え、2万7000人しか集まらなかったの?

今年も天皇誕生日だった12月23日をいかがお過ごしでしょうか?

ヘカテーは本日もお仕事でした。

今日の首都圏は雨でした。

で、本日の一般参賀に注目です。

天皇陛下の誕生日を祝いに集まった人数が2万7000人

ヘカテーはこの人数を見て「すくねー」と思いました。

「ヘカテー、ヘカテー 今日は雨が降ってたから仕方ないよ」

という優しい人もいらっしゃると思いますが、こんな時でも行くのが筋ってもんでしょう。

ネット右翼は何してるんでしょうね。

こいつら本当に役に立たないな!

ヘカテーは皇太子ご夫妻を一目見たいと思いますが、

平成の世の一般参賀に行くと「天皇陛下を祝いに来た人」にカウントされるのが嫌なので皇居に行けません。





じゃあ、昭和はどうだったの?と思い調べました。

1980年04月29日の天皇誕生日

天皇誕生日の4月29日、皇居で昭和天皇の満79歳の誕生日をお祝いする一般参賀が行われ、7万400人が入門した。午前中は4万8100人が二重橋を渡って、宮殿東庭に入った。天皇は午前中4回、ご一家とともに長和殿のベランダから参賀にこたえられた。成年になられた浩宮さまが初めて参加され、天皇、皇后両陛下の右隣りに皇太子ご夫妻(平成天皇ご夫妻)と浩宮さま、左隣りに常陸宮ご夫妻が並ばれた。午後は宮内庁前広場で記帳参賀が行われ、1万2300人が坂下門から入門し、記帳した。

読売新聞4月30日朝刊

はい!ご注目!

昭和は7万400人でした!

いやー、記帳にもびっくりですよ。

今日の記帳ってこんなだもん。

d912d614fcc83f39b47dd6c32de4ff12.png

すくねぇ!

昭和天皇の記帳の姿が凄かったからその違いにびっくりだよ!

syowa013.jpg

「ヘカテー、ヘカテー、それ昭和天皇のお見舞いの記帳だから一緒にしちゃダメだよ」

と言う声もありそうですが、

皇室の記帳=↑の写真みたいな状態をイメージするので今日の記帳風景に驚きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もういい加減に

今晩は、ヘカテー様 お疲れなのにブログ更新有り難う御座います

今日の陛下のお言葉に、違和感を覚えました。
戦後はや70年経ちます が 、未だに陛下は慰霊の旅と称して沖縄やパラオ、来年も早々に慰霊の旅にでます。呼ばれてもいないのに

他国の元首や高官等は、その事が目的で訪れません。外交上の訪れの際、慰霊碑や記念像等に献花するだけでその事が主では無いかと思います。

陛下は何時まで、御霊を慰めにあちこち出掛けるのでしょうか?
もう、良いのでは無いでしょうか。
宮中の祭祀でさえ、休んだり 半分で切り上げたり、お慎みせねばならないお二人が他国に戦没者の 慰霊、又はご迷惑を掛けたお詫びに70年経った今も出掛けていく。多大な税金を使い、迎える相手国の迷惑をもかえりみず。 行きたい国も増えて来ている

高齢になって、行事の手順も間違える事も有りました。と本人も認めて、更に間違え無いように気を付けてやって行くつもりと 聞いた時、心底がっかりしました。
行事や、祭祀が負担になって来たので皇太子に近いうち、譲りたいと発表するのが華かと 。

もう戦後の慰霊の旅はお慎みしても、どの国の人々も文句は言いますまい。宮中で黙祷やお慎みなさっていれば良いのでは無いかと思います。

それにしても、間違え無いようにして行くつもりとは、何時までするつもりでしょうね。

昭和天皇おんとし6才。

日露戦争の論功行賞の際に、昭和天皇とふたりの弟宮は宮中へ参内した。
迪宮(昭和天皇)御用掛足立たかの回想。
「…ぞろぞろっと七元老がみんな金ぴかの盛装に勲章をつけて入っていらっしゃいました。あんまり立派なご様子で出てこられたものですから、ちょっと私どもびっくりしまして、向こうのほうへ参ろうかと思っていました。(略)お上(迪宮)だけはちょっと立ち止まって、ごらんになっておられました。
すると、伊藤(博文)さんが側に来られて『皇孫殿下にいらっしゃいますか』と言われました。『さようでございます』と(足立たかが)答えると、そこでご挨拶あそばしたんですよ。殿下は『誰か?』とお尋ねになりました。」
「私は伊藤でございます。今日はおじじさまから結構な頂戴ものをいたしましたのでお礼に参りました。『そこにいるのは誰か』とおっしゃるので、つぎつぎに山縣元帥からずっと七元老の名前を、伊藤さんが申し上げたんです。」
「殿下は『そうか』とおっしゃって、いちいちご覧になっておいででした。みんな大きな方の中に、水兵服を召した小さな殿下なのに、やっぱりプリンスとしての態度がご立派なものですから、伊藤さんが非常に喜ばれまして、『ああ、今日はよい折りにお目にかかりました』(略)
迪宮さまが『勲章がたくさんあるが、今日はどれを戴いたのか』とおっしゃる。
伊藤さんが『これを戴きました。ありがたいことで』と申されますと、『その他に就いている勲章は何か』ってお尋ねになる。たくさんついておりましたのですよ。『これは外国の勲章でございます』とかいちいち申し上げて、山縣さんなどはびっくりしていらっしゃるんです。
やはり将来のあるお方は違うと思われたのでございましょう。」
この時、昭和天皇6才。
記帳の人数、違って当たり前でしょう。

秋篠宮家以外の宮家がお出ましだったら

マスコミが煽ってるだけで、かこさん人気は国民には浸透してないし、ましてやマコさんにいたってはただのおでぶちゃんだし・・
三笠宮家、高円宮家の女王方がいらしてくれたらもっと華やかになるだろうにと思いました。
全体的な絵がどうなってるかわからないですが、正面向かって右側に人いるのかしら?
できれば左側、皇太子さま雅子さまの方に行きたいですね。
そして、あと6年すれば敬宮さまがこの場所にいらっしゃると思うと、長生きしたいと思いますね。

安定の不人気

2万7000人は少ない、ですが、平成になってからはずっと少なくて2万人以下だったのです。
新緑の候・連休の初日、の昭和とは違い、うすら寒い年の瀬の慌しい時期なので参賀の人数が少ないのは当然でしょうし、時代も違いますから一概に比較はできませんが、それにしても安定の低空飛行、1万人を切った年もありました。

宮内庁のHPに天皇誕生日の一般参賀の人数が掲載されています。
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/sanga/sanga02.html

自然発生的に人が集まるのならば天気などにも左右されるはずで、毎年の数字はもっとばらけてもいいはず。サスペンスドラマの見すぎでしょうか、特にここ数年、「数字があまりに揃いすぎている、おかしい」(動員してるだろう) と思うのは考えすぎでしょうか?

午前3回の参賀、午後は記帳のみで、数字は午前と午後の記帳を合わせての数字です。昭和の時代は参賀の数字と記帳の数字が記載されていることが多かったですが、平成は合計の数字しか公表しませんね。記帳も含めての数字ということは知らない人もいるかも知れません。


1989(平成元) (行われず)
1990(平成 2) (行われず)
1991(平成 3) 17,420
1992(平成 4) 13,550(参賀9,400 記帳2,700-朝日新聞より)
1993(平成 5) 20,140
1994(平成 6) 18,220(参賀14,000 記帳4,200-朝日新聞より)
1995(平成 7) 13,350
1996(平成 8) (取り止め:ペルー人質事件のため)
1997(平成 9) 9,280
1998(平成10) 14,800
1999(平成11) 17,567
2000(平成12) 14,890
2001(平成13) 16,760
2002(平成14) 19,079
2003(平成15) 18,848
2004(平成16) 17,681
2005(平成17) 17,558
2006(平成18) 20,152
2007(平成19) 15,602
2008(平成20) 22,655
2009(平成21) 30,560  (即位20年)
2010(平成22) 26,298
2011(平成23) 24,789
2012(平成24) 28,065
2013(平成25) 28,945
2014(平成26) 28,933
2015(平成27) 26,627


新聞の記事を拾って集めた昭和の参賀状況はつぎのとおりです。

★大群衆が皇居につめかけ、陛下お1人がバルコニーに出てこたえられる(2回, 1952から4回,1955は6回, 1956は行事の合間に7-8回)
・記帳所には机120台、帳面100余冊が置かれ1割が記帳(1948年)
・15台の机に8冊ずつ記帳簿が置かれたが3分の2は署名できなかった(1951年)

1948(昭和23) 350,000
1949(昭和24) 140,000
1950(昭和25) 100,000
1951(昭和26) 50,000 雨
1952(昭和27)(喪中のため参賀はなし)
1953(昭和28) 97,000
1954(昭和29) 82,000
1955(昭和30) 60,000
1956(昭和31) 80,000

★皇居広庭の特設お立ち台にご一家が立たれる(午前3回 午後4回)
1957(昭和32) 90,000
1958(昭和33) 80,000
1959(昭和34) 120,000
1960(昭和35) 62,600
1961(昭和36) 70,000
1962(昭和37) 89,000
1963(昭和38) 122,000

★新宮殿造営のため記帳のみ
1964(昭和39) 13,600(記帳のみ)
1965(昭和40) 5,000(記帳のみ)雨
1966(昭和41) 20,000(記帳のみ)
1967(昭和42) 12,300(記帳のみ)雨
1968(昭和43) 昼過ぎまでに20,000(記帳のみ)雨

★新宮殿完成(午前4回お出まし)
1969(昭和44) 37,000
1970(昭和45) 36,000(参賀24,000 記帳12,000)
1971(昭和46) 17,000 雨
1972(昭和47) 56,090(参賀36,200 記帳18,890)
1973(昭和48) 42,000(参賀24,000 記帳18,000)
1974(昭和49) 56,000
1975(昭和50) 63,410
1976(昭和51) 74,500(記帳23,000) (在位50年)
1977(昭和52) 43,000
1978(昭和53) 39,120(参賀28,400)
1979(昭和54) 43,800(参賀28,500 記帳15,300)
1980(昭和55) 70,400(参賀48,100 記帳22,300) (浩宮成人)
1981(昭和56) 75,420 (この年よりマイクでお言葉)
1982(昭和57) 61,470
1983(昭和58) 75,160
1984(昭和59) 76,000
1985(昭和60) 82,200
1986(昭和61) 81,030
1987(昭和62) 55,800
1988(昭和63) 41,000(参賀35,000 記帳6,000) 雨

参賀の人数の違いもさることながら、昭和の一般参賀は天皇陛下のお誕生日だった。いや、それは当たり前なのですが、天皇陛下が主役。手を振るのは天皇陛下だけで、皇后陛下および皇太子と常陸宮ご夫妻は天皇の傍らで控えておられたのです。後年、皇后陛下もお手振りをされましたが、手をあげるのは肩の線ぐらいまでで控えめでした。(証拠写真がネットですぐに見つかりませんが。)

平成は天皇と皇后が平等。そこが大きく違いますかね。アキンド脳の女優には控えるなんて発想はないらしく、毎年ひらっひらの洋服を新調して、堂々と対等に手を振っておられます。安定の不人気ですけど。

http://mainichi.jp/graph/2013/12/23/20131223k0000e040160000c/002.html

今上両陛下に魅力は感じません。

秋篠宮の不自然な長男出産をきっかけに
冷静な目で見ている国民の方が多いと思います。
雅子さまが ご病気になられたのも
深刻な理由があってのことだということも。
ないことになってますが、宮内庁を巻き込んだ嫁いびりだって事も、薄々みんな知ってますよ。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR