国連キタ━(゚∀゚)━! 皇室典範見直し要求

皇室典範見直し、当初要求…国連女子差別撤廃委

読売新聞 3月9日(水)7時52分配信
国連女子差別撤廃委員会が7日に発表した日本の女性差別に関する報告書を巡り、男系男子による皇位継承を定めた日本の皇室典範が女性差別にあたるとして、見直しを求める内容が報告書最終案に盛り込まれていたことが8日分かった。

 複数の日本政府関係者が明らかにした。政府が反論し、最終的に記述は削除された。

政府関係者によると、最終案は4日、同委から政府に示された。皇室典範が女性天皇を認めていないことに「concern(懸念)」を表明し、見直すよう求めていたという。

 政府は、在ジュネーブ日本政府代表部を通じて、〈1〉十分な議論もなく皇室典範に関する意見を突然盛り込むのは手続き上の欠陥がある〈2〉国民の支持を得ている世界の王室・皇室制度を取り上げるのは不適切――などと反論し、削除を求めた。政府関係者は「反論しなければ、そのまま掲載されていた。報告書の作成過程に疑問がある」と語った。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160309-OYT1T50000.html

>国民の支持を得ている世界の王室・皇室制度を取り上げるのは不適切

支持してないし!

女性天皇80%以上が支持してるし!

女系天皇も認めないと皇室の歴史はそのうち終わってしまうと分かってるし!

明治維新のゴタゴタの際に田舎者が勝手に男系男子のみと決めちゃったから男系男子主義になっただけだし!

日本国民のみなさーーーん!

これが世界の声ですよ!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ああ、でも‥‥

秋篠宮信者はまた、「反日小和田が国連に圧力かけた」とかいうんでしょうね。
ちなみにアンチ東宮的には、オランダもイギリスもデンマークもノルウェーもスウェーデンも反日国だそうです。
理由は秋篠宮一家を無視するのは、反日国に違いないから‥‥だそうですよ。

本当は外圧を受けて変わるのではなく、きちんと国内で議論をして、将来の方針を決めるべきだったと思います。

小泉政権下で総理の個人的な諮問機関が皇室典範についての有識者会議を行ったとき、紀子さまの懐妊報道で取り止めになったけれど、将来の日本の皇室の在り方をもう一度考えるべき時が来たという感じですね。

潰したのは誰

敬宮さまへの皇位継承の道。
皇室典範改正に向けての国会審議。

潰したのは誰。

きちんと議論すべき場は設けられていたのに潰したのは誰。

外圧に屈するんじゃなくて、内部で潰した奴がいるんですよ。
そこを有耶無耶にしてほしくないし、責任はとってほしい。

女性差別の総本山だもの

外圧がないと変われない国ですからね・・・

秘かに闇に葬られたのではなく、最終報告案に盛り込まれていた、政府が削除させた、というのが明らかになったのは良いことだと思いました。世界中が、おかしい、と思っているということですよね。試写会のニュースといい、東宮さまはご立派、雅子さまはお元気そう、敬宮さまはますます高貴で、今日はいい日だわ。

国連もよく取り上げてくれましたねぇ

国連は今まで、日本における女性管理職・政治家の少なさや、夫婦別姓が認められないことなどは取り上げても、皇室典範の男系男子継承を取り上げるのは初耳であり、よく踏み込んでくれたと嬉しく思いました。

頑迷な人々は不満でしょうが、国連が今の時期に皇室典範改正の勧告案を出したのは、やはり資質面で愛子様が悠仁様より将来の天皇にふさわしいと客観的に明らかになったからでしょうか?

また、竹田恒泰氏が以前、
「皇室典範の男系男子規定は女性差別でない。天皇という大変な地位に女性はならなくていいし、民間人女性は結婚で皇室に上がれるが、民間人男性は上がれない」
上記の発言をしていましたが、これについてヘカテー様はどう思われますか?
私は、権力を持たないとはいえ国家の元首・象徴に女性はふさわしくないと排除するのは、そして母方の血を父方の血より軽んじるのはやはり女性差別だと思います。
ちなみに、民間人男性が結婚で皇室に入れないのは今までの前例がないという事情は考慮できても、「野心のある民間人男性が結婚して皇族になれば、妻を操るのではないか」という感情からくるものであれば、一般人男性を野心家・策略家と決めつける点で男性差別であり、同時に配偶者に操縦されやすい存在と決めつける女性差別であると思います。
「野心のある民間人女性が結婚して皇族になり、夫を操る」可能性は考えないのでしょうか。

これはかなりの重大ニュースでは

皇室典範の女性差別的条項が海外から初めて明確に指摘を受けたと言える点で、このニュースは私の中ではかなり重大なものに位置づけられております。

しかし日本側は、この警告を真摯に受け止めることなく抗議することに徹したようですね。心底失望しました。私は日本側の反省を感じられない姿勢を見て、典範改正への道は再び遠のいたのでは…とガックリした気持ちになっています。それとも「十分な議論もなく皇室典範に関する意見を突然盛り込むのは手続き上の欠陥がある」という部分にある程度の希望を見出して「議論する意志はある、その結果によっては典範を変える腹もなくはない」という意味に解釈してよいのでしょうか?

日本側も明確に「典範は女性差別じゃないもん!女帝を認めないのは差別とは言えないもん!」と言い切れたわけではなく、国民の支持を受けてる皇室がどうのこうのという論点をずらした言い訳で誤魔化しているように感じられます。「他国の文化や制度に安易に首を突っ込んで意見を言うな」という気持ちの表れとも解釈できますが、この言い分ではまるで日本国民全体が「女帝を認めない現皇室を支持していて何も疑問に感じていない」と海外から誤解されかねません。

国連はこれまでも度々、慰安婦問題や日本の死刑制度や児童ポルノ等に関して様々な指摘を日本側にしてきました。指摘の内容によっては「それは承服しかねる」と思いたくなるようなものもあったのは事実ですが「男系男子継承にこだわり女帝を認めない現典範は女性差別的内容だ」という今回の指摘には賛同せざるを得ません。

外圧で考えが変わるならまだましな方かもしれません。こういう外圧があっても、日本側が頑なに態度を改めようとしないなら何に希望を見出せばいいのでしょう。
なぜ愛子様が女帝では駄目なんでしょうか。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR