被災者たちの本音

「被災者の人たちの皇族による慰問ってどう思ってるんだろう」というヘカテーの疑問に答えてくださった方々がいます。

ありがとうございます!

列外派に寄せられた被災者の皆さんの声

Oakley さまコメント
兄夫婦が仙台にいます。
山側に家があったので津波による被害はありませんでしたが、屋根は落ち、玄関は傾き、庭には亀裂が入って、壊れた水道管から水が噴出していたそうです。
停電が続き、その後も毎日がヒッシでヘーカのビデオは見ていないそうです。
でも皇太子ご夫妻はお迎えに行ったそうです。

どうしてかは知りませんが、もしかしたら、子どもがいないことで姑や小姑で苦労したから、地震とは別に理由があったのかもしれません。

義姉は、婦人会から出てくれと頼まれて支援物資の荷解きの仕事に毎日出ていたようです。

自衛隊が運んで来てくれた支援物資は、荷物一つがとても大きかったそうです。
それを寒い体育館で荷解きをし、中を確認し、数を数え、指定されたように分け、また数える。

とにかく一刻でも早く、被災者の皆さんに渡るように必死だったそうで、爪が割れ、血がにじんだ時もあったそうです。
それになぜか食料は自弁だったとか。

1週間ほどは散らかった台所で食べられるものを捜して食べていたそうで、その後は口コミで開いているお店などを回って行列に並んだそうです。

ケータイが通じるようになると「消息についての問い合わせ」がひっきりなしにかかってきたようです。
私も友人のお身内の方の問い合わせをしました。
義姉がその市の市長さんと親しかったのを思い出したからですが、その市長さんからして行方不明でした。
お悔やみを言わない日はない、という有様だったようです。

家は半年ほどブルーシートで雨をしのいでいたそうで、大工さんに頼んでも材料も手に入らないので修理がいつになるかわからなかったそうですが、友人が山形から材料と機械を持って駆けつけてくれたそうで、それでもご近所では一番早く修理できたのだそうです。

こうやってみると、誰よりも早く、誰よりも多く、被災者を見舞うというリョーヘーカの「お心」はもしかしたら迷惑でしかなかったかもしれません。


仙台ご出身のゆめさまコメント
被災地仙台の出身で2年前まである被災自治体の職員をしていました。
私自身は皇太子ご夫妻のファンなので皇太子ご夫妻がいらっしゃると嬉しい、平成四人組は特に興味なしといったところです。
ただ、平成四人組が皇太子ご夫妻に対してやってきたことを考えると、そんな人たちに慰問されてもな~と思うところです。
実際に私はお会いしたことがないのでわかりませんが、両陛下の慰問って「大変でしたね」「おつらかったでしょうね」ばっかりで、被災者につらいことを思い出させて、かわいそうな被災者を私たちが慰めてあげるみたいな構図が多いなと報道から感じます。
震災から5年経って被災者もまだまだ大変な生活を強いられていることは事実ですが、その中でも未来を見据えて強く生きているのが被災者の今です。かわいそうかわいそうばっかり思われても、なんだか惨めな気分になるな~と思います。
皇太子ご夫妻は被災地の高校生の活動や未来を見据えた復興の動きにご注目されているかなと感じます。被災者にとっても未来を担う若い人たちの活動は希望に感じることが多いですから、皇太子ご夫妻がご訪問されることにより若い人たちの活動が知れることはとてもありがたいことだなあと思います。今後とも皇太子ご夫妻には是非若い人たちの活動を温かく見守って頂きたい次第です。


しましまさまコメント
私は被災地に実家があります。私だけ進学のあめ都内に住んでいるのですが、皇太子さまと雅子さまがいらっしゃった時は実家の家族や友人も大喜びでした。しかし、その他の四人の皇族の方は、はっきり言って来なくていいです。上から目線の感じがして私の家族は嫌っています。
あの四人の方々は何かどす黒い雰囲気がして、ぞっとします。友人の実家が旅館を経営しており、そこに学生時代の秋篠宮ご夫婦がお忍びでサークル旅行にいらっしゃったのですが、マナーが悪すぎて最悪だと友人のご両親が教えてくださいました。



今日の記事ではなくちょっと前の記事に寄せられた被災者の声

AB型さまコメント
実は私も1995年の阪神大震災のとき、被災地に住んでいました。丁度、その頃に皇太子ご夫妻が中東を歴訪される予定で、外務省などで慎重に検討がなされたようですが、既に閣議で了解されていること、中東ご訪問はこれまで日本の都合で何度も延期していること、中東諸国との関係の重要性を考えた上で予定通りのご訪問になったと聞いています。両殿下も被災地のことを大変気にされつつも、お務めはしっかり果たさなければならないというお考えで、国際親善を務められました。
アンチ東宮の人々は、皇太子ご夫妻へのバッシングによく阪神大震災も引き合いに出し、「被災地が大変なときに中東でニコニコしていた」などと言っております。正直、当時被災地に住んでいた者として、大変ご苦労された皇太子ご夫妻への攻撃材料に「阪神淡路」を使ったことに憤りを覚えました。東日本大震災と同様、阪神淡路大震災も引き合いに出し、両殿下を理不尽に叩くためのネタにするのは本当にやめてもらいたいです。
話は変わりますが、震災から15年後の2010年の追悼式典で、皇太子ご夫妻がご出席されましたが、そのときに雅子さまが見せた涙が、とても印象に残りました。ご体調が良くない頃に神戸まで足を運んで下さったこと、こればかりだけではなく、1996年の追悼式にご出席して下さったこと、2003年の全国「みどりの愛護」のつどいへのご出席の際、震災記念公園を訪れ、慰霊碑にご供花されたこと、本当に嬉しかったです。


貴重なお話をありがとうございます。

あ、そうか!と思ったのはAB型さまの

「大変ご苦労された皇太子ご夫妻」

という言葉です。

そうですね。

・お世継ぎへのプレッシャー
・生まれた子が女の子だったというだけで責められた
・いじめ問題
・ご病気
・バッシング
・平成4人組の無理解

ちょっと挙げただけでこれだけあるもん。

そりゃ楽ばっかりしてなーんにも苦労してない人間から

「大変でしたね」

と言われても「オメーが言うなよ!」となります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

被災地訪問

はじめてコメントさせていただいた時、感情のまま書いてしまい
「今度コメントする時は落ち着いてしよう」と反省してしまいました。
ヘカテー様の被災者への質問にコメントしようと思っていたのですが、
私の言いたいこと、すべて皆様が言っていて
「そうです!そうなんです!」と、私だけじゃないんだ、と安心しました。

さて、今日たまたま仙台駅前まで用事があり出かけました。
警察官の多さ(普段みない私服警官も多かった)に驚き、
何があるの?!
と思ってスマホで調べたら…今日だったんですね
天皇皇后両陛下がこちらに来るの。

せっかくなので、警備の様子や街の人の反応を見てみよう!
と、お車が目の前通るまで留まってみました。
どうも、私同様天皇皇后両陛下がいらっしゃるから
大規模交通規制しているという事を知らない人多数でした。
「何かあるの?」「え?天皇陛下通るの?」「じゃ見ていこうか」とその場に留まる人が多かった気がします。
警察官はひたすら低姿勢で、いろいろ「お願い」していたのが印象的。
「お迎えするって、大変なんだな」と感じました。

さて、美智子様はいつもの小皿とグレー一色のお召し物でした。
開け放った窓からは、お手振りする美智子様。
かろうじて天皇陛下が見えるような感じで
したね。

「これ以上皇太子ご一家にひどいことしないでくださいよー」と
心の中で念送っておきました(笑)

「オメーが言うなよ!!」←wwwww

>どうしてかは知りませんが、もしかしたら、子どもがいないことで姑や小姑で苦労したから、地震とは別に理由があったのかもしれません。

皇太子ご夫妻からは共感できるものがあるからと言うのもあるのですね。やっぱり皇太子ご夫妻は何度も辛い経験をされたから人の痛みがわかっていらっしゃるのでしょうね。

>両陛下の慰問って「大変でしたね」「おつらかったでしょうね」ばっかりで、被災者につらいことを思い出させて、かわいそうな被災者を私たちが慰めてあげるみたいな構図が多いなと報道から感じます。

私も違和感を持ちましたまさにそれです。きっと「大変でしたね」って言っている自分に酔っているのでしょうね。あんまり同情の言葉ばかり言っていると相手も「そんなに可哀想な存在にしたいの?」と思ってしまいかえって傷付くと思います。経験したからわかります。平成4人組ってこういった公務のあり方がわかってないんだと思います。慰めの言葉しか言えないなんて……

>友人の実家が旅館を経営しており、そこに学生時代の秋篠宮ご夫婦がお忍びでサークル旅行にいらっしゃったのですが、マナーが悪すぎて最悪だと友人のご両親が教えてくださいました。

想像できますね(笑)きっと今でも泊まり掛け公務で泊まった先でもマナー悪くて嫌われていることでしょうよ。その分じゃ娘様お二人もマナー悪そうに見えますね。


皇太子ご夫妻は被災地の高校生の子達と交流されていましたね。こういった希望のある公務をされていて嬉しいですね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR