那須岳で登山を楽しまれる皇太子ご一家



登山好きの殿下は新婚当時「雅子と一緒に山を登れればいいと思います」と仰っていました。

子どもができてからはきっと「家族で山に登りたい」と考えられていたのでしょうね。

動画を見ればわかることですが、敬宮さまは普通にお話しされています。



おいコラ秋篠信者

秋篠さんちの坊やは登山している映像や写真がないが、どうなっとるんじゃ!

スポンサーサイト

比べてみよう そうしよう 皇太子妃の登山着

c1f99da8085dcbc15a3b9e8f6671dd8d.png

8b5ba0b90ffb3083c25d8610d2fe0783.png

a71856428ef8c7f87d914d1cbe5a7187.png

新婚の頃の雅子さまって本当に愛らしいですよね。

屋久島の屋久杉を見に行かれる時も普通の登山ルックです。

我々一般人と変わりません。

昭和の皇太子妃

こんな時までポーズかよ!

1b88f62619510b82416dd16de388c85d.png

荷物は持ってないんですね。


殿下が2年ぶりに登山を楽しむために神奈川へお見えになる



富士山の眺望も…皇太子さまが石老山で登山

日本テレビ系(NNN) 11月27日(金)16時16分配信
皇太子さまは27日、日帰りで登山に出かけ、富士山の眺望などを楽しまれた。

皇太子さまは27日朝、神奈川県相模原市にある石老山に登られた。石老山は丹沢山地にある高さ702メートルの山で、関東百名山の一つとして知られている。皇太子さまは1時間半ほどで山頂にたどりつくと、青空にくっきりと映える富士山や、紅葉で色付いた丹沢の山々の眺望を楽しみ、「きょうは素晴らしい天気に恵まれ、途中、石老山の自然や歴史に触れながら非常に楽しい登山でした」と話された。

皇太子さまにとって登山は去年の2月以来で、「中央高速からよく見えるので、一度登りたいと思っていた」と喜ばれていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151127-00000042-nnn-soci

知ってたら行ってたのに!

登山にまったく興味がないヘカテーは神奈川県民なのに石老山を今日まで存じませんでした。

大山なら知ってたけど、そんな山があったとは・・・

1b88f62619510b82416dd16de388c85d.png

ぶっちゃけ祭祀なんてどうでもいい両陛下

読者の方で両陛下の祭祀の状況を調べた方がいらっしゃいます。

ものすごく勉強になるので皆さまにもご紹介します。

梅花藻さまコメント

高齢だから、潔斎して装束をつけて寒いところに長時間は負担、というのはわかるのですけれどね。

公務は今までどおりとかたくなに譲らず、お出かけしまくり、外国も行きたい、そのためにはランニング姿も公開する、ストレス軽減のために私的旅行と鑑賞を増やす、となれば、祭祀に熱心と標榜しておいて、皇太子妃が祭祀をしないと叩いておいて、祭祀どうなってますの?と言われてもしようがありませんわね。

療養中の皇太子妃殿下が一度皇后の代理で祭祀をなさったとき、所作は完璧だった、という記事を読んだ記憶がありますが、いつのことだったか。祭祀が皇太子妃叩きの棍棒にされるから、宮内庁HPの日程表を調べたことがあります。

コメントは手短に要領よく、が理想ですが、長くなります、スルーしてください。


★宮中祭祀一覧
主な祭祀は18、うち天皇のみが行うのは7、皇后も出席するのは11。
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/saishi/saishi01.html


1. 1月1日 四方拝 歳旦祭  ★天皇のみ
2. 1月3日 元始祭
3. 1月4日 奏事始      ★天皇のみ
4. 1月7日 昭和天皇祭
5. 1月30日 孝明天皇例祭
6. 2月17日 祈年祭 ★天皇のみ
7. 春分の日 春季皇霊祭 春季神殿祭
8. 4月3日 神武天皇祭 皇霊殿御神楽
9. 6月16日 香淳皇后例祭
10.6月30日 節折 大祓 ★天皇のみ
11.7月30日 明治天皇例祭
12.秋分の日 秋季皇霊祭 秋季神殿祭
13.10月17日 神嘗祭
14.11月23日 新嘗祭 ★天皇のみ
15.12月中旬 賢所御神楽
16.12月23日 天長祭 ★天皇のみ
17.12月25日 大正天皇例祭
18.12月31日 節折 大祓 ★天皇のみ

その他、

・旬祭
 毎月1日・11日・21日に掌典長が祭典を行い,原則として1日には天皇陛下の拝礼がある。
・2月11日には、天皇が宮中三殿に拝礼
・式年祭
 歴代天皇の○百年祭、など随時。


★祭祀に関する日程の記述
祭祀は天皇家の私事であって公務ではない。祭祀が宮内庁のHPの日程に掲載され始めたのは平成17年からである。


★天皇の祭祀
平成23年の入院、平成24年心臓の手術などで欠席あるもののおおむね出席。

ただし、
平成21年以降、毎月1日の旬祭は年2回程度に縮小
平成23年以降、天長祭は欠席(皇太子殿下は出席)
平成24年以降、歳旦祭は欠席(皇太子殿下は出席)
平成26年以降、新嘗祭の暁の儀は欠席(皇太子殿下は出席)
平成26年以降、昭和天皇祭の夜の神楽は欠席
平成26年以降、式年祭はなし

新嘗祭は最も重要な祭祀だから欠席は発表せざるを得ないだろうけれど、他もひっそりと縮小傾向にあるのは事実。祭祀の内容がどうか、までは知らない。また、節折の儀は書いてあるけれど「大祓」の記述がないのは、出てないのか書いてないだけなのかはわからない。


★皇后の祭祀

?平成20年まで祭祀欠席はあったものの目立つほどではなかった。
  祭祀出席状況:
  平成17年9回、平成18年11回、平成19年10回、平成20年8回
  

?平成21年以降 皇后の欠席が目立つようになった。
  祭祀出席状況:
  平成21年3回、平成22年6回、平成23年7回、平成24年7回、
  平成25年5回、平成26年2回、平成27年4回(11月末まで)

  平成22年から式年祭の出席はなし


?平成23年から24年にかけて、欠席の原因が記載されることがあった。

・平成23年7月30日(土) 明治天皇例祭の儀(皇霊殿)[皇后陛下には,頸椎症のご症状によりご欠席]
・平成23年7月31日(日) 一條天皇千年式年祭の儀(皇霊殿)[皇后陛下には,頸椎症のご症状によりご欠席]
・平成23年10月17日(月) 神嘗祭賢所の儀(賢所) [皇后陛下には右膝下の下腿筋膜炎のためご欠席]
・平成24年1月3日(火) 元始祭の儀(宮中三殿)[皇后陛下は右足首の捻挫のためご欠席]


?平成25年皇后誕生日
健康管理、公務や宮中祭祀に関して負担軽減が必要との意見についてどのように考えるか、という質問に対し、

質問にあった宮中祭祀のことですが,最近は身体的な困難から,以前のように年間全てのお祀りに出席することは出来なくなりました。せめて年始の元始祭,昭和天皇,香淳皇后の例祭を始め,年間少なくとも5,6回のお参りは務めたいと願っています。

と文書回答。
堂々と「祭祀はサボリます」宣言をした。


?平成26年
出席は春季皇霊祭、秋季皇霊祭の2回のみ。
元始祭も昭和天皇も香淳皇后も明治天皇も大正天皇も神武天皇も、全部ブッチ。先祖の法事はもれなく欠席。その代わり、「遥拝・お慎み」はもれなく記載されるようになった。


?平成27年
前年の出席状況が後ろめたかったのか、年間5,6回出席を目指し、これまで、昭和天皇例祭、春季皇霊祭、香淳皇后例祭、春季皇霊祭に出席。目標達成間近。遥拝・お慎みの記述がより強化される。でも、あれ? もしもし、大丈夫ですかあ? という記述もあり。

a. 皇后の遥拝・お慎みは記載されても天皇の記述がない
平成27年4月3日(金)
皇后陛下 神武天皇祭皇霊殿の儀に当たりご遙拝・お慎み(御所)
皇后陛下 皇霊殿御神楽の儀に当たりご遙拝・お慎み(御所)

b. お慎みを忘れてお出かけのことも
平成26年1月30日(木)天皇陛下 孝明天皇例祭の儀(皇霊殿)
皇后陛下 ご出席(「三善晃さん(作曲家)お別れの会」)(サントリーホール(港区))  →2時開演だもんね。

c. 天皇のみの祭祀で今まで天皇の記述しかなかったのに、皇后のお慎み・遥拝までが記載される。
・平成26年10月1日(水)天皇陛下 旬祭(宮中三殿)
皇后陛下 旬祭に当たりご遙拝(御所)

・平成26年11月23日(日)
天皇陛下 新嘗祭神嘉殿の儀(夕の儀)(神嘉殿)
皇后陛下 新嘗祭神嘉殿の儀(夕の儀)お済みになるまでお慎み(御所)
平成26年11月24日(月)
天皇皇后両陛下 新嘗祭神嘉殿の儀(暁の儀,掌典長ご奉仕)お済みになるまでお慎み(御所)

・平成27年1月1日(木)
天皇陛下 四方拝(御所)
天皇皇后両陛下 歳旦祭の儀がお済みになるまでお慎み(御所)

・平成27年2月17日(火)
天皇陛下 祈年祭の儀(宮中三殿)
皇后陛下 祈年祭の儀に当たりお慎み(御所)

・平成27年6月30日(火)天皇陛下 節折の儀(宮殿)
皇后陛下 節折の儀に当たりお慎み(御所


★歴代天皇の式年祭の執行状況

平成17年10月12日(水)天皇皇后両陛下 龜山天皇七百年式年祭の儀
平成18年4月13日(木)天皇皇后両陛下 桓武天皇千二百年式年祭の儀
平成19年1月9日(火)天皇皇后両陛下 武烈天皇千五百年式年祭の儀
平成19年7月22日(日)天皇皇后両陛下 文武天皇千三百年式年祭の儀
平成19年8月16日(木)天皇皇后両陛下 堀河天皇九百年式年祭の儀
平成20年3月23日(日)天皇皇后両陛下 花山天皇千年式年祭の儀
平成20年8月31日(日)天皇皇后両陛下 孝昭天皇二千四百年式年祭の儀
平成20年9月18日(木)天皇皇后両陛下 後二條天皇七百年式年祭の儀
平成22年1月16日(土) 天皇陛下 東山天皇三百年式年祭の儀
平成22年2月13日(土) 天皇陛下 反正天皇千六百式年祭の儀
平成22年2月23日(火) 天皇陛下 孝安天皇二千三百年式年祭の儀
平成22年4月1日(木) 天皇陛下 應神天皇千七百年式年祭の儀
平成23年7月31日(日) 天皇陛下 一條天皇千年式年祭の儀(
平成25年12月24日(火)天皇陛下 後櫻町天皇二百年式年祭の儀

※式年祭の前にはご進講がある。(ご進講に行った先生を1人知っている)

最後のご進講は、
平成25年12月13日(金)
天皇皇后両陛下 ご進講(後櫻町天皇ご事蹟(岐阜聖徳学園大学名誉教授(二百年ご式年に当たり)))(御所)

で、

・皇后にとって祭祀は優先事項ではない。(できれば欠席したい?)
・天皇は去年あたりから急激に○○が進行しているかのよう。
・欠席なら欠席で何も書かなきゃいいのによけいなことを書くからこうして調べられる、情報操作がお得意のようだけどボロが出まくり。(いつものことだが)

何ていうか、リョーヘーカ、やることに潔さがないのですよね。
祭祀は天皇家の私事だけど、五穀豊穣と国民の平安を皇居の奥深くで人知れず祈っておられるところに神秘性とありがたみとかがあるわけで、公開したり、遥拝・お慎みなど誇示するものではない! 神様もお怒りの様子で国民は迷惑です。

にしきき~てても こ~ころはボロよ~ ?やっ

古っ。

どうでもいいことを長々と失礼しました。


梅花藻さまの努力に拍手!

よくここまで調べられたと感動しました。

こんな風に一覧表になるとよりわかりやすいですね。

これだけ外出公務が多くて、美智子さまがジャンジャン衣装作りまくっていたら徳仁天皇の時代の大嘗祭をするだけのお金ってあるのでしょうか?

昭和天皇は崩御するまで「大嘗祭を行う予算は大丈夫か」と気にされていました。

無駄な出歩きをしなかった昭和天皇ですら気にした大嘗祭の費用。

歴史の中には大嘗祭ができなかった天皇もいましたが、徳仁皇太子殿下までそのメンバーに入ったら嫌です。

原節子さんが9月に亡くなられていたとのことです



原節子さんが9月に肺炎で亡くなられていたと今日報じられました。

大正9年生まれ、享年95歳

「おい、ヘカテ―はアラサーと主張してるが、原節子を知ってるぜ。あいつぜってー50の婆だよ」と言う奴もいるでしょうが、

原節子さんは雑誌FRAUで「小津好みの女性に私もなれるかしら?」という特集が載ってましたし、

ヘカテ―は鎌倉市民なので、松竹大船のことも小津監督のことも笠智衆さんのことも原節子さんのことも知っています。

(お三方ともに鎌倉市民)

大学の時には小津監督の『麦秋』についてレポートを書き、小津監督のお墓参りもしました。

笠智衆さんは観音さまの裏の方に住んでいて、ヘカテ―の子どもの頃に通っていた音楽教室が笠さんのおうちのすぐそばでした。

笠智衆さんの娘さんは美容師さんで美容院があります。

しかも笠さんがよく過ごしていたという公園はヘカテ―もレッスンの前後に友達と遊んでいたのでもしかしたら笠さんと会っていたかもしれません。

記憶にないのが残念。

なんで原節子さんのことを記事にしたの?と思われるかもしれませんが、

原節子さんって雅子さまに似ている気がします。

日本人ばなれのくっきりとした顔です。

映画女優と雅子さまを一緒にするな!とお怒りの方もいるでしょうが、

ヘカテ―は原さんも雅子さまも大好きです。

原節子さんのご冥福をお祈りします。

今年も新嘗祭の暁の儀をサボったエンペラー

14f69a214bdf4bbfe3a0dcc008f6df6f.png
産経新聞HP

あ、また暁の儀をサボったんすね。

ちなみに昨年もサボってます。


陛下、新嘗祭ご負担軽減 「暁の儀」お出ましせず
宮内庁は21日、天皇陛下がその年の収穫を神々に感謝する毎年11月23日の宮中祭祀(さいし)「新嘗祭(にいなめさい)」で、気温が低下する深夜に始まる「暁(あかつき)の儀」への陛下のお出ましを今年から取りやめられると発表した。

 昨年で80歳になられた年齢に応じたご負担軽減の一環といい、宮内庁幹部は「大事な儀式だが、陛下のご健康には代えられない」としている。昭和天皇は69歳の年から暁の儀へのお出ましを取りやめていた。

 新嘗祭は23日夜から24日未明に皇居・神嘉殿(しんかでん)にその年に収穫された穀物を供える儀式で、宮中祭祀でも最重要とされる。午後6時からの「夕(よい)の儀」と同11時からの暁の儀が、同様の次第で2時間ずつ行われる。

 宮内庁は、陛下が75歳の平成21年から暁の儀のお出ましを最後の30分間に、77歳の23年からは夕の儀でも同様に短縮することを決めていた。23年は、気管支炎などでのご入院で実際にはお出ましになれなかった。

 皇室の祭祀をつかさどる掌典職(しょうてんしょく)によると、陛下が暁の儀でされていた拝礼などの一部の所作は掌典長が代行する。皇太子さまは例年通り拝礼され、皇族方も参列される。ただ、神前での御告文(おつげぶみ)奏上、新穀を神々と食べられる直会(なおらい)は、陛下しか行えないという。
2014.11.21 20:53更新産経新聞HP
http://www.sankei.com/life/news/141121/lif1411210032-n1.html

「そうよね、ご高齢だもの仕方ないわ」と思う優しい人はお忘れですか?

今上陛下は祭祀はできませんが、パラオには札束ちらつかせて無理矢理殴りこみました。

そして来年はフィリピンにも行きます。

いやー乱世乱世!

雅子さまに対して「外国にそんなに行きたいのか」「祭祀できない皇太子妃失格」と叩いているのに自分は何なんでしょうね?

>神前での御告文(おつげぶみ)奏上、新穀を神々と食べられる直会(なおらい)は、陛下しか行えないという

まあ、これだけでも神様はお怒りになるのに「開かれた皇室」と言う名目で2013年には祭祀の様子まで写真撮影させています


天皇しかできない祭祀はしない。
神聖なる儀式を写真に残して全国民に見せる。
(下手すりゃ外国の人も見ている)
祭祀はできないけど外国訪問にはランニングしてまでウキウキモード


そりゃ、天災も頻発するってもんですよ。

この動画を見る限り暁の儀なんて余裕そうですけど




このランニングは外国訪問のためのランニングであって、祭祀はどうでもいいんですね。

日本中の女性を魅了した小和田雅子さんのファッション

1370392543806.jpg

クリックすると大きくなります↓
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1370392543806.jpg

カキフライさまから戴きました!

コメント

雅子様の独身時代のファッション

紀子さんのは、秋口あたりに着る、ナイロンがポリエステルの風よけコートですね。
レインコート兼用って感じです。

雅子様のヨビスのコートは、ご結婚後も何度かお召しでしたね。
当時、13万数千円とお値段まで公表されていました。
紀子さんのレインコートが5、6着買えそうですね。

このベージュのコートは、婚約が決まった当時の雅子さまのコートの中では比較的安価な部類で、イタリアのヘルノの白いコートは55万円、芦田淳の紺のコートは32万円でした。

当時、お妃教育などに外出なさる雅子さまのファッションを楽しみに見ていました。
とても上質でお洒落な高級プレタポルテで、皇室に入って以降よりも、どう見ても独身時代の方がお洒落で上等なものを身に着けておられます。

(当時の週刊誌画像から)
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1370392543806.jpg


公務の際のスーツなんかも10年以上同じものを着ておられますし、無彩色の地味なパンツスーツが本当に多いです。
また、誕生日などに公表される映像での普段着も、同じようなニットのアンサンブルをよく目にします。

一体どういうことなんでしょうかね。悲しくなります。



ありがとうございます。

ヘカテ―のコレクションである雅子さまが皇太子妃に決まってから弾丸のように出された写真集や特別増刊号を見ていると

「雅子さまって独身時代から素敵なお召し物だわ。やっぱりお育ちが違うんだなー」とうっとりします。

そんな雅子さまの写真ばっかり見ていたから川島キーコさんの独身時代を見て、

「なんじゃこの芋くさいファッションは!」と驚きました。

たぶん何にも知らないで川島キーコさんを見ていたら

「当時の東京の若い女性の間ではこういうファッションが流行していた」と勘違いしてしまいそうです。

このファッションセンスの差が子どもの洋服に出ています。

敬宮さまが赤ちゃんの頃からかわいい洋服をお召しだったことと対照的に秋篠さんちは「まあ、こんなもんか」という感じの服を着ていました。

オラたまげたぜ!昨日の本屋でみちゃった本

昨日、仕事終わりにルミネの本屋さんに行きました。

ぼーっと見ていたらすごい本が

41RCegNHMzL__SX339_BO1,204,203,200_

題名『毎日読みたい美智子さま』

「何度目だ傘寿の祝い」が終わってホッとしてたら『美智子さま 81年の歩み』とかいうムック本も出したからね。

毎日美智子さまを見ちゃうってすごいな。

佳子ちん本が全然売れねえ!と全国の本屋さんと出版社が悲鳴を上げましたが、

その祖母であるミッチーブームの美智子さまの本って売れてるのでしょうか?

需要と供給のバランスが狂いまくってる気がするのはヘカテ―だけですか?

比べてみよう そうしよう 独身時代のブラウンのコート

img20061009223555.jpg

20150614164523b27_201511240935568b1.png


まあ、ブラウンと言ってもかなり色合いが異なりますね。

まさかこのコートも母ちゃんの友達の手作りっすか?

衣装被り衣装被りうっせー秋篠信者へ

20150708224334f52s.jpg

はい!秩父宮妃勢津子さま、高松宮妃喜久子さま、三笠宮妃百合子さまのお三方、同じ色の衣装です!


秋篠信者のみなさーん、これについてはどうお考えかね?
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR