日本中の女性を魅了した小和田雅子さんのファッション

2 -
1370392543806.jpg

クリックすると大きくなります↓
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1370392543806.jpg

カキフライさまから戴きました!

コメント

雅子様の独身時代のファッション

紀子さんのは、秋口あたりに着る、ナイロンがポリエステルの風よけコートですね。
レインコート兼用って感じです。

雅子様のヨビスのコートは、ご結婚後も何度かお召しでしたね。
当時、13万数千円とお値段まで公表されていました。
紀子さんのレインコートが5、6着買えそうですね。

このベージュのコートは、婚約が決まった当時の雅子さまのコートの中では比較的安価な部類で、イタリアのヘルノの白いコートは55万円、芦田淳の紺のコートは32万円でした。

当時、お妃教育などに外出なさる雅子さまのファッションを楽しみに見ていました。
とても上質でお洒落な高級プレタポルテで、皇室に入って以降よりも、どう見ても独身時代の方がお洒落で上等なものを身に着けておられます。

(当時の週刊誌画像から)
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1370392543806.jpg


公務の際のスーツなんかも10年以上同じものを着ておられますし、無彩色の地味なパンツスーツが本当に多いです。
また、誕生日などに公表される映像での普段着も、同じようなニットのアンサンブルをよく目にします。

一体どういうことなんでしょうかね。悲しくなります。



ありがとうございます。

ヘカテ―のコレクションである雅子さまが皇太子妃に決まってから弾丸のように出された写真集や特別増刊号を見ていると

「雅子さまって独身時代から素敵なお召し物だわ。やっぱりお育ちが違うんだなー」とうっとりします。

そんな雅子さまの写真ばっかり見ていたから川島キーコさんの独身時代を見て、

「なんじゃこの芋くさいファッションは!」と驚きました。

たぶん何にも知らないで川島キーコさんを見ていたら

「当時の東京の若い女性の間ではこういうファッションが流行していた」と勘違いしてしまいそうです。

このファッションセンスの差が子どもの洋服に出ています。

敬宮さまが赤ちゃんの頃からかわいい洋服をお召しだったことと対照的に秋篠さんちは「まあ、こんなもんか」という感じの服を着ていました。
ページトップ