中学生ですでにバカだった人が敬宮さまの叔父です

あ、秋篠さんちの父ちゃんの中等科の作文もあります。

「卒業前の自分」文仁親王
 私はペンギンの形をした貯金箱である。
私が禮宮文仁親王という長いようで短い名を持った十五歳の子供に
会ったのは 、約一年前である。以来、私は彼の机の隅に存在している。
私はこれから帰宅後の彼の様を書いてみることにする。
実は彼が私に卒業文集用にと依頼したのである。
彼は、普通四時頃に学校から戻って来る。彼は暫しだらだら時を過し、
見ている私がいらいらしてくる頃やっと勉強を始める。
その勉強なるものが少々だらしない。カセットを聴きながらするのである。
やがて彼は部屋の隅に山積みにされているカメラのカタログを見始める。
買うつもりなのか、見て喜んでいるだけなのか。よく分からない。
夜は夜で人に会ったり、一人物静かに「rock and roll」などという
騒々しいものを聴いたりしてだらだら時を過す。そして十一時頃寝室の方へ姿を消す。
 以上が私の見た彼の一日である。十五歳とはこのような時期なのか?
 一つお断りするならば、ここに書かれた事はフィクションであり、
私のような几帳面な人間にとっては日常ありうべからずであります。


>一つお断りするならば、ここに書かれた事はフィクションであり、私のような几帳面な人間にとっては日常ありうべからずであります

嘘つけ。

フィクションじゃないね、これガチだよ。

なんか読んでる側のとしては

「勉強しろよ!」

と言いたくなる中学生生活だったことがわかります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すんばらしい!

アーヤ、日本語の文章書けたんだ!
まあ、もとの文章をアーヤが書いて、侍従が加筆修正した可能性のほうが高い。
だって、アーヤって、カンニングペーパーが読めなくて、カンニングすら出来なかった人だから。しかも、そのカンニングペーパーを目の前に置いたのは教師。アーヤのあまりの出来の悪さに匙を投げて、目の前に答えを書いて置いた。
そんな噂が縦横無尽に駆け巡った。
噂?ほんとかもよ。
だって、大学生になったアーヤの、あの服装。馬鹿じゃなくちゃできないよ。

本当にアーヤが書いたの?

私はこの作文気に入ってるよ。
シニカルでちょっと笑いもとってなかなか技巧的な作文だと思う。

ただ、本当に礼宮本人が書いたのか?という疑問が残るんだよね。

大学でアーヤと関わり合うことになった人の話では、非常に尊大で独善的でおよそ他人に対しその人がどんなに立派な優秀な人であろうと「畏敬の念を抱く」とか「恐れを感じる」とか言うことはなく、「悩む」などという内省的な言葉は無縁の人間だと感じた、そうな。

学習院は、地方の人間にはかすることさえない「皇族」という人種wがいるせいで、むしろ「学びの場に人の貴賎は関係ない」という平等感が感じられて、その点ではいい学校だと思っていたので、アーヤの傍若無人さというか、すぐ人を見下すような態度に「やはり近寄らない方が良い」と考えを改めた、そうな。

徳仁親王とは直接の関係はなかったけれども、友人たちから知るエピソードに悪いものは一つもなかったので、同じ親から生まれているのにどうしてこんなに兄と弟で人柄が違うのか理解に苦しんだ、そうな。

この作文からはこのだらだらした生活が良いとは思っていないことが窺えるので、本当にこの作文をアーヤが書いたとしたら、友人のアーヤに関する評価(尊大・傍若無人で、内省的な精神世界が感じられない)は、アーヤが高校から大学にかけて変化したってことになるけど、中学の卒業文集でしょ。

私には、どうもアーヤ本人が書いたとは思えないんだよね。

駄文はともかく

びっくりしたこと。

>私が禮宮文仁親王という長いようで短い名を持った

「礼宮」を気取ってるつもりか、賢く見せようとしてか「禮宮」と書くのは川島のやり口だとずっと思っていました。
中学生時代に自分で書いてるやーん。
さすが、アホのくせに難しい字を書きたがって喜久子さまに呆れられた男。

秋篠宮殿下はご成人になられてからもちょっとアレな方でした。川嶋紀子さんとご婚約中に遠方へお出ましになる予定でまだご成婚なされていなかったからおひとりで行かれる事になっていたのに紀子も連れていくとゴネた方ですよ。公費でのお出かけです。
流石に宮内庁の面々に説得されましたけどね。
川嶋紀子さんをお連れになっていたら恋人同伴の公務で
末代まで頭のおかしな宮様として笑いものになっていたと思われます。
この方は大人になってからも国民の上に立つという事の本当の意味をご理解されていないと思います。
本当の日本国民ならだれでもご幼少のころから秋篠宮殿下は我儘で徳仁親王殿下とご自分のお立場を理解できず不平不満をおっしゃっていたと知っています。
国民に伝わっていたほどでしたから相当な我儘でした。
将来天皇になる兄とご自分の違いが理解できずに今日まできてしまったのですね皇族ではなく一般国民なら我儘で不平不満だらけでもいやな奴ですんだのにね。
今だに文句を言われているようですが、皇太子殿下と秋篠宮殿下に格差があって当たり前です。
天皇家の序列を理解できる頭をお持ちでないのですね。
天皇家が序列を守れなくなったらそれこそメチャクチャになります。
秋篠宮殿下はご自分が徳仁親王殿下に取って代われれば広い屋敷に住んで公費も使い放題で威張れると思っていらっしゃるのかも知れませんがそうなったら国民から見放される事をご理解していないと思います。
弟で兄とは立場が違うからある程度の事は目をつぶってもらえるし徳仁皇太子殿下より規制が緩いのです。
その事で徳仁皇太子殿下は国民に伝わるような不平不満をおっしゃった事はないです。
徳仁皇太子殿下は我々とは違うからそんな事は思われないと思いますが、弟は自由でズルイ甘やかされているなどとおっしゃった事はないです。
徳仁親王殿下はそうした間違えたお考えをもたないご教育を受けていらっしゃいます。弟の暴言にも反論したり諫めたりなさらない賢さをお持ちです。将来天皇になるという事を誰よりもご自覚しているすばらしい方です。
親族の批判は醜くく見苦しいものです。
本当は弟宮ももう少し厳しく教育されていれば兄を立て助ける賢い弟夫婦になれたかもしれません。それが天皇家の繁栄しいては日本の繁栄につながるというのにね。
将来徳仁親王殿下を天皇に戴ける私たちは幸せです。
えにしより次の天皇になられる皇太子殿下に弟が間違った恨みをもち暴言を言うのは謀反です。
それが許されるのなら未来永劫国の栄を祈り続けるはずの将来の我らの天皇を自分の身のためだけに祈る人に辱められたという事です。それは国民を辱めたという事です。
秋篠宮殿下のご幼少のころから今日までを知っているので天皇として尊敬するのは絶対にできない事です。しょうがない弟宮でしかないのです。
その秋篠宮殿下の選ばれた妃殿下も秋篠宮殿下のお考えがそのまま伝わり紀子妃殿下も謀反のようなお考え方ですね。
我ら日本国の天皇として将来国に天変地異があった時に徳仁皇太子殿下と雅子妃殿下と敬宮愛子内親王殿下に訪れて頂けたらどんなに心強く励まされる事でしょう。
有難くて涙が出るほどうれしい事でしょう。
昭和天皇もそうでしたが徳仁皇太子殿下も雅子妃殿下も心から国民を憂い国民のために心を痛め涙するお方です。そのお二人のお心は敬宮愛子内親王殿下にも受け継がれているでしよう。
徳仁皇太子殿下は有言実行の方です。全力で雅子妃殿下をお守りする国民の夫婦の見本にすべき方です国民も全力でお守りくださいます。
秋篠宮殿下と紀子妃殿下が訪れたら同じ気持ちにはなれません。不敬ながら心のどこかでこの方たちは本心から国民を憂いてはいないのじゃないか、パフォーマンスなのではないか、自分は偉いと国民を見下しご自分たちの立場ばかりお考えなのではないかと思ってしまいそうです。生まれながら偉い方と偉くなりたくて仕方ない方の心持の違いですね。
そんな事を思ってしまうのも次の天皇になる皇太子殿下をお助けになるどころか
ご自分を上げるために兄の足を引っ張るような事をなさるからです。醜い行いでとても国民の手本になるべき弟宮の在り方ではないです。
皇族はパフォーマンスでの発言やファッションで国民の関心をひき人気をとってなるようなお安なものではないはずです。そう思っていらっしゃるならあまりにも自国民をバカにしていませんか。
皇太子廃嫡などというあり得ない夢物語を語る輩に囲まれちょっとおかしくなってしまったのかもしれませんね。皇室に皇太子廃嫡などというものは有り得ないですしそれを語る方というのは将来天皇家がなくなればいいと思っている方々だと思います。
私惑でそんな事ができたら何でも許されるようになってしまいます。日本国の皇室を軽んじている方々としか思えません。自分に都合の良い天皇をつくろうになってしまいます。いずれそんなつくられた天皇はいらないになってしまいます。
民間人の意思とは別の次元の事柄だからこそ有難いのです。
作られたものではなくそこに厳然と存在しているからこそ有難い存在なのです。
民間人の誰かのお人形では未来永劫には続きません。
天皇陛下はお隠れになるまて天皇陛下ですし皇太子殿下は天皇になるまで皇太子です。これを動かしては万物の神をも恐れぬ行為です。日本人とは思えません。
因みに紀子妃殿下の父上は紀子さんが成婚した時「紀子は私の作った作品です」とあまりにも下品な発言を週刊誌になさいました。民間人とはいえ妃殿下の父の発言です。宮家に嫁いだらいくら父親でも娘の方が格が上になります。公に発言するとは宮家とご自分を同格と思っていらっしゃるように見えますそれがわかっていらっしゃらない方の娘さんなんだなと強烈な印象で心に残っています。
いくら人間天皇の時代でも民間人のつくった作品を宮家の妃殿下に戴いても全くありがたくないのです。
秋篠宮殿下は徳仁皇太子殿下とご自分は兄弟だから平等でしかも悠仁親王もいるしなんて勘違いなさっているかもしれませんが、徳人皇太子殿下は次の天皇になられるお方です。秋篠宮殿下とは違うのです。それでも平等なら恐れながら皇族と民間人だって人間として平等じゃないですか、そんな事はあり得ない。
皇太子殿下の事を諫めるおつもりで云々おっしゃるならまずはご自分の事を律してみたら如何でしよう。
皇太子殿下は生まれた時から弟宮の何百倍いえそれ以上に身を律していらっしゃいます。
それは愛子内親王殿下と眞子・佳子内親王悠仁親王殿下の違いを見ても十分にわかります。
一般国民の間で流行っているファッションを着た私イケてると思われるなら皇族でなく一般国民になられればいいのに。皇族であるご自分が一般国民の手本じゃなくて逆に一般国民を手本になさるとは真に残念。年若いとは言えあまりにも無自覚でやはり蛙の子は蛙でした。いや蛙にも失礼ですね。
年若いころの事を言ってもという方もいるとは思いますが気質気性はずっと変わりません。
あまりにもお安で話題にする価値もありません。

ヘカテーさんの記事はもちろん素晴らしいのですが、ありんぼさん、素晴らしいですね。アンチ鯰宮=東宮万歳派が言いたいこと網羅されてる!やはり鯰宮ファンの浅はかさとは大違いです!脱帽。

バカと言うより、周りを舐め腐ってます。
頭の出来不出来より質が悪い。

こういう

だらしなさや皮肉な視点やふと浮かんでしまうくだらないブラックジョークを、見栄で塗り固めて隠すなんてことをしないのは、むしろこの宮様の美点だったのかも…というのは誉め過ぎでしょうけれど。

ありもしないものをあるように装ったり取り繕うようになるよりは、幾分ましだったんじゃないかと思います。

ふ ざ け る な

ペンギンの形をした貯金箱と礼宮、自分を語るのにいかにも礼宮らしい設定だ。

兄上の浩宮さまを冗談で茶化したり、「好きな女性は新玉三千代」と嘘ついて記者を騙し仲間と大笑いしたり。そういう意識に通じる文だ。

どよ~んと濁ってくだらない日々を過ごす15歳。若者らしい夢や希望、皇族としての自覚や努力など、みじんも感じられない。

全く嫌な皇族だ。

秋篠宮殿下って、自由な方ですね。
学生時代のファッションも、お妃選びも、知れば知るほど、皇族という身分を感じさせない、自由な感覚に基づいていると感じました。
紀宮さまも、お兄様のお友達とご結婚さなった。当時そこまで皇室に興味もなく、天皇陛下の一人娘とはいえ、案外一般人と似たような感覚なのかな?と紀宮さまと黒田さんご結婚のニュースを見ていました。

雅子さまにも、もう少し自由があっても良いのではないかと、最近思います。
生まれつきの皇族と、皇太子妃として入内し皇族になるのとでは、求められる事がまったく違うのかもしれませんが。

典子さまが出雲大社の千家さんとご結婚さなった事、驚きましたし、おめでたい事だなぁと国民として誇りに思えました。皇族の身分に生まれついた方々の役目とは何なのか、考えたりもしました。
今、皇族には愛子さまを含めて、若い女性が沢山いらっしゃいますが、内親王や女王の皆さまが、どのような方とご結婚なさるのか、少し気にしています。

自由な方?

秋篠宮は自由な方と言うより、義務と責任からは逃げ出し、享楽的で自堕落なものばかり追い求める極めて卑小な人間だと私は思いますね。
「生まれついての親王」
この身分から生じる特権にすがり、にも関わらず一般国民を見下して生きてきた。
だから、長女まで叫ぶんでしょ?
「あたしを誰だと思ってるの!」

紀宮。
気の毒な結婚でしたね。
めぼしい相手に逃げられて逃げられて、自転車遁走ですよ。
母親の古着着せられて結婚披露宴、ね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR