映像キタ━(゚∀゚)━!!

試写会の時の様子の映像がキタ━(゚∀゚)━!


はい皆さまご注目!

敬宮殿下はちゃんとお辞儀をされてますね!

アンチ東宮という下郎下女そして皇室ジャーナリストどもよ!

敬宮さまはちゃんとお辞儀をされているぞ!

お小さい頃から歓迎した地元の人たちは

「愛子さまお辞儀されてたよ。でもテレビはそこを映さないでカットしてる」

と証言していました。

秋篠さんちの坊やなんてカメラがないとお辞儀なんてしない所かお寺を走り回ってるし。

証拠映像↓
[広告] VPS


そっかー、蔵王のスキー場に行かれるとのこと。

私学はスキー合宿あるところって多いですよね。

5月には修学旅行もあり、とてもお忙しい宮さま。

来月にはALL学習院もあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

敬宮様は本当に素晴らしい!

初めまして、ヘカテーさま。
いつも『正にその通り!』と、こちらの皆様のご意見に大いに頷きながら拝見しております。

私は生まれも育ちも京都ですし、遡れば歴代の上皇様が移り住まれた地にも所縁がござます。
ですので、昨今の東宮御一家に対するバッシングや雅子様、敬宮様に対する謂われなく、そして心ない誹謗中傷には本当に腹が立ちます。
私だけではありません。
生粋の京都人なら、絶対に許すまじきことでございます。
本当に秋篠家の卑劣さには軽蔑しか感じません。

そんな中にあって、ここ最近の敬宮様のお目覚ましいご成長振りには驚きと共に大変な喜ばしさを感じております。
さすがは皇太子様と雅子様の間にお生まれあそばした一の姫宮様と、感心するばかりです。

そもそも、敬宮様はお生まれになられた時から他の方々とは比べものにならないお方でした。

敬宮様がお生まれになられた宮内庁病院より退院されます折りに撮られた写真は新聞の1面を飾り、姫宮様でありながらも帝の風格備えられた高貴なオーラを放っておられましたこと、今もハッキリと覚えております。
お母様である雅子様のお顔をしっかりとご覧になっていらっるお写真が掲載されたこともありました。
そして、折々に触れて公開されるお写真はいつもキチンとカメラ目線でした。

私は敬宮様かお生まれになりました際に、明治維新以降の悪しき因習を撃ち破る日嗣の姫宮がお生まれになったと感じました。
その思いは今も変わってはおりません。
それどころか最近の敬宮様のお姿を拝見するに度にその思いは強くなるばかりです。

何よりも、皇室と所縁が深い出雲大社へ高円宮家の典子様が出雲大社へお輿入れなさったことこそ、天の采配と謂わずして何としましょう。
私には敬宮様が女帝に上られる為の布石に他ならないと感じられるのです。

天までも見方に付けられる敬宮様は、本当に素晴らしいお方です。

長々と失礼致しました。


No title

ヘカテー様、試写会での愛子さまの画像をありがとうございました
愛子さま、ますますお美しくなられましたね
気品あるお姿に感激いたしました
これからスキー合宿や修学旅行と学校行事が目白押しとの事ですが、
学生生活を楽しんでおられている様で本当に嬉しく思います

さて、巷は卒業式シーズンですね
娘の通う某・国立小も低学年から卒業式に出席してお世話になった
六年生の新たな門出をお祝いするのですが、宮家の坊ちゃんは
どうされているのでしょうね
あの、気の向くままに走り出してしまうご様子では長時間の祝典には
参加できないと思われるのですが…

色々なところで特別扱いが発動されているのでしょうね、きっと

No title

はじめまして!

日本では何の報道もされていませんが、

外国のこのサイトで紹介されていますよ!

New My Royals

http://www.newmyroyals.com/

みやこのひと、いかに思いしと。

ここ数年のヤクザのインネンづけに等しいマスコミの東宮ご一家叩きを、150年前まで「みやこ」であった土地の、生粋の京都人はどのように感じておられるか、かねてから考えておりました。
何度も遊びにゆき、地元の方と言葉を交わして(東京とは違うなあ)と思ったのは「生まれてこのかた、京都から出たことがない」そう話す人が多いと言うこと。
西陣の老舗のご隠居が「この前の戦争」と言うので第二次大戦かと思ったら、応仁の乱だったとか、明治の頃は「帝はじきにお戻りになる」と京都人は信じていたとか、徳川将軍を「あずまの代官」と呼んでいたとか。
近いところでは、着物研究家の市田ひろみは、生粋の京女の母親から(この子はこんな顔立ちでどないしよう)と言われていたと聞きました。目鼻立ちがハッキリしていて、よくない。もっとぼんじゃりした顔であるべきだ、と。
やはり、敬宮さんのお雛様顔は受けがよろしいのですか。あら嬉しい。あのみどりの黒髪、白い肌、生粋の京都人も東宮ご一家お好き。あら嬉しい。

ありがとうございます

あんまり日テレみないので、なかなかこういう映像がみれません。ありがとうございます。
図書館戦争のファンなので、岡田くんも好きです。敬宮さまに向けられた笑顔に胸ドキュンです。すみません、ズレましたが、敬宮さま、素敵な御召し物ですね。色白で、お色もとてもお似合いです。

私も京都人

私も京都人です。とは言っても、平成生まれですから、他の地方の人とたいして変わらないと思います。(テレビで「明治創業の老舗◯◯店」みたいなことを言ってるのを聞くと、「明治で老舗?」って思うぐらいです。笑)

ただ、私の親戚には今上さんよりも年上の人もいますし、話を聞くと、京都の歴史の深さ、生粋の京都人の世間の狭さ、京都人の言う「つい最近」が全然最近ではないことなど(笑)、びっくりすることも多いです。
まだ京都に天皇がいた頃の話とか、普通の会話にめちゃくちゃ出てきますから。もう誰もその頃をリアルタイムで知ってる人なんていないのですが…笑。

私のその親戚の人によれば、皇室関係者はみんな一様に「おっとりしてはる」とのことです。昭和天皇や香淳さまのことではありません。そういう、「東京に行かはった人」のことは知らないんです。もうとっくになくなった宮家(まだ京都に皇族がいた時にあった宮家)のことだったり、京都にお嫁に来られた人のことだったり、皇室にゆかりの深い神社仏閣にいる人のことを言っています。
そういう話を聞いて、ヘカテーさんの所や台所さんの所にアップされている昔の皇族方の写真を見ると、今の皇后さんや次男一家がどれだけ「おっとりしてはる」方達から外れた存在なのかが分かりますね。
皇后さんやキコさんの目つき、あれはとても「おっとりしてはる」人ではないですよ。

やっとご一家の動画が見られました

先ほど、やっと東宮ご一家の映画ご鑑賞動画を見ることができました。本当に麗しくあたたかな気持ちになるご一家ですね。雅子様はスタイリッシュで素敵だし、愛子様もますますお綺麗になられ、ハッとしてしまいました。ハチ映画の時の映像もありましたが、この頃から愛子様のオーラは半端なかったと改めて感じます。

東宮ご一家と岡田君どちらも好きな人にとっては、たまらない映像だったでしょうね。岡田君は現在色々と物議を醸している某芸能事務所に所属していますが、本人は事務所の名前に頼らず、一人の俳優としてきちんと認められるようになろうという心構えでいたと聞きました。東宮ご一家とお話できたこの時の感激を胸に、これからも日々精進して良い道を進んでほしいと思います。

No title

ヘカテー様
動画ありがとうございました。
わたくし、皇太子ご一家のファンであり、そして愛子さまのなによりのファンでありますので、とっても見たかった映像でした。
愛子さま、中等部ご入学のときより成長し、さらに運動に熱をいれているからなのか顔立ちがすっきりなさって、色が白いのもあいまって日本人形のようですね。

産まれてきたときから知っていて、折に触れて成長したお姿を見せていただける愛子さまは私にとって特別な気持ちがあります。
成長する姿を見れるのがとても嬉しいのです。
愛子さまの人気ってそういうところも大きいと思うんです。

アヒル口してアイプチして可愛いでしょ?ってアピールする皇族、男子を産んだからって大きい顔をする皇族、慈愛の名の下に沢山の負担をかけて国内外問わず動き回り、慈愛の押し売りをする皇族。
そういう押し付けてくるものではなくて、国民の心のうちから生まれてくるものというか…。
お姿が見れて嬉しい、いてくださって嬉しい。
そう国民が自然に思い敬意を抱く存在が皇族だと思っています。

今の皇室典範では皇太子様が天皇になられても愛子様は内親王のままで、年に数回、顔を見るだけで動静がさっぱり謎な男子が次の皇太子になっていまうんですよね…。
歴史の授業を受ければ、過去に何度も女帝は登場しているのに、愛子さまはダメだなんて…。
不条理です。

No title

すいません、何度も。
動画を見返して思ったのですが、最後の方で皇室記者である笛吹さんが
愛子さまがお辞儀をなされたことを強調して喋っていましたね。
やはりというか愛子さまがお辞儀をしないという捏造報道知っているからこそ強調したのだと思いました。

愛子さまとご歓談されてる岡田さん、緊張なさってるのが画面から伝わって微笑ましかったです。

京都と皇室

射手座様、マコちゃんと同い年様、京都のお話ありがとうございます。
以前TVで京都の老舗にインタビューしていたのを見たのですが、何食わぬ顔をして「500年前からやってます」と答えていらっしゃいました。
京都と皇室の関わりは平安遷都以来明治に東京に移されるまで1000年以上にもおよんでいるのですよね。京都出身の母は多くは語りませんが皇室については思い入れがあるようです。
母は戦中派のためか両陛下が先の戦争の慰霊にご熱心なのは素晴らしいことだと思っているようで「あの2人はよくわかってらっしゃる」と言っています。
でも戦争が終わった時にまだ10歳〜11歳くらいだったのに何がわかるのかな?と思ってしまう昭和生まれの私とはその点だけは唯一考えが違うところです。
秋篠宮がTVに映りますとソッコーでチャンネルを変えてしまいますが、
東宮ご一家が映されているときはしかっりと見ていて、愛子様が運動会で先頭を走っているご様子やお習字で勢いのある字を書かれているのを見て「意志のしっかりしていそうな子だね。」とか「好きやわ〜。」と言ってました。

先ほどの投稿で

京都出身の母のことを戦中派などと書いてしまいましたが、昭和生まれで今上陛下と同級生でした。戦争がおわったときはまだ11歳でした。
自分のことは戦後生まれというべきでしたねw
文章を書くのってホント難しいですね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR