昭和天皇と良子さまのアメリカからのご帰国





こんな動画を見つけました。

で、ふと気づいた。

昭和天皇と良子さまが空港にご到着された時に飛行機の横でお出迎えしてないみたいです。

で、その後特別室で皇族方と中曽根首相らと面会してお言葉を述べられています。

夜ですからこの方が適切です。

「へーせーのりょーへーかが本当に慈愛の人なら皇族方や首相らをタラップを降りた所で歓迎させないですよ。
あんな所冬は寒いし、夏は暑いし。」

へーせーのりょーへーかなら夜でもタラップから降りた所で待機させててもおかしくないっす。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やはり平成が異常なんですね

昭和は自然体でいいですね

鬼畜夫婦

少し前に、両陛下のお出迎えかお見送りの時に
彬子様が倒れられて、華子様が介抱されたことがありましたよね?
一歩間違えれば取り返しのつかないことになったのかもしれないのに
まだ外でお見送りやお出迎えをさせるんですね
慈愛の人ではなく、自己愛の強い人ですね。両陛下は

カメラも考えて欲しい。

あの、外でたちんぼで自分らを待たせる、平成の改悪習慣。
彬子女王が倒れてしまわれた時、カメラが彬子女王の脚まで撮っていた。少しはデリカシーやマナーを…ああ!無理か!
平成の天皇皇后、筆頭宮家が恥知らずなんだから、マスコミは輪をかけて恥知らず。
ただ、皇太子さまと秋篠宮が並んで、同じ顔して驚いていたので(ご兄弟だなあ)と、変なところで感心しました。

思うんですけど

このお見送りお出迎えの風習は、次代は確実になくなりそうです。
特に雅子さまは他の皇族がたが大変な思いをして待つことに耐えがたいものがあるでしょう。
それを週刊誌が「美智子皇太后悲痛 開かれた皇室への努力が否定される日」なんていやらしい報道するのも目に見えています。

香淳様の着こなし

皇族方と一緒に別室でお出迎えしているのは、佐藤栄作首相ご夫妻ですね、中曽根首相は、もうちょっと後の首相です。


こうやってあらためて見ると、昭和の皇后さま、お洒落で素敵なお召し物と着こなしですね。
今見ても、ちっとも古く感じないし、中高年の方の良いお手本になりそうです。

思い返してみると、こういうコートドレスのような感じのものが多かったですね、香淳様は。

お帽子が山高帽のようで特徴的ですが、後ろの妃殿下方や、佐藤首相夫人も同様のお帽子ですから、当時、こうしたデザインが流行のモードだったのでしょうね。
バッグもコンビの色づかいで、衣装に合わせていらっしゃいます。

平成の美智子さんの自己流こだわり衣装を見せつけられてる現在からすると、昭和のまともな「皇后さまファッション」に、ほっとさせられます。





プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR