前回のフィリピン行きの際には正田ファミリーがお見送り



出た!昭和の皇室名物「あらこんなところに正田家が、美智子さ~まがいるからね」

(ハッシュドビーフのCMソングの替え歌)

正田家⇒何かと皇太子夫婦と接触する。カメラの前にも堂々と出てくる

小和田家⇒オランダで国際司法裁判所の判事をされていて忙しいから日本にいらっしゃる雅子さまとお逢いされることは少ない


国民のみなさーん!

これが真実ですよー!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私とミッチーはね・・・

私は今でも「ミッチー」と呼べるの。

今でも良い親友なのよ。

ミッチーがこちらに来る時は必ず家へ来てくれるのよ。



もちろん、いわゆる、ご公務の時に、親友の家へ行く。

これが雅子妃殿下なら、どれほど叩かれることか。

私的行動しまくりなのは美智子さん、あなたです。

こういう映像は今後のためにも残すべきですね

雅子様の親族の皆さんが、入内後の雅子様をこのように総出で送迎しているような光景は見たことがありません。それなのに「美智子さん実家は謙虚で慎ましやか、雅子様の実家は出しゃばりで皇室に首を突っ込みたがる」という真逆の報道がされるこの国。

カメラがいる場所でもこうなんですから、カメラのないところではどれだけ図々しい態度を繰り返してきたんでしょうね?美智子さんの親族は。新潟水俣病の件でもこれくらい積極的に被害者に誠意を見せればよかったのにこちらは知らん顔なんですね。

平成の不思議

一体全体、ミテ子さんが入内後実家とは距離を置いていたなんて作り話、いつ広まったのでしょうか。
平成初期にそんなこと言ったら笑われたでしょうね。
ミテ子さんが雅子さまを叱ったとかいう、件の文春記事でも、礼子さんや節子さんと交流するより、公務員夫人と交流しろとかほざいてましたけど(あの記事の真偽はどうなんでしょうねぇ)。
ミテ子さんが昭和天皇の皇女と親しくされてたなんて話、聞いたことがないです。
わたしも含めて、平成の皇室しか知らない世代は簡単に騙されてしまいそうで‥‥

正田家

確か「孫の運動会」にも来ていましたよね。
小和田ご夫妻が同じことをされたら、それこそ
鬼の首を取ったように叩きまくるでしょう。

同じことをしても、美智子さまなら美談、
雅子さまなら叩かれてしまう。
だから平成って好きになれません。

ハッシュドビーフの替え歌に笑ってしまいました。

空港でのお見送りとお出迎え

降る雪や明治は遠くなりにけり

と中村草田男が詠んだのは昭和6年のことで、明治が終わってから19年目のこと。

平成ももう28年目、昭和は遠くなりにけり、で昭和を知らない世代、記憶が薄れている世代が多くなり、マスコミが垂れ流す ウソ を真に受けてしまう人も多いことと思われます。

皇太子妃の実家なんだから、正田家が空港にお見送りに行ってもかまわないと思います。当時だったらむしろ、お見送りもさせない、と批判を浴びたかもしれません。常陸宮ご夫妻の外遊には津軽家もお見送りにいらっしゃっていますしね。

だけど、それをなかったことにし、嫁の実家をひたすら叩かせる、というのは、鬼畜の所業だと思います。

ええ、正田さんがお見送りされたとは確認できませんでしたよ、昭和45年以降は。証明してさしあげましょう。以下、空港にお見送り、お出迎えの人のリストは読売新聞の記事から拾いました。資料として。


1960.9.22-10.7 アメリカ合衆国
お見送り:義宮、秩父宮妃、島津貴子さん、正田英三郎氏夫妻
お出迎え:秩父宮妃、高松宮妃、三笠宮ご夫妻などの皇族方、東久邇盛厚氏夫妻、鷹司和子さん、島津貴子さん、正田英三郎氏夫妻

1960.11.12-12.9 イラン、エチオピア、インド、ネパール
お見送り:秩父宮妃、高松三笠両ご夫妻、北白川祥子さん、鷹司和子さん、島津貴子さん、正田英三郎氏夫妻

(このとき正田富美さんが旅立ちを祝って真っ赤なバラの 花 束 を美智子妃の手に握らせる←★)

お出迎え:義宮、秩父宮妃、高松三笠両ご夫妻、元皇族の東久邇盛厚氏、北白川祥子さん、島津貴子さん、正田英三郎氏夫妻

1962.1.22-2.10 パキスタン、インドネシア、(フィリピン)
お見送り:義宮、秩父宮妃、高松三笠両ご夫妻、元皇族代表賀屋敏子さん、島津貴子さん、正田英三郎夫妻
お出迎え:義宮、秩父高松両妃、三笠宮、島津夫妻、正田富美さん

1962.11.5-11.10 フィリピン
お見送り:義宮、秩父宮妃、高松三笠両ご夫妻、東久邇盛厚氏、正田英三郎氏夫妻、島津貴子さん、旧皇族代表
お出迎え:義宮、秩父宮妃、高松ご夫妻、三笠宮妃、元皇族代表伏見朝子さん、久邇那昭氏、島津・正田両夫妻

1964.5.10-5.17 メキシコ
お見送り:義宮、秩父宮妃、高松宮・三笠宮各ご夫妻はじめ皇族、元皇族、正田英三郎氏夫妻
お出迎え:義宮、秩父宮妃、高松宮・三笠宮各ご夫妻、甯子さん、東久邇盛厚氏、正田英三郎氏夫妻

1964.12.14-12.21 タイ
お見送り:三笠宮さま、常陸宮ご夫妻はじめ皇族、元皇族、正田英三郎氏夫妻
お出迎え:常陸宮ご夫妻はじめ皇族方、正田英三郎氏夫妻

1967.5.9-5.31 ペルー、アルゼンチン、ブラジル
お見送り:常陸宮ご夫妻はじめ皇族、元皇族、正田英三郎氏夫妻
お出迎え:常陸宮ご夫妻はじめ皇族方、鷹司和子さんらごきょうだい、正田英三郎氏夫妻


ここまで、正田富美さん、皆勤賞おめでとうございます。

1969、1969年は、皇太子ご夫妻の外遊はなく、1970年からはお見送りのリストから元皇族と親戚が消えます。代わりに、浩宮、礼宮の御所や空港での見送り出迎えの記述が増えます。

1970.2.19-2.28 マレーシア、シンガポール
お見送り:常陸宮妃、秩父宮妃、高松三笠両宮夫妻ら皇族方
お出迎え:秩父宮妃はじめ皇族方

1971.6.3-6.12 アフガニスタン
お見送り:常陸宮ご夫妻ら皇族方
お出迎え:常陸宮ご夫妻ら皇族方

1973.5.6-5.23 オーストラリア、ニュージーランド
お見送り:浩宮さま、常陸宮ご夫妻ら皇族方
お出迎え:浩宮さま、常陸宮ご夫妻ら皇族方

以下、省略。

1960年代は、皇族方、元皇族方、親類がお見送り、ということだったようです。宮家の外遊も、お見送りがあったようです。当時は、海外旅行そのものが珍しかった時代ですから、一族郎党うちそろってお見送りというのも珍しくなかったのでしょう。昭和45年といえば大阪万博の年。もはや一族郎党という時代でもあるまい、ということになったのでしょうか。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR