速報 りょーへーか>今月の19日に熊本へ行くわよー!お出迎え夜露死苦!

両陛下の熊本訪問、今月19日で調整進む

天皇・皇后両陛下が、熊本地震の被災状況を視察するため、今月19日に熊本県を訪問される方向で調整が進められていることが分かりました。

政府関係者などによりますと、両陛下の熊本訪問は今月19日の方向で調整されていて、日帰りを予定しているということです。

熊本県では特に甚大な被害が出ている南阿蘇村と益城町に加え、熊本城の被災状況の確認のほか、避難所で被災者を見舞うことも検討されているということです。移動手段には、ヘリコプターの使用も予定されています。最終的な日程などについては、今後の事前調査や余震の状況などを見て判断していくということです。

両陛下は、熊本地震で多くの犠牲や被害が出ていることに大変心を痛め、できるだけ早い時期に被災者を見舞いたいという強い気持ちを示されていました。
(10日23:31)

TBS系ニュース

今月の19日に熊本行き!

ってことは最初の地震発生から約1か月ってことですね。



>熊本城の被災状況の確認のほか

えー、なんで熊本城の被災状況を確認するの?

テレビで見れるじゃん。

へーかが行ったら修復できるってわけでもないし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ババ抜き

ババ引いてしまったのですね。二次被害としか言いようがないです。

もうお涙頂戴はいらない

とうとう決めてしまいましたね。それも来週の19日だなんて、あまりにも早すぎだと思います。

今の被災地の状況を知っていますか?昨日からの大雨の影響で一時的に避難を余儀なくされたり、ボランティアの受け入れを中止したりしています。

それだけではありません。食中毒やノロウイルスの騒動、窃盗事件などが起きたり、震災の関連死が相次いだりと、もうすぐ1カ月経つ現在でも混乱は続き、行政も対応に追われているのが実情です。

そういうことはニュースを観ただけでも分かることなのに、なぜ今じゃないといけないんでしょうか?両陛下が動けば、たとえ規模を縮小しても多くの人が動くわけで、被災地に迷惑をかけてしまいます。

ましてや、被災地の人々の中にはプライバシー確保のため、避難場所にマスコミが入ることを嫌がる人々もいます。もし両陛下が避難場所でお見舞いされたら、平穏な時間を望んでいる人々のプライバシーはどうなるんでしょうか?

もうお涙頂戴の慰問行幸啓はいりません。北原様をはじめ被災地の人々のことを第一にお考えなら、今は東京で静かにお過ごし頂くべきです。

被害状況の確認?

ヘカテーさんが仰る通り確認しても何か出来る立場の老人ではないわけで。
要するに野次馬根性丸出しにして見物したいってことかな?
避難所でのお見舞いは検討中って自愛さま何しに行くの??
もしかしたら熊本県知事さんが県民の声を吸い上げて宮内庁の圧力と闘っていらっしゃるのかな。
是非、被災地見学と崩壊した熊本城をご覧になって真っ直ぐ帰京下さい。
翌週発売の週刊紙はどのように美談として載せられるか。
記者の皆さん!文才の見せどころですよー(笑)

行くと言ったら行きます!

以前書いた朝日の「被災地の両陛下をたどって」では、4月初めに岩手県の秘書課に電話が入ります。
「行幸啓担当はどなたですか」
「天皇、皇后両陛下がお見舞いになりたいので、候補地を決めて粗々の日程を組んでいただけないか」
釜石市と大船渡市が候補に上がりますが、大船渡はヘリポートが確保できないので釜石市に絞られます(後に宮古市追加)。
なぜヘリポートが必要かというと、4月末まで東北新幹線が復旧せず、自衛隊のヘリを使うため。
ここで、復旧するまで待とうなんて考えないのが平成の両陛下。
しかも「打ち合わせのため東京においでになれませんか」とアホな要求をされます。
当然「まだ新幹線も動いていないので無理です」とお断りすると、4月下旬に宮内庁職員が乗り込んできます。
そこで、ヘリも使ってのリハ。

訪問先に決まってしまった釜石市には、4月15日頃に県から連絡が入ります。
「両陛下がご訪問されることになりそうです。候補地となる避難所の図面はありますか」
19日と29日に担当職員が訪れて下見やリハーサル。
救援物資の受け入れや仕分けを担当する職員の移動用に使われているので、ヘリポートから避難所への移動に県のバスは使えません。
さて、どうする。
陸上自衛隊第9師団に「運転手とバスを貸してくれ」と県からお願いです。
断れるはずがないので、マイクロバス3台と運転手、整備士が貸し出されます。
第9師団は、青森から救援活動のために来ていました。
かくして、両陛下は5月6日、花巻空港に降り立ったのでした(2日の予定が雨で延期)。
出迎えた師団長に陛下は訪ねて曰く「隊員は大丈夫ですか。疲れていませんか」

わはは~。
色んな意味で疲れてるだろ。

今回もヘリが使われるそうですし、こんな感じの攻防が繰り広げられたことでしょう。
きっと。
発表があったということは、既に職員のリハ済かもしれませんね。
海外の行きたいところにも我を通して行っちゃうんですもの、国内が抵抗できるわけがありません。ヤレヤレ。

ガ〰ン!!

分かってはいましたよ。いくら拒んでも、きゃつらは何れやって来るって。でも、来週って有り得なくありませんか。これまでの被災地の皆さまの気持ちが痛いほど分かります。何というか、言葉が出ない。高みから見物する人の不幸はそんなに楽しいですか?りょーへいか。皇太子さまと雅子さまなら、こんな酷い仕打ちはなさらないはずです。

被災者の やる気を奪う ご訪問
…北原、心の一句。

ごり押しもここまでとは

19日って来週ですね。最早「徘徊したくてたまらない」と
いった風にしか取れません。

先日、リョーヘーカの公務を減らすという記事が出ましたが、
「お出まし公務」だけは、何が何でも、誰か何と言おうと、
それこそ太陽が西から昇ったとしても、
絶対に減らさないし、譲らないんでしょうね。

不敬上等

もう、いっそ○んでくれ、としか。




○←死

自愛の徘徊老人の本領発揮ですね(笑)

友人に航空自衛隊の整備士がいて、GWに超短期間、熊本に派遣されてたんですよ。いくらなんでも短すぎない?って言うくらいの短期間。
きっと徘徊老人のお世話のシュミレーションだったんですかね?

ついにこの日が…(呆)

記事を読むだけでウンザリした気分になりました。どうして今の天皇皇后は「待つ」ということができないのでしょうね。天皇皇后が慰問したところで地震がなくなるわけではないし、被災者の人々の生活が楽になるわけでもないし、崩壊した橋やお城が元通りになるわけでもないのに。

しかし記事をよく読むと、「日帰り」での慰問しか認めてもらえなかったようですね。九州や中国四国などの全てのホテルや旅館が、天皇皇后の悠長な宿泊を「お断り」したのかもしれません。

熊本城に関しては、建築の専門家や城の研究者、全国のお城ファンの人々こそ間近で被災状況を確認したいと思っているはずです。でも今は危険なので立ち入り禁止になっている区域もかなり広いです(立ち入れるのは二の丸広場くらい)。天皇皇后がわざわざ熊本城に行きたいと指定したこと、ただ「地震で崩れてしまった熊本のランドマークを見たい」という観光目的のようにしか思えません。一体どこまで立ち入りを許すのでしょう。もしかしたらまた「くまモンさんにも会いたいわ~」とか思ってるかもしれませんね。

そしてまたヘリを出動させるとか…呆れてものが言えません。
ほかの方もコメント欄で指摘されてましたが、「避難所の集約」というのはもしかしたら天皇皇后の慰問をラクにするため?という疑問を感じました。建前では被災者の状況把握を容易にするためとか、子どもたちに学校(体育館)を使わせてあげるためということになっているようですが、天皇皇后の慰問の便宜のためという理由も大きそうだと感じます。避難所の集約に乗り気でない被災者も少なくないようですが、果たしてどうなることやら。

皇太子ご夫妻や秋篠以外の宮家の方々は、天皇皇后のせっかちで独りよがりな行動に惑わされることなく、ご自分の意思で慰問すべきタイミングを見計らっていただきたいと思います。早く行けばいいというものでは決してありませんから。

りょーへーか

もういいよ。
勝手にやっててくださいな。

熊本被災地見学旅行の服が完成したんでしょうね。

東日本大震災を見ながら、

アタクシが子どもを抱いた時に、
アタクシの温もりが伝わるような服を作りなさい。

とデザイナーに命じた美智子皇后です。



熊本被災地見学旅行に着てゆく新しい服が完成したんでしょうね。

美智子皇后が着る服は、同じ服に見えるけれど、実は違う服というのが本当にたくさんありますからね。
それの着物バージョンもある。

熊本被災地見学旅行は日帰りだから、一着しか被災者に見せてあげられなくて残念ですね、美智子皇后。

もしかしたら途中で着替えて、午前の部と午後の部みたいに衣装を替えるかも?

そして、バスやヘリコプターから降りた時、どこに立てば最も美しく撮れるかという位置をチョークで記してあるんでしょうね。
東日本大震災の被災地見学旅行した時のようにね。


ゴリ押しでお見舞いに行く老夫婦

文字通り、「恫喝ゴリ押しお見舞い」ですね。
鯰家の度重なる裏口不正入学と全く同じ。

「我々は見世物じゃありません!」「両陛下の美談DVD撮影のエキストラじゃありません!」って横断幕でも作って、お見舞い拒否・・・・なんて、できるわけありませんね。

逮捕はされないまでも、妙なレッテルをはられてしまうのが落ちでしょう。

でも、それぐらいはっきりと「迷惑ですよ」と意思表示しないと、どんどん善意の押し付けが拡散していってしまいますね。

災害被害の一般国民相手にこの傍若無人ぶり、一体、雅子様はどれほどひどい目に遭っているのかと、想像するだけで恐ろしくなります。



大迷惑極まりない

はじめまして、ヘカテー様

いつも鋭い突っ込みを楽しみにこちらを訪問しておりましたが、
熊本地震での、りょうへーかの余りの阿呆さに我慢ならなくなり、初コメント致します。

りょーへーかは、先日行われた春の園遊会になんと八代市の副市長をご招待してましたよね。
あの日、八代市の避難者数は1,000人を超えていました。
さすがに、市長は辞退したのでしょうが、代わりの者が、
ただ、「大変ですね、頑張ってください」とりょーへーかからのお言葉を賜るためだけに行かなければならないなんて。
本来、副市長はトップの補佐として、市民の生命・財産を守ることを最優先しなければならないはず。りょーへーかーの「被災地へのご配慮パフォーマンス」に付き合っている暇はない。
園遊会は、ドレスコードの指定があり、行くならそれなりの恰好をして行くことになるけど、この非常時に一張羅でめかし込んでいかねばならないとは。八代市民じゃなくても呆れてものが言えません。

余震も続いているため、被災地はどこの自治体も、災害対応で市民も職員も毎日生活することに精一杯なのが、なぜあの人達には分からないのでしょうか。

そして、19日の熊本訪問発表。
今日も熊本は激しい雨の天気でしたが、もうすぐ梅雨、台風の時期。
二次災害を防ぐためにやらなければいけないことは山ほどあります。
また、熊本県議会は6月1日開会予定、市町村長も6月は議会対応に追われます。平常業務と災害対応に加えてね。
だから、余震があっても、どうしても、りょーへーかを受け入れしなければならないのなら、やむなく今月中に、との判断だったのかも知れません。
「今、忙しい」「それどころじゃない」って断れたらいいのに。
知事さんはじめ、行政の方々がお疲れで倒れてしまわれないか、本当にお気の毒でならないです。

そういえば、りょーへーかは、4月14日の激震の翌日に早速張り切って知事にお見舞いの言葉を伝えていましたね。
夜間の地震だったため、まだ災害の全容も掴めていないなか、
「72時間の壁」といわれる人命救助の成否を分ける初動対応に、全力を挙げなければならない被災地のトップの時間を1秒でも奪うとは、本当に熊本の人の命を軽視しているとしか思えません。


呆れた

北原様、心中お察しします。
被災された皆様はまだ大変な状況に置かれているというのに、ヘーせーのリョーヘーカは、早速慰問強行とは。

どうせまた新しい服を作って、感謝されたくて歓迎されたくて(本当はうわべだけなのに)、東宮ご一家叩き記事を書かせるためなんでしょうけど。

いつものお出掛け気分お遊び気分の、野次馬根性丸出しの慰問なんざ、まさに迷惑そのもの。

このお出掛け慰問強行の一連の流れを暴露してくれる勇者、出てきて欲しいものです。

国民から嫌われたいの?

行っても何もできないと、故郷を案じるだけの年寄りも大勢いるはずです。

繰り返す南洋の戦跡旅行もそうですが、本当に「夫・父・兄のお骨を拾いに行きたい」「亡くなった場所に御線香をあげたい」と思う高齢者がいるのに、そんなお身内のいないヘイカ夫妻が行くことはないんですよ。
この場合のご遺族は、高齢なだけで行けないのではありません。
「そんな費用が捻出できない」から行かないのですよ。

自然災害も同じです。
足腰が動いたとしても、現地を行き来するお金が無いんです。

ヘイカ夫妻の今の行動は、マスコミがどんなに美談に盛っても、国民から嫌われたいとしか思えません。

訪問準備について

主人が訪問準備に携わったことがありまして、
皆様にも地道な努力を知っていただければと。

両陛下が訪問されると決まりますと、通行予定の道路で
「道路点検」というのが行われます。
道路の目視チェック、道路脇の草むら等に不審物がないか、
必要とあればマンホールの蓋を1つ1つ開けて、
蓋の裏に爆弾がしかけられていないかまで点検します。
(ここが一番仕掛けやすいようで)

通行ルートにマンホールいくつあると思います?
とんでもない数ですよ!
平常時でも大変な作業です。
まして熊本県は被災地、
行政職員もマンホールのチェックなどしている暇はないはずです。

お二人が動くということは一事が万事こうゆうことです。
どうぞ、
外出は御所でおとなしくお過ごしいただきたいと思います。


地に植えた播家菜

高貴高齢者らが、慰霊や慰問を名目に年中あちこちかけずりまわるのは
着飾ってお出かけするのが大好きなためだと思っていましたが
被害が出ると決まってのぞきに行きたがるのはやはり不謹慎かつ非情にすぎます。
かくのごとき、氏荷久を求めてさまよう、地に植えた播家菜さながらの行動を
美談仕立てに報じて久しい平成時代ですが、もう、本当にそろそろ幕引きでもよいのではないかと、
新しい年号を予想する、今日このごろです・・・。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR