秋篠信者>浜尾さんの葬儀に秋篠宮さまは出席した!

子どもの頃、ヒロシをageるために浜尾氏からsageられもした秋篠宮殿下は
ちゃんと告別式行ったのにね。ていうか関わりあったら行くのが当然であってナルが非常識で恩知らずなんだけどね


と主張している秋篠信者&アンチ東宮

えー実際はどうだったのかというと

浜尾実
2006年10月25日死去、告別式は近親者のみ
追悼ミサは10月30日
献花は「天皇皇后両陛下」「皇太子同妃両殿下」

皇太子ご夫妻
10/26~27 奈良訪問
10/30 コスモス国際賞受賞者接見(夫妻)
    「日本賞」教育番組国際コンクール授賞式(皇太子)
秋篠宮
10/25~26 鹿児島訪問
10/30~ パラグアイ訪問


またこんなことも言っています。

505 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/03/21(金) 18:27:36 ID:NqhSKUGu0
>>503
ナルもお花は届けたんじゃなかった?
ただし、「皇太子殿下」だけの名前で。(秋篠宮さまはご夫妻の連名だった)

557 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/03/21(金) 19:21:14 ID:+DcMsnKo0
>>505
ナルは出してる。(雅子は出してない)


えー、事実はこうでした。

敬虔なクリスチャンだった浜尾さんのお別れのミサは、東京・四谷にある
聖イグナチオ教会で行われ、浜尾さんの弟でローマ・バチカンの枢機卿
である文郎氏を中心に執り行われた。
浜尾さんの遺影が微笑む祭壇の側には《天皇皇后両陛下》と
《皇太子同妃殿下》の献花が飾られていた。
女性自身 2007.05.08-15 シリーズ人間No.1850


雅子さまも連名で送られています。

即位直後、『週刊朝日』に
元東宮侍従、浜尾実氏の苦言「新天皇陛下、災害現場へもお飛びください」
の記事を出されました
昭和60年夏の日航ジャンボジェット機の墜落事故や、61年の三原山噴火のとき、皇太子だったへーせーの両陛下が軽井沢で静養なさっていたり、横浜でテニスを楽しまれていたことを例にあげて苦言した内容
それまでOBとして毎年呼ばれていた浩宮誕生日のお茶会に呼ばれなくなった。
また、浜尾さんは宮内庁の女官長から呼び出され、
「浜尾さん、この前、週刊誌にお話になったことはちょっと違っていませんか」 と批判されました。
女官長といえば、美智子さまのお側にいてお世話をする女官たちの長である。浜尾さんがマスコミに語るご一家の素顔は時として誇張され、苦言も批判と受け取られがちだったが、そのことにもっとも敏感に反応したのが、皇室と宮内庁だった。

過去記事 浜尾さん>両陛下遊んでないで災害現場へもお飛びください

気になるのは秋篠さんちが献花を送ってないことですね。

一応秋篠さんちの父ちゃんも子ども時代にお世話になっています。

(まあメインが浩宮さまでした)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

罵倒されてスゴスゴ帰った秋篠夫婦

秋篠夫婦は、学生時代に所属していた教授の葬儀に出席して、遺族を慰め・・・・・

という美談記事が出た。

でも実際は、教授の教え子達や遺族から「教授に迷惑かけまくってたくせに、よく来れたもんだな!」「教授は、おまえたちのせいで心労がたたったんだよ!」と罵倒されまくり、秋篠夫婦はスゴスゴ帰っていった。



礼宮と川島紀子は、サークルの顧問教授に、どれほど迷惑と恥をかけたことか・・・・・。(溜息)

「浩宮さま」浜尾実著

浩宮さまは、将来皇位を継承なさる方であり、礼宮さまは比較的自由なお立場であるということから、ご教育の基本方針にちがったものがあるのではないかという私への質問がよくあった。その都度私は首を横に振ってきた。(中略)
皇位継承者としてのご教育は、いずれプラスされるにしても、幼少時代のお子さまたちは、みな同じようにお育てになりたいというのが、陛下の強いご希望であった。

礼宮くんよ、兄宮への「皇位継承者としてのご教育」を兄弟差別と言うのなら、兄宮は居酒屋へもスナックへも自由に行けなかったし、18Kアクセサリーをジャラジャラ下げて大学に通うチンピラなファッションもしなかったんですよ。
特権には、義務と責任が伴う。
書いてある文章を指で辿りながら読んでいる礼宮は、義務と責任を放棄し、特権のみ享受してきた50男の顔をしている。

不思議な人種

なぜアンチ東宮と言われる連中は調べればすぐにバレるうそをつくのだろうと思っていたのですが、考えて見れば、出席してもいない宮中晩餐会について証言するような人間の信者でしたね。
似た者同士だわ♪

臣下の葬儀に出席できるか出来ないかは知りませんが、森村桂の葬儀の際に弔辞を寄せたり(クリスチャンは自殺は忌みますけどね)講演会で慰安婦のことを話してくれたので感謝している鶴見和子の山百合忌に出席なさる人ならいらっしゃいますね。

悲しい現実

世に秋篠信者がこんなにも溢れてるとは思いませんでした。
年末より諸事情により入院しているのですが、本日同室の方々(皆様70代後半です)とどーいうわけか皇室の話となり皇族はこのままでは一人になると言う発言をした方がいて女の子でも天皇で良いとの意見がでて、私はうれしく思ったんです。しかしその後のおばあ様方はひどいものでした。でも愛子はダメよ(様をつけんかー!)私がなぜと開くとあの子学校もさぼって習い事ひとつもしてないじゃない、皇族で贅沢しかしてないなんて、どーしょうもない。との言いぐさ。我が耳を疑いましたよ!
その上秋篠宮様の所は皆立派、留学したし、本当にやりたい事があるからもう一度大学受験するなんて、普通はしない。きこ様が立派だから。
思わずあの姉弟のどこに頭脳の片鱗があるのかと開いてしまいましたよ。
坊ちゃまはお茶だから皇族なら誰でも入れる学習院じゃない国立、だから愛子様よりご立派。真子も外部の大学入って留学したから頭いい。同じく外の大学入リ直したから佳子も成績が良い。
それに比べて愛子様は不登校、だと言うので、教職を志ざした事もある者として、愛子様は不登校にはあてはまらず、
お小さい頃よりチェロをお続けになり、英語も堪能、すでにもう1ケ国語を習いはじめていると反論しました。
ちなみにおばあ様方はワイドショーと週刊誌をこよなく愛しており、ふだんの会話は今の所ベッキーと清原で埋め尽くされております。
週刊誌の及ぼす影響をまざまざと見せつけられ、同時に高貴な高齢者と同年代の方々はこれを事実と認識した世界で生活してるのかと悲しくなりました。
まとまりない文章ですいません。

災害現場にいけといっても

3・11の時も、鬼怒川決壊のときも、平成のリョーヘーカはいち早く現場に駆けつあけていますが、現場の混乱をいっそうひどくして、復興の妨げになったんじゃありませんか。

浜尾さんの忠言が仇となっているような気がします。

何でそんな嘘つくかな?

ちょっと調べればわかるような嘘ばっかりついて。アンチもいい加減にしたら?お粗末すぎるよ(笑)

そもそも何で浜尾さんの葬儀に行かなかったんだろう?そっちが気になりますね。皇太子殿下の方をメインに仕えてこられたとはいっても一応お世話になったことには変わりないのに。

浜尾さんは皇太子殿下のことを自分の息子同然に扱い、しかも特別扱いをされたくない皇太子殿下のエピソードを嬉しそうに話されてましたね。
秋篠宮様としてはそれが気に入らなかったのでしょうね。

薄情者なのは秋篠だった

ヘカテー様のブログで浜尾さんの記事が続いたので「それなのに皇太子殿下は浜尾さんの葬儀に行ってない」というような東宮アンチ的コメントが必ず投下されるとある程度予想していましたが、案の定という感じですね…

親しかった人、お世話になった人が亡くなっても、皇族は様々な事情によりそう簡単にその人の葬儀には行けません。前から予定されていた公務があればそちらに出席しなくてはいけないし自分の都合を優先させることもできない。それなのに浜尾さんが亡くなった当時、皇太子殿下だけが「葬儀に行かない薄情者」呼ばわりされていたことが納得できません。まあこういう意見も東宮アンチ連中が言った・言わせたことだろうと想像はつきますが…

しかし、仮に以前から予定されていた公務がなくても、天皇皇后や千代田連中が皇太子殿下に浜尾さんの葬儀出席を許すとは考えにくいですね。あらゆる理由をつけて、殿下の葬儀出席を邪魔したのではないかと予想します。

それにしても、秋篠夫妻は浜尾さんの葬儀にお花さえ出していなかったとは。にもかかわらず秋篠は「薄情者」とは言われないダブスタ。東宮アンチ連中の勝手な記憶や嘘つきっぷりは本当にいい加減にしてもらいたいです。

浜尾侍従、東宮を去る プリンスに仕えて20年

「ヒロシをageるために浜尾氏からsageられもした秋篠宮殿下」・・・おやまあ、秋篠宮をageるために東宮家をsageている、とゲロッたも同然の発言ですね。

浜尾さんは、もともとは明仁さんの先生だったのです。

東大工学部応用科学科卒、東洋化学で働いていた浜尾さんが、皇太子のお勉強のお手伝いにと望まれたのは昭和226年1月、25歳のときだった。当時皇太子さまは17才、学習院高等科の2年生。以来、皇太子さまが成人されるまで数学、物理、化学の先生。36年5月から浩宮さまのお相手となり、いままで礼宮さまを始めご兄弟の担当侍従となり・・・ (毎日新聞1971.4.1)

明仁さんの学習院の単位認定問題というのがあり、「無理されて四年間にしなくとも、五年間でも形式より実をとった方が殿下のためにも良いのではなかろうか」(毎日新聞1953年7月13日)と発言されています。

一応、紀宮の担当でもあったわけだ。4人担当して、立派に成長したのは浩宮さま1人。浩宮さまの資質と浜尾さんの資質・情熱の運命の幸福な出会いであった、と言わざるを得ません。

そういうわけで、浜尾さんは、4人のお誕生日に呼ばれてしかるべしですが、当然、4人ともに呼ばれなくなったのでしょうね。一応、陛下は浜尾さんの苦言に礼を言ったそうだが、「宮内庁」が冷ややかだったそうです。

もちろん、浜尾さんはこの記事が掲載される前に、誤謬のないようにと同じ内容を便箋8枚にしたため、侍従を通じて天皇陛下に届けていた。「お返事などいただけるとは思ってもいませんでしたが、翌日、侍従を通じて“陛下が浜尾さんにお礼を申し上げてほしいとおっしゃっている”という電話をいただいたときは、陛下がおわかりくださったのだと恐縮、感激の思いを昧わったものです」 が、宮内庁の反応は冷ややかなものだったという。それまで毎年、浩宮さまのお誕生日のお祝いのお茶会に、旧奉仕者の一人として招かれていた浜尾さんに、
あるときからお招きの知らせがぷっつりと途絶えたのである。(女性自身2007年5月8日・15日号)

「梓」

皇太子殿下のお印「梓」をカンオケの材料と言ったアンチがいたようです。
その人は「梓弓」「上梓」と言う言葉を知らないのでしょう。
梓の木は非常に堅く強い為に、魔にも屈しない神事の弓の材料にされます。これが「梓弓」です。
また、その堅さゆえ版木を彫る材料ともなり、ここから本を書き上げることを「上梓」と言います。たぶんアンチは版木も知らないでしょう。
確かに「天子の柩」の材料でもありますが、その場合「梓宮」と称します。天子の亡骸を邪悪なものから護る意味合いです。なぜ「柩」ではなく「宮」がつくのかは、古代からの「殯宮(日本語読みでは もがりのみや)」の風習だと思います。
単に高級なカンオケの材料としては、高野槇があるでしょう。

バラ好きの目線から「ハマナス」

東宮ご一家のお印にインネンをつける、キコ妃信者のチンピラ達。
北東北から北海道を彩るハマナス「雅子妃のお印」は、バラ育種の視点では非常に重要な原種です。
ハマナス Rosa rugosa
海岸の砂地に自生し「ジャパニーズ・ローズ」とも呼ばれます。大輪で早咲きだが、8月に実をつけたあともときどき返り咲きをします。素晴らしい芳香は、バラの香りとしては「スパイシー」に分類されます。
対寒性が強く、冬の厳しいヨーロッパ、特にドイツでは育種親として、バラの品種改良が進み、
グルーテン・ドルスト
アグネス
ロザリー・ド・ライ
サラ・バン・フリート
ブラン・ダブル・デ・クーベルト
シュネー・コッペ
などの園芸品種が誕生しました。
私が育てたのは、ロザリー・ド・ライのみですが、東京の猛暑は可哀想だと思いました。
香り高くジャパニーズ・ローズと呼ばれるあたり、雅子妃のお印にふさわしいと思います。

人それぞれでしょう

>週刊誌の及ぼす影響をまざまざと見せつけられ、同時に高貴な高

>齢者と同年代の方々はこれを事実と認識した世界で生活してるの

>かと悲しくなりました。


うーん、そうとばかりは言えないと思いますよ。

高齢者にしても同世代にしても、私の周りではまず見かけません。

関西の地方都市に住む私の母は、70代後半のいわゆる後期高齢者で、若いころからずっと趣味でお茶を続けているのですが、そこでの81歳の先生や中高年のお弟子さん方は、特に美智子さんに対して非常に辛辣だそうですよ。

「うろうろ出歩いてみっともない」とか「これじゃあ、雅子さんが病気になるのは当たり前」、「自分は散々、お洒落して贅沢していたくせに」、「こりゃあ、(天皇皇后は)相当悪いことしてるぞ」等々。

皇后と同い年の先生は、奈良女子大出身で独身時代は教師、習いに来ている人も元教師や公務員だった中高年主婦が多いということもあるんでしょう、美智子さんのことを才媛だなんて思ってる人は、誰もいないようです。

鯰家についても、大学入学の不透明さにはすぐに気が付いたそうですよ、すでに眞子さんの段階で。

佳子さんに至っては言うに及ばずで、昨今の推薦入試事情について、かなり具体的な話が展開したそうです。
孫の中、高、大学入試で、皆さん、各種受験についての知識が非常に豊富ですから。

それから10年ほど前、紀子さんが出産した際、「よくわからないけど、なんか恐ろしいことしてるみたいよね」との発言もあったとか。

まあ、結局のところ、同じものを見ても、それをどのように評価するかは、その人次第ってことなんでしょう。
また、マスコミがいかに都合よく恣意的に記事を作るかなんて、今時、周知のことです。


私は紀子さん世代で、婚約当時をよく憶えていますから、「彼女自身も生まれも育ちも、おおよそ上等とか立派とは程遠い」ことはわかりきってます。

50近くになって友人と話すことは、「当時は若くてよくわからなかったけど、やっぱりあんな家から嫁にもらったらいけないんだよね、皇室は」ということです。

それから、「どうしても、紀子さんのとこの子供を皇族として見ることができない」という声も結構ありますね。

今上夫妻は自分たちのレベルに合わせて、非常に目線を下げた皇室づくりをしたようです。
雅子様は、天皇家とはいうものの、実際はとても下世話な家庭に嫁いだのだと気が付いて、さぞ驚いただろうと思います。

雅子様は、その経歴や育った環境から、あまり大衆受けするタイプではなく、「自分たちなんて相手にされないんじゃないか、馬鹿にされるんじゃないか」というコンプレックスや嫉妬が、マスコミ報道をそのまま受け入れさせることの根底にあるように思います。


それにしてもやはり、成績表の一定程度の開示は必須ですね。
イギリス王室では必ず行われているようですから。

宮内庁、および記者クラブは、長期間に渡って国民を騙すという「犯罪」について、どう責任を取るのでしょうか。
どこかの国の御意向でしょうか?
戦時中の極端な「大本営発表」でさえ、3年ほどだったというのに。





ひとまとめはいけませんね

雪の華さま
そうですねひとまとめ、一括りに考えるのは良くないですね。
私自身、どういうわけか昭和天皇や皇太子殿下にお仕えする機会を持った人と関わる事があったりしたおかげで東宮家に人一倍の思い込みがある為、今回の同室の方々の発言がとてもショックだったのです。
だからといって皆がそうだと思うよう考え方は、やはり少し冷静さに欠けていたなと思ってます。確かに今回こんなショックに思ったのは、今まで私の身近にいた人達、それこそ90才ごえのおばあ様達や同年代、それより少し上の先輩方が、美智子妃に否定的だったり、皇后さまは好きだけど次男嫁はいただけないとか、平成皇室に不定的感情や危機感を持ってる人達が多かった事もあるのかもしれません。でもよく考えればそれぞれで全否定の人や皇后様と雅子様は好きだけど、というように人それぞれなんですよね。
私ももう少し冷静にならないとそれこそ秋篠宮信者のようになるところでした。
(今まで皇室話をした事のある方逹は皆様天皇皇后の好き嫌いは別れても秋篠宮妃を好きだ、評価するという人にあった事はありませんでした。)
またも長文で失礼いたしました。

akiaki 様

はじめまして。

たまにこのブログでコメントさせていただいている者です。
やはり高齢でもアンチ東宮の方、結構いますね。
書かれていた同室の方達の発言、まさにうちの親(特に母)が言っていることと同じ。
報道を真に受けているというか、次男の不出来を世代的に知っているはずなんですがね、次男嫁にも好意的なんですよね。
安倍首相のことを毛嫌いするくせにあれをテロ妊娠だと思わない、
自分も子供産んだくせに。

あー、皇室の話すると噛み合わなくてイライラするんですよね。
昭和天皇が立派だと事実を述べて説明しても美化されているなど信じないんですよね。
どっちの方がバッシングされても我慢して、どっちの方が美化されてきたと思っているのやら。


早く平成終われと思います。

akiakiさま

それは苦痛な時間でしたね・・・病気を治すために入院しているのに、そんな話を聞かされたら体調が悪化してしまいそうです(泣)


外部の学校に行ったから頭がいい?
わたしは眞子佳子内親王のICU入学に関して
皇族特権を駆使したとしか思いません
学習院とICUではだいぶ偏差値に差があります
学習院高校からICUに行くのなら、相当勉強ができないといけないはず
なのに、あの姉妹のいずれも、勉強ができるなどとは風の噂にも聞いたことがありません
正当な方法で入ったのではないことは明白です

桂宮は勉強ができたけど遠慮して学習院に行ったというのに、勉強ができないのに外の大学に行くって、どういう事?
なんであの姉妹は姉妹揃ってICUに行きたがったんですかねえ・・・
勉強ができないのに、特権使って外の大学に行くより、学習院に行ったほうが100倍よかったです

私はテレビも週刊誌も見ないのですが、ワイドショーや週刊誌では秋篠宮賛美が展開されているのでしょうか・・・

年末から入院されているとの事
ご自愛ください
お早い退院をお祈り申し上げます
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR