80周年と40周年って微妙

秋篠さんちの眞子丼がホンジュラスの晩さん会に出席しました。

なんかぼやーとした着物を着て日本語で挨拶してました。

ご婚約が決まった際に公開された典子さまの「おお!」と驚いた華やかな着物姿を拝見したから、「筆頭宮家の癖に心に残らない着物ばっかり」と残念に思います。

こんな全然心に残らない着物でもスッゲー高いんだろうなー。

母親のキー子さまも同じです。

和服を知ってる人は『毎回毎回同じような着物で分かりづらいけど、毎回微妙に違う。ものすごく贅沢してる』と分かります。

あれ、眞子丼って何で南米に行ったんだっけー?

「エルサルバドル国政府及びホンジュラス国大統領閣下から,それぞれの外交関係樹立80周年の機会」

「日本の青年海外協力隊のホンジュラス派遣決定から40年を記念する式典に出席された」

・・・80周年と40周年ってわざわざ地球の裏側からロイヤル呼んでまで祝うものか?

なんか見てみると遺跡見たりして楽しそうっス。

訪問中はこんな感じです↓

何この人・・・

何この人・・・と思う子ども

とりあえず渡す

とりあえず渡しておこうホトトギス

あと最近見てると皇室関係のニュースのヤフコメにまたまた面白いコメントを見つけちまったぜ!

エルサルバドルにホンジュラスか・・・それと、皇太子殿下の弟夫婦が
行ったブラジル。
この3カ国には共通点がある。経済・財政が非常に苦しくて、
日本にとっては、外交的価値が全然無い国だということ。
で、これら3カ国が、日本への援助目当てで
日本のご機嫌取りをしているのはミエミエ。
で、皇太子殿下の弟一家は招待されてホイホイと公務という名の
接待旅行に行っているが、何ら日本の国益には貢献しない。
・・・それに引きかえ、皇太子殿下は、基調講演等のために
国連をご訪問された。国連は言うまでもなく国際機関の最高機関。
そして、安倍総理は、日本の国連の常任理事国入りを大目標としている。
だから日本の外交当局は、国連外交を盛んに展開している。
・・・まあ、そんな状況だから、皇太子殿下は、弟一家に対して
格の違いを見せつけたな。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

敢えて反論致しますが

ブラジルは、経済成長著しい新興国の一つです。日本企業の出資先としても外交的に見てもかなり重要な国の一つです。
だからこそ、なぜあの夫婦に行かせたのか、宮内庁の判断に疑問が残ります。相手国をなめてるとしか思えない。

現地の人々の表情…

秋篠夫妻のブラジル行きも微妙な「○○周年」でしたが、マコさんの方もこれまた微妙な数字ですね~。しかも相手国の人々に全然笑顔がない。「何?この太い女は。本当に日本のプリンセスなのか?プリンセスってこんなもんなのか?」というガッカリした雰囲気に、笑ってしまいました。

秋篠一家が行く国々は貧しくて日本からの援助が必要な国というだけでなく、もっと深くて暗い闇が絡んでいるような気がしてなりません。○物を入手するルート(以下自粛)
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR