宮内庁HPによると欠席?

12月2日の三笠宮さまの100歳のお誕生日

お祝いの内宴に各皇族方も招かれたと報じられました。

お噂スレで指摘されていたことがあります。

宮内庁HPによると

りょーへーか
平成27年12月2日(水)
天皇皇后両陛下 お茶(新任外国大使夫妻(ベルギー,ミャンマー,スリランカ))(御所)
天皇皇后両陛下 行幸啓(ご内宴(三笠宮殿下百歳をお迎えにつき))(三笠宮邸
天皇陛下 ご引見(離任イラク大使)(御所)
皇后陛下 絲竹會例会(桃華楽堂)


皇太子ご夫妻
平成27年12月2日(水)
皇太子同妃両殿下 ご内宴(三笠宮殿下百歳をお迎えにつき)(三笠宮邸)
皇太子殿下 ご臨席(絲竹會例会)(桃華楽堂)

秋篠さんち
12月2日の記述なし


あの川島教授の教え子が絡んでいるという噂の宮内庁HPですが、秋篠さんちの予定が書かれていません。

まさか欠席?それとも呼ばれていない?

それとも単純に書かれていないだけ?

どっちなんだろう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

両親にべったりだから…

秋篠宮は平成24年の誕生日会見で、皇族同士の交流があるかとの問いに、「行事などの待ち時間や赤坂御苑の中を散策するときに立ち話的なことはあるが、一般的な交流という意味ではそれほど多くない」と話し、同妃も「ふだんの務めもあって、時間的に限られるから」と述べました。

まあ、普段から内廷皇族気取りで、両親の両陛下にべったりですから、あの会見は秋篠宮家は他の皇族さま方との交流は殆どないことを認めたようなものですね。そして、12月2日に両陛下と皇太子ご夫妻が三笠宮殿下の百寿(100歳)を祝う昼食会に出席されたのが宮内庁HPの「ご日程」に掲載され、当日の秋篠宮夫妻のには掲載なし、日程なしのを見ると、本当に皇族同士の付き合いはないんでしょうね。

TBSのニュースでは「天皇皇后両陛下など近しい方々」がお祝いに駆け付けたと言っていますし、三笠宮家にとっては秋篠宮家は皇族なのに、「近しい方々」とは看做していないと思います。まあ、どうでもいいことですが・・・。ただ、秋篠宮妃が当時の会見で言った「ふだんの務めもあって、時間的に限られるから」と言ったのには誤魔化しのようにも見えます。秋篠宮家以上にお忙しい高円宮妃殿下はご家族ともども三笠宮家との交流が盛んなんですから。

ちなみに7月3日に常陸宮ご夫妻のご成婚50年ご祝宴が催されたとき、丁度皇太子ご夫妻がトンガにご訪問でしたので、アンチ東宮が嬉しそうに「皇太子夫妻だけ仲間はずれ」みたいなこと言ってましたが、蓋を開けてみれば、当日は秋篠宮夫妻も祝宴に出席にしたという記載はありませんでしたね(記載があったのは両陛下だけ)。

先日、文春が秋篠宮賛美記事を掲載しましたが、秋篠宮が果たして天皇の地位に相応しいのかは改めて疑問だらけです。天皇は日本国と日本国民統合の象徴であると同時に皇室の長なんですから、そうである以上、昭和天皇のように他の皇族との交流を深め、常に気にかけるような存在でなければありません。大体、身内を気遣うことができない者が国民を気遣えるわけないじゃないですか(笑)


幸い皇太子殿下も雅子さまも昭和天皇・香淳皇后のように他の皇族方との長いお付き合いもありますし、見えないところで国民と苦楽を共にされていらっしゃいますから、次代の天皇・皇后としてご立派なお務めを果たしてくれると今から楽しみにしていますが、平成流を継承しつつあるとマスコミに賛美されている秋篠宮夫妻と悠仁さまには・・・。そんな秋篠宮家にも5月の御料牧場ご静養時に夕食に招待したり、平成21年12月のこどもの国では悠仁さまに優しく接する皇太子ご一家は本当に心がお広い方々だなとつくづく思います。

嫌われているのです。

そりゃ、呼ばれてないでしょ!

一番、一部始終を見て来たお方達ですから。

三笠宮家の主催の内宴ですから、逢いたく無い筆頭宮家の夫婦は頭から呼ぶ予定は、無いかと。

又、僻んでいる事でしょうね!
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR