愛犬がいなくなっても、「いなくなっちゃったものはしょーがないよね~」と気にしなかった紀宮

いやー乱世乱世!

アンチ東宮と秋篠信者が大好きな田母神氏が炎上しかけてますな!

そういや、選挙の時はあの憎きインドネシア大統領第三夫人も応援してましたね。

第三夫人はキーコさまの弟と友達でブログで皇太子ご一家バッシングをしていた奴です。

じゃあ、いつものアレ言っちゃおう!

秋篠信者ー!息してますかー?

さて、ヘカテーはブックオフでMKOこと高清水有子の著書『美智子さまと清子さま』という本を108円で買いました。

(MKO=眉間に根性焼きしてやりたい女の略)

ちらほらと秋篠さんちと絡めているいやーな本でした。

さすが本名で秋篠信者のブログに応援コメントしている女ですな!

さて、その中で気になることが書いてありました。

ただの都職員と結婚したサーヤは昔犬を飼っていました。

10歳の誕生日に両親から贈られた犬で、千代という名前でした。

↓サーヤの横にいる犬が千代

千代が嫌がってる

なんかスッゲー嫌がってるのは気のせいだろうか?

御所のサーヤの部屋で放し飼いにされ、いつも一緒にいた大事な存在でした。

が、しかし!

1992年11月のある日のこと

千代が突然いなくなってしまったのです。

外遊中にお世話を頼んでいた盲導犬訓練所から脱走し、そのまま行方不明になってしまいました。

大事な存在がいなくなってしまったのですから、サーヤは嘆いたと普通は思いますよね?

ところがどっこい!

当時の皇太子一家の犬を行方不明にしたというミスを犯した訓練所の職員にサーヤはこう言いました。

≪引用はじめ≫
「千代は好きで出て行ったのだから、先生、体を壊さないでください。職員の方々もこのことで本職のお仕事をおろそかにしないでください」と怒るどころか励ますようなお言葉をかけられました。この頃、清子さまはすでに成人されていたとうはいえ、まだ二十代前半。一般社会では右も左もわからない新社会人ほどの年齢です。清子さまは、周囲を思いやるやさしさと、しっかりした立場の自覚を、このときすでにお持ちだったのです。
≪引用終わり≫

高清水有子の賛美にウゲーとなりますね。

自分の愛犬がいなくなったのに

「好きでいなくなったんだからしょーがないよね~」

という態度が取れることにびっくりだよ!

ヘカテーの高校の時のクラスメイトの男子は愛犬がいなくなったら家族総出で探しまくって、遠くの保健所にまで「こういう犬はいませんか?」と尋ね、見つかった時は涙を流して喜びました。

サーヤはちゃんと探したのかな?

敬宮さまだったら愛犬の由莉ちゃんがいなくなったら嘆き悲しむよ。

サーヤの信仰する美智子教主と犬
20150910150825092.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私の目にも

千代が身を引いているというか、逃げたがっているように
見えてしまいます。

千代がいなくなっても「好きで出て行った」と言ったサーヤ。
サーヤにとって、千代は「家族」じゃなかったのでしょう。
それを早くから千代も悟っていたのかも知れませんね。

昭和の皇太子妃がお散歩させてるのは狆ですね。
大奥で、側室やお局が飼ってるイメージです。

千代の失踪も謎ですね。
訓練所から逃げますかね。
訓練所も皇族から預かった大事な犬を逃しますかね。

>千代は好きで出て行ったのだから

逃げられる心当たりでもあったのかしらん。

ロイヤルは感情を表で出すな?

千代は心なしか仰け反ってるし、ミテ子様は引っ張られてますね(^-^;)
確かに周囲への配慮があって言った言葉かもしれないけれど、言葉のチョイスが悪いですよね。
訓練所の職員ってピンキリだけど、普段その犬一匹の為に頑張って働いているんですけど.サーヤの言い方に驚いたんじゃ?
あ、サーヤって去って行く者には冷たかったっけ!(((((°Д°;)

う~ん

 前の三人官女の記事の、「いいのよ。」と比べると…

 見た感じ同じようなシュチュエーションですが、奥底にあるものがなんとなく違いますよね。

 訓練所の職員を気遣ったのだとしても、「好きで出て行った」という言い方はナイな~。
 むしろいろいろなことをした結果「無事見つかりましたー」となったほうが、東宮家の飼い犬を逃がしてしまったことへの罪悪感も薄まるのでは、と思うのですが。

 宮内庁職員を動員して捜索、なんてわけにいかないでしょうが、せめて保健所に連絡したり、貼り紙したりはしたんだよね、ね?

 あと、一番下の写真、犬が「全力で逃げて」みたいな状態に見えて笑ってしまいました。

清子さんは心根が冷たい

昔盲導犬の活動もやっていたのに、清子さん、ホントは犬なんて好きじゃなかったのかもしれませんね。千代のエピは結構有名ですが、当時この話を聞いた時は、サーヤは冷たい人だなぁと思ったものです。

このエピは彼女の冷酷さとか、情のなさの一面を語っている気がします。だから婿候補にも悉く逃げられたのかも?なんて流石に言葉が過ぎたかしら。

犬に嫌われてる

紀宮さま自身もそれほどお好きではないように思えますね。
美智子さんは、犬も我が子も同じで、、自分の引き立てる装置としか思えないですし、このご家族に飼われた子たちって幸せだったのかしらと・・。

いやいや

野良犬は保健所に連れていかれて、殺処分でっせ。
だからノーリードはダメ!って言われてるじゃないの。
サーヤが言ってるのは、千代なんてガス室で殺されてもいいってことですよ。
そりゃ職員をフォローするのも大事ですけど、動物の命預かっている職員としては、サーヤの愛犬かどうかより、千代の行方が気になって仕方なかったでしょうよ。
何か、美智子紀子清子って、ことごとく気のつかい方とかズレてますよね。
案外職員は千代の体に酷い虐待の痕でも発見したんじゃないでしょうか?
不憫に思って、心ある愛犬家の方にお譲りしたのでは?そして、逃げたってことにしたんじゃないでしょうかね。

犬とは関係ない話ですが

一番上の写真、当時10代のサーヤは地味な茶色のジャケット、
当時49歳くらい?のミテコさんはピンク系の明るい色の服なのが何とも・・・
それと秋篠宮(当時は礼宮)のズボンの丈が長すぎませんか?
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR