小町さん、ありがとうございました。そしてお疲れさまです!

新東宮大夫  小田野氏就任へ 元式部官長、外務省出身
政府は皇太子ご一家のお世話を担当する宮内庁東宮職トップの小町恭士東宮大夫(70)を退任させ、後任に元同庁式部官長の小田野展丈(のぶたけ)氏(68)を充てる方針を固めた。近く閣議で決める。
小田野氏は外務省出身。ミャンマー大使や欧州連合政府代表部大使などを務め、2012年9月〜14年9月には皇室の儀式や外国との交際を担当する式部官長を務めた。
退任する小町氏も外務省出身で官房長やタイ大使などを歴任。11年7月から東宮大夫を務め、長期療養中の皇太子妃雅子さまの体調回復や公務への取り組みを支えてきた。

毎日新聞HP

小町さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

バカ記者どもの相手をするんですから、ストレスたまるでしょうね。

ヘカテーならハマコー並みに暴れまくってるでしょうが、

小町さんは余計なことを言わずに、バカ記者と同じ土俵に立たなかった。

今度の東宮大夫の人も大変だと思いますが、

真っ当な人であることを期待します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当にお疲れさまです。

バカで、横柄な記者、IやMなどがその代表格なのでしょうが、そんな輩から東宮ご一家を守ってくださって、ありがとうございますとしか言えません。わたしたちの見えないところで、これからもご一家を支えてくださることを、期待しています。

悔やまれるご退任

小町さん、東宮大夫として皇太子ご一家を支えて下さり、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

皇太子ご夫妻からの信頼があり、雅子さまのご体調や公務のために上手く調整して下さったことには国民の一人として感謝で一杯です。何よりも宮内記者相手に毅然とされていらっしゃったのは良かったです。小町さんのような方が両殿下のご成婚当初からいらっしゃったら良かったのにと思います。

アンチの一部には皇室の伝統、歴史に拘る余り、旧皇族や旧華族家の人間を多く侍従や女官に充てろと言います。外務省出身者の登用が目立っているからと。しかし、相手がどこの出身であろうと、皇族との信頼関係を第一に築くことができなければ、この職は意味がないわけで、その結果として、とある宮家では職員が次々と辞めていくという事態が発生しています。どことは言いませんが、あちらは宮妃の態度にも問題はありますけどね。

話は戻り、この度のご退任は大変悔やまれるものですが、今後は恐らく東宮職の御用掛として当面東宮職に留まるのではと考えています。前の野村さんも同様でしたので。

後任は式部官長の小田野さんを充てるようですね。小田野さんのことは存じ上げておりますが、後任でも今までの路線を引き継いでくださるよう願うばかりです。ようやく着実に回復への一歩に向かっている皇太子妃殿下。西宮さんもいるので心配はしていませんが、時計の針を元に戻すようなことはあってはなりません。

次の御世

初めて投稿させていただきます。
よろしくお願いいたします。
こちらでも安置の浅はかさがよく取り上げられています。
あそこのおかしな意見の中の一つに「皇太子の代になれば
秋篠宮さまが実質天皇か摂政となり今より忙しくなる」というのがあります。
ですが私は全く違う展開になると思います。
皇太子様は今の両陛下のような無駄なお出ましは受け継がないと思いますし、弟宮に丸投げとかもあまりないと思います。
特に弟一家を冷遇はなさらないと思いますが、気が合わないし確執があるので親しくはしないと思います。
寧ろ信頼でき聡明な雅子皇后や敬宮様や久子様がおられるし
その方々を補佐になさるのではないでしょうか。
そして敬宮様を皇太女にという世論は大きくなると思います。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR