交際が始まってから4年間も朝日新聞にリークし続けた筆頭宮妃さま

前記事では雅子さまが国民に感謝の意を述べられているのに対して、

筆頭宮妃さまは朝日新聞の記者に対して感謝の意を述べられています。

梅花藻さまコメント

マスコミ関係者と積極的に懇意にするなんて、さすが紀子さんは美智子の劣化コピー、と言われる所以です。婚儀の日に、新聞記者宛の私信を新聞に掲載させるのも同じ。幸い、朝日新聞をとってないので、リアルタイムで目にすることはありませんでしたが、数行で足りることをコネコネして長ったらしい論文にする辰爺の書いた文章みたいですわ。

1990年06月29日朝日新聞朝刊

紀子さん、結婚を控えた胸のうちつづる 取材続けた朝日新聞社記者へ

 29日に礼宮さま(24)との結婚を控えた川嶋紀子さん(23)から、最近の思いをつづった手紙が、お2人の交際が始まってから4年余り川嶋家を取材してきた朝日新聞の内藤修平記者(現西部本社社会部次長)に寄せられた。「楽しみ」と「迷い」に揺れた心、礼宮さまへの思い、父親への気遣い。さまざまな思いをにじませた便りは「さわやかな大空のもとで、礼宮さまと仲良く過ごしていきたい」との決意で結ばれている。
 紀子さんの了解を得て、手紙の全文を紹介する。
            
 婚約が内定致しました頃(ころ)、澄み渡った空のもとで涼風が吹き始めておりました。あれから9カ月余りが過ぎました。
 時の流れと共に学習院構内では銀杏(いちょう)の葉が次第に色付き、色とりどりの秋桜が揺れ動いておりました。気候が一段と冷え込みます時期には、水仙や葉牡丹(はぼたん)の姿が見られ、再び暖かな春を迎えますと、並木道は梅や桜の花で覆われました。
 日差しが眩(まぶ)しく輝きはじめました今、研究室近くで咲く梔子(くちなし)の香りが、明るく漂って参ります。このような日々、諸儀式の修礼(しゅらい)を厳粛な雰囲気の中で重ねて参りますにつれ、結婚への思いが心静かに膨らんで参ります。同時に、皇族となる自覚とその責務に対する認識に、身のひきしまる思いが致します。
 最近まで私は、大学院に週2、3回通い、修士論文のテーマを徐々に絞って参りました。今考えられます道は、主として2つあるように存じます。ひとつは、卒業論文「認知地図の成立に関する規定要因」を土台に据えて、新たな視点をその上に構築する方法でございます。もうひとつは、学部時代からの関心課題「家庭における老人と子供との相互関係」を取りあげる方法でございます。
 「何(いず)れの選択に到達するにせよ、研究論文の種が結実するために必要な時間を1とすると、文献渉猟、実験調査にはそのうちの3分の1をあて、残り3分の2は試行錯誤的な考察に向けるように」と、私の指導教授はおっしゃいます。
 論文を完成させていく作業は、一方で好奇心、探究心などを満足させてくれる楽しみがございます。その一方で、迷いや焦燥感にとらわれ、そこでは、忍耐力が求められます。論文作成に限らず、ひとつひとつのことを一歩一歩仕上げて参りますには、常にこれとよく似たことが言えるかと存じます。光と影とが重なり合い、まとまりある結果へと導いているのではないでしょうか。


(著作権にひっかかるとイヤなので、半分だけにしておきます)

>29日に礼宮さま(24)との結婚を控えた川嶋紀子さん(23)から、最近の思いをつづった手紙が、お2人の交際が始まってから4年余り川嶋家を取材してきた朝日新聞の内藤修平記者(現西部本社社会部次長)に寄せられた。

交際が始まってから4年間も朝日の記者に情報をリークし続けたって・・・

はっきり言ってドン引きですよね。

もしかしたら別れることだってあるでしょう。

そうなったら朝日の記者になんて言ったのだろう。

「礼宮さまと別れることになりました。(´Д⊂グスン」

って書くつもりだったのだろうか?

そんなことしたら絶対朝日はスクープ記事として扱いますよね。

恐ろしいわー。

女子大生がそこまで計算していたなんて!


≪追記≫

この記事を読まれた読者の方が続きを教えていただきました。

私も言いたいさま

あら、半分だけなんて。では、残りの半分は私がアップしておきましょう。

 英国では禮宮様が、オックスフォード大学の博物館内の一室を中心に、日々御研究をお進めになっていらっしゃいました。熱中されるあまり、お食事時間を忘れられましたこともしばしば、と伺いました。あまり御無理遊ばされませぬようにと心配でございました。
 先週、英国での御成果を携えられて、お元気に御帰国遊ばされました。2年間を懐かしく振り返りながら、文字やパピルスを発明した古代人、そして科学者ベル……英国と日本との距離を縮めました温かな歴史……に感謝する気持ちが、ふとおどり出て参りました。
 父は、その日が近づいて参りますに従い、自分の感情を懸命にコントロールしているようにも見受けられます。新しい人生に旅立つ娘を祝福したい気持ちと、少しでも一緒に過ごせる時間を大切にしたいとの思いが交錯しているようでございます。5月の連休に家族揃(そろ)って出掛けることのできました栂池(つがいけ)での山歩きを喜んでおりました。母も、弟の舟も、父と共に数日後、新たな生活が始まります。
 天皇陛下、皇后陛下をお助け申し上げ、自らに課せられます公の責任を果たし、家庭ではさわやかな大空のもとで禮宮様と仲良く過ごして参りたいと存じます。
 長い間、いろいろとお世話になりまして、有難(ありがと)う存じました。どうぞお元気でお過ごし遊ばされますように。
 ごきげんよう。
 平成2年6月26日
      川嶋紀子
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全文読むのがしんどいですね

要領を得ない、まとまりのない、そのくせやたらと装飾された大仰な文章、…これは、まさか川島辰彦さん作成なのでは?と思いました。なんとも、頭の悪さが全面に押し出された文章ですね。

芸能人もびっくりの外堀埋め

>お2人の交際が始まってから4年余り川嶋家を取材してきた朝日新聞の内藤修平記者(現西部本社社会部次長)

すごいですよね~…。芸能人でも、お目当ての人との結婚を確実なものにするために4年間もマスコミに交際をリークして、外堀を埋めようとした人なんていないのではないでしょうか。今でこそわざとデキ婚に持ち込もうとする女たちも多いですが、キコさんも当時複数回の堕○を行っていたという噂があるので、実質デキ婚みたいなものでしたよね。そういう点でも何でもアリの芸能界でもありえなかったことだと感じます。

芸能人も顔負けのこのような手法を、当時女子大生にすぎなかったキコさんが一人で思いつくとは考えられません。父親の辰彦氏の入れ知恵はもちろん、川島家には何かそういう黒いバックが付いていたように思えてならないのです。実家が小麦屋でキリスト教とも関わりがあった美智子さんのバックにはGHQやアメリカといった勢力が付いていたと噂されるのに対し、川島家には不気味な恫喝勢力(○放同○とか朝○系組織とか…)がバックにいたのではないか、と怖くなります。

キコさんはそういう「お仲間」連中の希望の星となっており、その世界では憧れの対象になってるのかもしれませんね。キコさんが皇室に嫁いでから、デキ婚やマスコミリークといった手法で結婚に持ち込むような女たちが非常に増えたように感じますから。形は違いますが、金持ち男性を狙う「後妻業」という犯罪もここ数年で明るみに出てきましたが根っこは同じものを感じます。
美智子さんやキコさんのように、マスコミなんかを味方に付けるようなゲスな女を皇室に入れたのは間違いだったと思いますね。皇室の芸能界化はまさしくこの2人の女のせいです。

嫌らしい手記だこと

キー子さん、院の研究が大事なら何でとっとと結婚したん?
修了してからじゃダメだったの?
学習院のお嬢様よってアピールしか目につかない。

文法めちゃくちゃwww

川島紀子が書いた文、サラッと読めば、絢爛豪華wな言葉ばかりで上品に感じるけれど、文法めちゃくちゃ!
川島紀子、賢くないよね。

紀子さんの下手な字

確かこの時だったと思うのですが、手書きの手紙そのものの写真が新聞に出ていたと記憶しています。

とにかく、字がとても下手だったので、印象に残ってるんです。
よくこんなたどたどしい字の手紙写真が掲載されることを許可したものだな、と。
川島家は、親も子も、みっともないってことがわからないんですよ。


後に知りましたが、まだ20歳ぐらいのときに、和歌山の龍神村にサークルで鯰たちと旅行に行ったときにも、こういう滑稽なまでに仰々しい時候の挨拶を入れた手紙を書いてるんですね、同じく下手な字で。
もう、早い段階から凄まじい勘違いぶりですよ。笑ってしまいます。

どちらも、「手紙の書き方」本を参考に、「時候の挨拶」の文例から、入れられる文言は全部入れましたって感じの文章です。

そのうえ、龍神村へのお礼の手紙は、穴の開いたレポート用紙に横書きで、封筒には縦書きという、ヒドイ代物でした。

いつも最後に、「ごきげんよう」って書いてますが、あの超狭いボロアパート住まいで、どこが「ごきげんよう」なんだか、と馬鹿にされてましたよ、当時。
紀子さんは、「お嬢様」ではなくて、「お嬢様になりたい人」でしたからね。

学習院も、職員の子供を割引きで入学させるなんてこと、しちゃいけませんでしたね。
家庭環境はまるで違うのに、妙な所だけ影響を受けて真似して勘違いしてしまい、挙句、とんだバッタモンを皇室に送り込む原因になってしまいました。


さて一方で、雅子さまは、驚くほど流麗な字で達筆なのには、ご婚約当時、本当に驚きました。
ちゃんと、手習いをなさった方の字であり、書き方です。
外国に長く暮らしていて、こういうさらさらと書きなれた手紙を書かれるって、本当にこの方は凄い人だな、と思ったものです。





実はナルちゃん世代さまは慧眼

文は人なりと申しますが、文章には指紋のように、書き癖というか、無意識に言葉や漢字を選ぶものです。

私見ではありますが、紀子さんの文書や書簡として公になっているものは、ほぼ100%辰さんの筆が入っていると考えて間違いないと思います。中身のない過剰に修飾された文章に、知性や教養は微塵も感じられません。言わば言葉の羅列。

確か「悠仁は海の子体操がしたくなりました」でしたっけ。リアルで聞いた時は目眩がしました。必要以上に頭がいいと思われたいのでしょうか。

ここの皆さまは騙されませんわね。

卑しい親子

川島辰彦さんの文を読んだことあるけど文調そっくり。
公開するのを狙って書いた文だし。            
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR