっちゃけかわいい教え子ではない。

しかもお子様がいらっしゃらない喜久子さまのお葬式の喪主を務めたのはトモさんでした。

師匠の喪主も務められない器なんですよ。

うーむ、教え子の嫁さんを家に招かないとはなー。

キーコさまって本当に嫌われてるんだな(笑)。

喜久子さまだって常磐会の会員なのにね。

ちなみに喜久子さまは雅子さまに照憲皇太后から母君實枝子さまに下賜された扇を雅子さまに贈られてます。

[広告] VPS


そして敬宮さまがご誕生された時には歌を詠まれ、そして「皇室典範を変えて女性でも天皇になれるようにしよう」と寄稿されました。

過去記事 喜久子さまは仰った「女帝OK!カイザリン誕生!」
スポンサーサイト

皇太子殿下がお話しされた喜久子さまの思い出

ヘカテーが会いたい故人第一位の喜久子さま

201304_04_92_a0287992_0375229.jpg



おじいさまは最後の将軍という徳川家と有栖川宮家というまさにプリンセスの中にプリンセスというお方なのに

気取ったところがまったくなくて非常にカッコいいお方でした。

雅子さまを大変かわいがられ、

昭和の皇太子妃にはあげなかった照憲皇太后から喜久子さまのご母堂へ贈られた扇子を雅子さまに譲られました。

[広告] VPS


はい、ご注目!

美智子さまにはあげなかったけど、雅子さまにはお母上の形見でもある扇子を贈られたのです!

喜久子さまは敬宮さまがお生まれになった際には

心から喜ばれ、なんと歌を三首詠まれたほどでした。

そして

「皇室典範を変えて、敬宮さまを天皇になれるようにしよう!」

と手記を書かれました。

過去記事 喜久子さまは仰った「女帝OK!カイザリン誕生!」

そんな喜久子さまが薨去された翌年の2005年の皇太子殿下の誕生日記者会見でのご発言

昨年の12月に高松宮妃殿下が亡くなられたのは,とても残念なことでした。幼少のころからよくしていただき,また,結婚後は折に触れて宮邸へお招きくださり,昔のことも含めいろいろなお話をしてくださいました。ご結婚後間もなくアメリカを訪問された折,禁酒法時代のことですが,妃殿下が晩餐会の席上,「先日の午餐会では堂々とワインが出ましたが,あれはどういうことですか。」と言われたことを当時のフーバー大統領が聞いて笑い,現地の新聞に,笑わない大統領が笑ったと書かれた話をうれしそうにされ,「そうしたら,すぐに宮内省,今の宮内庁から『言動にはお気を付けになるように』と小言言われちゃったのよ。」といたずらっ子そうなお顔をされておっしゃったことなど忘れられません。雅子の健康にも気を遣ってくださっていたこと,また,愛子が生まれた折には和歌も詠んでくださるなどその多くのご厚意を有り難く思っております。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/kaiken/kaiken-h17az.html

喜久子さまって本当にユーモアがある!

一緒にいて楽しいお方ですね。

>雅子の健康にも気を遣ってくださっていたこと,また,愛子が生まれた折には和歌も詠んでくださるなどその多くのご厚意を有り難く思っております

ユーモアがあって、優しくて本当に素晴らしいお方でした。

高貴高齢者は天災が起こるとすぐ被災地へ行こうとしますが、

喜久子さまは阪神淡路大震災の時には、「私が行っても役には立たない」と長年のご活動で培った人脈を使って現地にお医者さんや看護師を派遣しました。

こんなに素晴らしいお方を昭和からずっと

「ミッチーを虐める意地悪婆」

とマスコミに書かせたんだからひどい話ですよね。

勢津子さまだけじゃないよ、喜久子さまも英語ペラペラだったよ

美智子さまと言ったらこれ↓
ご自分だけ英語ができると思って

しっかーし!実情は違う!

秩父宮妃勢津子さまは帰国子女だから英語が話せます。

そして良子さまを始めてする皇族女性、および旧皇族の女性たちも上流界の外国語はフランス語だったためフランス語がペラペラ。

梨本宮妃伊都子さまも自著で「フランス語で困ったことはない」と書いてます。

ヘカテーは見つけてしまったのです!

学習院OBオーケストラで皇太子殿下と親交が深い鎌田勇さんの著書『音楽の聞こえる小さな家』にそれはありました。

戦後の占領下での日本の幼い鎌田さんの思い出話

皇族の家で米軍の高官を招いてパーティーをすることがありました。

高松宮邸で行われたパーティーでの様子

妃殿下は外交的な方ですから、英語でアイケルバーガー中将と話しておられました。高松宮さまも、広い部屋のソファーに腰掛けて、英語で話しておられましたね。
(194ページ)

はい!喜久子さまも高松宮さまも英語が話せるお方でした。

まあ、1930年に英国に行かれてますからね。


結構、旧皇族の方ってヨーロッパに滞在されていた経験がある方って多い。

そんな方々をマスコミ使って

「あいつら、威張ってるだけで英語も話せないでやんの~。ミッチ―は平民だけど英語話せるし~」

と日本中にデマ流したんだから嫌われるわ!

ドライビング プリンセス

ジープを運転される喜久子さま

ちなみに喜久子さまはスピード違反につかまったことがある。

後にこう語っています。

ゴルフ場へ一人で車を運転して出かけたんです。あの頃はよく昼もゴルフ場で叩いて、夜はディナーに出たりしてたから、元気だったのねえ。「一姫、二トラ、三ダンプ」と言われていた時代です。まだ高速道路がない頃で、清瀬のあたりをいい気持ちで八十キロぐらい出して飛ばしていたら、白バイがサイレンを鳴らして追いかけてきたの。仕方なく停まって「免許証」と言われて出しましたら、おまわりさん、名前見て驚いたらしく、「ハッ、失礼しました。ここは四十キロの規制になっております」と敬礼して、免許証を返してくれたんです。ヤレヤレと思ったけど、ゴルフ場へ行って、ゴルフをしていい気分になって帰ってきたら、宮内庁から電話があって「警視庁より連絡がありましたが、スピードにはお気をつけ下さい」。さては、あのおまわりさん、いいつけたなと(笑)
(初出『文芸春秋』平成10年8月号 高松宮妃喜久子『菊と葵のものがたり』より)

喜久子さまは明治生まれです。

やっぱりヘカテーは喜久子さまが大好きだー!!

プリンセスの中のプリンセスと謳われたお方は対応がスマートだぜ!

ババン!今日もけなげに仕事を終えたヘカテ―登場!

りょーへーかの「常総市に行くぜ!」宣言

「皇族が混乱している被災地に行くなよ。落ち着いてからにしなよ」と国民がうんざりしている今日この頃

薨去された高松宮妃喜久子さまの災害時の行動がスマートです。

射手座さまコメント

1996年、阪神淡路大震災。
高松宮の喜久子妃殿下は、
「私が行っても何の役にも立ちません。知り合いの医者を行かせます」
こう言っておられた。

私は「へえ~身分の高い人って、立派とゆうか庶民じゃないなあ」
なんとなく感心しましたっけ。
本当に残念なのは、いつ、どこで、どんな媒体で、喜久子妃のお言葉を聞いたか書き留めておかなかったこと。

こんなていたらくの平成皇室。
今上と皇后の責任は重いよ。


DAIGO風に感想を言うとこんな感じ↓
かっけー、喜久子さまマジリスペクト

喜久子さまは癌に関する活動を長年されていたからツテがあったのでしょう。

美智子さまってそういうツテがないんじゃない?

まあ、ツテがあったとしても

スポットライト大好き症候群(略してSDS)の患者の美智子さまじゃ被災地へ行きますけどね。

あー、そう言えば東日本大震災の時に石原都知事が今上陛下に

「いい加減若い人に譲りなよ」と言われたら、

会議だかが終わってから石原都知事のところまで来て

「いいえ、私が行きます!」と言ったんでしょ。

どんだけ前に出るの好きなんだろう
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR