ヘカテ―からのお知らせ

明日から火曜日まで旅行に行きます。

更新が止まりますが、

止めたわけではないのでご心配なさらずに
スポンサーサイト

皇太子ご夫妻はかっこいいから愛される

お噂スレで「うんうん」と思った書き込み

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/05/30(土) 16:16:47.28
不思議に東宮家を批判していた人間は不運に見舞われているな。
しかし、
着床前診断による男子産み
→雅子妃は神の領分を犯すとして拒否→適応障害→しかし、ヨーロッパ王族はその姿勢を尊敬。
→紀子妃は皇統簒奪の野望から出産→元気ルンルン→しかし、ヨーロッパ王族は軽蔑、相手にされず。
 
なんて、保守の三宅や百地や八木はこの簡単な構図がわからないかな。


着床前診断による男子産み

・雅子妃は神の領分を犯すとして拒否→適応障害→しかし、ヨーロッパ王族はその姿勢を尊敬。

・紀子妃は皇統簒奪の野望から出産→元気ルンルン→しかし、ヨーロッパ王族は軽蔑、相手にされず。


ここですよ!

この「そんなお天道様が許さないことはできない」ときっぱり断ったところがカッコいい。

でも、このかっこよさは涙が出るほど辛いものでした。

ご成婚の時のパレードが心に残っているということもありますが、

もし皇太子ご夫妻が「何が何でも男の子だよね」と男子出生を選んでいたらヘカテ―は嫌いになっていたでしょう。

そもそもさ、エリザベス女王やベアトリクス前女王がいるヨーロッパからしたら

「俺たちのクイーンをジャパンのエンペラーは否定するってこと?
えっ、何、喧嘩売ってんの?」

と捉えても文句は言えません。

女王や女皇太子の方々は

「ジャパンのエンペラーとエンプレスと次男夫妻は女である自分をお腹の中では『こいつ所詮女だし(笑)』とバカにしてたんだ」

と不愉快になるでしょう。

本当に皇太子ご夫妻は茨の道を歩まれる覚悟をされたんだなとしみじみ思います。

あれ、これってどこかで聞いたな。

あー、思い出した!

昭和天皇が側室を勧められた時に

「人倫に悖ることはしたくない」と拒否したことに似ている。

やっぱり、昭和天皇の真の後継者は徳仁皇太子殿下だったのか

そして、何事もビリじゃない高卒天皇の後継者が高3でMOTHERを書けなかった礼宮だったのか





「キャベツ畑にハイヒールで行くわけないじゃないですか~」と思った私がバカだった

読者の方より

「美智子さまは軽井沢でキャベツ畑にハイヒールで入った」

というコメントを戴きました。

それを読んだヘカテ―は

「やだなー。ハイヒールでキャベツ畑行く人がいるわけないっしょ~。いくら美智子さまでもそんなことしないよ~」

と軽く思っていました。



じゃーん

キャベツ畑でハイヒール

拡大写真
ああ、こりゃハイヒールだわ

ハイヒールだ。

また昭和44年の写真には

昭和44年軽井沢

これもおそらくハイヒール

まあ、東宮御所の庭の砂場でもハイヒールだったお人ですから

砂場でもハイヒール


君は6月9日を覚えているか?

今、大きな地震があった!

なんか揺れてるなーと思っていたら

「おいおい、長いぞ。それに結構大きく揺れてないか?」

と3・11を思い出しました。



ちょっと久々になりましたが、雅子さまに関するご成婚当時の記事をご紹介します。

サファイアさまから教えていただきました。

http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070327233134.jpg

http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070327233134.jpg


昔の報道ってプライバシーを無視していたから、

お妃候補の名前と写真がバンバンテレビや雑誌に流れていました。

よみうり報知写真館には紀宮のお婿さん候補だった坊城さんの写真がありました。

坊城さんのお噂は昔から聞いていましたが、

何分お顔を拝見したことがなかったので、

「あ、こういう方なんだ」と思いました。

↓検索欄に「坊城」と入力すると写真が出てきます。
よみうり報知写真館

佳子ちんのお婿さん候補に〇〇の御曹司なんて週刊誌に出ていますが、

これも昔なら実名と写真が日本中に出ていたのでしょう。



故三宅>国際司法裁判所の所長は「はーい、ボクやりまーす」と手を挙げればなれます。

桜エビ丼 さまのコメントをご紹介します。

故三宅久之のトンデモ発言(怒)

死者を鞭打つものではないけれど、晩年の三宅久之の発言は本当に酷いものばかりだった。
認知症が入っていたと思われるほど、ウソの発言が多かった。

故三宅久之の「現在の皇太子ご一家は毎年のように軽井沢に滞在する。」というウソ発言だけでなく、これが社会部記者だった人間が言う事なのかと耳を疑ったトンデモ発言がある。

それは小和田恒氏についてであるが、故三宅久之は
「やりたいで~すって言って挙手をして国際司法裁判所の所長になった。」
と発言したことだ。

三宅久之は社会部記者だったのだから、
国際司法裁判所に勤務できるということは、どれほど難しいことか、日本国にとって日本国民にとってどれほど名誉なことか、分かっているはずだ。

なのに三宅久之は「手を挙げてなった。」と、あまりにも馬鹿すぎる発言をした。
そしてそれを訂正もしなかった辛坊某。やしき某。某テレビ局。

死者を悪くは言いたくないけれど看過していい話ではない。

三宅久之の「手を挙げてなった。」という発言は、日本国と日本国民を侮辱するだけでなく、国際法でもって紛争を解決しようとする世界をも軽蔑したものだと断言していい。


国際司法裁判所は国家間の法的紛争を解決し、国連とその専門機関に勧告的意見を提供します。

裁判所に紛争を提起できるのは国家だけです。

国連広報センター 国際司法裁判所

国際法の権威が裁判官を務めています。

小和田さんはハーバード大学でも講師をされていた世界的国際法の権威です。

だから、裁判官に選ばれた。

国家間の争いという戦争を引き起こしかねない裁判の裁判官に「娘がクラウンプリンセス」というだけで選ばれるわけがありません。

さらに小和田さんは素晴らしいことに国際司法裁判所所長に日本人で初めて選ばれたまさに日本の偉人です。

当たり前ですが、所長を選ぶ選挙は投票で選ばれます。

そんな、「はーい、僕やりまーす」なんていう生ぬるい世界じゃないんです。

ヘカテ―の信条は「死んだ人の悪口は言ってはいけません」ですが、

こんなじいさんに皇太子御一家と小和田家の人をバッシングされるなんて悔しくてならない。




しかし、カイザリンアイコこと敬宮さまのおじいさまって対照的だな

父方祖父は皇族のために造られた大学を卒業できなかった最終学歴高卒

母方祖父は東大を卒業し、ケンブリッジ大学大学院を卒業した国際法の世界的権威

すごいな。

小和田さんも気の毒ですね。

普通は舅同士なんらかの付き合いがありますが、

ここまでレベルが違うなら会話すら苦痛でしょう。

母親は大事だよ。

読者さまからのコメントをご紹介します。

秩父宮勢津子妃のお母様、松平信子さんは正田美智子さん入内に反対しました。
今上はそれが不満で、女性週刊誌に寄稿したり、常磐会の方々に「あなた達はいずれ美智子に頭を下げるのだ」と口にしたとの話です。
それが事実なら、何とも軽はずみは昔から、としか。
信子さんの長男は、徳川宗家の豊子姫と結婚してます。
夫妻の次男は徳川宗家を継いでいます。女系ですね。
信子さんの次女は、尾張徳川家の義知さんと結婚してます。
信子さんは、佐賀鍋島家の姫です。
お姉様の伊都子姫は梨本宮妃です。
豊子さんの妹ふたりは、それぞれ上杉家と保科家に縁付いてます。
豊子さんの父方祖母は、近衛家の姫です。
母方祖父は島津忠義さんです。
おそろしいほどの上流団結です。
このような方々をバカにした報いが、今上次男、長女共に家もない相手としか成婚できなかった結果となっています。


>常磐会の方々に「あなた達はいずれ美智子に頭を下げるのだ」と口にしたとの話です。

反対した喜久子さまと勢津子さまに

「叔母様たちは、いずれ美智子に頭を下げる時がくるんだ!」と怒鳴った。

ちなみに典型的美智子教徒の河原さんがこのエピソードを

「美智子さまを守った明仁皇太子ってなんて素敵なの!」と絶賛しています。

しかし、北白川さんで取り上げましたが、本当に上流社会って狭い。

こういう世界にけんか腰で乗り込んだんですから、美智子皇太子妃と正田家はダメな意味ですごすぎる

おい、勝谷。お前それでよく雅子さまを批判してくれたな!

もうご存知の方もいらっしゃるでしょう。

いやー、Yahooのトップニュースを見てびっくりしました。

コラムニスト・勝谷誠彦氏が鬱病を告白「同病の人たちに伝えたい」

あの勝谷ですよ!

皇太子ご一家を叩いた典型的アンチ東宮ですよ!

それがなんとメンタル系の病気を患うとは!

まさに鏡の法則!

おい、勝谷よ。

これで少しは雅子さまのつらい気持ちが分かったか!

お前の今回のニュースは「誰でもなる病気なんですね」「お大事に」と同情されている。

雅子さまはな、マスコミに詐病、さぼり、甘え等のバッシングを受けてきたんだよ!

あ、そう言えば信子さまと雅子さまをできそこない皇族よばわりした工藤美代子もうつ病だった。

信じられないよ。

普通ならどれだけ辛いか他の人よりもわかるじゃないか。

今頃、御所でスタンバイしてるんじゃ・・・

口永良部島で爆発的噴火がありましたね。

島民の方が全員隣の屋久島に避難されたとのこと

ヘカテ―の外れて欲しい嫌な予感

御所で屋久島に行く準備なんてしてないでしょうね

やだなーヘカテ―、考えすぎだよと誰か言って!



平成になっても軽井沢で過ごした両陛下

auxilia さまからのコメントで平成になっても今上陛下は軽井沢に滞在していたことが判明しました。


****************************

1990年 8月9日号  『週刊新潮』
天皇ご一家の「夏休み」が今年も西武の「別荘」なので

****************************

1990年の天皇ご一家とは現在の天皇ご一家、つまり、今上天皇と美智子皇后、浩宮徳仁親王(現・皇太子徳仁親王:立太子礼は1991年2月23日)、紀宮清子内親王です。
(※ 1990年6月29日に文仁親王と紀子さんが結婚され秋篠宮家の創設となったので、1990年8月の時点で秋篠宮ご夫妻は正確には天皇ご一家ではありません。)

このような記事が出たと云う事は、新しい天皇ご一家は、昭和時代から「夏休みは御用邸ではなく、民間企業が所有する別荘で過ごしていた。」と云う事を、当時は、正確に記事として表しています。

現在の皇太子ご一家が御用邸ではなく民間企業が所有するホテルに滞在されるのは、せいぜいスキーをされる時だけではないでしょうか。

「現在の皇太子ご一家は毎年のように軽井沢に滞在する。」と、故三宅久之氏や勝谷誠彦などが、わざとなのか、誤解しているのかは分かりませんが、ともかく悪意に満ちた表情で事実とは全く違う発言をし、それが事実を知らない人間を勘違いさせ皇太子ご一家をバッシングすると云う状況を生じさせました。

軽井沢には小和田家の別荘があるそうですが、正田家の別荘もあり、昭和の皇太子ご一家は毎夏いつも正田家所有の別荘で、正田ご夫妻と一緒に過ごしています。


うーむ、平成になっても皇太子時代の気分が抜けていなかったのでしょう。

平成もまだ初期のころだったからマスコミも昭和天皇の古き良き時代のままだったのでしょう。

それにしても三宅、勝谷の2人は何を勘違いしているのでしょうか?

そんな余計なこと言うと、

「えっでも、今の皇太子一家ってスキーぐらいしか民間のホテル使ってねえぞ。だれかと勘違いしてるんじゃないか。誰だろう・・・」

と思う人が出てくるんじゃないかね。

三宅、勝谷のような人間がいるから最近の若いネット右翼は「皇太子一家=遊んでばっかり」と洗脳されちゃうんだよ。

あーもー、本当に平成って嫌な時代!

高3でMOTHERがかけなかった礼宮

新しい読者の方がいらっしゃいました。

バブル世代 さまです。

なんと高校3年生まで学習院育ちだったそうで、

こんな礼宮のアホエピソードを教えていただきました。

一番ひどかったのは高3の期末テストでMother単語すら書けなかったほどの大バカ者だったという事でしょか。

アホすぎる!

MOTHER、Mをとったら他人(OTHER)です。

というコマーシャルを思い出した。


≪追記≫

美寿子 さまコメント

テストの時、アーヤは寝ている。
寝ているからテスト用紙は白紙のままなのですが、それでは落第してしまう。
落第させると色々とトラブルになるので、教師がアーヤに正解が書かれているプリントを渡して丸写しさせようとした。が、アーヤは丸写しする事すらできない。
見かねた隣の席の学生が(私は女子学生だと聞きました。)かわりに書き写してあげたそうです。


アホだ~!

こんなアホをショーライノテンノーと思っている秋篠信者は何考えてるんだ!?
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR