東大にもいろいろありましてね

梅花藻さまコメント

秋篠さんちって、東大に異常にこだわりますね。

内容が伴わないから、皇族特権で肩書きを欲しがるのね。さもしいわあ。

そもそも、東大で、入るのが難しいと言えるのは学部入試だけ。(それも偏差値人間が多いのが悩みの種らしいですが。)

あとは、教授が受け入れると言えばOKというのが実態っぽい。そりゃあ天下の東大だから教授にもプライドがあって、変なのは原則入れないから東大ブランドが保たれているわけですが、全部が全部、そうとは言い切れないのは確か。東大ブランドに群がる有象無象がいることは確かです。「iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を実施した」という森村尚史っていうのも東大の特任研究員でしたね。「客員研究員」が異常に多いのも東大ならではでしょうか。とりあえず東大に籍を置いてハクをつける、ってやつです。

http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/about_csis/researchers.htm

でも、みんな博士の学位は持っているはず。博士の学位持ってても、就職、なかなか決まりませんしね。それまで客員研究員でがんばっている人が多いのではないでしょうか。

大学によって違いますが、普通「客員研究員」と言えば、本籍がどこかにある人、あるいは研究実績のある人に来てもらう場合の称号です。

ヒサヒサさまの場合は、とりあえずどこでもいいから学部を卒業したら、皇室特権で東大に入り込める可能性は十分にあるでしょう。学部、どうするかなあ?

眞子丼もヴォランティア(!)から「客員研究員」(無給)になったらしいですが。インターメディアテクというのは、東京駅前にあった旧東京中央郵便局の跡地にできたビルの中にあり、事業部門は日本郵便株式会社、研究部門は東京大学総合研究博物館らしいです。産学連携、ってやつですか。研究部門のスタッフはみな「特任・・・」という肩書きだから、「客員研究員」ってなんじゃろか? 事業部門(=日本郵便株式会社)のお客さん、ということかも知れないよ、とチャチャを入れておきます。

http://www.intermediatheque.jp/ja/info/people

それはともかく、東大博物館の場合、規程として表には出ていない内規があるようで、父ちゃんのコネで強引に「客員研究員」の肩書きをゲットして、インターメディアテクに派遣ということなのでしょう。何をしてるのかしら?

にしても、大学においては、「研究員」というのは博士の学位を持っていないとなれないのが普通です。「せめて修士は持っていないと」と言ったら、本当にイギリスでナンチャッテ修士ゲットしてきたので断れなくなって、コーシツからの要望だからしようがない、というところでしょうか。

ちなみに、常陸宮さまは、昭和33年4月から東大に「研究生」として在籍しておられました。昭和44年6月20日、癌研に研究の場を移されました。東大では、理学部大学院動物学教室の藤井隆教授のもとで細胞分裂の研究をされていましたが、東大紛争で研究もストップ状態。教授らの勧めで癌研究所でガン発生の基礎的な研究をされることになりました。

「東大時代は授業料をおさめる研究生だったが、こんどは授業料なしの客員研究員。週5日宮邸から通われる。」(昭和44年6月20日読売新聞夕刊)

正々堂々と勉強され、研究をされていたわけです。拍手。



いつもいつもコメントありがとうございます。

>大学においては、「研究員」というのは博士の学位を持っていないとなれないのが普通です。「せめて修士は持っていないと」と言ったら、本当にイギリスでナンチャッテ修士ゲットしてきたので断れなくなって、コーシツからの要望だからしようがない、というところでしょうか。

博士号なら秋篠さんちは夫婦で持ってますね。

と言っても御用学者に書かせたものとアンケート結果をまとめた10ページ位しかないレポートでしたが。

東大東大言ってますが、

もはやここまで来たら宗教ですよね。

海外の大学の修士号と言っても1年間行っただけ、

しかもレスター大学という中国人が多い大学です。

大学の研究員です!って言ったら

ガチで大学で研究員をしているオックスフォードの博士号を持つ彬子さまに怒られるよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そう、東大にも色々ある

雅子さまの「学士入学」はとてつもなく難しいものだった。
ブランクがあるのはよくない、と思って薦めたお父さまが、その事実を知ってやめるように薦めた。
雅子さまは見事合格されました。

真面目な研究者もたくさんいますし、偏差値がそれほどでもない大学の卒業生だからといって研究の道が狭まるのはいいと思わない。
でも単なる箔づけのために「東大」って、すごく嫌らしいし、学歴ロンダリングなんて言葉もあります。
秋篠宮一家がとことんバカだと思うのが、箔づけのための学歴なんて、かつてほどの権威はないってことを知らないってことです。
ネームバリューに拘るのは海外の大学も同じですが、そもそも海外の大学はとても狭き門なので選ばれた人しか入れないので、名門の学生はやはり優秀なんです。
日本は大学の数が多すぎて、もはや基礎学力すら危うい大学生がいます。
バブル期に人気だった都市圏の中位校も残念ながら学力は低下しています。
東大京大はそりゃ、別格ですよ。
でもかつてのように、「東大」の二文字がついてたら、みんなひれ伏すなんてことはありません。
「東大の院?研究生?ふーん、で学部はどこ卒なの?」程度にしか見られないんですよ。
ましてや坊やが高等教育受ける時代には、もっと世間の目はシビアになってると思いますよ。
そういうの、本当にわかんないんだよね、ズベ公宮妃は。

No title

だからあ、誰かさんの学士入学ってのはどうなの?
卒業もしてないって聞いたけど?

鯰家不正の陰に皇后縁戚あり

(もう他のブログ等でも何度も書かれていて有名な話ですが、)

先週の週刊誌記事には書かれていませんでしたが、鯰家のこうした「東大“不正”コネクション」の大元は、皇后の父親のいとこである正田陽一博士の存在にあります。

正田氏は、家畜学の分野で著名な東大名誉教授で、90を過ぎた今も現役で講演などを行っています。

秋篠宮は、1996年に総合研究大学院大学で博士号を取得したことになってますが、この博士論文のテーマが、この正田氏の専門分野である家畜のニワトリ(家禽)であることも、そして正田氏の弟子達が手伝った共著論文であることも、よく知られています。

もともと、学生時代の秋篠宮の成績不良ぶりや、理系学部とは全く無縁なことは周知のことでしたから、こうした行為に一部では批判もありました。
また、研究対象が鯰ですらなく、突然ニワトリになったことも違和感アリアリで呆れました。

今の若い人にわかりやすく例えるとするなら、将来、佳子さんが30歳をすぎて、突然「家禽学」で博士号を取得するような感じです。

まあしかし、それだけで終わればまだよかったのですが、ここから鯰のデタラメな「学者ごっこ」が始まり、正田氏が影響力を持つ東大や東京農大で研究員の肩書を手にいれ、そこでの人脈をなぞるように、紀子さん弟も麻布大から東大院、そして農大に就職というお決まりのルートをたどりました。

鯰の動物園・水族館公務も、正田氏とその教え子たちの業務との関わりによるところが大きく、更にその教え子のひとりは、皇室関連の山階鳥類研究所の所長に就任というあからさまぶり。

正田氏、秋篠宮、紀子さん弟、東大農学部およびその研究者、東京農大、山階鳥類研究所、動物園・水族館関係団体・・・・と果てしなく繋がっていきます。
そして最近、この連なりに眞子さんが加わったというわけです。

眞子、佳子のICU進学、および裏口転入では、別の親戚で当時の中教審会長の安西氏の関連が噂されました。
悠仁君の東大もぐりこみ作戦には、皇后のどの親戚がどのように使われるんでしょうか?

ボンクラの鯰夫妻よりも、美智子さんやその親戚の悪質さの方が、実社会での実力者なだけによほど恐ろしいな、と思います。
ちょっと普通では考えられない厚顔無恥ぶりですよ。

それから、東大やお茶大、総研大は国立の機関であり、公費が使われています。
バックに金と暴力をちらつかせる皇后の実家があるからといって、全く報道も批判もしないマスコミは、とっくの昔に鯰一家の共犯者になっていたという事でしょう。

No title

だからあ、誰かさんの学士入学ってのはどうなの?

卒業もしてないって聞いたけど?

2016-03-07(13:14) : オッス!オラ名無し


******************

こういう民度の低いアンチには絶対に理解できないだろうね。

バカは死んでも治らないって言うけど、アンチは焼いて骨になっても分からないだろうね。



話題を変えよう。

アンチの大好きな「卒業してない人」というのは今の天皇陛下だよ。

公務とやらで忙しくて出席日数が足りなくて卒業できなかったというけど、

実は単位が全く足りなくて卒業できなかったって聞いたけど?


実力で上回ったことはない

>もともと、学生時代の秋篠宮の成績不良ぶりや、理系学部とは全く無縁なことは周知のことでしたから、こうした行為に一部では批判もありました。

たしか、秋篠宮さんに自分の論文が使われた(盗作)、と週刊誌に訴えた学生さんもいましたね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR