「ひそひそさまのお嫁さんになりたーい」なんて言う女子が本当にいると思ってるの?

「お妃さまになりたい!」 ご学友が悠仁さまへ熱視線

NEWS ポストセブン 2月13日(土)7時0分配信

戦後、皇族としてはじめて学習院以外の小学校(お茶の水女子大学付属小学校)に入学された秋篠宮家の長男・悠仁さま(9才)。「皇族を受け入れるノウハウがない」と不安視され、学校になじめていないのではないかと心配する声もあったが、そんな悠仁さまに、“春の風”が──。
.最近の悠仁さまは学校生活において、以前に増して活発なご様子を見せられている。
. 「1月中旬の大雪の翌日、悠仁さまは休み時間に雪の積もった校庭を駆け回っていらっしゃったそうです。お友達からは“ひさひと~!”と親しみを込めて呼ばれているそうです」(お茶の水関係者)
. 2014年4月、2年生に進級されたばかりの悠仁さまはクラスになじめず孤立している様子もあったという。それからおよそ2年、笑顔とともに充実した日々を送られている。そんな悠仁さまの周囲が、今にわかに浮き足立っているという。
. 「小学生も3~4年生になると“あの子がいいな”という話題をし始める頃です。最近の悠仁さまはクラスの女子からの人気も高いようで、“私、お妃さまになりたい!”と、悠仁さまへ熱視線を送る女子たちがいるんです。女の子なら誰でも一度はシンデレラや白雪姫のような“お姫さまになりたい”という憧れを持ちますが、“将来の天皇”である悠仁さまのお相手ともなれば、本当に“お姫さま”ですからね」(前出・お茶の水関係者)
. 別のお茶の水関係者は、こうも明かす。
. 「子供たちがあまりにそんな話をするので、保護者同士の会話でも、“あそこのお嬢さん、本気でお妃を目指すって言ってるらしいわよ”といった話題で持ちきりなんです(笑い)。“なんとかうちの子はお近づきになれないものかしら”という親御さんもいるそうです」
. 美智子さまが初の民間出身として皇室に嫁がれるまで、皇族男子のお妃候補は旧皇族や元華族出身がほとんどだった。しかし、雅子さま、紀子さまも民間出身ということもあり、皇室は一気に身近な存在となった。
. 「エプロン姿でお弁当を作られる美智子さまのお姿が公開され、雅子さまや紀子さまも“普通の母親”であることが広く知れわたったことで、皇室と国民の距離がぐっと縮まったのです。だからこそ、周囲の女の子たちは悠仁さまへの好意を素直に示し、母親たちは“うちの娘をお妃に”と話題にできるのでしょう。時代は変わりましたね」(宮内庁関係者)

. http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160213-00000001-pseven-soci

寝言は寝てから言え!

いねーよ、そんな女子!

冷静になって考えればわかるじゃん。

坊やのお嫁さんになるということの大変さは雅子さまを見ていればよくわかります。

「男の子が産めなければどんなに優秀だろうとどんなに性格がよかろうとどんなに家柄が優れていようが、病気になるまで追いつめます」

ということを意味します。

まともな親ならそんなところに娘を嫁がせません!

そもそも坊やは列外派の読者の方から

「親友の娘さんがお茶の水大学の学生ですが、悠仁さまは学校へ来ていません。キャンパスが狭いので姿を見なくても警備の様子ですぐわかります。お茶の水女子大学は平和です」

という情報を得ています

過去記事 御茶ノ水女子大学学生が証言「秋篠さんちの坊やは不登校」

学校に来ない男子を好きになるって無理がある

お茶の水女子大学という日本でトップレベルの国立大学付属校に玉の輿狙いの女の子がいるということ自体、親御さんと女子生徒に失礼だろう。

ただね、今の皇室を見ればわかると思うけど

身の程知らずの女ってのはいるからさ。

「あたしは絶対プリンセスになってやる!」と狡猾に狙いを定めて、

浩宮さまを狙ったけどガードが固くて無理だったから、

アホの次男坊を狙ってまんまと成功したズベ公宮妃さまが一人いるでしょ?

坊やのお嫁さんになる人って言ったらあのレベルかそれ以上のすごさですよ。

なんか噂によると母ちゃんの弟の娘さんと結婚させることを企んでいるらしいですね。

古代の藤原氏みたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いや〰ムリ‼ムリ‼

初めて公開されたひさくんの運動会の映像を見た時、生気が全く感じられなくて、蜻蛉みたいな子だなぁと思いました。

それまでは例えどんな訳ありでも、子どもを色眼鏡で見るまいと思いましたが、どんなに良心的に解釈しようとしても、もう生理的に気持ち悪くて。今娘をお茶の水に通わせていたらと思うと、ぞっとします。
 
それにアレでしょ?足腰弱いんでしたっけ?そんな子が雪の中を駆け回るなんてナイ、ナイ‼

ひさくんの魅力って何ですか?気持ち悪い設定を打ち出して来たものです。どー好意的に見ても…いや、やっぱり無理があり過ぎる。プリンセスになりたかったら、デパートにドレスが売ってありますよ。

キーコさんの戦略ってことごとくおかしい。まず、男のお友だちとのエピ(勿論修正なしの音声ありの映像つき)が先じゃないのかな。あぁ、それも無理ですわね。

No title

玉の輿乗るために人格を犠牲は、子供では有り得ない。
計算高い女でしか有り得ない。
ゴキ妃の姪ぐらいしか結婚してくれないでしょう。
そして皇室は天皇家から何処の馬の骨的なkwsmの血に変わってしまう。
正統な保守と今の皇室を心配しているものは断固反対でしょう。

ωくん、繁殖能力が有るのかな?
科学的に養殖できたとしても、ω以上に欠陥があると思う。

考えるだけで恐ろしい。それが空想でないのがkwsm流 (((( ;゚Д゚)))) 愕ブル

>浩宮さまを狙ったけどガードが固くて無理だったから

そうなんですか?
初めて知りました。
ソースはありますか?

こーだったらいいのにね~♪

ゲスの極み週刊誌は、「秋篠家のage記事を書け」と言われても、もうネタが無いもんね。
敬宮さまみたいに作文やお習字や運動会が公開されるわけでなし、学校に通ってるかも怪しいし
いくら招待しても、誰も遊びに来てくれないと書かれてたし
お茶小に受かるような優秀で活発な子供たちに、あんなウラナリくんが人気があるはずないじゃない。
人気者なら学校が楽しくて、ジジババに会うために5日も学校を休んで冬の海に行くはずないよ。

それにこのままの典範で行くと皇室に残るのはヒソくん一人、その男児を産まなければどれだけ責められるか。雅子妃よりひどい立場になる。だれがそんな立場になりたがる?
お妃選びが困難を極めるだろうとは、今からわかってる。
だから「こーだったらいいのにね~♪」と願望を書いたんだろう。
無理無理無理、一人寂しく朽ちてください。恨むなら親を恨んでね。


小和田家はとても慎重だった

とても考えられませんね。特に「保護者同士の会話でも、“あそこのお嬢さん、本気でお妃を目指すって言ってるらしいわよ”といった話題で持ちきりなんです(笑い)。」という部分は…。


雅子さまが皇太子さまとご成婚になられたとき、日本中は「新時代に相応しいお妃さまの誕生」に沸いていました。私はその頃、まだ小さかったので、よく分かりませんが、恐らくお世継ぎよりも「皇室の国際親善」が皇太子ご夫妻によって益々広がりを見せて行くことへの期待があったんだろう、と思います。私も「これからのグローバル化という時代の到来を考えれば、国際感覚に秀でたお妃さまの存在」ということで、雅子さまが皇太子妃に相応しい、と見ています。

ですが、ここまでの道のりが決して良いものではなかった。ヘカテー様や列外派の他の読者様は既にご存じであると思いますが、ご成婚までに様々な苦難がありましたが、何よりも小和田家が慎重であった。当然のことです。皇室は一般国民でも「古くからの歴史のある旧家」という認識はあるわけです。そんな旧家に自分のお嬢さんがお妃さまとして嫁がれるということが如何に大変なのか、ということを小和田夫妻も雅子さまもご存じでした。到底、受け入れないというのが当初の正直なお気持ちでした。

これは久子さまの場合でも言えることだと思います。久子さまが高円宮さまの薨去後、『宮さまとの思い出』の中で、宮様とともにご婚約のことを久子さまのご両親に告げたら、ご両親は薄々気づいていらしたようなので、すぐさま了承されましたが、お父様の方は後で奥様に「大変なことを申し上げてしまったのかもしれない」とおっしゃっていたそうです。

皇室にお妃さまとして嫁ぐということがどれほど大変なのか。小和田家も鳥取家もご存じでした。いえ、両家以外でも旧皇族家、華族家でも同様の認識でありました。そういう認識をお持ちだったからこそ、覚悟を持って大切なお嬢さんを送り出しました。ましてや、雅子さまが嫁がれて、あの後に宮中でどうなったことか。2004年のいわゆる人格否定発言以来、多くの国民が知っているはず。現行の制度のままで、悠仁さまのお妃さまになる方が皇室に嫁がれたら、雅子さま以上のプレッシャーが待ち受けていますよ。

だからこそ、自分の娘をお妃さまにさせたい、だなんて考える保護者がいるなんて考えられませんね。仮に娘さんが「悠仁さまのお妃さまになりたい」って言っていたら、親なら「大変なことだから止めなさい」と優しく答えてあげるのが一般の家でも当然のことです。

もし、本当に自分の娘をお妃さまにさせたい、だなんて考える家があるなら、古代の藤原氏になりたいのか、単に認識が甘すぎるのか、のどちらかですね。某宮妃の実家の方も、当時から色々な噂があるようですし・・・。

いるかも

この記事はヨタ記事だと思いますが。。。

ヒサヒトくんのお嫁さんになりたい人、いるかも知れませんね。なんてったってコーゾクだし。

ごセージツとごセーケツに惹かれて決意した方もおられますし、家のほまれ、ふるさとのほまれ、なのかも知れません。

正田きぬさんが詠んだ和歌が三首、婚約記者会見を伝える昭和33年11月28日の毎日新聞にのっていました。

  おほけなく こよなきはえの このえにし
    よろこびの胸 ゆめの如しも

  選ばれて 高きにのぼる わが孫よ
    よく仕えませ み国のために

  家のほまれ ふるさとのはえと
    皆人は おどる思いに わきたち居りと

 「宮中に 召されたまひし 紀子のきみ」 よりはマシだけど、同じかほりがするような気がするのは私だけでしょうか。

妄想も甚だしい

たとえ、悠仁さんが万が一、億が一健常なお子さんだとしても、この子と結婚するということは、もれなく異常な一族郎党がついてくるということですからね。
たぶんこの記事を書いている記者さんも、そんなことは先刻ご承知だと、お察ししていますが。 しかし、悠仁さん、下からお茶の水で、しかも年少さんから在籍してるはずなのに、文脈からは親しくしてるお友だちが皆無なのでは?、と、これまたお察ししております。

No title

人気者アピールのつもりなのでしょうが、無理があります。
ウイリアム王子の学生時代にも「同級生の女子達が将来のプリンセスの座を狙ってる」みたいな報道がありましたが、彼の場合は納得がいきます。ダイアナ妃譲りのルックスと勉学もスポーツも優秀で性格も良い方ですからモテた(同性のご友人も多い)のは事実です。
しかし、件の坊やには聡明なエピソードなんて皆無ですよね?
小3(もうすぐ4年生)で「車のドアの開閉に興味」「虫取り網を振りまわす」「謎の巨大信号機」「運動神経も・・・」
お友達関係の話も聞かれません。
この子にお嫁さんが来るとしたら出自の怪しい家庭の娘か
キーコさんの弟の娘(いとこ婚)くらいでしょう。
もしも将来弟の娘と結婚したら「他に縁談がなかったんだな」と思います。
国立最高峰の小学校に通うようなご家庭のお嬢さんが玉の輿を狙うとかお妃様になりたいなんて考える訳ないし、
こんな報道お茶の水の生徒さんや保護者の方に失礼過ぎますよ。

ただただ気持ち悪い記事

「悠仁くんのお嫁さんになりたーい、お妃さまになりたーい」記事って何か以前も出てませんでしたか?すごいデジャビュなんですが…

悠仁くんが実際はお茶小に登校できていないことは、近所の人やお茶関係者の証言から徐々に明らかになりつつあります。その事実を隠すために「悠仁くんはちゃんと同級生とうまくやってますよ、人気ですよ、女の子からも熱い視線が注がれてますよ!」アピに必死という感じです。

それにこの「お妃さまに憧れる女の子たち」という設定、彼女たちが幼稚園児だったらまだ理解できるのですが、さすがに小学校中学年~高学年では現実が見えてきて、もうお姫様やお妃様に憧れるような子はかなり減っているのではないですか?「悠仁?あーあの子王子(親王)様だけど、あんなキモい子嫌だよね~w」くらいは言っちゃう年頃だと思うのです。現に悠仁くんの父ちゃんだってリアルプリンスでしたが、父ちゃんに憧れて結婚したがってた女の子なんて皆無(あ、約1名を除いて)だったのではないでしょうか?女の子は割と現実をしっかり見ており、嫌なものは嫌、タイプじゃない男の子はお断りという態度になります。
それに女の子の母親たちは、雅子様が平成皇室の理不尽さに苦しむお姿をリアルにずっと見てきた世代です。我が子を雅子様のような目に合わせたい親など、どこにいると言うのでしょうか。

こういう記事が出れば出るほど気持ち悪く、そして「秋篠サイドは必死なんだな」としか思えなくなります。

お茶の女子児童がかわいそう

ミーハーで玉の輿狙いの軽薄な女の子たちなんて、酷いラベリングされちゃって。
ちびまる子ちゃんの「みぎわさん」じゃないですか、まるで。
もっとも花輪くんみたいにハンサムではないですが。
敬宮さまが小学生のときも、ボーイフレンドがいるなんて記事もありましたけど、微笑ましいレベルでしたけどねぇ。
それと比較すると、何か凄くいやらしい記事に思えます。
秋篠宮家って、全体的にいやらしくて下品な印象のニュースが多い。
さて舟くんの娘さんが悠仁くんのお妃に‥‥あり得ない話じゃないと思いますよ。
上流階級の繋がりが秋篠宮家には全くないですからねぇ。
ちなみに雅子さま以外で「お妃候補」にあがった人に大橋宗夫さんのお嬢さんがいらっしゃいますが、美智子さんの結婚で広がった正田家の閨閥の一つなんですよ。
今では旧宮家なども含む華麗な閨閥を築いておいでですけどね、相当な野心家だったようですね、正田家って。

その記事、読みました

今日、出かけた美容室でたまたま件の記事が載っている
週刊誌を手にしました。
私も思いましたよ、「いねーよ、そんな女子!」
もう脚色を通り越して、完全なでっち上げ記事のように思いました。

確か、運動会の時にどうしたらいいかわからない坊やに
(学校を休んでいて、リハーサル練習をしてなかったのでしょう)
親切に綱引きの綱を握る場所を教えていた女の子がいましたよね。
彼女ですら、途中から顔をそむけていたように思いましたが…

もし、万一、そういう女子と、女子の親御さんがいるとしたら
それこそキーコさんと川○夫妻と思考回路の似た人たちだと
思います。お茶の水付属にそうした女の子も親御さんも
いないとは思いますが。

負けない様

>>浩宮さまを狙ったけどガードが固くて無理だったから

>そうなんですか?
>初めて知りました。
>ソースはありますか?

↑この内容でHNが負けないって、感じ悪いですね。アンチ東宮?

キコさんは学習院女子時代、学習院O,Bも参加する山岳部に入部しています。
そこでの活動写真の中に、皇太子殿下を遠くから物欲しそうに見つめているキコさんの写真が少なくとも2枚はありましたよ。
2chを遡れば写真が見つかるのでは?

皇太子御一家を応援する側は、作り話などする必要はないのです。
事実を語っているだけです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR