50年前のフィリピン行きのことを突っ込んじゃうぞー!後編

海外に行く際には予習も必要です。

オランダにとって運河がいかに大事なものかを知らないで行って、「えー熱いから運河なんか見たくなーい。それより植物園か動物園に行きたーい。そっちの方が楽しいもーん」

なんて言ったら日本の象徴である皇族として失格だからです。

(ちなみにオランダ行って、↑こういうこと言った皇族がいます。先週今週とお楽しみ公務で出歩いているあの皇族です)

先週までの皇室7DAYSをチェックしてやったら

(朝日が大嫌いなので「してやった」という表現を使いました)

結構フィリピンのことを勉強するためにフィリピン大使を御所に呼び寄せたりしています。

54年前の前回フィリピンに行ったときはどれだけ予習してきたかを調べてくれた方がいらっしゃいます。

梅花藻 さまコメント

アキヒト・ミチコのお勉強レベル

NHKで、前回リョーヘーカがフィリピンに行ったときは慰霊碑がなかったため慰霊がかなわなかった、とか繰り返し言ってるけれど、国立の立派な慰霊碑ができたのは確かに昭和48年です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/engo/seido01/ireihi02.html

でも、当時からフィリピンには慰霊碑がいっぱいありました。
http://www.pwmemorial.gr.jp/index3.htm

昭和37年1月の東南アジア3ケ国訪問前、11月のフィリピン訪問前の記者会見をもう一度見てみましたが、慰霊のイの字も頭になかったと思います。

外国旅行の前にはお勉強をしたそうです。以下、読売新聞から抜粋。

・昭和42年1月19日記者会見

-ご訪問の目的、意義について。

皇太子 三か国大統領の日本訪問に対する答礼の意味ですから、やはり相手国との親善が第一だと思います。できる限り相手の国を理解し日本をも理解してもらうよう努めたい。

-ご準備は。

皇太子 東大名誉教授の岩生成一さんなどから話を聞いたり、世界文化史大系を読んだりです。

美智子妃 このまえ外国旅行のとき日本のことを聞かれたので、こんどは高等学校時代の日本史の本を読みました。


:(あとは浩宮のことばかりで主として美智子妃が答える)



・昭和42年11月1日記者会見

-フィリピンご訪問に当たってのおこころがまえについて

皇太子 日本とフィリピンの関係はいままでかならずしもよいとはいえなかった。最近は非常によくなったと聞いていますが、こんどの訪問を機会に、よくなりつつある両国の関係を、なおもよくできるなら幸いです。

-ご出発の準備は。

皇太子 決して十分といえませんが、百科事典とか世界文化地理大系、日比協会発行の「フィリピン協会便覧」などを一応読みました。

美智子妃 殿下の集めた資料を拝借して、殿下の読まれたところを読みました。それらを調べると向こうの教育とか福祉施設のことはよくわかりました。これから両国のそれらを比較してみたいと思います。

-フィリピン独立の父といわれるアギナルド将軍にお会いになる予定ですが。※

皇太子 歴史的人物に会えるので非常に楽しみにしている。




はあ~、若いってすばらしい。。。

NHKは連日、慰霊行脚のアゲアゲ報道を垂れ流していますが、私が印象に残ったのは、フィリピンを51回訪れたという元兵士の方、「慰霊のために行っているというわけではない、大切なのは今後。友好のためにという思いで行っている。」

当時の皇太子が訪問しただけでフィリピンとの関係がよくなった、というわけではない、たくさんの有名無名の人たちの努力があって今日があることを忘れないでいただきたいものです。

54年前のことを大統領に話したと言うから、つい54年前のことを調べてしまいました。この調子だと、どうしても韓国に行きたい、とか言いそう。その前に今度はベルギーとウォーミングアップしてるかな? 

※アギナルド将軍がフィリピン初代大統領になったのは1899年のことです。


コメントありがとうございます。

そしてお疲れさまです。

ヘカテーが肩もみでもしたいくらいありがたい。

「できる限り相手の国を理解し日本をも理解してもらうよう努めたい」と言っておきながらやった予習は

皇太子 東大名誉教授の岩生成一さんなどから話を聞いたり、世界文化史大系を読んだりです。

美智子妃 このまえ外国旅行のとき日本のことを聞かれたので、こんどは高等学校時代の日本史の本を読みました。

別の日

-ご出発の準備は。

皇太子 決して十分といえませんが、百科事典とか世界文化地理大系、日比協会発行の「フィリピン協会便覧」などを一応読みました。

美智子妃 殿下の集めた資料を拝借して、殿下の読まれたところを読みました。それらを調べると向こうの教育とか福祉施設のことはよくわかりました。これから両国のそれらを比較してみたいと思います。


まあ、昔は「世界の歩き方」なんて便利なものはなかったからね。

そりゃ21世紀の日本みたいにネットで欲しい情報が手に入り、知りたい分野の本も注文できる超便利な時代とは違います。

ただ、もうちょっと勉強してもいいんじゃね?

徳仁皇太子殿下は安心ですよね。

何しろ隣にいらっしゃるのが外交官だった雅子さまです。

相手国のことを調べることに関しては専門家です。

素人だと「へー、そんなところからこんなことを調べられるんだ」と感心することをプロは知っています。

次代の天皇皇后の外国訪問は安心できますね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もう6年前のことですが…。

>オランダにとって運河がいかに大事なものかを知らないで行って、>「えー熱いから運河なんか見たくなーい。それより植物園か動物園>に行きたーい。そっちの方が楽しいもーん」

>なんて言ったら日本の象徴である皇族として失格だからです。

>(ちなみにオランダ行って、↑こういうこと言った皇族がいます。先
>週今週とお楽しみ公務で出歩いているあの皇族です)


ああ、いましたね。6年前、日蘭通商400年記念の関連行事のための訪蘭だったのに、蓋を開けて見たら、日程の大半は動物園やら博物館やら会食やらで、訪蘭の目的である通商400年記念関連行事は日程の最後辺りだったというオチが…。「通商400年なんだから、運河もしっかり見て行けばいいのに」なんてツッコんでいましたが(笑)

宮内庁のHPの日程を見たら、本当に大半が通商400年と無関係のものばかりで驚きましたけどね。一方の皇太子殿下の日本人移住100年のためのブラジルご訪問(平成20年)では、移住関連の行事にも多くお出ましになられていたのに…。

でも、例の訪蘭での一件以来、あの方たちが今日に至るまで欧州に足を運ぶ機会が事実上途絶え、南米がらみが何かと増えましたよね。先のスウェーデンでも、王太子様の令弟のご成婚だというのに、実際の招待されたのは、かねてより交流をお持ちの高円宮妃殿下という・・・。

ちょっとしつこかった(苦笑)

あの時代のことをリアルタイムで知っている人たちはもう高齢で、よく覚えてない、といったところでしょう。、当時の人たちの大半は、そんなもの、と思って、目くじらをたてていたわけではないのだろうと思います。

ただ、
私たちは、平成の言われなき東宮バッシングの生き証人になってしまいましたから、じゃ昭和はどうだったの? と活字を拾えば、今言われていることとは違うよね、ということになってしまうのです。

予習はきちんとして行け

戦後補償の観点からも、フィリピンと日本は不発弾を抱えています。
https://twitter.com/guangzhou88/status/693339805074067456
中国やアメリカをめぐるパワーバランスにおいて、日本と仲良くしておこうというだけで、国民の日本に対する不満を押さえ込んできただけです。
きちんと勉強して行くのは最低限のルールですよ。
慰安婦問題でこんなに反発してる人がいる国に、日本の男尊女卑の象徴が行って何をするつもりだったのでしょうか?
友好親善に繋がったのでしょうか?
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR