秋篠さん「ダイアナ妃が亡くなったとき別に何とも思わなかった。あ、死んじゃったんだーと思った」

ダイアナ妃が亡くなった1997年の誕生日記者会見を見てみましょう

記者質問
3度来日しているダイアナ・元皇太子妃とは,どのようなお話をなさったのでしょうか。思い出や印象についてお聞かせ下さい。

皇后陛下
ダイアナ妃と初めてお会いしたのはご成婚の時でした。お式と関連の諸行事に出席し,式後お馬車で出発なさるときには,ご家族やご親族の方々と共に紙吹雪(コンフェティ)を播いてお送りいたしました。美しい花嫁姿でいらっしゃり,心からお幸せを願ったことでした。その後日本には3度いらっしゃり,その都度お会いしておりました。今はただご遺族のお悲しみに心を寄せ,残されたお二人の王子方の健やかな成長をお祈りするばかりです。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h09sk.html

ダイアナ妃の結婚式の映像がこれ↓


1998年の皇太子殿下の誕生日記者会見
記者質問
今年5月には,天皇皇后両陛下が英国をご訪問になります。英国留学のご経験があり,英王室とも親しく交際されました殿下は,皇室と英王室との交流について,どのようなお考えをお持ちでしょうか。ダイアナ元皇太子妃の思い出も交えてお聞かせください。
皇太子殿下
私は幸い,小さい折から両親である天皇皇后両陛下のお心遣いにより,世界各国の王族の方々と小さいころからお会いすることができまして,本当に心から感謝しております。

イギリス留学中は,英国の王室の方々はもとより,ヨーロッパ各国の王室の方々と親しくお会いすることができ,大変貴重な経験をすることができました。また,それぞれの国において,王室の皆様から大変温かく迎えていただいたことを大変有り難く,本当にうれしく思っております。

王室の皆様の置かれている環境というのは,それぞれの国において異なると思いますが,王室の皆様が,本当に国民の幸福を願い,そして諸外国との親善関係の増進に心を砕いておられることは変わりはないと思います。私も,留学中も含めて,いろいろな王族の皆様方とお会いした上で,本当に様々なことを皆様から教えていただいたように思います。王族の皆様がどのように考え,そしてどのような行動をしておられるかといったことは,私の今後の行動にも本当にいろいろな面で参考になると思います。

また,先ほどの質問とも関係がありますけれども,先日の長野では,いわゆるIOCのメンバーとして来日された王族の方々,それから観戦のために日本に来られた王室の方々と,親しくお会いし,旧交を温める機会ができましたことを大変うれしく思っております。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/kaiken/kaiken-h10az.html

1997年の皇太子妃雅子さまの誕生日記者会見
ダイアナ元皇太子妃の事故死について伺います。英国留学のご経験がある雅子さまは,同じ世代の皇太子妃だったダイアナさんの死去についてはどのように感じられましたでしょうか。
皇太子妃殿下
イギリスのダイアナ元皇太子妃が今年の夏,突然の事故でお亡くなりになったことは大変お痛ましいことでございました。私も,ダイアナ妃が最後に日本にいらっしゃった折にお目にかかる機会がございましたので,この事故の知らせを伺って大変重苦しい気持ちでおりました。そして,また,私もイギリスに2年間留学しておりましたので,イギリスには大変懐かしい良い思い出がたくさんございますので,ご葬儀の日には,そのようなロンドンやイギリス各地の風景などを重ね合わせて思い出して,悲しい気持ちがいたしました。お若くして亡くなられたダイアナ妃のご冥福(めいふく)をお祈りいたしますとともに,遺(のこ)されたご遺族の方々のお悲しみを思い,そして,また,遺(のこ)されたお二人の王子様方がこの大きな悲しみをお乗り越えになって,そして,お健やかにご成長なさいますことをお祈りしたいと思います。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/kaiken/kaiken-h09hn.html

宮内庁のHPで調べたらダイアナ妃についてのことをミテコさま、皇太子殿下、雅子さまはこのようにお話しされています。

皇太子殿下はダイアナ妃は王太子妃でしたが、元王室メンバーということで名言することを避けているように見えます。

宮内庁HPは雅子さまがご病気になる前の秋篠さんちの記者会見は掲載していません。

なのでヘカテーも知らなかったことをご紹介します。

秋篠さんちの父ちゃんが江森に言ったこと

「付き合いのある方とそうでない方ですと受け止めかたがまったく違います。ダイアナさんとお会いしたと申しますか同じ場所にたまたま居合わせたというのは二、三回。お葬儀などの機会です。短いあいさつを交わしのは八六年にチャールズ皇太子とダイアナさんが来日した際に、当時の東宮御所を訪問された時ですが、お目にかかって言葉を交わしたのはこの時だけです。チャールズ皇太子ご夫妻はもっぱら両親と話しておりましたし、私はそばでそれを聞いておりました。妻はダイアナさんと話したことはないと思います。ですから亡くなったことがテレビで流れたと聞いた時も、お気の毒だとは思いましたが、その事実を確認したということだけでした」
江森敬治著『秋篠宮さま』より

江森は

「別に皇室は英国と密接なわけじゃないし~。三笠宮さまの息子さん2人は英国留学じゃないし~。大喪の礼の時に来日したのエディンバラ公だったし~」

と訳わからないことを言って秋篠さんちの父ちゃんを擁護していますが、

ヘカテーのこれを読んだ感想は

ひでぇ!ひどすぎる!

です。

皇太子殿下はダイアナ妃が来日された際に皇太子殿下は和気あいあいとお話しをされていたと昭和天皇の側近通訳だった真崎秀樹さんは証言されています。

過去記事 プリンセスダイアナとプリンスナルヒトの会話

そりゃ英国だって秋篠さんちと関わりたくないと思うよ。

日英協会名誉総裁の地位が空席で、それを秋篠さんちの成人皇族が狙っているという噂があります。

英国は「AKISHINOとかいうロイヤルメンバーだけは絶対にNO!!」と嫌がるでしょ。

だって、次の次の王様のお母様の死を

「特になーんとも思わなかった。あ、死んじゃったんだーと思ったくらい」と知り合いに言った上に書籍にさせた人ですからね。

ウィリアム王子来日時に秋篠さんちが地方に飛ばされた理由はここにあるんじゃないかな?

自分の最愛の母が亡くなった時に

「特に何とも思わなかった。あ、死んじゃったんだーと思った」

なんて子飼いの記者を通して世間に発表しちゃう奴と会いたくないもん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

棺のあとを歩いていた少年ふたり。

ダイアナ妃(元妃と書くべきでしょうが私はダイアナ妃の呼び方が好きなので)の葬儀の日。
15才のウィリアム王子と13才前のヘンリー王子は二人きりで、母の棺のあとを歩いていました。
二人はうつむいていました。
棺の上には、ヘンリー王子が母にあてて書いた手紙が置いてありました。
「母親の棺のあとを歩いていた少年の姿をイギリス人は絶対に忘れない。ウィリアム王子には幸せになってもらいたい」
ある王室研究家の言葉です。

この人に皇室外交は無理ですね。

海外の王室の方々は、招待されるのでしたら、秋篠宮以外で!!と念をおしてほしいですね。

負け惜しみみっともない

>別に皇室は英国と密接なわけじゃないし~

心臓の手術をしてでもイギリスに行きたがる人の目の前で言ってみ、江森。

真面目な話、次男がイギリスに留学してた時のエピソードが何も思い浮かばないんですよ。
この次男の娘が留学した時も何のエピソードもありませんでしたが、本当にな~んにも記憶が無い。
まあ、親子二代で洟も引っかけられなかったのでしょう。

だからってねえ、負け惜しみみっともない~。
自分たちが相手にされないからって、日本の皇室で語っちゃうの恥ずかしい~。

ほとほと呆れました

この人は(おそらくその妻も子も)、人の死というものをこういう風にしか受け止められないんだろう。
なんて哀れな人だろう。

全てが自分だけ、自分との関わりだけ。自分と関係のない人のことはどうということも感じない。

こんな人が何百回と、各被災地に訪れたとて、一体励まされたり慰められたりする人がいるだろうか?

きっとこういう人間は、悲しみだけじゃなく、喜びや頑張る汗や…数多ある人間らしい気持ちも、自分と関係のないことには、感情を揺り動かされないに違いない。そんな人が、スポーツの祭典や何かの展覧会、国民の頑張った成果に足を運んでも、何の意味があるのか?

笑顔で葬儀のミヤヒさま

秋篠夫妻は王族の葬儀に参列するたび、「よく知らんし、死んだんだなぁくらいしか思わん」という気持ちでいたんですね。

だからミヤヒさまも葬儀で笑顔を見せたりするんですね。
その写真を見たとき、こんなのを海外に出すなんて日本の恥だと思いました。

そりゃあ他の王室からご招待されないわ。
ごり押しで海外に行くしかないわ。
マコ丼も英国留学中、エリザベス女王にお呼ばれはしないし、王族にあったんだよ、と写真も出せない報道をするのが精いっぱいになるわ。

みっともない一家ですねぇ。

すごいわ…

皇后さまが、ベストドレッサーって、ウソ?!
この時のドレスも、白。例の帽子。「目立ってよかったわ」
怖い。花嫁より目立ちたかったってことですよね。帽子が小さいのは、顔をバッチリみせたいがためですかぃ。普通、逆でしょう。白いドレスにしかみえません。目立つため?一番非常識なのに。子どもの頃、母に「あれ、白いドレスだよね」「そんなはず、ないわ。そう見えるだけよ(白いはずはない)」と言われました。ありえないからです。

でもって、死者を悼む気はゼロ

いやいや秋篠宮さんは、ダイアナ元皇太子妃どころか、寬仁親王殿下の薨去も桂宮殿下の薨去について記者がわざわざ質問していても、スルーですから。

平成24年誕生日の会見、寬仁さまのご逝去について記者は質問してますが、両陛下以外の皇族は眼中になし、とバッサリきって捨て、薨去には触れもしてません。

(秋篠宮) 全般的に言うと交流という意味では私はそれほど多くないと思います。


平成26皇室では、「千家典子さんの結婚という慶事の一方で,桂宮さまが亡くなられるという弔事もありました」と質問してますが、それは全く無視で、「僕チン天皇とか皇太子でないから、観光旅行と間違えられる、エラソーな肩書をくれ」と言わんばかりの恥さらしな答えをし、好待遇クレクレ要求しかしてませんから。

(秋篠宮)今回あなたたちが訪れた目的は観光旅行ですか,というふうに聞かれたことが2回くらいありますかね(妃殿下を振り向かれて)。こちらも観光旅行ではないけれども,かといって単なる親善だけですと主たる目的が見当たらなくて,なかなか答えるのが難しかったことがあります。


遡れば、秋篠宮夫婦の誕生日会見は、高円宮殿下が薨去されるなり始まったというのも、かなり不自然でしたが、
亡くなられて10日ほどだというのにウキウキニコニコと浮かれた初会見は、不愉快極まりなものでした。
この時も、記者が「高円宮殿下が亡くなられてしまって,・・・」としめやかに質問しているのに、「それはそれとして」と軽く流して、ウキウキ訳の分からない持論を述べ立ててます。

こんな薄情なろくでなしは、ハッキリ言って、皇族という以前に人間として、嫌です。

感情が欠落した怖い男

秋篠の冷酷さはもう皆さんご存じのことかもしれませんが、この男は人の死というものに対して怖いくらいに何も感情が湧かない奴なんですね。おそらく昭和帝が崩御されたときも何も感じなかったのでしょう(だから喪中なのにキコ婆との婚約会見ができた)。浜尾さんのお葬式にもお花すら出さず、色々手本にしていたはずのヒゲ殿下が薨去されたときも「ご遺体を乗せた車がウチの前を通るのは嫌だ」とか言ったという噂もありませんでしたっけ。
今後、お身内や皇族方が次々旅立たれても、この男は何も感じないのではないでしょうか。ゾッとします。

頭悪いだけじゃない。心もない

アーヤについて思うのは、単なるバカというだけでなく、心のない冷たい人間だということです。
実際に交流がなかったとしても、「ご生前にお話が出来なかったのが残念です」ぐらい思うのが人情だと思いますけどね。
ただ、事故死の時期はダイアナ妃ってスキャンダラスなイメージもあったんですよ。
ロイヤルといっても格が違いすぎて、交流がなかった秋篠宮にとってはFRIDAYあたりの載っけてるゴシップ記事の印象しかなかったんでしょうね。
よく知らないスキャンダルだらけの有名人が亡くなった。それだけだったのでしょう。
それにひきかえ、雅子さまの心のこもったお優しいお言葉は、暖かいお人柄が伝わってきます。
ウィリアム王子と懇談されたときは、きっと暖かいやりとりがあったことと思います。

死だけでなく誕生も

敬宮さまかお生まれになったときも
「うちにも女の子がいますから」とか答えたのでは?

この夫婦、命の誕生や死を純粋に喜ぶとか悼むとかいう感情が、おそろしいほど欠損している。

それが自分にとって都合が良いか悪いかだけ。
だから皇族と結婚するために、平気で妊娠し堕胎して弱みを握る。
即位の礼に出たいために喪中でも婚約する。
皇統を乗っ取るためには畜産技術も使う。
被災者慰問も、公務としてカウントさせ精勤アピールするため。

あれでも身位が上だから他の宮家は口をつぐんでいるが、激しく嫌悪されている。
だから承子さまが悠仁の誕生の感想を求められて、完全にスルーした。
眞子佳子に彼らの伝手で縁談を紹介されることはないだろう。
それなら一応、望み通り一生皇族でいられるわけだが。

即位の礼の時

即位の礼の時、英国を代表してチャールズ皇太子とダイアナ妃が来日されましたが、この時はもう川島紀子さんは秋篠宮妃でした。


この時、紀子さん、色々な機会にチャールズ皇太子ご夫妻と同席する機会があったと思うんですけど、紀子さん、ダイアナ妃と接触を試みたけど構ってもらえなかったんじゃないかしら???


こういう事を根に持って、今に至るまで、ナマズ夫妻はチャールズ皇太子関係者に恨みを抱いてるとか・・・・・・・まさかね・・・・・

アホのアーヤと太鼓持ちライター。

イギリス王室と日本の皇室が仲よしか険悪かとは、時代背景もありますから一概には申せません。
しかし、何人もの皇族がイギリスを訪れ、ある方達はあちらの王族と親交を深め、他の方達はそうではなかった…とは言えますね。
大正10年、皇太子だった昭和天皇の半年にわたるヨーロッパ外遊はイギリス中心でしたし、秩父宮ご夫妻、高松宮ご夫妻、共に第2次大戦前のイギリスにて、王族の方々から手厚くもてなされてます。
高松宮妃喜久子妃でしたか、エリザベス女王の母君よりビーズのバッグを贈られたのは。
浩宮と呼ばれた頃の皇太子様はエリザベス女王に「自分の息子のように思える」と、話しかけられたとか。
そのような人と人との繋がりがあるのに、あっさり「親密ではない」と言い切るのか、この太鼓持ち。

冷酷な夫婦

秋篠宮も紀子さんも、人が亡くなってもなんとも思わないなんて、何を今更、な話ですよ。

一体、この二人、結婚前と結婚後で合わせて何人●してきたことか。

自分の子供でさえそうなんですから、他人に対してなんて、何の感慨もありませんよ。







何なんだよ、コイツ

ダイアナ妃のことを「あっ死んだんだー」って言ったり、「ローマ法王に会わせろ」とか、めんどくさいお人やな。

というか嘘でも「お会いしたかったのに亡くなられて残念です」くらいのこと言っとけよ。
この様じゃ皇室外交なんて無理じゃない。

イギリスのロイヤルに対しこの物言いっておかしくないですか?
まるで私たち庶民で言ったら芸能人が亡くなったニュースを聞いて「あの人死んじゃったんだー」みたいな感じでしか捉えてないような感じですね。

この記事を呼んであらためて思いましたよ、この筆頭宮家当主はガチのバカだって(笑)

この親にしてこの子あり

秋篠さんの性格は、ほんとに親譲り。

親の方は、桂宮様が亡くなられた直後にジョモしてどうでもいいパーティーに出席してグラス片手ににこやかに歓談、長年仕えてくれた女官長の葬儀の日に追悼テニス。

さかのぼると、愛する長女を亡くされて悲しみに沈む両親を労わるでもなく、静養先に押しかけて自分たちの不平不満をぶちまけて呆れられる。

妹も、香淳皇后さまの思い出を聞かれて、「思い出は特にない」

こういう親兄弟のなかで、皇太子さまは、奇跡のようなお方です。

テンジクネズミ。

秋篠宮って、子供の頃、ペットのテンジクネズミを真冬の池に投げ込んで殺したくらいですもの。
温かみのある性格なわけないでしょ。
息子は自ら、真冬の海にお尻を浸けてボンヤリしているけど。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR