キーコさま、ロングドレスとはこういうものです

004_20151108222538f59.jpg

db553552fb29694dca4620fcea928f12.png

さすが高円宮家!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつ見てもお綺麗

これこそが上流社会の鑑ってやつですよね!
質素を重んじるのが日本の皇室のモットーですが、あまり質素過ぎるのも良くありません。質素の中にも「上品さ」というものを持っていることが大事なことだろうと思います。

最後のお写真に亡くなられた高円宮さまが真ん中にいらっしゃったらと思いますが、きっと天国で温かく見守られていることでしょう。

高円宮家の方々に限らず、男爵千家家の皆様も素敵なお姿でいらっしゃる。

こちらが皇室の本来の姿なんでしょうね。

もちろん、皇太子さまご一家も。やはり、両陛下、秋篠宮家が異端なんでしょうね。清貧、質素は名ばかりで、センスのない、同じような、一度しか着ない、着れないドレスを作って、国内外に恥をさらして、、、。いつまで続くんでしょうか。

秋篠宮家のニセ物感がよーくわかる

これですよねぇ‥‥。ゴージャス&エレガント!
佳子の仕立てが雑ドレスといい、紀子のおばあちゃんワンピースといい、秋篠宮家ははっきしいうと見苦しい。
信じられる?秋篠宮家の半分なんですよ!高円宮家のご予算!
久子さまのご実家から援助があるにせよ、上手くやりくりして、本当に上質なものを選んでいらっしゃるのでしょう。
恐らく雅子さまのように着まわしをされていると思います。

これです、これ!

正統なロングドレス!
キコさんは足が丸見えで本当にみっともないですよね。
和服を着た時の所作も汚いし、大事なことを全然学んでこなかったのが丸わかりです。
皇室に入ってから今まで何を学んできたんだろう、この人。

そうですよね。
ロングドレスって、足を揃えて立った時に靴が見え無いものなんですよね。
比べてみると良くわかる。

それにしても、承子様は腰の位置が高くてスタイルが良いですね。
ロングドレスの写真を見て気が付きました。

流石です

ああ、さすがは高円宮家!
久しぶりに、本来皇族が在るべきはずの、華やかなお姿を拝見できました。
下手すると、紀子さんのブラジルドレスよりもお値段抑えめでしょうが、こちらの方が断然高貴。お色が全く違う!

ショウライノテンノーの母というご立派な地位以外の全てにおいて高円宮妃に完敗している紀子さん、せめてセンスだけでも見習ってはいかが?
高い毛皮を買う前に、マトモなドレスの一つでも作ったらいいのにね。

いくら下品な紀子さんでも、こんな素敵なドレスならば、眞子にも衣装・・・
じゃなかった、馬子にも衣装のはず。

一枚目の承子様のドレス素敵ですね。
とてもお似合いですし着こなしてらっしゃる。

デザイナー&職人の次元が違う

高円宮家の女性方のお洋服やドレスは、いつもデザインが素敵ですね。あきらかに秋家の女たちとは違う、きちんとしたデザイナーに依頼していることが分かります。雅子様や高円宮家の女性方のお洋服はプロのデザイナーと職人の仕事で、秋家の女たちはどこかの素人の知り合いのおばちゃん?にでも頼んだようなデザインといい加減な縫製。
でも、キコ婆はブラジルの例の黒っぽい足出しドレスをけっこう気に入っていて、「どう?アタシに似合ってて素敵でしょ?」とドヤ気分になっているんだろうな~と想像しています。あの人のセンスと我々の感覚はいつもズレていますので…
なんで足先が出るようなデザインにしたのか謎です。

No title

高円宮妃殿下と女王殿下方、皆さまとても素敵な装いですね。
これぞ上流社会、というものを感じられるお写真だと思います。

ロングドレスのお話からずれてしまうのですが、スウェーデン王室公式サイトによりますと、12日にヴィクトリア王太子殿下と絢子女王殿下が会見される予定があるようです。

調べたところ、絢子女王殿下は大学院の研修プログラムでスウェーデンをご訪問されるそうです。スカンジナビアは福祉関連で進んでいる国家が多いですから、そういったお話をされるのかな、と想像しております。

また、自分が志した福祉の道について真面目に勉学に取り組み、着実に進んでおられる絢子女王殿下の真面目なお人柄に対して尊敬の念を抱きました。

同時に、一国の次期女王と会見なされる傍系の高円宮家の三女である絢子女王殿下と、そういったお話をお聞きしない筆頭宮家の内親王殿下お二方の違いはなんであろう、と考えたりもしました。

トピック違いの長文コメント、失礼いたしました。
これからもこのブログの更新を楽しみにしております。

もはやプリンセスとは認められない?

絢子女王殿下がヴィクトリア王太子殿下と会見。
嬉しいニュースをお教えいただきありがとうございます。日本のメディアは絶対に取り上げないでしょうけれど。

スウェーデンは、高円宮妃殿下が、マデレーン王女、カール・フィリップ王子のご婚儀に招待されているのですね。親交の深い高円宮妃殿下のお嬢様だから当然会われるわけでしょう。さすが高円宮家。ニタニタ笑っているだけで上流階級の親交が結べないアキシーノ夫婦は、、、徹底してノーサンキューでしょう。おつきあいいたしたくございませんキリッ。したがって、その子女も当然ノーサンキューでしょうね。うっかり会ってしまったら、親密アピールに利用されるだけだもの。



さて、ノーサンキューなアキシーノ夫婦、
今回のブラジル観光旅行において、外国の通信社のニュースでちらっと目にした、Prince Akishino and wife Kiko の文字。共同とか毎日とかの日本の通信社は Prince Akishino and Princess Kiko と書いているけど・・・ヨーロッパでは、Prince の Wife としか認めらなくなりつつあるの? ほら、アーヤは、おバカでもワガママでも、一応エンペラーの息子だけど、ワイフのほうはさあ・・・


例1.
Japan's Prince Akishino and wife Kiko to visit Brazil on Oct. 28

http://www.efe.com/efe/english/life/japan-s-prince-akishino-and-wife-kiko-to-visit-brazil-on-oct-28/50000263-2734280

(EFE通信は1939年にラモン・セラーノ・スニェルとマヌエル・アスナール・スビガライにより設立したスペインの通信社)


例2.
Prince Akishino and wife Kiko visit Brazil photo preview 52360003

http://www.epa.eu/human-interest-photos/diplomacy-people-
photos/prince-akishino-and-wife-kiko-visit-brazil-photos-52360003

(EPA通信は、ドイツのフランクフルトに本部を置く世界有数の報道写真通信社)



以前、プリンス・キコと書かれたこともあったのですよね。

例1.
376 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/12/23(日)

16:46:37.60
またプリンス・キコと書かれてるw

Dec. 23, 2012 - Tokyo, Japan
- Japanese Prince KIKO greets the well-wishers on his 79th birthday at the palace on December 23, 2012 in Tokyo, Japan.

http://megalodon.jp/2012-1223-1354-
48/picture.belga.be/belgapicture/picture/40300684.html?page=1


例2.
271 2013/03/21 00:09 名無しさん@お腹いっぱい。s
コスタリカ訪問の秋篠宮夫妻

◆ 紀子さまをプリンスと間違える不敬すぎる海外メディア

★ Japanese Prince Akishino (C) thanks for the presents to GP

Rodolfo Hernandez (L)

http://megalodon.jp/2011-0130-2335-
13/picture.belga.be/belgapicture/picture/24991164.html


うっかり、なのか、わざと、なのか。わざと、のような気がするなあ。相当バカにされてるよ、という気がします。

これぞロイヤル!

久々に美しい物を見ました。
眼福です。
ロイヤルはこうでないとダメ!
服飾のプロに任せて、一流の縫製をしてナンボです。
お金を掛けてこそです。

あの紀子さまは、クレクレ女の癖に、なんであんなダサイの?
納采の儀の30万振袖事件と壁紙破れとベランダに洗濯物干してた事件。

眞子と佳子の綿布団ローヴデコルテと柵ティアラ
紀子さまの和歌山国体座り方汚い事件
紀子さまのおばあさまも、着物の着付け汚いし
雅子さまをディスる「○ス子の事件簿」ってあるけど、ゴキの事件簿を作ってほしいです。

一つ感じたのが、眞子と佳子が高円宮家に生まれていたら、マトモな子になっていたのではという事。
子供は親を選べないからね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR