人生の先輩方おしえてくだせえ!昭和って皇室番組って多かったんですか?

こんにちは

ヘカテーの家の近所のコンビニはなぜか毎年年末からお正月にかけて「東京銘菓ひよこ」が売られています。

「ありあけハーバー」と「きんたろう牛乳サブレ」と一緒に並んでいるのですが、

なぜ神奈川県鎌倉市で東京のお菓子を売ってるんだろう・・・

帰省する人たち用に売ってることは分かるのですが、なぜひよこ・・・。

普通の鎌倉市民なら冠婚葬祭全てに対応できる鎌倉名物鳩サブレーを買うのにね。

まあ、とか言いつつも毎年ヘカテーは自分用に買ってます。

一年に一回食べるとひよこっておいしいですね。

ヘカテーにとって「ひよこ」は佐野厄除け大師のCM同様年末のシンボルと化しています。

さて、読者の方からコメントをいただきました。

まるさまコメント

なぜ平成って、未成年皇族の声を出せとかしゃべってるところを出せっていうんでしょうね。
成人の会見で初めて聞くのが通例だと思うんですけど。
あれだけ皇室番組があった昭和でも記憶にないですよ。

だって、礼宮の成人会見でびっくりしましたもん。
あの落ち着きのない暴れ者が口を開いたら・・・カマ。
それは見事なカマしゃべりで。

思えばあの頃は一人で会見してたんじゃん、アーヤ。
カマだけど。


コメントありがとうございます。

(礼宮がカマしゃべりってウケる)

平成育ちのヘカテーが「へーそうなんだー」と思ったのが、

>あれだけ皇室番組があった昭和でも記憶にないですよ。

昭和って皇室番組が多かったんですか!

ヘカテーが子どもの時は確かに今よりも皇室特集番組をやっていた気がします。

雅子さまが敬宮さまをご出産される前の話です。

「うわー、雅子さまってきれいだなー」と子どもながらに思ってたなー。

雅子さまのファッションも奥様方やお姉さま方は興味がありました。

最近は減っちゃいましたね。

雅子さまがご病気になられてお出かけされることが減ってしまったので、特集する皇族がこーごーさまと筆頭宮家になったからかなー。

佳子さまフィーバーがミッチーブーム並みだって言うならもっとガンガン皇室特集番組があってもおかしくないのにね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

渡辺さん嫌いですが、日本テレビで夜9時ごろに、このような人のプロデュースで年2、3会、いえ、もっと頻繁にやってましたね。ジ、女優の村松英子さんがナレーターでした。やはり美智子妃殿下中心だったと思いますが、高松宮妃にインタビューしたり、今よりおおらかだったと思います。

今より少し前の時期のような、番組改変期には必ずやってたような気がします。子供だったのでうろ覚えですが…

今 昭和の皇室特番みたいに皇太子妃フィーチャー(←ここポイント)のがあれば絶対見るのに!
でも、皇后と筆頭妃もセットかと思うと…(以下自粛

今、ないのはきっと…そういう事なんでしょうねぇ。

ふと思いましたが、スポンサーってどこの会社だったのでしょうね。
どなたかの関連企業だったりして。想像です。

昭和に放送された皇室特番

今で言う地上デジタルで、しょっちゅう放送していましたよ。
いわゆるゴールデンタイムにね。

セットで必ず出てくるのが「美智子妃はイビられた。」という話。
それを何度も何度も垂れ流すから、無辜な日本国民は洗脳されて騙されちゃったのね。


皇室特番で放送された昭和の皇太子夫妻、明仁皇太子と美智子妃。

夏休みになると軽井沢に長期滞在した。
宿泊したのは民間ホテルと正田家所有の別荘。
あまりに長期間滞在したので、東宮職も軽井沢で仕事している期間があった。
紀宮と美智子妃は「いつか民間人になるから」という理由で「母娘2人旅行」を毎年のように楽しんだ。
質素な美智子妃と言うけれど、いつも違うドレスを着てて、それは皇后になっても同じ。

放送だけでなく写真でも残っているのが、

明仁皇太子と美智子妃のいる場所に、正田夫妻が必ず映っていたり同席している。
浩宮様の運動会を正田富美さんが見に来ていた。しかも貴賓席に座っていた。
浩宮様、礼宮、紀宮の誕生日には正田夫妻が東宮御所に呼ばれて必ず来ていた。

というものです。


だから昭和時代の皇室特番を実際に見ている私からすれば、実家ベッタリなのは美智子さまだと知っています。

皇室番組も多かったが。

昭和の頃は皇室番組も多かったが、中等科までの浩宮礼宮紀宮の身長体重がきっちり発表されてました。
紀宮は女の子だから、中等科1年13才の誕生日の身長153センチが最後の公表と記事になってましたが。
浩宮は同世代なので、身長体重記憶にないけど、私の母は「おまえのほうが背が高い」と言ってました。
礼宮は確か13才で164センチ、14才で170.5センチ、15才で175センチと記憶しております。(ちょっと曖昧)
平成になり、なぜ皇孫の成長データ、特に41年ぶり親王の成長が報道されないのか、実に不思議です。

私が子供の頃

年に数回、ありましたね。

当時皇室については、テレビの特番でしか情報を得ていませんでした。なので、未成年皇族の肉声は出さないという慣習も、テレビを通じて知ったものです。

ですから、私は逆に愛子さまが中学の入学式のときに、記者の方が話しかけたことに強い違和感を覚えました。とても失礼な気がしたのです。
アホなアンチは愛子さまの答えを聞いて、しゃべった!なんて騒いだのかもしれませんが、昭和を知る私からすれば、愛子さまに話しかけるなんて非常識、立場をわきまえろ、と思いました。

愛子さまが、雅子さまのお顔を確認してお答えになったのは、未成年皇族であるご自身の立場を理解されていたからだと思っています。
それなのに、しゃべったしゃべらないと騒ぐアンチにはあきれるばかりです。

横だけど

ひよこは博多名物だー!
いつから東京名物に?

Re: 横だけど

> ひよこは博多名物だー!
> いつから東京名物に?

あ、博多にもあるんですね。
ヘカテーが買ったのは東京ひよこです。
http://www.tokyo-hiyoko.co.jp/

しょっちゅうありましたよ

日曜の朝に皇室アルバム、これは今もやってる?
番組の変わり目に必ず特番がありました。
皇室番組と言うより「美智子様の美智子様による美智子様のための番組」。
民間から嫁がれていかにご苦労されたか、
いかに国内外を訪問され熱烈な歓迎を受けているか、
いかに素敵なファッションをまとわれているか。
時期的に新しいものが加わるけど、基本的に同じ内容でした。

皇太子(当時)さまや3人のお子様は良き妻、良き母として描く時のわき役。
香淳さまはさりげなく悪者に。空港で無視された画面は繰り返し写されました。
アーヤは行儀の悪い子でしたが、わんぱく次男坊と微笑ましく、
サーヤは国民の「お年頃には蛹が蝶になるのでは」という期待を裏切り続けましたが、決して悪くは言われず

今見直したらきっと突っ込みどころ満載。
北朝鮮の報道、ヒトラーのゲッペルス、麻原彰晃の上祐
こうやって刷り込まれ洗脳されていくのだと、今思うと恐ろしい。

撮り貯めたものを適当に編集すれば、そこそこ視聴率が取れる美味しい番組だったでしょう。
雅子妃がお元気なら、敬宮さまがすんなり継承者と決まってれば、はるかに素晴らしい特番ができてた。
無理に盛らなくてもそのままで素晴らしい。関連グッズも売れたはず。どれだけ大きな損失だったか。

通りもんさま

西の人間には、ひよこといえば博多ですよねー。
でも、最近東京銘菓になってるんですよ。
私も最初知った時にはびっくりしました。

ひよ子

昭和の頃に皇室番組が多かったか、については、皇室番組に特に興味があったわけではないのでよくわかりません。ただ、天皇陛下のご趣味がヒドロゾアの研究とか那須の植物とか、皇后陛下のご趣味が日本画、組紐とか、皇太子ご一家の様子とか、わりと知っていたのでテレビでよくやっていたのでしょう。子供でわけもわからないころから「チチブノミヤヒデンカ」とかニュースで耳にしていました。

間違っていたらごめんなさい。美智子さまがいじめられたという、村松英子のナレーションのいわゆる「美智子特番」は平成になってからだと思います。

昭和の頃は、両陛下と皇太子ご一家(お子さまたち中心)を中心に、他の宮家のこともそれなりにバランス良く報道されていたように思うのですが、、、美智子サマにフォーカスした番組の作りではなかったのではないか、と思います。あくまでも推測で昭和の皇室番組については要検証です。

そういうわけで、平成になってからですね、美智子特番が増えたのは、たぶん。その後、皇太子ご成婚、敬宮さまご誕生で、コーゴーを主役にしながらも雅子さま愛子さまで番組がなりたっていたものが、おかしくなったのはあの坊やが生まれてからでしょうか?秋篠さんちがしゃしゃり出てきた。(ちなみに、マコカコが誕生日に皇居に参内、などという記述が宮内庁のHPに掲載されるようになったのは2007年からです。)ところが、ショーライノテンノーなのに、出せる映像が極端に少ない、さらにはあの夫婦では数字が取れない。東宮ご一家は出したらどこからか文句が出る。でも、特番は作らないとどなたかのご機嫌が悪い。で、今みたいにBSで美智子特番をやっているのが現状、ということでしょうか。


ネットで拾った皇室特番の例です。昭和のは、いつか調べてみます。

・2004-01-05 18:55~20:54 TBS系列
新春皇室スペシャル’04 「愛子さま笑顔のお正月美智子さま・雅子さま心に響く愛のメロディ」

・2004-12-30 18:30 ~ 20:54 テレビ朝日
スクープ満載!緊急・皇室スペシャル
美智子さまと70年の軌跡~その苦悩と復活ドラマに秘められた雅子さま“ご快復”への処方箋
~決定!紀宮さまご婚約…知られざる母娘の絆とは!?~

「皇太子さま人格否定発言」「美智子さま単独の東宮御所訪問」「皇太子さま撮影ビデオ公開」など歴史に残る大事件が頻発、そして締めくくりには「紀宮さまご婚約決定」のビッグニュースが飛び込んだ2004年の皇室を番組独自の徹底取材で振り返る。
戦後生まれ変わった象徴天皇制の道筋の中で、皇室は今年大きな変革の道へと歩みだした。すべての始まりは雅子さまのご病気。今、快復の途上にある雅子さま…。復活への鍵はすべて美智子さまの70年の軌跡に隠されていた!!美智子さまと雅子さま、二人が歩んだ栄光と苦悩に満ちた足跡を徹底検証!番組は美智子さまを復活させた一篇の詩を発見…雅子さまの笑顔に繋がる糸を導き出す。さらには、昭憲皇太后から美智子さまへと続く皇室代々の、嫁姑の「苦悩と変革」の歴史を完全検証。そして、緊急特集として紀宮さまと美智子さまの母娘の絆を物語るエピソードも取材。天皇家に嫁いだ女性、天皇家から嫁ぐ女性たちの歩みから21世紀の皇室を展望する!!

〔ナレーター〕江守徹・杉本るみ(予定) 

・2005-01-10 21:00~22:54 日本テレビ系列
スーパーテレビ情報最前線・特別版 「新春を迎えられて…母、雅子妃殿下はいま~新たなる家族の肖像」

・2006-04-10 21:00~23:24 日本テレビ系列
アンテナ22・特別版 「平成の皇室 お妃物語 雅子さまと紀子さま 皇后美智子さまの今」


・2008-10-8 18:55~ TBS
『秋の皇室スペシャル 皇后美智子さまの本懐』
http://www.tbs.co.jp/program/koushitsusp_20081008.html

・2014-10-11 13:00~14:00 BS朝日
天皇陛下と美智子さま 秘蔵写真で綴る53年間
http://www.bs-asahi.co.jp/koushitsu/

・2015-1-1 7:00-7:55 テレビ東京
新春皇室特番 ~両陛下 愛と絆の道のり~'
http://www.tv-tokyo.co.jp/smp/program/detail/18664_201501010700.html

・2016-1-17(日) 14:00-  BSジャパン
皇室の窓スペシャル~両陛下から始まった皇室の新しい風~
http://www.bs-j.co.jp/official/koushitsu26/

ちなみに、私は「ひよ子」は東京のお土産とずっと思っていました。九州にもある、というか、九州が発祥で東京に進出、というのを知ったのはずっと後のことです。どちらだと思うかは、どこの文化圏にいるか、ということなのでしょう。東京土産が、「鳩サブレー」とか「鎌倉カスター」(今は知りませんが、昔、銀座三越で売っていた)でいいんか?と思いながら、売ってるから東京土産として買います。東京とは、地方から進出した人やモノで満ち溢れているところのようです。

出生地ロンダリング

ひよ子は確か飯塚(福岡県の筑豊地帯)生まれじゃありませんか。
筑豊を馬鹿にするわけではありません。炭鉱は危険な職場だったので、炭鉱で働く人はせめて生きているうちは美味しいものを食べたいという気持ちが強く、口が奢っていた。それでお菓子もおいしかったと聞いています。

炭鉱が駄目になったので、福岡市に進出。それから、東京へ。
そんな流れのような。記憶違いだったらごめんなさい。
それでも生き残っているのは、ひよこが本当に美味しいから。

静岡市の駅難地域で生まれたのに帰国子女のようなふりをしたり、群馬県の出身なのに本籍が東京に変わっていたりするあの人達とは違います。二人とも、煮ても焼いても食えない(うっかり食べたらひどい食あたりで命が危ない)から、同じ出生地ロンダリングでも、ひよことは全然違います。

私は昭和生まれの昭和育ちですが、そのころは皇室に殆ど興味がなくて、時々皇室番組をやっているのは知っていましたが、見たことがありません。
きっとミテコサマ中心で、香淳さまなど悪役扱いだったでしょうから、見てなくても後悔はまったくありません。

「皇室アルバム」

坊やが生まれてから皇室番組は見なくなった。最近はテレビなんか見なくても毎日更新されるブログがあるし、こちらのほうがおもしろい。

以前は「皇室アルバム」は見たい時にはよく見ていました。見たい時、というのは、雅子さま、愛子さまの特集がありそうな時。皇太子ご夫妻に手を引かれて砂遊び道具を持って葉山の御用邸から歩いて出て来られた愛子さまが報道陣に囲まれた時、空に向けて指をさされた、鳥でも飛んでいたのでしょう、報道陣からどっと歓声があがったのは忘れられない場面です。

1959年10月5日から放送しているそうですね。老舗の皇室番組ですが、美智子サマとともに歩んだ番組、でしょうか。

最近は天皇皇后と秋篠宮家のことばかりのような気がします。タイムリーじゃなくて周回遅れの話題が多い。(検閲してるか?)今日は「眞子さま友好親善の旅」でエルサルバドル訪問、来週はホンデュラス訪問なのだそうです。

この番組は、ずっと高島屋がスポンサーでしたが、今日見たら「フジ住宅」の提供となっていました。地方によって違うのでしょう。Wikiでは2013.3現在ノンスポンサーと書いてあります。数回見ただけでこんなことを言うのもどうかですが、大スポンサーに見限られ、私はこの番組は秋篠さんちに乗っ取られたのではないか?とひそかに疑っています。

皇室番組は、他に、日本テレビ系列の「皇室日記」。前身は「皇室グラフィティ」で1992年から。久能靖が2009年12月まで司会をしていたとか。そういえば見たことがあります。最近「皇室アルバム」が気分悪い番組になっているので、比較的マシ思われるこちらをごくたまに見ます。?という部分もあるけれど、少なくとも順番は間違っていないし三笠宮系も入れている。今朝の内容は、

・天皇皇后 大相撲初場所
・講書始の儀
・宮内庁文化祭の天皇皇后出品の和歌の色紙と
幼稚園のころから信号機に興味の巨大信号機の紹介。

・皇太子様、11月27日、石老山登山 
・学習院OB管弦楽団コンサート
・皇太子ご一家、1月1日、祝賀のため皇居へ
・一般参賀
  (ここまで5分、コマーシャル)

・キコさまカコさま「聴覚障碍者のためのフォーラム」キコさまの手話実演ショー
・マコさま エルサルバドルとホンジュラス訪問
・新年茶会の儀 マコカコにフォーカス
 
・彬子女王、12月5日 薬師寺で開かれた「心游舎」のお能ワークショップ、 司会でしゃべっている場面、子供たちと交流の場面
 本を出版「日本美のこころ」
・高円宮妃殿下「いけばなインターナショナル」で挨拶場面
・歌会始の場面を少し 講師は近衛さんだったかな?

来週は歌人の永田和宏をゲストに歌会始特集だそうで、永田先生がどんな評をするのかちょっと興味があるので見ようと思います。

フジテレビは『皇室ご一家』。こちらは1979年4月2日から。今日は阪神大震災21周年、午前5時46分は黙とうの画面で番組はお休みでした。

日曜朝の皇室番組3つ、個人的には不快指数は「皇室アルバム」が一番です。

No title

新聞のいわゆるラテ欄は、検索をかけて調べるわけにはいかず、紙面を1枚ずつ丹念に見なければならないので、網羅的に調べるには時間がかかりすぎます。したがって、昭和の皇室番組を語る、にしては、ちょこっと調べただけで結論を出すことをお許しください。

昭和62年3月まで私は自室にテレビを持っていませんでした。親が選ぶ番組をおとなしく見ていたわけです。うちの親は皇室特番を見るようなタイプではないので、昭和の時代、私はいわゆる皇室特番は見たことがないはずです。でも、見た記憶はある。なぜか、と考えてみて、お正月に見ていたのではないか、と思い至りました。きっとお雑煮を食べながらこんな番組のどれかを見ていたのだろうと思います。



★1986年 
1月1日 13:00-14:00 テレビ東京 「天皇ご一家と国際親善」
    華麗なる皇室外交、浩宮さま欧米旅行
1月1日 21:02-23:00 NTV 「新春皇室スペシャル・華麗なる昭和の華燭」
    初公開!宮家秘蔵の十二ひとえ再現!! ご即位の大礼 美智子妃結婚パレード、三笠宮信子妃結婚秘話 礼宮さま成年式 浩宮さま英国お別れコンサート独占収録
1月2日 7:30-8:25 フジ「陽春の天皇ご一家」
    浩宮様理想のお妃像を語る 礼宮様成年式
1月3日 8:00-9:00 NTV  「おめでとう天皇ご一家」
    在位60年天皇陛下 語り手・中村メイコ 
1月3日 18:00-18:30 NTV 「青春のプリンスプリンセス'86」
    浩宮ご兄妹

★1987年
1月1日 8:00-8:54 テレビ東京 「天皇家のお正月」
    侍従が語る皇族方の年始行事
1月1日 18:25-20:51 テレ朝 「'87正月ステーション おめでとう天皇ご一家・華麗なる王室のすべて」
    独占初公開 チャールズ皇太子ダイアナ妃公的私的全生活
    浩宮様のお妃今年決定?
1月2日 7:00-7:55 NTV  「おめでとう天皇ご一家」
    ゲスト・卜部亮吾 
1月2日 7:30-8:25 フジ「陽春の天皇ご一家」
    陛下樹海を歩く 浩宮様ご宿泊の山小屋初公開ほか
1月2日 18:30-19:00 NTV 「青春のプリンスプリンセス'87」
1月3日 7:00-7:30 「浩宮様の青春」テレ朝

★1988年
1月2日 7:00-7:55 NTV  「おめでとう天皇ご一家」
    語り手・中村メイコ
1月2日 7:30-8:25 フジ「陽春の天皇ご一家」
    お元気になられた天皇陛下 お忙しい皇太子ご一家
1月2日 7:00-7:30 TBS 「初春の天皇ご一家」

★1989年
正月の皇室番組なし


以上、お正月に特化して調べてみました。お正月以外は調べていないのでわかりませんが、もちろん特番はあったのでしょう。内容的には同じような感じではないでしょうか? 主役は天皇陛下、東宮ご一家、とくに浩宮様。なんというか上品。ちゃんと天皇陛下、皇太子(ご一家)、浩宮さまと、皇統を継ぐ人たちが軸になるとともに、皇室全体にも目配りできていたように思います。ミチコさまは目だっていません。「ミチコさまがいじめられてお気の毒、ミチコさまはすばらしい」という番組は昭和の時代にはなかっただろうと推測します。

それと「皇室アルバム」の放送時間。今は関東では土曜5:30-5:45、近畿圏では日曜6:30-6:45と朝早く(誰が見るか!)に放送していますが、昭和の時代はもっと見ている人が多かったと思います。放送時間帯、月曜21:30-21-45 → 月曜21:45-22:00 → 金曜22:30-22:45(1975年3月まで) → 土曜9:30-9:45(1996年3月まで)

仮説として、毎週放送される皇室番組を見ていた人が多かっただろうこと、毎年お正月の朝に恒例として天皇ご一家の番組が放送されていたこと、などが、昭和の時代は皇室番組が多かったという記憶につながっているのではと思われます。

テレビ欄、見ているとおもしろいのですけれどね、風俗史の史料として。日本テレビが箱根駅伝の中継を始めたのは昭和62年のことだと知りました。

時間と気力があれば、いずれ正月以外の昭和の皇室特番について調べてみようかと思います。

平成の始めはこんな感じです。

★1990年
1月2日 7:00-7:45 NTV 「新春のプリンスプリンセス」
   皇室新世代は今
1月2日 7:00-7:30 TBS 「皇室アルバム」

★1991年
1月2日 7:00-7:45 NTV 「新春のプリンスプリンセス」
若き皇族の1年
1月2日 7:00-7:30 TBS 「皇室アルバム・新春特別番組」
   妃殿下の帽子
1月2日 18:30-20:00 NTV 「新春皇室スペシャル 美智子皇后の愛につつまれて」
   紀子妃誕生 皇室の華麗な1年 
B.シールズ直撃インタビュー皇太子殿下へのメッセージ 
高円宮両殿下が語る皇族の素顔
   
★1992年
1月2日 6:15-7:00 フジ「陽春の天皇ご一家」
1月2日 7:00-7:40 NTV 「新春のプリンスプリンセス」
   紀子さまの1年
1月2日 7:00-8:24 TBS 「こんにちは赤ちゃん 紀子さまと皇居のお正月」
   お節や眞子さまグッズ初公開 
   逸見政孝、星野知子
12月28日 18:30-20:00 TBS 「皇室スペシャル'92」
 美智子さま・紀子さま愛と感動、親善の旅
 万里の長城に見た両陛下愛の年輪
  秋篠宮ご夫妻ハネムーン詳報
  追跡・天皇とカレー
  秘伝・正月祝膳

平成になってがらっと色が変わったような気がします。週刊誌皇室。愛と感動の美智子特番の始まりは1991年頃だったようです。

昭和の皇室番組

新聞のいわゆるラテ欄は、検索をかけて調べるわけにはいかず、紙面を1枚ずつ丹念に見なければならないので、網羅的に調べるには時間がかかりすぎます。したがって、昭和の皇室番組を語る、には、ちょこっと調べただけなのをお許しください。

昭和63年3月まで私は自室にテレビを持っていませんでした。親が選ぶ番組をおとなしく見ていたわけです。うちの親は皇室特番を見るようなタイプではないので、昭和の時代、私は皇室番組ヤいわゆる皇室特番は見たことがないはずです。でも、見た記憶はある。なぜか、と考えてみて、お正月に見ていたのではないか、と思い至りました。きっとお雑煮を食べながらこんな番組のどれかを見ていたのだろうと思います。

★1984年 
1月2日 7:30-8:30 フジ 「陽春天皇ご一家」
    両陛下と東宮ご一家、英国の浩宮様の近況
1月2日 7:30-8:00 TBS  「新春の天皇ご一家」
1月3日 6:00-7:00 テレ朝 「新春の天皇ご一家」 棟方宏一、児島襄
1月3日 8:00-9:00 NTV  「おめでとう天皇ご一家」
    ゲスト・卜部亮吾 語り手・中村メイコ 

★1985年 
1月1日 6:30-7:00 TBS 「新春皇室スペシャル」
1月2日 7:30-8:30 フジ「陽春の天皇ご一家」
    両陛下のフルムーン旅行、東宮ご一家のご活躍
1月3日 8:00-9:00 NTV  「おめでとう天皇ご一家」
    両陛下福島の旅 語り手・中村メイコ 

★1986年 
1月1日 13:00-14:00 テレビ東京 「天皇ご一家と国際親善」
    華麗なる皇室外交、浩宮さま欧米旅行
1月1日 21:02-23:00 NTV 「新春皇室スペシャル・華麗なる昭和の華燭」
    初公開!宮家秘蔵の十二ひとえ再現!! 
    ご即位の大礼 美智子妃結婚パレード、三笠宮信子妃結婚秘話 
    礼宮さま成年式 浩宮さま英国お別れコンサート独占収録
1月2日 7:30-8:25 フジ「陽春の天皇ご一家」
    浩宮様理想のお妃像を語る 礼宮様成年式
1月3日 8:00-9:00 NTV  「おめでとう天皇ご一家」
    在位60年天皇陛下 語り手・中村メイコ 
1月3日 18:00-18:30 NTV 「青春のプリンスプリンセス'86」
    浩宮ご兄妹

★1987年
1月1日 8:00-8:54 テレビ東京 「天皇家のお正月」
    侍従が語る皇族方の年始行事
1月1日 18:25-20:51 テレ朝 「'87正月ステーション おめでとう天皇ご一家・華麗なる王室のすべて」
    独占初公開 チャールズ皇太子ダイアナ妃公的私的全生活
    浩宮様のお妃今年決定?
1月2日 7:00-7:55 NTV  「おめでとう天皇ご一家」
    ゲスト・卜部亮吾 
1月2日 7:30-8:25 フジ「陽春の天皇ご一家」
    陛下樹海を歩く 浩宮様ご宿泊の山小屋初公開ほか
1月2日 18:30-19:00 NTV 「青春のプリンスプリンセス'87」
1月3日 7:00-7:30 「浩宮様の青春」テレ朝

★1988年
1月2日 7:00-7:55 NTV  「おめでとう天皇ご一家」
    語り手・中村メイコ
1月2日 7:30-8:25 フジ「陽春の天皇ご一家」
    お元気になられた天皇陛下 お忙しい皇太子ご一家
1月2日 7:00-7:30 TBS 「初春の天皇ご一家」

★1989年
正月の皇室番組なし


お正月以外は調べていないのでわかりませんが、もちろん特番はあったのでしょう。内容的には同じような感じではないでしょうか? 主役は天皇陛下、東宮ご一家、とくに浩宮様。なんというか上品。ちゃんと天皇陛下、皇太子(ご一家)、浩宮さまと、皇統を継ぐ人たちが軸になるとともに、皇室全体にも目配りできていたように思います。ミチコさまは目だっていません。「愛と感動のミチコさま、いじめられてお気の毒」という番組は昭和の時代にはなかったと推測します。

それと「皇室アルバム」の放送時間。今は関東では土曜5:30-5:45、近畿圏では日曜6:30-6:45と朝早く(誰が見るか!)に放送していますが、昭和の時代はもっと見ている人が多かったと思います。放送時間帯、月曜21:30-21-45 → 月曜21:45-22:00 → 金曜22:30-22:45(1975年3月まで) → 土曜9:30-9:45(1996年3月まで)

毎週放送される皇室番組を見ていた人が多かっただろうこと、毎年お正月の朝に恒例として天皇ご一家の特集番組が放送されていたこと、などが、昭和の時代は皇室番組が多かったという記憶につながっているのではと思われます。

テレビ欄、見ているとおもしろいのですけれどね、風俗史の史料として。日本テレビが箱根駅伝の中継を始めたのは昭和62年のことだと知りました。

時間と気力があれば、いずれ正月以外の昭和の皇室特番について調べてみようかと思います。

平成の始めはこんな感じです。

★1990年
1月2日 7:00-7:45 NTV 「新春のプリンスプリンセス」
   皇室新世代は今
1月2日 7:00-7:30 TBS 「皇室アルバム」

★1991年
1月2日 7:00-7:45 NTV 「新春のプリンスプリンセス」
若き皇族の1年
1月2日 7:00-7:30 TBS 「皇室アルバム・新春特別番組」
   妃殿下の帽子
1月2日 18:30-20:00 NTV 「新春皇室スペシャル 美智子皇后の愛につつまれて」
  紀子妃誕生 皇室の華麗な1年 
B.シールズ直撃インタビュー皇太子殿下へのメッセージ 
高円宮両殿下が語る皇族の素顔
   
★1992年
1月2日 6:15-7:00 フジ「陽春の天皇ご一家」
1月2日 7:00-7:40 NTV 「新春のプリンスプリンセス」
   紀子さまの1年
1月2日 7:00-8:24 TBS 「こんにちは赤ちゃん 紀子さまと皇居のお正月」
   お節や眞子さまグッズ初公開 
   逸見政孝、星野知子
12月28日 18:30-20:00 TBS 「皇室スペシャル'92」
 美智子さま・紀子さま愛と感動、親善の旅
 万里の長城に見た両陛下愛の年輪
  秋篠宮ご夫妻ハネムーン詳報
  追跡・天皇とカレー
  秘伝・正月祝膳

平成になってがらっと色が変わったような気がします。女性週刊誌テイスト。愛と感動の美智子特番の始まりは1991年頃だったようです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR