小室ママ「あんたの実家も援助してもらったんでしょ」

小室圭さんの母「皇室でサポートを」と要求か

「昨年12月中旬、赤坂御用地にある秋篠宮邸の一室で、紀子さまは震えるほど固く受話器を握りしめられていた。」

誰が見たんだよキーコさまのその姿をさ!というツッコミから始まるこの記事。

小室ママが「借金400万あるのがバレちゃった。騒動を収める為に皇室でお金出してよ」とキーコさまにお願いしたという内容です。

ヤフコメには

「なんだこの女は!失敬だろうが」
「こんな家に眞子さまをお嫁に出してはならない」

と小室ママを批判するコメントだらけです。

小室ママってキーコさまと同い年。

絶対に喪中婚約のことを覚えてるわよ!!

「あんたのところだって母親の手袋代2000円まで皇室に請求させたんでしょう。あんたの家は嫁入り道具全部皇室に出させたんだから、うちの借金400万ぐらいなんとかなるでしょう」

と小室ママに言われたって言い返すことはできないだろう。

いやー、因果応報って奴だなー。

あとさ、不思議でしょうがないのはマスコミは小室家側ばかり批判する。

なぜか秋篠宮家は批判しないんだよね。

言うべきだよね。

「陛下の許可を得た婚約だったのに!陛下の顔に泥を塗った!陛下に謝れ!」
「秋篠宮家の教育はどうなってるのか!」


皇太子ご一家の時は何も悪くない皇太子ご一家に対して
「病気になったことを両陛下に詫びろ」
「虐めが怖くて学校に行けないなんて皇太子夫妻の教育はどうなってるんだ!」
と叩いたじゃん。

悪くない皇太子ご一家が叩かれたんだから、

勅許を出した陛下の顔に泥を塗った上に国民を困惑させた秋篠宮家はどれほど批判されても文句は一切言えないぞ。


スポンサーサイト

礼宮を落としてやったーと叫ぶ

http://president.jp/articles/-/24408?page=2

PRESIDENTオンラインの記事です。

ジャーナリストの元木昌彦氏が書いてる記事なのですが、

「海の王子ファミリーと秋篠宮家はやっぱりお似合いだった」と納得できるものです。

眞子さんは圭さんへの愛を貫けるのか、注視したい。私は、秋篠宮家の2人の姉妹は、母親の紀子さん似ではないかと思っている。
そうだとすれば、眞子さんは、見かけによらず芯の強い女性であるはずだ。
私はひょんなことから、紀子さんが秋篠宮と結婚する経緯を知ることになった。彼女は帰国子女だが、私の知っているNHKの解説委員氏の娘も帰国子女で、学習院で紀子さんと親友だったのだ。
失礼ないい方になるが、紀子さんは向上心旺盛で、親友にはかなり前から、秋篠宮と交際すると宣言していて、そのためには労を惜しまなかったそうだ。
見事にその願いが成就し、結婚することが決まった時には、件の親友に電話を掛け、電話口で「やった~」というようなことを大声でいっていた。そう解説委員氏から、娘の言葉として聞いていた。


とんでもないアバズレだな!!

礼宮に女性が近づくと「シャー」とマングースみたいに威嚇してきたと聞いてましたが、

友達に「礼宮と結婚できるのよ!やったー」と大声で電話する女とは知らんかった。



こんなに礼宮の隣を死守してたのに結婚後は

「礼宮さまとお付き合いしてた間は周囲に知られないようにと目立たないようにされていた」

と嘘を書かせた。

マスコミの記者と秋篠さん自身とキーコさまの親父さんが親しくしてるという証拠がまた出ましたね

第三子を作ることを東宮家に遠慮してたと塩らしいこと言ってるが、

本当に兄宮に遠慮するなら

兄宮を差し置いて喪中に結婚なんてしないし、

第二子である佳子ちんを雅子さまがご懐妊かと騒がれてた時に作ったりもしない。

三番目の子を作らなかったのは単純明快

夫婦仲が悪かったから。

結構写真とか見るとキーコさまの方を見てなかったり、

今でもキーコさま置いて秋篠さんがスタスタ歩いて行っちゃう。

坊やを作ったのは優秀な兄宮を出し抜きたいというバカな弟の考えと、この国で一番上の立場の女性になりたいという3DKから嫁いだ宮妃の野心が一致したから。

元気そうでよかったじゃ~ん♪



「やつれた」とか「部屋の中に引きこもってる」とか書かれたけど

やっぱり元気じゃーん!

結婚が延期になったぐらいでダメージを受けるような人じゃないよ。

「あたしのことを誰だと思ってるのよ!」と言って列に並ばなかったり、トイレの使い方は皇族の前に日本人としてあり得ない位に汚いし、ふざけて学校の剥製壊したり、「屁理屈も理屈です」と先生に歯向かったりとチビの頃からやりたい放題してたもん。

あと書道の師匠柳澤さんの言葉が何気にフォローになってないし(笑)

「『ご婚約の期間が長ければ長いほど、お幸せが来ますよ』と申し上げたら、『ありがとうございます』とニコニコなさっていました」

全然ハッピーじゃないし!

高円宮家の典子さまは
「長いことお待たせしてしまって」と優雅に仰ってたが、あれは典子さまが高校生の時に千家家との縁談がまとまってたからなんだよ。
だからプロポーズも無かった。
眞子丼とほとんど年齢が変わらなかった典子さまが10歳以上年上の千家さんをリードされてた。
さすが皇族!と国民は誇らしくなった。

周囲(特に見栄坊のキーコさま)は大反対だったが、眞子丼が「絶対に小室君じゃなきゃ嫌」と意思を曲げなかった。

で、キーコさまは別の計算をし始めた。

「これで安倍政権が内親王限定女性宮家に本気になってくれるんじゃないか?『眞子さまが本当に皇室からいなくなりますよ。いいんですか?』とアピールできるし」

と渋々OKした。

そして恥ずかしい言葉がオンパレードだった婚約記者会見をやった。

だけど全然女性宮家なんて話が進まない。

それもそのはず。

男尊女卑の日本会議の閣僚が多いから男系男子バカばっかりだし、高貴高齢者コンビの我儘で皇室にはあんまり関わりたくない安倍政権は「どうぞどうぞ出てって下さい」という態度だった。

さらには秋篠信者からは「さようなら秋篠宮家さよなら眞子さん」と信者を辞める者まで出た。

全然おいしくないじゃんと気付いて海の王子バッシングをマスコミにさせた。

で、結婚を延期させた。

だから公務で夫婦そろって笑顔だったんですね。

ただもう一つ考えられることがあるんだわ。

海外のVIPも集まる大喪の礼と内親王の結婚を両立させるのは宮内庁としてはキツイ

だから喪が明けてるであろう2020年にやるんだわ。

映像で見るとマジで狭かった川島家の3DK




めちゃくちゃ狭いな!!

屏風とか置いたからさらに圧迫感あるわよ!

あとキーコさまの振袖がしょぼい。

こんな家で納采の儀をやったことに本当にびっくり。

宮内庁に「椿山荘でやりたいから費用を出してよ」と要求して、

宮内庁から「そこまで面倒見切れん!」と断られた。

「じゃあ、うちでやります」

と3DKで納采の儀をやったのだ。

えー、学習院出身の列外派読者の方曰く、

「職員団地は若手の研究者の為のもので、ある程度お金が貯まったら一戸建てを買います。狭くて研究用の書籍を沢山置けませんから。成人した子どもがいるのに居座った川島夫婦が異常」

もうさ、こんな家から嫁いでいったんだから小室家に文句言うなよ(笑)

あんまり文句ばっかり言って海の王子との結婚が破棄になってから

眞子丼が新しい相手を連れてきた時に

「うん・・・。海の王子の方がまだマシだったね」

ってなっちゃうぞ!!

参考までに↓

小和田邸は目黒区の一等地にありますが、それでもこれだけの広さがあります。

前代未聞の珍事!結婚を延期!

眞子丼まさかの結婚延期!!!

<眞子さま結婚延期>「急ぎ過ぎていた」 コメント全文
2/6(火) 19:24配信  毎日新聞
私たちは、今まで結婚に関わる様々な行事や結婚後の生活にむけて、二人で話し合い、それぞれの親や関係する方々と相談しながら準備を進めてまいりました。しかし、その過程で、現在予定している秋の結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました。

これまでのことを振り返ってみたいと思います。昨年5月、予期せぬ時期に婚約報道がなされました。このことに私たちは困惑いたしましたが、結婚の意思を固めていたことから、曖昧な状態を長引かせない方がよいとの判断をし、当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表することにいたしました。婚約の内定発表に際しては、多くの方々がお祝いのお気持ちを寄せてくださったことを大変有り難く思っております。その後、昨年11月には、それ以降の諸行事の予定を立て、発表いたしました。

 しかし、色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います。ここで一度、この速度が自分たちに本当に合っているのかを慎重に考えるべきでしたが、婚約の内定発表に関しても、それ以降の事柄に関しても、私たちはそのまま前に進むという選択をしてまいりました。

 今、私たちは、結婚という人生の節目をより良い形で迎えたいと考えております。そして、そのために二人で結婚についてより深く具体的に考えるとともに、結婚までの、そして結婚後の準備に充分な時間をかけて、できるところまで深めて行きたいと思っております。本来であれば婚約内定の発表をするまでにその次元に到達していることが望ましかったとは思いますが、それが叶(かな)わなかったのは私たちの未熟さゆえであると反省するばかりです。

 これらのことを踏まえ、それぞれの親や関係の皆様と相談を重ねた結果、この度、今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました。

一度決めた予定を大幅に変更することは、私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております。

私は、結婚に関わる諸行事を延期したい旨、天皇皇后両陛下にご報告申し上げました。両陛下は、私たち二人の気持ちを尊重してくださいました。

私たちは、この度の延期を、新たな生活を始めるための時間を作る良い機会と考え、その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたいと思います。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000090-mai-soci

つまんねー!!

このニュースを知った時のヘカテーの第一声がこれ↑

しかしまあ、前代未聞ですね。

というか恥ずかしいことこの上ない。

しかも言い訳がすごい。

「自分たちはまだ考え中だったのにマスコミが勝手にばか騒ぎするから・・・」

あのさ、懇意の記者であるNHKの橋口を経由してNHKにニュース速報させたのはどなたでしょうか?

秋篠宮家と仲良しの橋口が悪者扱いになっちゃうぞ~

というかその理由って礼宮と川島キーコの喪中婚約の言い訳とまったく同じだしな。

「マスコミが騒いで川島家に迷惑がかかるから責任をとって」って言ったもん。

隣に座ってたぶりっこの渦中の女はニヤニヤと笑ってた。

そして許せんのがこれ↓
今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期

キンジョーと皇太子殿下のせいにしてるだろ!!

宮家の内親王の結婚なんて楽勝よ!

だって昭和天皇の喪中に新天皇の息子が兄宮を差し置いて「側室でもあり得ない相手」と学生同士で婚約して、即位の礼の前に結婚したじゃん。


共謀罪が決まるかどうかで大騒ぎだったのに、一気にマスコミはあなた方二人の婚約に集中しましたよね。

そして皇太子ご夫妻の奈良県行啓の日を狙ってわざわざ婚約記者会見をした。

10月の皇后であるミテコさまは誕生日で「婚約が決まって嬉しい」と言った
11月の秋篠さんの誕生日には夫婦で「小室君はいい子」と言った
12月には皇太子妃である雅子さまが「婚約おめでとう。あんなに小さかった眞子様が結婚されるなんて嬉しい」と仰った
さらには日本一高貴な存在である今上陛下まで「おめでとう」とお祝いした。

天皇、皇后、皇太子妃の3名の内廷皇族が認めたのが眞子丼の婚約

秋篠さんち夫婦も両親として一度は認めた。

にも関わらずこの事態!!

あの婚約記者会見でお互いを月だと、太陽だと例えたり、座右の銘は「レリビー」だったりと色々痛いことを言ってたのになー。

キーコさまは本当に嫌だったんだね。

娘が連れてきた相手がまさかの海の王子!!

「出雲大社の千家家以上の家柄の人と結婚させる!!」

とマスコミの記者相手にベラベラ喋ってたことを考えたらそうとう恥ずかしかっただろう。

他の宮家からもバカにされるだろうしね。

眞子丼も情けないなー

「皇室の人間と結婚することは大変だと思いますが、小室さんは私が一生全力で守ります」

位の事を言って愛する人を守ればいいのに

秋篠信者的にはこの結婚延期って嬉しいのかしら?
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR