皇太子殿下、世界の水問題をテーマに講義をされる

先週のニュースで申し訳ありませんが、ご紹介します。

皇太子さま、世界の水問題をテーマに講義

読売新聞 1月22日(金)19時45分配信

 皇太子さまは22日、東京都新宿区の学習院女子大で、「世界の水問題の現状と課題」をテーマに講義を行われた。

 2007年から昨年まで、国連「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁を務めた経験を踏まえ、世界で起こっている水不足の現状や、水にまつわる災害と対策などについて話された。

 皇太子さまの同大での講義は12回目で、この日は国際文化交流学部の学生ら157人が聴講した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00050065-yom-soci

いいなー。学習院女子大学の学生さん。

毎年殿下が講義をされてます。

ちなみに学習院女子大学の卒業生の会「草上会」の名誉会長は常陸宮妃華子さまです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

周囲にいる研究者を活性化させる

テレビをつけたら、フィリピン、フィリピンとうるさいのでお口直しに、ほとんど報じられることのない、もっと知られるべき皇太子さまの水研究について。

2013年3月5日、皇太子さまはニューヨークに向けて出発、6日に国連本部で開かれる国連「水と災害に関する特別会合」に出席し、日本の災害の歴史などについて基調講演をされました。そのときの朝日新聞の記事(島康彦の署名記事、というのが気に入りませんが)が、朝日にしてはまとも、たまたま目についたので。

---------------------
皇太子さま、地道に水研究 国連本部で講演へ 震災の教訓、世界に発信

 皇太子さまが長年「水」問題の研究に取り組み、国内外で積極的に講演していることはあまり知られていない。6日には皇族として初めて、米ニューヨークの国連本部で「水と災害に関する特別会合」に出席し、各国の研究者を前に基調講演する。東日本大震災にも触れ、日本の経験と教訓を世界に伝えるという。

 1987年3月、公式訪問したネパールの中部都市ポカラ。水くみ場の前で甕(かめ)を手にした女性や子どもらが列をなしていた。身近には水が手に入らず、遠くから続々と集まってくる。皇太子さまはじっと見つめ、自らカメラを向けた。
 「水くみにいったいどのぐらいの時間がかかるのだろう。本当に大変だな」。そんな感想を持ち、水問題に関心を深めていった、と自ら講演でも語っている。
 皇太子さまの「水」研究は学習院大学時代にさかのぼる。卒業論文のテーマは「中世瀬戸内海水運の一考察」。留学した英オックスフォード大では「18世紀のテムズ川の水上交通、物資流通」について研究した。
 現在、研究は独学のようだ。宮内庁関係者によると、特に指導役はおらず、自ら必要な文献や資料にあたり、東宮御所には水に関する専門書が大量に保管されているという。
 「ご公務の合間に時間を見つけては、熱心に資料を読み込んでいらっしゃる」と側近は言う。定期的に水関連の施設も視察。昨年6月のラオス訪問では、予定を変更して貯水池を視察した。
 各国の専門家らが集う国際会議「世界水フォーラム」には03年京都、06年メキシコ、09年トルコと参加。利根川の治水の歴史、琵琶湖の水運などをテーマに講演した。07年には国連「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁にも就任した。
 ただ、ハゼなど魚類研究の天皇陛下、ナマズの専門家として知られる秋篠宮さまと比べ、皇太子さまの水研究は知られていない。
 国連「水と衛生に関する諮問委員会」委員で、皇太子さまの海外講演に同行した尾田栄章さんは「海外では殿下の講演が話題になり高く評価されている。だが日本ではうまく伝わっていないのが残念だ」と言う。
 皇太子さまは水研究を「ライフワーク」(09年の誕生日会見)と位置づけ、自らが言及した「新しい公務」の一例にあげる。だが水問題は水資源の利権争いや水道の民営化など、時に政治が絡む問題でもある。尾田さんは「殿下は政治を超越した立場として、周囲にいる研究者らを自然と活性化させている」と話す。
 皇太子さまは日本における水災害の歴史、復興の歩みについて研究しているといい、国連での講演では東日本大震災への各国からの支援に謝意を示し、「日本の経験と教訓を世界にお伝えしていきたい」という。 (島康彦)

皇太子さまと言えば、私のお姑さんのご近所さんに学習院大卒の皇太子さまの同級生が住んでます。
義母さんからの又聞きなので詳しくは知りませんが、その人皇太子さまのことナルちゃんって呼んでたらしいです。
少なくとも上から目線な威圧的な人ではないことは確かですね(笑)
ナルちゃんって言わせるとかなかなか親しみやすい性格なんでしょうね。
今でもとても優しそうですもんね!

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR