はしゃいでる親とがんばる息子

梅花藻さまから貴重なコメントをいただきました。

一代飛ばせ!
皇太子殿下、お誕生日おめでとうございます。
昭和の終わり、一代飛ばせ! と言われたというのが、なるほど、と思える写真を見つけました。昭和62年、浩宮さまの初めての国事行為代行のときの記事です。ボストン近郊の観光施設で牛車に乗ってはしゃいでいる昭和の皇太子夫妻の写真の横に、神妙な顔で国事行為代行をしている浩宮さまの写真が並んでいます。画像、あとでメールで送りますね。


そのあとメールをいただきました。
本当にありがとうございます!

その記事というのがこちら
19871005_yomiuri (1)

写真だけを抜き取ると

はしゃいでる親
頑張る息子

うわー、チョーはしゃいでる

浩宮さまは大変だなー。

で調べたら浩宮さまが臨時代行をされている背景が実に情けない。

1987年10月3日に初めて臨時代行をされた浩宮さま

昭和天皇は病気療養中で国事行為はできない。

本当なら臨時代行をやらなければならない明仁皇太子は夫婦で外国旅行

この当時の国民のみなさんは

「ちょっ、天皇陛下がお隠れになったらどうすんの!?皇太子がいないから新しい元号になった時に皇太子じゃない浩宮さまが天皇の役割をしなきゃならないじゃん」

と思わなかったのかな?

昭和はずーっと続くと思っていたから何とも思わなかったのかしら?

へーせーのりょーへーかは先日のフィリピン旅行で「ちょっ、これは・・・。りょーへーかってもしかして・・・」と国民が戸惑うことをされました。

現皇太子である徳仁親王殿下は以前よりも海外へ行かれることは難しくなりそうです。

だっていつ何が起こるかわからないもの。

昭和には次の皇太子になられる浩宮さまがいらっしゃったけど、

へーせーには次の皇太子が空席です。

委任の一覧をウィキペディアで見たけど

明仁皇太子が臨時代行をした回数は5回

対して徳仁皇太子殿下が臨時代行をされた回数は現時点で既に23回
(浩宮時代もいれて)

もういつ天皇になってもOKですね。

浜尾家と浩宮さまを見た学習院初等科卒業生の証言

皇太子殿下のお誕生日にぴったりのコメントを頂戴しました。

初等科にいた者さまコメント

1960年代の四ッ谷の初等科。門の前に交差点があり、普段は信号だけなのですが、朝のある時間になると警官も交通整理を始めます。
すると、みんなが登校する四ッ谷駅方向からではなく、赤坂御用地方向から二人の人影が見えてきます。浩宮さまと浜尾侍従が並んで登校してくるのです。

「特別扱いじゃないと言うけど、警官が来るなんて、特別扱いじゃないか」などと、生徒は影で言ったりしていましたが反感はありませんでした。だって、本当は普通でいたいのは浩宮様自身なんだということが、良ーく判っていたからです。
つまり、「自分は特別なんだ」という事で偉そうにしたり、目立ちたがったりというようなところが、浩宮様にはまったく無かったので、生徒全体が暖かい感覚でいたのです。

浜尾侍従は、一般家庭で考えれば浩宮さまの「親」でした。
美智子妃は、何かの行事の時に、普通の保護者より目立つ服で来ている「パフォーマンス母」という感覚でした。特別なのが好きなのは母の方でした。


それはともかく、浜尾さんの息子さんも学習院に通ってきていて、元気な男の子で宮様より学年が上でした。思い出すと「弟分の浩宮さま」が、普通の子どもの遊びができるように教えたり誘ったりするのは、「兄貴分の自分」の役割だと自負があったと感じます。

それって、すごく素敵な事だったんじゃないでしょうか。どうしても、子どもは「ちょっと境遇が違う子」を空気で感じて引き気味になるところがあります。そんな中で、皇位継承者である宮様を弟分として積極的にリードし、溶け込ませのに一役買うのって、なかなかできない事だと思います。

そこには「浜尾家あげての、浩宮さまへの本物の愛」があったと思います。お仕事と割り切ったら、こういう愛は生まれません。いや、本当の尊皇家の深ーい仕事にはこういう愛が必要だという事が、浜尾家の家風にあったのかもしれません。

礼宮さんにそういうお友達はいたのでしょうか? ましては、その長男さんには、こういうお友達は全くいないでしょうね。


貴重な当時のお話をありがとうございます。

浜尾さんが皇太子殿下の養育係でよかった。

継宮の養育係なんて

「やっと生まれた皇太子さまだからとにかく大事に育てなければ」

と過保護に育てて自分で扉を開けることもなく、初等科に上がっても女官が手を引いてくれないと階段も上がれないダメダメな子どもに成長しました。

>美智子妃は、何かの行事の時に、普通の保護者より目立つ服で来ている「パフォーマンス母」という感覚でした。特別なのが好きなのは母の方でした。
母親がこれってひどいよな。

美智子さまは正田富美さんの教育を真似たと美談にしていますが、

正田家では「親は目立ってナンボのもんじゃー!」という教育方針なのでしょうか?

その母親の教育を受けた礼宮は学生時代テニスの試合で負けそうになると

「僕は礼宮だぞ!」と相手に怒鳴ったというエピソードを学習院OGの方からいただいています。

(怒鳴られた人が列外派読者の学習院OGの方の後輩)

2月23日は次の天皇誕生日です!皇太子殿下56歳のお誕生日おめでとうございます!





皇太子殿下お誕生日おめでとうございます!

次の時代の天皇誕生日は2月23日ですね。

めでたい!めでたい!

皇太子殿下の記者会見って拝聴していて安心できます。

筆頭宮家当主なんて

「ボソボソ話していて情けない。女房いないと記者会見も一人でできないのか」と呆れます。

敬宮さまの海外ホームステイの予定は今のところないそうです。

来年の夏にホームステイに行かれればいいなーと国民の一人として思います。

それにしても雅子さまは年を重ねても美しい。

美智子さまって50代の時の写真を見たらもうおばあちゃんでしたよ(笑)

浜尾さんがいなかったら浩宮さまはバカになってただろうなーと思うエピソード

『皇室日記』を見ましたが、15分の番組で短いからこういうブログの管理人をしているヘカテーには物足りないものでした。

日曜の朝6時じゃ皆見ないだろうし。

皇太子ご一家特集でゴールデンタイムに1時間でいいから放送してくれないかなー。

浜尾実東宮侍従が書いた『浩宮さまの人間教育』という本を読んでいたら気になることが書いてあった。

1歳のころの浩宮さまのエピソードです。

いたずらを覚えるようになった浩宮さま

 おイタが過ぎるということで、私には、忘れられないことがひとつある。
 それは、前にも書いたように、浩宮さまの躾や教育に関しては、宮さまご自身にきびしくするだけでなく、必要なときには、両殿下に苦言を呈することがあった一例である。
 両殿下ともその日は、ご公務から解放されてほっとしておられたのだろうと思う。前後のいきさつは忘れたが、二階の居間に私もうかがっており、浩宮さまは、どこの子もそうであるように、みんな揃った中での安心と楽しさを、思うぞんぶんに味わいながら、部屋の中を動きまわっておられた。
 そのうちに、椅子を力まかせに押しはじめた。日ごろの鍛錬が予期しないところで効果を見せ、椅子は幼い宮さまの力で傾き、やがてバタンと倒れた。それが嬉しかったのだろう。宮さまは、倒れた椅子を、ヨッコラショとおこし、また押し倒した。一回でおやめになるかと思ったら、そこはお子さまである。面白がって、何度も同じことをくり返される。
 私は、殿下か妃殿下が、いまに注意してくださるかと、見守っていた。しかし、両殿下とも注意するということにお気づきにならないほど、楽しいお気持ちにひたって、宮さまの愛らしい力業(?)を眺めておられるだけであった。
「宮ちゃま、椅子を倒すのは、イケマセン」
私は、それ以上は見かねて、おとめした。まだ幼いのだから、いけないことは「イケマセン」の一言で、なにはともあれストップをかけ、そのことのくり返しで、やっていいことと悪いことがあるということをわかっていただく、というのが当時のやり方であった。
 私は、両殿下に申し上げた。
「お庭で椅子を倒したり小石を投げたりすることは、場合によってはお身体を鍛える手段として黙って見ておいでになってもいいかも知れません。しかし、居間の椅子でそれをなさるのは、適当ではありません。けじめをつけて、その場でおっしゃっていただいたほうがいいと思います」


叱れよ!危ないだろ!

浜尾さんはこの本の中で両殿下は躾に厳しかったと書いてますが、

こういうエピソードを知ると、

「常識ねーなー」

と呆れます。

ただでさえ、次男坊で自由奔放な性格だった礼宮は非常識で遊び好きの両親から教育を受けて今のようになりました。

本当に浜尾さんがいてくれてよかったわー。

特別な子どもとして甘やかすのではなく、自分の子どもだったらどうするだろうと考えながら養育係としての務めを果たしました。

ご成婚1周年の両殿下



両殿下ともに若ーい!

雅子さまはこの頃もおきれいですね。


肖像画は「芸術は爆発だ!」って感じ。

明日の皇室日記は皇太子ご一家特集です

今日も仕事でお疲レーシックなヘカテーです。

さてお噂スレを見てたら明日の『皇室日記』は皇太子ご一家特集ですって!

ご成婚から今までの映像を見れるチャンス!

ヘカテーは既に録画を予約したぜ!

日テレで朝6時から放送です。

読書感想文徳仁親王講義録『水災害とその歴史』

ヘカテーが趣味のブックオフで本を物色していたらこんな本を見つけた

無題

およ、学習院女子大学と言えば常陸宮妃の華子さまが同窓会の名誉会長をされています。

華子さまも何か書かれているかもしれないとワクワクしながら目次をチェックしていたら

徳仁親王「水災害とその歴史―日本における地震・津波災害をふりかえって―」

殿下キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

と思ってレジに突進しました。

読んでみたらこれは2011年に学習院女子大学で行われた特別講義内容をまとめたものでした。

ニュースでは「皇太子殿下が学習院女子大学で特別講義をされました~」てな感じでさら~としか取り上げません。

おお、完全版じゃんこれ。

スッゲー、学習院女子大学の学生さんを羨ましいと思っていたけどそれを読めちゃうんだと喜ばないわけがありません。

読んだ感想は

「皇太子殿下って本当に勉強されている」

ということです。

皇太子殿下はオックスフォード大学でも学ばれたお方で、

学習院大学でも講師として講義をされたことがあります。

はっきり言おう!皇太子殿下の知能レベルは大学教授レベルです。

ちゃんと史料、文献を読み、自分で文章を推敲されてます。

古い文献から未来の可能性を考える理想的な講義です。

学習院女子大学の教授の文章も掲載されていますが、

負けていません。

このお方が次の代の天皇陛下になることに誇りを持ちます。

高卒天皇の次の天皇が大学教授レベルってへーせーってある意味すごい。

皇太子殿下のご職業

マスコミが全然報じないから知らない国民も多いのですが、

皇太子殿下は研究者の仕事をされています。

学習院大学史料館客員研究員

これが殿下のお仕事です。

何を研究されているのかというと

学習院大学史料館に寄託された西園寺家関係史料、中でも平安・鎌倉時代に皇族や貴族が乗った牛車の絵図についてを考察されているとのこと
(参考文献 学習院女子大学編 『東日本大震災 復興を期して一知の交響』)

こういう活動は秋篠さんちの場合は

「公務でーす!仕事してまーす!」

と朝日の皇室7DAYSに掲載させていますが、

殿下はされません。

ひょうたんとか生き物学会とか動物園めぐりを無理やりアカデミックにしちゃう筆頭宮家とはね。

元祖イトコばあちゃん、その名を正田きぬ!

20140828221919a07_201602181850534d0.jpg


川島イトコばあちゃん

列外派でカテゴリーを作ったくらい伝説を作った老女である。

イトコばあちゃんはキーコさまの父方の祖母であり、

大阪市長の娘であった。

キーコさまが筆頭宮妃に決まるとこんな歌を詠んだ

74206b86fc57831581e66049205d7499_201602181850131d3.png

これと似たことをした人が半世紀前にいた

梅花藻さまコメント

正田きぬさんが詠んだ和歌が三首、婚約記者会見を伝える昭和33年11月28日の毎日新聞にのっていました。

  おほけなく こよなきはえの このえにし
    よろこびの胸 ゆめの如しも

  選ばれて 高きにのぼる わが孫よ
    よく仕えませ み国のために

  家のほまれ ふるさとのはえと
    皆人は おどる思いに わきたち居りと


 「宮中に 召されたまひし 紀子のきみ」 よりはマシだけど、同じかほりがするような気がするのは私だけでしょうか。


ありがとうございます!

うわー、イトコチックだわ~。

いや、正しくは正田きぬさんが元祖でその後継者がイトコばあちゃんなんだ。

正田きぬさんってどんな顔してんだろ~。

見てやろー。

と思ってヤフー&グーグルの画像検索をしてみたら・・・

見つからない。

正田富美さんはあるけどきぬさんがない。

仕方ない。こんな時こそ!

ヘカテーコレクション!

1455790330107.jpg
1455790322520.jpg

ヘカテーが持っている皇室関係の写真集です!

ちなみに書籍はもっといっぱいあるでよ!

で、見つけました!

正田きぬばあちゃん

正田きぬ

90歳の大往生でした

あんまり美智子さま関係の写真集って何度も見てなかったけど

改めて見ると

正田富美さんの登場回数が多い。

「出たがり屋さんだな、このバ○ア」

と口が悪いヘカテーは思っちゃったよ。

「ひそひそさまのお嫁さんになりたーい」なんて言う女子が本当にいると思ってるの?

「お妃さまになりたい!」 ご学友が悠仁さまへ熱視線

NEWS ポストセブン 2月13日(土)7時0分配信

戦後、皇族としてはじめて学習院以外の小学校(お茶の水女子大学付属小学校)に入学された秋篠宮家の長男・悠仁さま(9才)。「皇族を受け入れるノウハウがない」と不安視され、学校になじめていないのではないかと心配する声もあったが、そんな悠仁さまに、“春の風”が──。
.最近の悠仁さまは学校生活において、以前に増して活発なご様子を見せられている。
. 「1月中旬の大雪の翌日、悠仁さまは休み時間に雪の積もった校庭を駆け回っていらっしゃったそうです。お友達からは“ひさひと~!”と親しみを込めて呼ばれているそうです」(お茶の水関係者)
. 2014年4月、2年生に進級されたばかりの悠仁さまはクラスになじめず孤立している様子もあったという。それからおよそ2年、笑顔とともに充実した日々を送られている。そんな悠仁さまの周囲が、今にわかに浮き足立っているという。
. 「小学生も3~4年生になると“あの子がいいな”という話題をし始める頃です。最近の悠仁さまはクラスの女子からの人気も高いようで、“私、お妃さまになりたい!”と、悠仁さまへ熱視線を送る女子たちがいるんです。女の子なら誰でも一度はシンデレラや白雪姫のような“お姫さまになりたい”という憧れを持ちますが、“将来の天皇”である悠仁さまのお相手ともなれば、本当に“お姫さま”ですからね」(前出・お茶の水関係者)
. 別のお茶の水関係者は、こうも明かす。
. 「子供たちがあまりにそんな話をするので、保護者同士の会話でも、“あそこのお嬢さん、本気でお妃を目指すって言ってるらしいわよ”といった話題で持ちきりなんです(笑い)。“なんとかうちの子はお近づきになれないものかしら”という親御さんもいるそうです」
. 美智子さまが初の民間出身として皇室に嫁がれるまで、皇族男子のお妃候補は旧皇族や元華族出身がほとんどだった。しかし、雅子さま、紀子さまも民間出身ということもあり、皇室は一気に身近な存在となった。
. 「エプロン姿でお弁当を作られる美智子さまのお姿が公開され、雅子さまや紀子さまも“普通の母親”であることが広く知れわたったことで、皇室と国民の距離がぐっと縮まったのです。だからこそ、周囲の女の子たちは悠仁さまへの好意を素直に示し、母親たちは“うちの娘をお妃に”と話題にできるのでしょう。時代は変わりましたね」(宮内庁関係者)

. http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160213-00000001-pseven-soci

寝言は寝てから言え!

いねーよ、そんな女子!

冷静になって考えればわかるじゃん。

坊やのお嫁さんになるということの大変さは雅子さまを見ていればよくわかります。

「男の子が産めなければどんなに優秀だろうとどんなに性格がよかろうとどんなに家柄が優れていようが、病気になるまで追いつめます」

ということを意味します。

まともな親ならそんなところに娘を嫁がせません!

そもそも坊やは列外派の読者の方から

「親友の娘さんがお茶の水大学の学生ですが、悠仁さまは学校へ来ていません。キャンパスが狭いので姿を見なくても警備の様子ですぐわかります。お茶の水女子大学は平和です」

という情報を得ています

過去記事 御茶ノ水女子大学学生が証言「秋篠さんちの坊やは不登校」

学校に来ない男子を好きになるって無理がある

お茶の水女子大学という日本でトップレベルの国立大学付属校に玉の輿狙いの女の子がいるということ自体、親御さんと女子生徒に失礼だろう。

ただね、今の皇室を見ればわかると思うけど

身の程知らずの女ってのはいるからさ。

「あたしは絶対プリンセスになってやる!」と狡猾に狙いを定めて、

浩宮さまを狙ったけどガードが固くて無理だったから、

アホの次男坊を狙ってまんまと成功したズベ公宮妃さまが一人いるでしょ?

坊やのお嫁さんになる人って言ったらあのレベルかそれ以上のすごさですよ。

なんか噂によると母ちゃんの弟の娘さんと結婚させることを企んでいるらしいですね。

古代の藤原氏みたいですね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR