元筆頭宮家だった常陸宮家の鴨場接待と現筆頭宮家長女の鴨場接待






↓こんな動画もありました。雅子さまの初々しい鴨場接待も見れます。


8c35f79ef7377806361caf777bf35dda.png


皇太子殿下と雅子さま、瑤子さま、職員の人のを見ると上に向けて鴨を放っています。
660a911580c3cea64dc7acad265bcfc9.png


なんで初孫さまは下向きなんだろう

(そしてアヒル口)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつまでもお元気で…

鴨場接待に臨まれる常陸宮ご夫妻を見て分かりますが、いつも笑顔なお顔を拝見すると、本当にとても仲睦まじいご夫婦なんですね。

そんな常陸宮さまも今月28日に80歳のお誕生日をお迎えになられ、傘寿となられます。いつまでも両殿下がお元気な姿でお過ごしになられるように、と思います。

雅子様のコート

雅子様がお召しになっていたコート、独身時代のものですね。
素敵なコートだったので印象に残っていますが、独身時代の何でお召しになっていたかは記憶になく、何となくモヤモヤします。

失敗してしまわれた?

お妹さんは玉串を逆向きに捧げてしまうし、ここの姉妹は満足に皇族の務めが果たせないんですね。

なぜ音声が出ない?

各国駐日大使と英語を交えながら会話したって報道するなら、

そういうシーンを音声付きで報道すればいいのに。

なぜ音声が出ない?

日本語を話せる駐日大使だろうね。


嘘みたいなホントの話だけど、

日本語を話せない駐日大使いるから、

日本語を話せる駐日大使なら、

交換留学先で英語レベルcで大学の単位を落とした眞子でも、

駐日大使と話せるね。

初めて見ました

鴨を飛ばさずに置いて、そのまま池に突入させる人。
一応国を代表して接待するんですから、それなりの人にやらせて欲しいです。
見ていて恥ずかしい人はやめてほしい。

ひょっとして…

あの、献上品クレクレの碑殿下(あ、字が違うか?)から、夕食用に鴨を持ち帰るよう指示が出てたのかも知れませんね。
眞子さん、『うまそ~』とか思って地面に転がしたのかも?
鴨の、きゃ~って心の声が聞こえる気がしました。

10年 早い!

へっぴり腰で、何とも言い様の無い無様な格好!
これが、筆頭宮家の長女~?。

こうして 宮家の皆さんから、お仕事を貰って 顔出しの機会を増やしていき 女性宮家創設アピールしているのでしょうか?

もっと 立ち居振る舞いを、お勉強して 美しく品のある、何処に出しても恥ずかしくない方になって、各国大使の前にお出になって頂きたい。
今の ままでは おもてなしのご公務とはいえません。
10年早い!。

どう見ても

他の皇族方や宮内庁職員は水平に近い角度で飛ばしていますが、
雅子さまは垂直に近い角度で放物線を描くように飛ばしています…

お慣れになっていないので仕方がないと言えばそれまでですが…

鴨は空に向かって飛んで行ったか?

鴨場接待は宮家の持ち回りなのでしょうか。昨年は高円宮妃殿下が接待されているようです。

ということは、今年は秋篠宮家の当番だけど、眞子丼絶賛売り出し中につき、1人で行って目立ってこい、英語でしゃべっている場面を入れるように、という厳命でもあったのでしょうか、コーヒーカップなど持って場違い感。眞子丼、初めての鴨場じゃないのに、鴨の放し方も覚えられないの。接待とは、外国の方に楽しんでいただくのが主眼で、常陸宮妃殿下はその心遣いがよくわかるし、皇太子妃殿下はどよめきと拍手が沸き起こり皆が楽しそうだけれど、、、筆頭宮家は、自分がどう写されるかだけが大事なような。そのわりには出て来るたびに失笑をかうような場面ばかり、という気がします。

こんなニュースどうでもいいから、皇太子殿下のご活躍をもっと報道してほしいのだけど。

鳥は飛ぶんですよ

鳥って飛ぶんですよ。一部除いて。
垂直がおかしい?
水平が正しい?

地べたにほっぽり出すって一体なによ?
母娘揃って、優しく地面に下ろしてあげる、優しい私、うふ。ですか?

もう秋篠さんちは芸能人みたい

前から言いたくてあれだったのですが秋篠さんちは芸能一家みたいですわね。
所属事務所は宮内庁です!みたいな(笑)
だって、アヒル口とかもしや宮内庁にキャラを作られている感が拒めませんし。

常陸宮家はお子さんがいなくても夫婦の時間を大切にされているのを見ていると、また違う意味であたたかな気持ちになります。
これがこの"おもてなし"の心に出ていますねヽ(●´∀`●)ノ

名無しさんは映像見たの?

>他の皇族方や宮内庁職員は水平に近い角度で飛ばしていますが、
>雅子さまは垂直に近い角度で放物線を描くように飛ばしています…

本当に映像を見たんですか?
宮内庁の職員はほぼ水平に鴨を放っていましたが、地面に向けて鴨をまっすぐ押し出したのはマコちゃんだけでしたね。
車椅子の常陸宮様を気遣われ、宮様が鴨を放たれる高さに合わせて同じ高さになるように放されたのは華子妃殿下。
さすがですね。

雅子妃殿下は皇太子殿下とほぼ同じように空に向かって放たれていましたけど、曇った名無しさんの目にはお二人の仲睦まじいお姿が見えませんでしたか?
ちなみにアーヤもサーヤも空に向かって放っていましたね。
名無しさんは一体どの画像を見たのかしら?

ヘカテー様、動画のアップ、ありがとうございました。
空に向かって放した鴨が、もっとお側にいたい!とばかりに雅子妃殿下の元へ戻ってきてしまった様子が、とても可愛らしかったです。
皇太子殿下とごいっしょに温室でご説明を聞いていた際に、ヒラヒラと舞ってきた蝶が雅子妃殿下の頭にとまったシーンを思い出しました。
人にも動物にも好かれる素敵な妃殿下ですね。

謹んで訂正いたします

上の方で

>鴨を飛ばさずに置いて、そのまま池に突入させる人。

を初めて見たと書きましたが、この人の両親もやってました。
単独は初めてでも、親について行ったことはあるだろうにと検索してたら、親もやってました(´・ω・`)
ひょっとすると、秋篠宮家のマイルールなのかもしれません。

色々と見方はありますが…

皇太子さまと雅子さまが駐日大使らのための鴨場接待に臨まれたのは1993年(平成5年)12月20日。雅子さまにとって初めての鴨場接待となったわけですが、それでも皇太子ご夫妻が鴨を飛ばされたときに宮内庁職員や駐日大使らは笑顔で拍手されましたし、良い感じに鴨を飛ばされたので私は素敵な接待になったと思います。

眞子内親王の今回の鴨場接待は今までの鴨場接待ではあり得ない方です。飛ばさすに置くだけみたいなのは皇室の伝統にのっとった接待なのでしょうか。昨年から車いすで公務に臨まれている常陸宮さまもしっかり飛ばされ、常陸宮妃華子さまも殿下に合わせて飛ばされているのに・・・。外国大使らをおもてなしされるなら中途半端なやり方はお止めになって頂きたい。

それにしても、ご成婚直後の雅子さまの鴨場接待を見ていて、とてもかわいらしいですね。両殿下のお姿に改めて感銘しました。

???

>雅子さまは垂直に近い角度で放物線を描くように飛ばしています…

>お慣れになっていないので仕方がないと言えばそれまでですが…


え?雅子様の鴨の飛ばし方には別に違和感ありませんでしたけど?

飛ばし方がおかしいのはマコさんですよね?
ヘカテー様が貼ってくださった過去の鴨場動画を見ましたけど、マコさんのような鴨の扱い方をしている人は誰もいませんでしたが。マコさんは鴨を「飛ばす」ではなく、「歩かせる」なんですから。

名無しは難癖つけたいだけ。

早い話が、名無しは東宮ご一家については、「インネンつける」「難癖つける」チンピラまがいのことをしているだけ。
ヒタット親王が「ちょいとおかしい」件も、星屑ブログや台所ブログ、どうしても言いたいブログでは「その理由を説明している」。
東宮大好き人間は、アンチ東宮のブログをほとんど見に行かない。
たまに誰か見てきた時は「こんなこと書いてあった」「へえ」。たいてい最初に結論ありき、なんだよね。理由は、こじつける。翼のある鳥を空に向かって放つのがおかしいのか?
アンチ東宮は秋篠宮の構成員を崇拝しているが、あの秋篠宮の仲よしは「自分達の為の学校すら卒業できなかった今上」だけだね。皇后のほうは「自愛前提の条件付き仲よし」。華麗なる手のひら返しと黄金の逃げ足は、昔から有名な粉屋の娘。
今上がちょいとあやしくなってきたら、まあ、他の方々との雑談の輪にすら入れてもらえないんじゃない?おのれの無教養を棚にあげて、好き放題やってきて、自業自得ってものだよ。
まあ、せいぜい他の皇族、職員から嫌われなよ。

飛び立つ鴨

そういえば、今にも飛び立つような鳥の絵を描きたい、と言ったのはマコ丼ではありませんでしたっけ?

絵が書けないからって飛び立てないように鴨を地面に落としたわけではありませんよね?

No title

秋篠夫妻、鴨を飛ばさなかったの?鳥も持てないの?
まさか生きてる鳥は触れず?放送しなかったてのは、そのシーンがなかったからですよねえ。変なの。
ププ、昭和34 年の画像、当時の皇太子妃の、お高そうなスーツ。気合いイレマクリ。シカシ、もう少し野外にふさわしい格好してよね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR