2年前の美智子さまはいつ倒れてもおかしくなかったってマジっすか?

美智子さまの衝撃のランニング姿

これについて鋭いツッコミを入れた方がいらっしゃいます。

麻子と貴子さま
美智子さま 体調万全ではなく新幹線が2分遅れで出発する
2013.07.16 07:00

http://www.news-postseven.com/archives/20130716_199681.html

一部抜粋

「お帰りになられる際、スロープを降りていかれたんですが、美智子さまは踏ん張りきれないのか、陛下の左腕にしがみつくように体をあずけられ、ゆっくりと歩かれていました。
正直、私には美智子さまが左足を引きずられているように見えました」


しかも、そのような美智子さまのお姿は一度ではなく、何度も見かけられたという。
美智子さまが頸椎症性神経根症や腰椎の痛みのため、ご公務を休まれたのは6月中旬のこと。
このとき宮内庁は美智子さまのご体調について、こう発表している。

<ご体力はかなり低下しておられます。また最近、時折、歩行に際し脱力され、少時立ち止まられるご様子がみられ(中略)お車での長時間のご移動はご負担になる>

「階段を使ってホームに上がってこられた美智子さまは、いつになくゆっくりとした足取りでした。
2~3歩歩くと立ち止まり、また少し歩いては立ち止まりといった様子で。
警備の人たちも腕時計を何度も確認するなど、ホームには緊張が走りました。
結局、新幹線は“2分遅れ”で出発したんです」(皇室記者)


※女性セブン2013年7月25日号

この記事から、もっとも、こういう記事が出る前から、
「美智子さんは、あっちが痛い。こっちが痛い。下血した。満身創痍なのだ。」
と、それはそれは大変な報道があったよね。
そういう報道が、東宮ご夫妻バッシングとセットで流れたよね。

さて、上記の記事が出てから2年以上がたったのだけれども、新幹線を遅らせたほど体調不良が酷い美智子さんが、今はスローとはいえジョギングをしている。

美智子さん、ものすごい快復ぶりですこと!

どんなことをすれば、ここまで快復するんだろうか?

美智子さんが取り入れた療法を全ての国民にも取り入れさせれば、日本から寝たきり老人はいなくなるでしょうね。


と言うよりも、美智子さんって本当は健康そのもの、満身創痍などの報道はウソだと思うのは私たちだけじゃないはず!


コメントありがとうございます。

この2年で何があったんだ!?

箱根駅伝の途中棄権の選手並みの体だった美智子さま

ダイアが分単位で組まれている日本で2分新幹線を遅らせたんだ。

新幹線を遅らせる美智子さまってマジパネェ!

目覚ましすぎるくらいの回復を見せた美智子さま

健康の秘訣を本にして書いちゃえばいいのに。

もしくは健康サプリのCMに出るとか。

「2年前は膝が痛くって立ち上がるのに苦労しました。でも○○を使ってから膝の調子もご覧のとおりです」ってな感じで。

すごいよね。

それほどまでにフィリピンに行きたいのか・・・

雅子さまのことを「そこまで外国に行きたいのか。この外国かぶれが!」と叩かせたのに、自分はどうなのさ?

えーって言うか、なんでそこまでして外国に行きたいの?

多額の税金を投じてわざわざ御所を作ったんだから御所で過ごせばいいじゃない。

リョーヘーカって御所嫌いなの?

日本中をウロウロしてるじゃん。

昭和天皇と良子さまはこんなにフラフラしてなかったけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おとーさんはアテクシの杖

仮にも天皇を杖代わりにして歩くのは、みっともないからやめてほしい。
きちんと杖をつくか、悪目立ちする女官長が付いているのだから、彼女を杖代わりにすればいい(ガタイいいし)。
歩行が困難ほど辛いなら、出てこなければいいだけですしね。

>結局、新幹線は“2分遅れ”で出発したんです。

これって、エスカレーターを使わずに階段で上がったせいですよね。
次からは、エレベーターになったはず。
理由もよくわからず「両陛下はエスカレーターは使われない」とか書いてたのに、今年の那須だったかで使ってたんですよね、エスカレーター。

まあ、奇行を正当化するための後付理由なので、いろいろ齟齬が出るのだと思います。

美智子さんは病気とケガの卸問屋みたいです!

ヘカテーさんへ
私たちの突っ込みを取り上げてくれて感謝しま~す m(_ _)m


でもね、まだまだボロボロ出てくるんだよ、美智子さんの病気とケガが。
美智子さんは不死鳥なんてもんじゃない。
不死身だよね!



2007年3月6日 19時0分配信   時事通信
2007年3月7日 1時8分 読売新聞
宮内庁は6日、皇后さま(72)が最近、数回にわたり腸壁から出血された、と発表した。口内炎の症状や鼻血もあったという。


たぶち まさふみ オフィシャルブログ
日本消化器内視鏡学会指導医 元東大医学部講師による、医療・政治ブログ
http://tabuchimasafumi.doorblog.jp/archives/28800652.html
(上記ブログより一部抜粋させていただく。)

一般に皇后陛下ようなご高齢の婦人の出血性腸炎の原因としては、
各種の感染性腸炎の他に、虚血性腸炎、抗生剤投与後腸炎、リンパ濾胞性腸炎、潰瘍性大腸炎、膠原病による腸炎、血管炎による腸炎、アミロイドーシスによる腸炎などがある。

今回の腸炎は報道を聞く限り、抗生剤投与後の菌交替現象による腸炎の可能性が高いであろう。
抗生剤投与後に口内炎が出るということは時々あるが、ただ、鼻血まで出るのは珍しい。

鼻血は出血傾向を示唆しており、腸壁の出血も全身の出血傾向から来たとすると、さらなる重篤な病気に進展しないかとちょっと心配だ。

報道では、精神的ストレスを強調しているが、前述の鑑別疾患のうち、ストレスが強く影響する腸炎は潰瘍性大腸炎である。

潰瘍性大腸炎は20歳代の発症が多く、70歳代での潰瘍性大腸炎もないわけではない 。



2009年3月24日 21時06分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090324-OYT1T00962.htm
皇后さまがテニス中に転倒、じん帯損傷で全治数か月

病院で左ひざのじん帯損傷と診断されたと発表した。
歩行に大きな支障はないが、全治には数か月かかる見通し。
記者会見した同庁の金沢一郎・皇室医務主管によると、転倒後1週間ほどで痛みは
ほぼ治まったという。
ただ、ひざを曲げた時の痛みがひかないため、23日に専門医が
診察した結果、
左ひざのじん帯のうち、骨を支える「後十字(こうじゅうじ)じん帯」の一部が
か な り の 損 傷 を 受 け て い る こ と が 確 認 された。
回復には、患部周辺の筋肉強化が必要と診断されており、皇后さまは運動療法に取り組まれる。



2010年9月6日  20時50分 日経
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0603D_W0A900C1CR8000/?at=ALL
2日ごろから、呼吸困難を伴わず慢性的にせきが続く「せきぜんそく」のような症状があるといい、



2013年1月10日  16時00分
http://www.news-postseven.com/archives/20130110_164913.html
美智子さま 頸椎症で首曲げられずティアラ装着もお辛い



2015年10月05日 15:33 JST
http://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/17879
美智子さま 15カ月間耐え続けていた”リハビリ苦闘”

最近、美智子さまは長年のご親交がある友人からご体調について尋ねられたとき、
「まだ左手の痺れもなくならなくて……。
ピ ア ノ の レ ッ ス ン が リ ハ ビ リ に な れ ば い い の だ け れ ど 」
と漏らされたという。

「かなりの激痛だったはずです。現在もまだお痛みも続いていて、起床された直後などが、特におつらいそうです。
闘病やリハビリも15カ月にもわたり、人知れず続けられていたのでしょう……」(皇室ジャーナリストの松崎敏弥さん)

昨年あらためて発表された病名は『頚椎症性神経根症』。
加齢によって頚椎の弾力が失われたため、脊髄から分かれて上肢に向かう神経根が圧迫されて痛みや痺れが生じるのだという。




他にも「あっちが痛い。こっちを痛めた。命がけのテニス。」とか報道されていたけど、そんな報道が信じられないほど、軽やかにスロージョギングする美智子さま!

全員に効果あるとは言えないけれど、日本国の医療費削減のためにも、美智子さんは 、
「どんな薬を飲んだのか。どんなリハビリをしたのか。」
というのを公表してもいいと思うのは私たちだけではないはずだ!




美智子さんの性格

この人のやりようを見ていると、「過ぎたるは及ばざるが如し」や、「仏の顔も三度」等の言葉を思い出してしまいます。飽きずに何度でもあっちが痛いこっちが痛いと大騒ぎして、その舌の根も乾かぬうちに平気で徘徊、もうその類いの報道は飽きました。良識ある国民だったら訝しく思うだろうし、呆れてしまうと、思います。挙げ句に、あの可変しなジョギング。晩節を汚す、とはこのことですね。

元気、時々満身創痍()って天気予報みたい

美智子さんは、基本的に「元気」だと思います。

ただ、雅子様を叩きたい気分の時とか、自分の頑張り()を殊更にアピールしたい時だけ都合良く「満身創痍」になるのです。

で、ご自分が明確に行きたい場所(海外など)がある時は、急に「回復」することになっているか、あるいは「体中キツイけど頑張って行くのです」アピをすることになっています。

そういえば2chに落とされていたネタですが、美智子さんがあっちが痛いこっちが不調だと言っていたときにお忍びで私的外出した際、「小走り」で車に乗り込んだ姿をバッチリ見られているようです。

満身創痍のはずなのに「小走り」できるんですよ、美智子さんは()だから美智子さんの満身創痍アピは話半分以下でしか聞かないことにしています。

タイミング

はじめまして。
興味深く拝読致しました。

皇太子ご夫妻、特に妃殿下のご公務やご回復、御一家の団欒が報道された後によく「体調不良」になられている気がします。
私の気のせいかもしれませんが。

皇太子妃殿下のお幸せを、ただただ祈ります。


プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR