なぜふりがなが付いてるの?

伊勢神宮について学ぶせんぐう館

2013年3月24日、秋篠さんちの父ちゃん母ちゃん下の姉ちゃん坊やの4人でせんぐう館に行きました。

この写真をご覧ください↓
せんぐう館

拡大すると

6c6b743e7f5546e1e10d8c9bf12881c6.png

もっと拡大すると

なぜふりがな?

ふりがなが振ってありますね。

なんでだろう?

坊やが読めないのは仕方がありませんが、

(「天照大御神」も読めないというかどんな存在かも分からない子どもを連れてくる方が間違ってるけどな!)

そんなの両親もしくは姉ちゃんが教えればいいだけのこと。

なんでルビふってるんだろう。

秋篠さんちと言えば、父ちゃんが学生時代からとにかくアホで有名で、母ちゃんは筆頭宮妃になってからも「キーコさまは四字熟語や慣用句の使い方を間違って使っています。しかも正しい使い方をしている職員に『あなた間違ってるわよ』と指摘します。」と雑誌に書かれました。
さらに姉ちゃんはあくまでネットのうわさですが、秋篠宮の篠の字が書けないという話があります。

まさか・・・、秋篠さんちは大人も「天照大御神」が読めないとか!?

♪まっさかね~

≪追記≫

満天星さまからご指摘を受けました。

振り仮名

以前読んだ本で、著者が神社に御払いに行った時のことが書いてありました。

宮司の持つ祝詞を書いた紙には振り仮名が書いてあったそうです。

「どうして振り仮名を書いてあるのですか?」
そう聞くと宮司さんは、万万が一にも神さまの名前などを間違うことがあってはいけないのでどんな簡単な漢字にも振り仮名を振るのだと教えて下さったそうです。

この時の案内の方が持っているものが同様の意味を持つ物かはわかりませんが、神さまの名前があるので同様に仮名を振っているのかもしれません。


大体秋家の誰も書いてあるものをわざわざ受け取って読むわけがないと思います。
ですからこれは秋家の為ではなく、神さまに対しての礼儀なのだと思います。


おお、そうだったんですか!

こいつは失礼しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

振り仮名

以前読んだ本で、著者が神社に御払いに行った時のことが書いてありました。

宮司の持つ祝詞を書いた紙には振り仮名が書いてあったそうです。

「どうして振り仮名を書いてあるのですか?」
そう聞くと宮司さんは、万万が一にも神さまの名前などを間違うことがあってはいけないのでどんな簡単な漢字にも振り仮名を振るのだと教えて下さったそうです。

この時の案内の方が持っているものが同様の意味を持つ物かはわかりませんが、神さまの名前があるので同様に仮名を振っているのかもしれません。


大体秋家の誰も書いてあるものをわざわざ受け取って読むわけがないと思います。
ですからこれは秋家の為ではなく、神さまに対しての礼儀なのだと思います。

祝詞じゃないですよね

せんぐう館で祝詞なんか上げないし。

Re: 祝詞じゃないですよね

> せんぐう館で祝詞なんか上げないし。

うーん、そうなるとなんでルビが降ってあったのか増々謎です。

【ググった】 これと似てるおwww

似たようななの見つけたおwwwww



http://www.hyogo-jinjacho.com/faq/faq06.html

皇大神宮(内宮)


天照大御神は、最も鄭重にその御名を「天照坐皇大御神」と称えられている。

そのお姿は『日本書紀』(神代上一に「光華明彩・六合照徹」と称えられるように、天地に照り徹る、光輝くばかりに美しい神様であり、





ふりがな振ってある文字www




天照大御神

□□□□□□□ ← ボケえ見えないおwww

天地に照り徹る」(日本書紀)




もしかしたら秋篠一家は天照大神のことを知らないのかもwwww

知ってるけど漢字が読めないのかもwwwww


何で此処に?

案内の方の、ルビをふったご説明の冊子?も 不思議でしたが 、神様への不敬の 無いようにの、心映えなのですね。

それにしても分からないのは、何故年端もいかない 聞いても理解出来ない 下の子をせんぐう館に、連れて行ったのですかね?

自分もしなかった 帝王学のつもりでしょうか?訳の分からない事を、する夫婦です。誰に、何をアピールしているのか不思議です。

かこちんも、父ちゃんも 説明が理解出来て為さそう。 頭の悪さをアピールしに来たのなら、納得です。

せんぐう館

昨年の秋に伊勢神宮に行ってきました。

せんぐう館の入り口近くに、入り口の案内の紙が貼ってありました。

その近くにこのような2枚の紙も貼ってありました。

『平成二十六年三月二十七日
天皇皇后両陛下
せんぐう館に
入館されました。』

『平成二十六年七月二十八日
皇太子同妃両殿下並びに
愛子内親王殿下
せんぐう館に
入館されました。』


式年遷宮の前だったからか、内廷皇族ではないからか、秋篠宮家の名前は一切ありませんでした。

神宮に相手にされていないのかも・・・。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR