オラたまげたぜ!昨日の本屋でみちゃった本

昨日、仕事終わりにルミネの本屋さんに行きました。

ぼーっと見ていたらすごい本が

41RCegNHMzL__SX339_BO1,204,203,200_

題名『毎日読みたい美智子さま』

「何度目だ傘寿の祝い」が終わってホッとしてたら『美智子さま 81年の歩み』とかいうムック本も出したからね。

毎日美智子さまを見ちゃうってすごいな。

佳子ちん本が全然売れねえ!と全国の本屋さんと出版社が悲鳴を上げましたが、

その祖母であるミッチーブームの美智子さまの本って売れてるのでしょうか?

需要と供給のバランスが狂いまくってる気がするのはヘカテ―だけですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

残酷な表紙

ビジンではあるけれど、どこか、険のある美人の昭和の皇太子妃。長年平成の皇太子妃をイジメていた結果がこれなんですね。その心根があからさまに出てしまいました。どなたが買うのか知りませんが、やはり関連企業に割当てがあるんでしょうね。

また松崎か

最近、しみじみと人間生きてきたように年をとるなあと思っています。
若いころと並べられちゃったこの写真を見てもそう思います。
“美智子さまの恋文”は橋本明のアレですよね。
普通なら、恥ずかしくて二度と出してくれるなと言うと思うんですけれど。
やはり普通ではない人なのでしょう。

1日たりとも読みたくない

よく行く本屋ではカコちんの最新の本(行き方や羅愛がナンチャラとか言うやつ)があった場所にどどーんと「ミテコ様81年あゆみ」が並んでいました。

さすがにミテコ様には人気者のはずのカコちんは勝てないのですね。
実質女性とビッチプリンセスでは格が違いますわなぁ。

結婚前の恋文が世の中に出るなんて、出たがりにもほどがあります。
何でも出ちゃうんですね。

毎日修造の皇室版w

日めくりカレンダーが出来るかな?

でも美智子教信者って結構多いのがわかって、ここ2日くらい欝

アマゾン検索すると

呆れる程ある美智子本、ウンザリします。

訂正です

急いで入力したらたくさん間違えてしましました。
下記のように訂正させていただきます。

×行き方や羅愛が
〇生き方やら愛が

×実質女性
〇実質女帝

お恥ずかしい限りです。

修造もビックリ

松岡修造氏の「毎日修造」という日めくりカレンダーが売れ行き好調だという話を聞いたことがありますが、「毎日美智子」って…なんか滑稽すぎて笑ってしまいましたww

似ている

本の帯にある美智子さんの若いころの写真、どことなく紀子さんに似てますね。
顔立ちが似ているのではなく、視線の置き方、首の傾げ方、シナの作り方、そういうところに何となく媚を感じさせ、両者に共通点があるな、と思いました。

実際にどういう人間かよりも、どう見られるかの方が大事な人っていますが、このお二人はそういう感じですね。
後年、重大なことで共犯者となるぐらいですから、精神的にも相通じるものがあったのでしょうね。


さて、美智子本ですが、この1年あまり、数か月に1冊は新刊本が出ているような気がします。
出版され書店の棚に並んでは消え、又新しいのが出版されては消え・・・が続いてます。

こういうのが次々に出版されて、国民は誰も異様に感じないとでも思っているのでしょうか?

渡辺みどりに始まって、皇后を手本にした(笑)マナー本、水俣病を語る作家を絡めた美智子本(雅子様への嫌がらせでしょう)、そして、20年ほど前、銃弾事件の被害を受けた宝島社からも「81年のあゆみ」・・・・。

昨今、出版界は大不況ですから、皇后の親戚の大企業が広告を入れてくれれば、或いはあらかじめまとまった購入先が決まっていれば、どんな本でも作ってくれるでしょう。

美智子さんの本って一種のチラシであり、自費出版なんでしょうね。

半世紀以上もマスコミを使って美談を書かせ続けた結果、もはや嘘八百並べた美談を当のご本人が信じてしまっているのかもしれません。

現実は、マスコミに流布されているものとはあまりに乖離しすぎていて、到底受け入れがたいというのが実情ですもんね。

こういう人が皇后なんて、ホント、みっともないですし、情けないことですよ。








爺だけが毎日見て居たい♪

コーシツコーナー(見て子&カコちん&鯰一家)の隣には胃薬が・・・
抱き合わせ商売

Xデーが近い?

どうして傘寿を一年過ぎた今年なんでしょう。81歳なんて変なのと思ったけど、81は9*9.ドン詰まりの数字。もう次はないという風に考えれば納得が行きます。

今日スーパーのレジ横で別のミテコ本を見ました。(さすがにご使用前ご使用後の写真ではなくて若いころの底意地悪そうな一見美人風の写真)
花火大会でも、終わりには連続して華々しい打ち上げがありますね。
きっとそれでしょう、いやそうあってほしい。

平成の天皇についての本は何もないのに、「アテクシの本ばかりで恐れ多い」なんて、口が裂けても言わない人ですね。

多分、在庫は

大量に売れ残ると、倉庫代などマイナス資産になります。

「慈愛深い皇后さまは、恐らく日本中のホテルに無料で配布し、ベッドの枕元に置かせるのではないでしょうか。寝る前のひと時、皇后さまのお言葉を読むことで、旅の疲れも癒されるのではないでしょうか」


寝る前に忘れず表紙を裏返しておかないと、夜中に目が覚めてあの写真を見てしまったら、悪夢を見そうです。
若いときの美貌は、老いてからの美しさを担保しないものですね。
生まれつきの美しさは、それからの生き方が作る顔に簡単に覆されると、この2枚の写真を見て思います。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR