りょーへーかの地方公務は地元が疲弊する

りょーへーかが

「ボク朕、来週熊本へ行きまーす!」宣言をしました。

熊本市民の北原さまをはじめ列外派読者の方々は

「早すぎだろ!」

と突っ込みました。

その中に、実際はどれだけ大変なのかを知ってほしいというコメントがあったので紹介します。

なおくんママさまコメント
主人が訪問準備に携わったことがありまして、
皆様にも地道な努力を知っていただければと。

両陛下が訪問されると決まりますと、通行予定の道路で
「道路点検」というのが行われます。
道路の目視チェック、道路脇の草むら等に不審物がないか、
必要とあればマンホールの蓋を1つ1つ開けて、
蓋の裏に爆弾がしかけられていないかまで点検します。
(ここが一番仕掛けやすいようで)

通行ルートにマンホールいくつあると思います?
とんでもない数ですよ!
平常時でも大変な作業です。
まして熊本県は被災地、
行政職員もマンホールのチェックなどしている暇はないはずです。

お二人が動くということは一事が万事こうゆうことです。
どうぞ、
外出は御所でおとなしくお過ごしいただきたいと思います


コメントありがとうございます。

マンホール全部チェック!

まあテロリストが仕掛けるならそこですよね。

例え、マンホール全部チェックしてもその後に仕掛けられるということもあります。

(結構そういうのが多いそうです)

海外のテロの場合そういうことがあるから何回も調べる必要があります。

いやー、たかがりょーへーかの地方訪問にそこまですることにビックリですよ!

「天皇だから当然でしょ!『たかが』とか言うな!」という声もあるでしょうが、

昭和天皇は「戦争責任」ということでテロリストに狙われる可能性があるからわかります。

でもさー、こんだけ歩き回ってて、「平和の使者」みたいな顔してる天皇だよー。

警備費用無駄じゃん。



さて、東日本大震災の時はどうだったのかと言うと・・・

まるさまコメント

以前書いた朝日の「被災地の両陛下をたどって」では、
4月初めに岩手県の秘書課に電話が入ります。
「行幸啓担当はどなたですか」
「天皇、皇后両陛下がお見舞いになりたいので、候補地を決めて粗々の日程を組んでいただけないか」
釜石市と大船渡市が候補に上がりますが、大船渡はヘリポートが確保できないので釜石市に絞られます(後に宮古市追加)。
なぜヘリポートが必要かというと、4月末まで東北新幹線が復旧せず、自衛隊のヘリを使うため。
ここで、復旧するまで待とうなんて考えないのが平成の両陛下。
しかも「打ち合わせのため東京においでになれませんか」とアホな要求をされます。
当然「まだ新幹線も動いていないので無理です」とお断りすると、4月下旬に宮内庁職員が乗り込んできます。
そこで、ヘリも使ってのリハ。

訪問先に決まってしまった釜石市には、4月15日頃に県から連絡が入ります。
「両陛下がご訪問されることになりそうです。候補地となる避難所の図面はありますか」
19日と29日に担当職員が訪れて下見やリハーサル。
救援物資の受け入れや仕分けを担当する職員の移動用に使われているので、ヘリポートから避難所への移動に県のバスは使えません。
さて、どうする。
陸上自衛隊第9師団に「運転手とバスを貸してくれ」と県からお願いです。
断れるはずがないので、マイクロバス3台と運転手、整備士が貸し出されます。
第9師団は、青森から救援活動のために来ていました。
かくして、両陛下は5月6日、花巻空港に降り立ったのでした(2日の予定が雨で延期)。
出迎えた師団長に陛下は訪ねて曰く「隊員は大丈夫ですか。疲れていませんか」

わはは~。
色んな意味で疲れてるだろ。

今回もヘリが使われるそうですし、こんな感じの攻防が繰り広げられたことでしょう。
きっと。
発表があったということは、既に職員のリハ済かもしれませんね。
海外の行きたいところにも我を通して行っちゃうんですもの、国内が抵抗できるわけがありません。


教えてくださってありがとうございます。

誰かー、この二人を止めてー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

追伸

さっきナ、大事なこと言い忘れたのっしゃ。ちゃんとさっきのコメント送られてなかったら、これ、さっさと消してけろナ。迷惑かけて、すまねぇナ。
おれ、人のこと悪くいう資格ねナ。だめだナ。
その節は、全国から助けていただいて。ありがとうございました。
自衛隊とかナ、他県ナンバーの緊急車両が、ぞくぞく来てくれたのっしゃ。
次に他県ナンバーのバスが、作業着着た人たづ乗せて、ぞくぞく来てくれたのっしゃ。
おれナ、ありがたくて涙でたっちゃ。
募金だの物資だの、全国のみなさんのおかげで、ここまで来たっちゃ。ありがとうなア、ありがとうなァ。

やさしい人たづ、いっぱいいるのにナ。
なんで15歳の女の子ば追いかけ回して、週刊誌さ載せてサ。治るものも、治らねべ。
住みにくい世の中になったからナ。うっぷんがたまってるんだべナ。言いたいこと言ねがら、黙って耐えているお三方にぶっつけるんだべナ。痛ましぐでナ。
でも、お天道様はじっとみてると、婆っぱは思ってるんだ。
また、長々と失礼しました。今度こそさようなら。




プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR