敬宮愛子内親王殿下御用達バッグ


敬宮さまの心温まる物語として日本中に紹介されたアイメイト後援会のサポートバッグ

アイメイト後援会ではALL学習院の集いで毎年サポートグッズ販売のブースを出店されています。

敬宮さまが中等科1年生の時にお買い求めになられたバッグです。

愛用の赤いお財布に入っていた小銭を募金されると、サポートグッズの販売コーナーへ。グッズの売上げは協会に寄付されるという。

愛子さまは、まずボトルを手に取られ、次にトートバッグをご覧になったのだが・・・、

「ボトルは800円、バッグは1千900円でしたが、愛子さまのお財布の中には2千円。財布とグッズを見比べながら、少し困ったように考え込まれていました。どうやら小銭を募金してしまったこともあり、お小遣いが足りなくなってしまわれたようです」(前出・学習院関係者)

(中略)

この日お持ちだったのは愛子さまが中学生になられての“初“お小遣いだったのだ。

ご夫妻は少し離れたところから様子をご覧になっていたが、愛子さまが困惑されているのに気付かれたようで、「皇太子さまが、足りない分を補てんされていました」(前出・学習院関係者)
 キャンパス内にはさまざまな模擬店も並んでいたが、愛子さまは、盲導犬のためにお小遣いを全額はたかれたのだったー。

 (『女性自身』5月6日号より)


詳細は「EYEMATE support goods SIDE STORY」というアイメイト後援会のブログをご覧ください。

EYEMATE support goods SIDE STORY

これをお読みになった方は

「どんなバッグだろう。見てみたいなー」と思うでしょう。


この女性自身の記事を読んだヘカテーも

「欲しいー!欲しいー!敬宮さまご愛用のバッグがほしいー!」

とアイメイト後援会のサイトをチェックしました。

売り切れでした(´;ω;`)

で、しばらく待ったら入荷したので買いました。

これです↓
1454151723147.jpg


大きさはこのくらいです。
1454150196089.jpg

文庫本がこれだけ入ります。
(ちなみに全部ガラスの仮面)
1454150186873.jpg


(ヘカテーのバッグはペットにかじられたのでちょっと見てくれが悪いのが申し訳ない)

普段使いもできるのでヘカテーは買ってよかったと思います。

ちょっとコンビニへ行くときなんか便利ですよ。

一つ一つ丁寧に作られているので大量生産できないのでしょう。

今日、チェックしたら売り切れでした。

https://ssl.shop.eyemate-support.org/goods/products/list.php?category_id=11

チャンスがあったら買ってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私持ってるー

敬宮さまが買われたというので、私も即購入。
水筒もw

お昼のお弁当を入れてます。

ん、家で食べるんだけどさw

素敵なお話ですね

敬宮さまは、すっかり盲導犬後援のパトロンの一人ですね。

わずかなお小遣いをアイメイト後援のための寄付に充てられたというお話を聞いて、少しずつ皇族としてのお務めを果たされているんだな、と思いました。私自身は寧ろそちらのお話に感動してしまいました。

成年になられたときには、是非とも全国の盲導犬のためにお務めを果たされ、そしてご両親の支えになって欲しいと願っています。

私もチャンスがあったら買ってみたいと思います。

清子さんは何してる

紀宮さまも結婚前に盲導犬運動に携わってらしたよね。
もうすっかり手を引いたの?

盲導犬って、それを使う人から金を貰うわけではない。
完全な非営利団体。
以前、街角で募金活動をしてたので募金したら、後から偽物団体と判ってすごく腹が立った。
それ以来、街角の募金活動を疑いの目で見てしまう。

もし清子さんが募金箱を持っていたら、「これなら本物だ」と思ってみんな募金すると思う。
大事なことだけど金にならないこと、これこそ元皇族の肩書を生かせる仕事でないの。
実家に入りびたりで何一つこういう活動をしない清子さんを、なぜマスコミは叩かないの。

敬宮さまはいずれ、動物保護活動に関わられると思う。
普段の何気ないことに、本当の動物好きだと表れている。
親だけが「動物好きだ」「東大農学部に入れろ、おんどりゃー」と言ってるどこかの坊やと違って。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR