常陸宮さまが公務に復帰されました

文字色3592a7aea915bd676370b7f04c5005ff.png

常陸宮さま、公務に復帰される 風邪気味からご回復

フジテレビ系(FNN) 11月3日(火)0時5分配信
風邪気味のため、行事への出席を控えていた常陸宮さまが、公務に復帰された。
常陸宮さまは2日、東京都内のホテルで開かれた「蚕糸功労者表彰式」に出席された。
これは、生糸の研究や、製糸技術の普及などに功績があった人たちを表彰するもので、常陸宮さまは、式典を主催する大日本蚕糸会の総裁を務められている。
常陸宮さまは、式典の中で、貞明皇后蚕糸記念褒賞を受けた人たちに、功績をたたえ、表彰状を手渡された。
常陸宮さまは、10月末から風邪気味のため、大事を取り、高松宮殿下記念世界文化賞の授賞式など、一部の行事を欠席されていた。.


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151103-00000346-fnn-soci

心配ですね。

「年のせいだよ!加齢だよ!」というようなことを大げさに報道させるどっかの高貴高齢者と大違いだ。

このブログには常陸宮ご夫妻が大好きな人ばかりです。

本当にご夫妻の間に男の子がいたらと思うと残念です。

絶対皇太子殿下を助けてくれたでしょう。

Oakleyさまが仰っていましたが、華子さまと美智子さまってエピソードないですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これからもお元気でいらしてほしい

常陸宮殿下、お元気になられて良かったです。ほかのトピにも同じようなコメントをしましたが、常陸宮殿下の穏やかでほんわかした雰囲気にはいつも癒されています。ずっとお元気でいらしていただきたいと願います。

無理しないでー(;´д`)

常陸宮様が復帰されたのはうれしいことでもあり、心配でもありますね(T0T)
高貴高齢者さんはどっちでもいいので、常陸宮様と華子様はいつまでも元気でいてほしいですね。

常陸宮様は昔から「皇族の風格が備わっている」と言われていますよね。
昭和天皇や今の陛下を知る人たちはぶっちゃけ常陸宮様が将来天皇になってくれればと思っていたのがよくわかりますね。

華子様と美智子様のエピソードも聞きませんが今上陛下と常陸宮様のエピソードも聞きませんよね。あまり仲が良くないのか?
華子様は先輩宮妃や良子様に好かれていたから、それが美智子様は気に入らなかったように見えるし、常陸宮様は人格者であるから今上陛下は妬んでたように思えます。

華子さまのお支度

華子様のお姉さまが明仁さんのお嫁さん候補に入っていたらしいけど、あっと言う間によそへお嫁入り。
津軽家って貧乏だったそうですが、華子様の御姉妹は皆さん、とても評判がよくて、どこへ行っても悪く言う方はいらっしゃらなかったそうです。


華子さまが常陸宮さまとご婚約が整ったとき、良子皇后さまが、勢津子さまと喜久子さまに支度を手伝ってやってくれるようお頼みになったとか。
費用は華子様のお姉さまの嫁ぎ先が負担なさったんですって。
華子様のお姉さまは婚家で気に入られとても大事にされていたそうで、その婚家から申し出られたのだそうです。

旧華族だから良子さまが特にお気に入りだったというのではなく、やっぱり皆さまから好かれていたんです。

水を差すようですが

車椅子に乗ってお出ましになる宮様を見ていると、最初に治療を受けた段階でちゃんと診ていれば、お歩きになっていられたかもしれないと思うのです。
私だけかもしれませんが。

常陸宮さまご夫妻

わたしは華子さまが美智子さんにいじめられたり、いやがらせをされていなかったか気になります。
美智子さんからしたら、ひどく目障りな存在だったことでしょう。
香淳さま、喜久子さま、勢津子さまが華子さまを守ってくださったのでしょうか。

みやこ様。

常陸宮さまは幼児期、小児麻痺を患われて、ずっとおみ足が悪かったのです。
盛りの年齢のうちは立ち歩きに不自由なかったけれど、年を重ねるに従い歩くのが大変になりました、そう語られたと読売新聞日曜版の皇室記事に載ってました。
その小児麻痺を見つけたのは侍医ではなく、母君だったとも。

射手座様

>常陸宮さまは幼児期、小児麻痺を患われて、ずっとおみ足が悪かったのです。
盛りの年齢のうちは立ち歩きに不自由なかったけれど、年を重ねるに従い歩くのが大変になりました

ご指摘ありがとうございます。
常陸宮様がお子さまの頃、小児麻痺にかかられたことは、私も別の方のブログで読んでいたのですが、常陸宮様のご病気がすっかり良くなられたとものと思い込んでおりました。
小児麻痺というものは一度かかると生涯影響が出るものなんですね。
勉強不足でした。

常陸宮ご夫妻いつまでもお元気で

いつも穏やかで、上品な、これぞ皇族といった雰囲気のご夫妻が大好きです(失礼ながら)。
先日世界文化賞の授賞式のおりの華子さまの、堂々とした気品あるお姿を拝見して、いつも首を前に突き出して揉み手しているおばあさんとは大違いだと感心しました。

入江日記によれば、今上さんはどうも弟の常陸宮さまが嫌いだったらしく、側近に義宮様と仲良くしなさいって忠告されています。自分より良くできて、周囲の人望も厚い義宮様が癪にさわっていたんでしょうか。

香淳様と宮妃の皆様とはとても仲良くなさっていたのに、美智子さんと華子さまの交流は一向に聞こえてきませんね。やはりどこかで劣等感があるのでしょうか。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR