被災地の住人は語る「両陛下の慰問は実際はやりたい放題ツアー」

読者の方からコメントをいただきました。

ゆきんこさま

東北ではありませんが某災害の被災地に住み、近年に何度か両陛下がおいでになりました。私たち、両陛下には飽きてます(笑)ありがたみとかゼロです。
高級ホテル1軒なものですからいつもそこに泊まります。ホテルの料理長以外は厨房から全員退出で大膳出張チームが派遣され、これよみがしに消毒とかやられます。大膳に作らせるなら御所で食べてたら?ですよ。やりたい放題なんですね。そのくせ「この前のアレまた頼むわ」って、珍しい食材の注文は抜かりありません。
あちこちに行きたい病もすごくて、移動コースの下準備だの当日の警備だのに膨大な経費がかかっていると思います。そこまでするの?っていう批判的な視線で見てしまいます。美智子さんみたいな「出たがり議員」「目立ちたがり市議」なんかが一族郎党を引き連れて団体で付き添います。でも一般市民は「あぁ、来られたんだ」程度で、運悪く遭遇したら交通規制で動けないから「じゃ見ていこうか」という感じです。私の知人なんかはお手振りルートをうっかり通りかかって、戻ろうとしたのに警備の方に引き止められて見物させられてしまいました。
数年前に皇太子ご夫妻が来られたときは、市報で告知されると同時に役所にルート問い合わせ電話が殺到したんですよ。両陛下にはそんな人気はありませんね。


貴重なお話をありがとうございます。そしてこれからよろしくお願いします。

>高級ホテル1軒なものですからいつもそこに泊まります。ホテルの料理長以外は厨房から全員退出で大膳出張チームが派遣され、これよみがしに消毒とかやられます。大膳に作らせるなら御所で食べてたら?ですよ。やりたい放題なんですね。そのくせ「この前のアレまた頼むわ」って、珍しい食材の注文は抜かりありません。
あちこちに行きたい病もすごくて、移動コースの下準備だの当日の警備だのに膨大な経費がかかっていると思います。そこまでするの?っていう批判的な視線で見てしまいます。美智子さんみたいな「出たがり議員」「目立ちたがり市議」なんかが一族郎党を引き連れて団体で付き添います。


慰問って何なんだろう・・・。

りょーへーかの東日本大震災の被災地訪問を

「昭和天皇の戦後の全国行幸と同じ」と竹田くんは言ってたけど、

昭和天皇の方は

「何もかも失い、自信を無くしている国民を励ましたい。例え『こんな風になったのはお前のせいだ』と暴力を加えられてもいい。」

と本当に思っていました。

冷房のない列車で寝泊まりしたこともあります。

昭和天皇の全国行幸の写真を見ると本当に国民が「天皇陛下ようこそわが町へ」と言う気持ちが出ています。

ああー、それなのに~。

昭和天皇の跡取り息子はどうしてこんなにやりたい放題なんだろう。

その地区で一番のホテルのコックさんたちを追い出して大膳の料理人にごはんを作らせるって感じ悪いな。

「お前ら田舎っぺの作った料理なんて食べませーん」

とバカにしているようなものです。

なのに珍しい食材を用意しておけと注文する。

ひどいな!

何しに来たんだよ!

不思議に思うのは

きんじょーへーかの跡取り息子である徳仁皇太子殿下と雅子さまの被災地訪問は大人気ってことです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「慰問=お出まし・お出かけの一種」としか考えてない2人の御老人

ゆきんこさまのコメントを拝見しましたが、これって「慰問」の時のことですよね?普通の公務の時じゃありませんよね?と思わず聞き返したくなってしまうような内容ですね。

いや、本当にこの御老人夫妻、何しに来たんでしょう?ここまで来るともはや「慰問」でも何でもないじゃありませんか。ただでさえ被災で色々大変な思いをしている地元の人たちにこんなに苦労をかけて、何がしたいんでしょうね。

そういえば美智子さんは慰問に着ていく高級シルクのコートか何かをわざわざ新調させたこともありました。この御老人たちにとっては慰問なんて「またお出ましが増えるわ~♪」程度の軽いものなのだと思いますよ。そして「被災した人々を励まし見守る聖人と女神」気取りもできて、美味しいとこどりとしか思ってないのでは?

天皇皇后のこういう実態、いつの日か大々的に暴露されたらいいのにと思ってしまいます。自分が被災者だったら心に余裕がなくなり、天皇皇后の慰問なんて受けたくありませんし悪態の一つでもついてしまいたいという気分になるでしょう。

同じような話がありましたよね。

>ホテルの料理長以外は厨房から全員退出で大膳出張チームが派遣され



これと同じような、いいえ、同じ話がありました。

天皇と美智子さんが静養するとか、美智子さんが「津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバル」のワークショップに参加するとかの時、被災者に遠慮して(遠慮するなら「行くな」と言いたいですけれどもね。)研修所に宿泊したのですが、壁紙を貼り替えたり厨房をリフォームさせたとか。

それだけではなく「大膳課を引き連れて行った。」とか。

どこかで記事になっているので探せばあると思われます。

質素アピールしているけれど、どこまで好き放題だと思います。



**********************

天皇家が利用されるホテルの条件はやっぱり「おもてなし」?

http://dot.asahi.com/wa/2013092700041.html



天皇、皇后両陛下は、震災の年にも、軽井沢へ静養に訪れたが、仮設住宅や避難所に暮らす被災者を思いやられたのか、1泊6500円の「軽井沢研修所」に泊まられた。


この時にリフォームするだけでなく、大膳課を同行させたのです。




以前から両陛下の慰問を疑問に思っていました。
普通に人が来るという時でもかなり準備します。
ましてや両陛下が災害にあった地域を慰問?正直、迷惑でしょう。
アテクシが行く事で皆が感謝するみたいな勘違いはやめて頂きたい。
お静かに御立派な御所で過ごすのが国民のためです。
しかし平成の御代~災害多いですよね。何故でしょう?

まったく何を考えているんだか

世の中が不景気だの、消費税upをどうするかなどと頭を抱えている時に、このお年寄り等は一体何をやってるんだか。頭の中がお花畑で、国民のことなどこれっぽちも考えていないことが丸わかり。何とも情けない話だ。

ピアノを空輸したとか聞いた覚えがあるのだけれど、いやはやホントに好き勝手をやらかしてくれるものだ。後の天皇史で、平成天皇は愚帝であったと記されること間違いなし‼

まぁ、生きている今でも気になさらない方たちだから、〇んだ後のことなんてどう書かれても知ったことではないんでしょう。でもね、りょーへいか、これって後世ずーっと語り継がれるんですよ。念のために伺いますが、本当にそれでいいの?

戦後の御巡幸

「戦争のために被害を受けた国民を慰めてやりたい、激励してやりたいというのが、陛下の一貫した主旨ですが、その裏には、国民に詫びたいというお気持ちが非常に滲み出ておられると、私は感じました。」と当時の侍従長大金益次郎は語っていたそうですよ。

秋田です

>ホテルの料理長以外は厨房から全員退出で大膳出張チームが派遣され
>これと同じような、いいえ、同じ話がありました。

東日本大震災前に起きた秋田県の地震の直後、植樹会を強行した時がそうでした。
この時は、現地から「来ないでほしい」とやんわりと言われていました。

香淳皇后の命日と重なっていて、宿泊先から祈ったとか美談にされていました。

戦後巡幸と一緒にされても

昭和天皇の場合は、戦前では勅使を被災地にご差遣されて、被災民を慰労されたり、下賜金を被災地に送られたりしていました。戦後は昭和61年の伊豆大島の噴火の後のお出まし以外は詳しくは分かりませんが、恐らくお気持ちをお述べになられたり、今までと同様に下賜金を送られたりはされたと思います。それだけでも十分嬉しいことですけどね。

平成の世代ですので、今の両陛下の慰労行幸啓は散々、テレビなどで見てきたので、初めは「昭和天皇と違って両陛下は素晴らしい」なんて思っていましたが、歳を重ね、冷静に考えていくうちに「ちょっとやりすぎでは」と思うようになりました。勿論、慰労行幸啓をやることが悪いわけではありませんが、現地の復興を最善に考えるのであれば、皇太子ご夫妻のようにもう少し慎重に考えるべきだと思いますよ。パラオやフィリピンでの慰霊も本来は天皇皇后自らが赴くよりは名代の皇族か、勅使をご差遣されるかで十分だったと思います。

昭和天皇の戦後巡幸の場合は、事情があまりにも違います。敗戦という一つの出来事で、従来の価値観などが否定され、多くの国民が動揺し、不安な心理状況にあったなかで、どうしても必要だから沖縄県以外で実現したわけです(日本側とGHQ側としても占領政策を迅速に進めるためにも必要だったのでしょう)。

そういえば、「お噂」でもありましたが、日経新聞が面白い見出しを出していましたね。「両陛下の被災地訪問、形式化 出迎え住民が接する場なく」と。会員記事ですので、こちらから最後まで閲覧できませんでしたが、今の被災地訪問は賛美される一方で、こうした厳しい見方もあるということを当事者たちは知って欲しいですね・・・。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR