中学1年生の女の子が書いた短編小説

中東部1年生の敬宮さまが書かれた小説をご紹介します。

『愛子の診療所』
私は看護師の愛子。

最近ようやくこの診療所にも患者さんが多く訪れるようになり、
今日の診療も外が暗くなるまでかかった。
先生も先に帰り、私は片付けと戸締りを任されて、
一人で奥の待合室と手前の受付とを行き来していた。

午後八時頃だろうか。
私は待合室のソファーでつい居眠りをしてしまった。
翌朝眩しい太陽の光で目が覚め、私は飛び起きた。
急いで片付けを済ませて家に帰ろうと扉をガラッと開けると、
思わず落っこちそうになった。
目の前には真っ青な海が果てしなく広がっていたのだ。

診療所は、一晩でどの程くらい流されたのだろうか?
いや、町が大きな海へと姿を買えてしまったのかもしれない。
助けを呼ぼうとしたが、電話もつながらない。
私は途方に暮れてしまった。

あくる朝、私は誰かが扉をたたく音で目を覚ました。
扉の外には片足を怪我した真っ白なカモメが1羽、
今にも潮に流されてしまいそうになって浮かんでいた。
私はカモメを一生懸命に手当した。
その甲斐あってか、カモメは翌日元気に、
真っ青な大空へ真っ白な羽をいっぱいに広げて飛び立って行ったのであった。

それから怪我をした海の生き物たちが、
次々と愛子の診療所へやってくるようになった。
私は獣医の資格は持っていないながらも、
やって来た動物たちに精一杯の看護をし、
ときには魚の骨がひっかかって苦しんでいる
ペンギンを助けてやったりもした。
愛子の名は海中に知れ渡り、
私は海の生き物たちの生きる活力となっていったのである。
そう。
愛子の診療所は、正に海の上の診療所となったのだ。

今日もアイコはどんどんやって来る患者を精一杯看病し、
沢山の勇気と希望を与えていることだろう。


優しいなー。
本当に動物がお好きなんですね。

>扉の外には片足を怪我した真っ白なカモメが1羽、 今にも潮に流されてしまいそうになって浮かんでいた。 私はカモメを一生懸命に手当した。 その甲斐あってか、カモメは翌日元気に、真っ青な大空へ真っ白な羽をいっぱいに広げて飛び立って行ったのであった。

ヘカテーだけかもしれませんが、このカモメはまるでお母上の雅子さまのようです。

中一でこれだけ表現力豊かに書ける人ってそんなにいません。

ラノベばっかり読んでいる人にはこんな作品は書けません。

小林よしのり氏も絶賛してました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

敬語なしに敬愛する。

愛子ちゃん、おそらく睡眠時間を削って本を読んでいるね。この漢字の使い方、表現力の豊かさ、文章の流れ。読書の質と量の豊かさを感じさせる。そして、何より魅力的なのは、年齢相応の幼さ(中等科1年)も感じられるところ。
読書が生まれつき好きな子供って、いるんだよ。私もそうだった。小学校から高校まで、とにかく濫読した。図書室から借りた本は利用カードに書名と日時が残るから、高校時代、冊数を勘定してみた。3年間で450冊近かった。好きな作家の作品は自分で買うから、この冊数に入ってない。
大人になって果たすべき義務と責任が出来て、何より集中力がどんどん低下して、本が読めなくなった。今では「昔は読書好きで」とも恥ずかしくて言えない。
日本人の母国語は日本語で、日本語で思考するから日本人なのだ。日本語を複雑に使いこなせない日本人には、複雑な思考が出来ない。すなわち、これぞ馬鹿。語学はツールだ。そのツールでいかに思い、いかに語るか、それが大切。
可愛い愛子ちゃん。これから大人になるまで、たくさん本を読み、たくさん勉強をしてね。今の読書と勉強が、これからのあなたの人生を照らし続けます。
努力を惜しまない、愛に溢れたあなたには、それにふさわさしい地位があなたのあとから付いてきます。
ふさわさしい地位とは、無理に体裁繕い求めるものではなく、天から降ってくるもの。

これはもう敬宮様で決まり!

>愛子の名は海中に知れ渡り、
私は海の生き物たちの生きる活力となっていたのである。
>今日もアイコはどんどんやって来る患者たちを精一杯看病し、沢山の勇気と希望を与えていることだろう。

「海の生き物」を「国民」と読み替えるなら、敬宮様は国民に生きる活力、沢山の勇気と希望を与える存在ですから、国の象徴として仰ぎたいものではありませんか。

No title

この文章、余程熱心な一般のご家庭の子が高校生以降で書ける文章力のはず。
雅子様の熱心な御教育と、お知恵をもってして生まれた愛子様には、中学生でそれがすんなりとできるとは・・・・・・。
おそろしい子!!ですね。

メールを送る術が分からなかったのでこちらに書かせていただきますが、
ベビーフード老舗和光堂と、皇室の関係はご存知でしょうか?
http://www.wakodo.co.jp/company/loyal/
こういうことがあったとのこと。和光堂さんは鼻高々でしょうね。
「あの香淳皇后さまがお使いになったベビーメーカーなら」となるでしょう。
今度従姉が第2子を1月下旬ごろに出産予定なので、その折に話そうと思ってます。
そして、エピソードがとても素敵です。
なんだか、このエピソードの雰囲気、すでに愛子様にあると思うんですよね。
香淳皇后さまの御霊の一部が、愛子様のお心の一部となっているような。
考えすぎですかね(笑)

あ、私は和光堂の中の人ではないですよ。心臓の弱いただの病人です。

敬宮愛子さま☆おそろしい子

感動で言葉が見つかりません
なんてみごとに成長あそばされたのだろう!

ドキドキワクワクの物語の展開
思いは縦横無尽に駆け巡る
夢はどこまでも限りなく広がり
愛はただ溢れるばかり

『愛子の診療所』を読ませていただいて
皇太子さまの作文を思い出し
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-1139.html
雅子さまのお姿が重なりました
http://ranthanum.o-oi.net/Search/

敬宮さまは皇太子さまと雅子さまの資質を受け継がれ
高い意識で日々帝王学を学ばれていると感じます
遠い将来、この方をおいて他に天皇はいない

リンク先を訂正します

すみませんでした。
Oakleyさまのサイトの素晴らしい記事です。

http://ranthanum.o-oi.net/Search/
   ↓ ↓ ↓
http://ranthanum.o-oi.net/Entry/1668/#comment

優しい心

男の子だから泣くのを禁じられていたけれど、ベビーベッドで泣く弟宮を「アーヤは赤ちゃんだから泣いてもいいんだよね」と庇われたという皇太子様を思い出しました。
雅子様のホスピタリティ溢れる学生生活のお話も。

お子様である愛子様にも、思いやりの優しい心がしっかりと受け継がれているんだと改めて実感しました。

愛子様の文才

はじめまして。何時も此方の記事を拝見しては同じように平成皇室を感じている方々がいると知って、安心しています。
私事ですが、我が家では犬を飼っておりまして、本日たまたまフェィスブックでシェアされていた記事がとても良かったのでヘカテ一様もごらん下さい。東宮家と高円宮家の生き物に対する慈しみの心が解る良い内容でした。どこぞのヒット一宮家の方々はこの記害で言う所の皇室の伝統からはやはり逸脱してるのだなあとしみじみと感じた次第です。
http://amour918.blog.fc2.com/tb.php/1446-aa0ac6bb
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR