華子さまのボディガード

華子さまとボディガード

ボディガード

山田秋良さん
妃殿下、おめでとうございますと涙で申しあげます。
お別れがつらいのです。この八か月は生涯の思い出です。

スポンサーサイト

肺炎で高熱の体で出席した常陸宮さまの侍従

『週刊女性 昭和39年10月14日号』を読んでたらこんなことも書いてありました。

肺炎の身で出席の村井侍従
この朝、急性肺炎で宮内庁病院に入院していた村井長政侍従はベッドから妻に言った。
「モーニングを・・・・・・」
妻は身を堅くした。しかしすぐ家にとって返した。義宮さま付きの侍従として二十年、この日を、夫はどんなに待ちわびていたか。小学生の義宮さまが、中等部、高等部、大学をご卒業になり、今日まで影のようにおつきしてきた夫。それがご婚儀の二週間前、肺炎で倒れた。
「申しわけない・・・・・・」
夫は熱い息を吐き、涙ぐむのだった。
「テレビで見てください。身体を大事にするのです」
義宮さまはこのおことづけをくださった。
夫は肌着を替え、キチンと礼装しベッドに正座し、テレビに向かった。九時半、放送が始まる。常磐松御用邸から滑り出す宮さまのご乗用車。
一時間後、賢所からおふた方が消えたとき、村井侍従の右手のハンケチはぐっしょりだった。
常陸宮の称号をお受けしてから午後二時二十分、朝見の儀。
「末長く、仲むつまじく暮らすように」
との陛下のお言葉だった。
次に親子固めの儀。古式の膳に両陛下、両殿下がおつきになり、華子妃殿下は両陛下から、親子固めの杯を賜った。
両殿下が、その席から退出されたとき、常陸宮殿下はそこに病床で寝ているはずの村井侍従を見、ハッとされた。
今日までのご奉公だ、死んでもいい・・・・・・だからと村井侍従は、参列を医師に懇願した。医師はその執念にも似た心に触れ、できることなら・・・・・・と診断したうえで、「少しなら」と許したのである。
「ヨシ坊ちゃまが独立なさる日まで」を生涯の念願としてきた村井さんにとって、この医師のはからいは何にもましてうれしかったに違いない。
義宮さまに、遅刻のお詫びと、お祝いの言葉をのべる村井侍従の身体は、ともすればゆれた。高熱なのである。
かたわらにたたずまれているはずの華子妃殿下も、殿下と侍従の、この一瞬の光景に凝縮された心かようきずなに思わず、まぶたに熱いものを感じられたにちがいない。
この予期せぬ美談に、次のご予定は十分ほどおくれた


常陸宮さまのの侍従さんって命かけてるんですねー。

常陸宮ご夫妻へのお祝いの言葉

昭和天皇の言葉
天候にも恵まれて、本日、正仁親王の結婚の式をとどこおりなくすますことができたことは、国民各方面の協力によるところでまことにうれしく思う。
正仁親王は新しく宮家を創立することになったが、正仁親王と同妃が国民の期待に沿って立派に行動し、またよい家庭を築くことを願うものである。

皇后陛下
長い間、ひとりでいたので、心配していましたが、結婚が決まって、喜んでいます。
気だてが優しく、健康で聡明な華子は今後、いっそうの努力を重ね、皇室の伝統を守って、東宮夫妻の力となり、皇族としてのつとめを果たしてくれるよう望んでいます。
これからは、夫婦愛に基づいて、仲よく力を合わせ、いい家庭を築いてもらいたいと思います。

うーん、良子さまのお言葉を拝すると華子さまのことを本当にかわいいとお思いであることが分かります。

まあ皇太子妃が性悪で可愛げがまったくない人だったから余計にかわいいでしょう。

池田厚子さん
池田厚子さん
義坊さん、華子さんと明るい家庭を
義宮さま。
ご婚儀、おめでとうございます。
義坊さん―小さいころ、こう呼んでおりました―この度は、心からお喜びを申し上げます。最近、長いこと義坊さんとはお目にかかっていませんが、あなたのことはテレビや雑誌でいつも注意して拝見しています。
宮さまのご婚約をお聞きしましたのはこの二月、私が岡山の大学病院に入院中のことでございました。
日ごと快方に向かうころでございましたが、宮さまと華子さまとのご婚約の報は、病床の私にとって、なによりのお見舞い、なによりの高貴なお薬でございました。
私の病気のことでご心痛にあらせられた両陛下には、ご婚約成立のことは、非常なお喜びであったことと存じあげます。
義坊さんは、ご自分の小さいころのことを覚えてないかもしれませんが、とてもお身体が弱かった―。
両陛下はそのことをいつもご心配あそばされ、学習院の初等科を無事にご卒業できるかしらと、それはいつも案じられていた様子でした。
近ごろはすっかりお元気そうで、ゴルフをお始めになってから逞しくおなりになり、うれしく思います。
小さいころといえば、私たち姉妹は呉竹寮に住み、別々に生活しておりましたので、ほとんどお目にかかったことがございませんでした。
義坊さんが、大学に入ってからは、ときどき呉竹寮にお泊りに見えましたが、それまではご一緒に過ごしたことは、あまりございませんでした。
そんなわけで、義坊さんの印象といえば、戦争が激しくなって、ご一緒に学童疎開したことが思い出されます。
昭和十九年の夏でしたか、学習院の男子部と女子部とが日光に集団疎開をいたしました。両陛下やお付きの方のご心配をよそに田舎での生活は私どもには、珍しく楽しいものでした。植物採集や栗拾いにと、野山を駆け巡って楽しい毎日でした。
それが、女子部だけが急に塩原のほうに移ることになったとき、とてもつろうございました。
義坊さんと皇太子と、それに私の三人で、お別れの、写真を撮りましたね。そのときは、みんながふたたび生きて会えるかどうか・・・・・・悲しくて悲しくて手を取り合って、カメラの前に立ったのでした。



華子さま―
おめでとうございます。

お目にかかったことはございませんが、ご健康そうで、明るい、素敵なお方。
華子さまのお姉さまとは、学習院時代一年違いでしたが、よく存じあげています。
ご一緒にお話をしたこがございました。やはり、明るくて清潔な方でした。
華子さまは、テレビで拝見するごとに、健康で明るくかわいらしい印象が深まり、北白川の伯母さまに、よく似ていらっしゃるとかねがね思っています。
義坊さんはおとなしくて優しい方。私たち姉と妹がケンカすると、義坊さんはニコニコほほえんでいました。
そのようなもの静かな態度は、あのころから、将来はきっと学者になられる方だと思わせるものがございました。
でも、義坊さんは中等科のことから、詩をお作りになっていました。叙情的な詩でした。義坊さんのやさしいお心が、そっくりにじみ出ていました。
だから、きっと文科方面に進まれるとばかり考えていましたのに理科をお選びになったのは、たぶん、陛下のご影響でしょうね。
やさしい宮さまと明るい華子さま。
明るいご家庭をお築きになることを、そして、皇室の発展のためにお尽くしてくださるように、深くお祈りいたします。
お幸せにね。
華子さま


酒井美意子さんと藤島泰輔
酒井&藤島
両陛下がとてもかわいがられている妃殿下

(ということは昭和の皇太子妃はあんまりかわいがられてないということですね)
(まあ一々反抗してくる嫁なんて嫌だしな)

藤島泰輔はキンジョーヘーカの学友ですが、、

明仁皇太子とミテコ皇太子妃が大嫌いです。

その藤島泰輔が常陸宮ご夫妻をべた褒め

華子さまのお稽古の先生
お稽古の先生

そして華子さまのお姉さまのお言葉
お姉さま

そして・・・

なぜかこの人もいた

ミテコさまの母正田冨美
正田ふみ

(以上すべて『週刊女性 昭和39年10月14日号』から引用しました)

本日9月30日は常陸宮ご夫妻のご成婚記念日です

昨年は金婚式だったのに大きく取り扱うことができなかったので

今年は昔の雑誌を揃えたのでご紹介できます!

美しき門出

華子さま十二単

6ecd27dfffc6fbf4e7eb9f2c7324bc50.png

c18489e08713439d6f6ad4c01a3ef2e0.png

こんなお写真も見つけました。

56bbf434b8a18b90c90f75614e638928.png
一緒に写ってる女性は従姉妹の方です。

青森県弘前市に眠るご先祖さまのお墓参りにいらっしゃった華子さま
ねぶた祭りで
弘前で

ドン引きするぐらい常陸宮ご夫妻を憎んでるキンジョーヘーカのご学友橋本明

『週刊女性 創刊50周年記念号 美智子さまと雅子さま』

という本を買いました。

そこに書いてあった橋本明の特別読み物が気持ち悪い

とにかくミテコさまをほめまくった後に書かれた常陸宮ご夫妻の記述

常陸宮さまの悪口

じつは昭和36年、高室内で「宮中聖書事件」と呼ばれる出来事があったんです。
ある日、皇居の御文庫(昭和天皇の住居)での団欒のとき。昭和天皇がそのころお妃選考が始まっていた常陸宮(当時は義宮)に、
「義坊ちゃん、そろそろ結婚する年ごろだけど、どういう女性がお嫁にほしいの」と尋ねられた。
義宮は「お姉さまみたいな女性がいい」と答えられた。そこで昭和天皇が「お姉さまのような人というのはどんな人なの」とお尋ねになられると、「ともに聖書を読める人・・・・・・」と、はっきりと答えられたのだという。
美智子妃はカトリック系の聖心女子大の出身。プレジデントと呼ばれる生徒会長でもあった。歴代のプレジデントは誰もが洗礼を受けていたが、幸い、美智子妃は唯一の例外だった。
それでもカトリックの教育を受けられた美智子妃は、義宮にとって好ましい身内でもあった。
というのも、幼いころに小児麻痺を患い、それを克服した義宮は、側近にカトリック信者の皇子傳育官がいたことおあり、中等科のころから急速にカトリックの教えに系統されていた。
「義宮はキリスト教にかぶれている」
そんな噂は私も耳にしていた。じつは、大学生のころ、私は高等科の義宮のと学習院の清明寮で同室だったことがある。実際、就寝前にアーメンと唱えて十字をきられてもいた。
ある日、その義宮が呟かれている言葉に仰天したこともある。
「神さま、橋本さんの、あの穢れた気持ちをお救いください。あの人は決して悪い人ではないのです・・・・・・」
こっそり布団の中から、義宮に目をこらすと、その表情は真剣そのものでした。
キリスト教にかぶれているどころではない、これは本物の信仰だと思いました。実際、送られてくる『嘉信』という無教会派の雑誌を、義宮は美智子妃に手渡したりしていた。
皇室には戦後はもちろん、戦前からカトリック信者の侍従や職員はいた。昭和天皇は側近の信教の自由はお認めになっていた。だが、身内の者はそうではなかった。義宮は第2位の皇位継承資格者、それだけに昭和天皇よりも直宮妃たちが衝撃を受けていた。だが義宮は自説を曲げなかった。
そんなことから、その後しばらくして、昭和天皇が激怒され、美智子妃は御前で土下座して謝られた・・・・・・。そんな噂が流れたんです。
しかし、それは民間出身の皇太子妃を快く思わない人たちが意図的に流した事実無根のことだった。後年、それを知った昭和天皇は、「私は(美智子妃)を怒ってはいない。そのような事実がないばかりではなく、心にも思ったことさえなかった。この文句どおりを東宮職に伝えるように」とおっしゃっている。


昭和天皇がそんな事実はないと言ってるんだから実に眉唾である。

っていうかこの常陸宮さまの発言含めて橋本が流した噂なんじゃね?

そもそもミテコさまの実家の正田家は正田冨美さん自身が

「正田家はクリスチャンです」

って言ってるからね。

こんな写真も撮られてるし

カトリックの女性が被るベールを身に着けるミテコさま
クリスチャンベール

常陸宮さまと同室だったていうのも非常に嘘くさい


さて、もっと橋本明がもっと憎んでるのが華子さま

華子さまへの悪口

昭和39年、義宮妃は旧華族(伯爵家)で学習院出身の津軽華子さんに決定した。おふたりの結婚で常陸宮家が創設された。
美智子妃にとって、義弟宮である義宮に嫁いだ華子妃は天性明るい気さくな性格の女性だった。ときにお付の女官が使う机の引き出しにこっそり生き物を入れ驚かせたりする。そんな無邪気な明るい女性だった。
だが、そんな人柄の華子妃を香淳皇后は猫かわいがりされた。そんなことから皇室内での美智子妃の孤立がますます深まっていったのも事実でした。
日本赤十字社には皇族室があり、そこで皇后をはじめ各宮妃がお針子姿になって奉仕される恒例行事がある。それに華子妃が加わってからは、美智子妃だけポツンと作業される姿が多くなったと日赤関係者は語っている。
香淳皇后や宮妃の会話の中心は、いつも華子妃であった・・・・・・。


お前どんだけ華子さま嫌いやねん

なんか華子さまのせいで美智子さまいじめがひどくなったみたいな書き方だな

酒井美意子さんが仰ってますが、

ご両親陛下思いの常陸宮さまは特にお母上の良子さまが気に入るお方を、と思われて華子さまを選ばれました。

華子さまのご成婚当時のお写真を拝見するに、

ものすごく自然体で素敵な笑顔です。

むしろ正田美智子の方が気取っていてナルシストであることがわかります。

美智子さまは孤立していたとか言ってるけど、

みんなから嫌われるような行動とってきて

「私いじめられているんです」

と言われてもねー。

喜久子さまが帽子の角度を直してあげたら5分もたたないうちに元の角度に直して、喜久子さまを「もう何にも教えて差し上げない!」と激怒させたのにね。

常陸宮ご夫妻のご性格がよくわかる写真をご紹介します。
afef9a4291e8f5bd1bf2767005ffbb24.png
(長姉の東久邇成子さんのお子様と遊ばれる常陸宮さま。後ろにいらっしゃる成子さんの表情も素敵ですね)

8Dc91BE8Eq97l18DCE.jpg
(甥っ子の浩宮さまをご覧になる常陸宮さまの表情が優しい)


華子さま
20160315212328d99s_201609252304560f2.png
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR