管理人が思うアンチ像は「贅沢しているタクシードライバー」

中島みゆきの歌に「タクシードライバー」というものがあります。


タクシードライバー歌詞

YOUTUBEでは素人によるカバーがうじゃうじゃしていますが、

中島みゆき本人のものはありません。(前はあったのですが)

主人公は恋人と別れ、頼れる人もなく、住むところもなくなってしまった若い女性です。
彼女はお酒を飲んで泣きながらタクシーに乗りました。
彼女に対してタクシードライバーが
野球の話と天気予報が外れた話を何度も繰り返し話しかけてくれるというあらすじです。

「タクシードライバー 苦労人と見えて」というように苦労人のタクシードライバーの優しさが現代人の心にしみます。

アンチはその反対に贅沢しちゃっているタクシードライバーです。



贅沢しているタクシードライバーは

行き先もなく頼る人もいなくて泣いている若い女性に対して

「ちょっとお客さん、吐かないでくださいよ」からはじまり、

「まったく、お客さんみたいな人がいるから最近の若い人はダメだって言われるんですよ。

私の若い頃なんかね・・・」と延々、自分語りをする。

別に大した苦労でもないことをドラマの主人公になったように話出す贅沢タクシードライバー。

挙句に「まったく、お客さんも私を見習ってくださいよ」と支払いの際に言うという質の悪さ。



人の苦しみを理解しようともせず、傷口に塩を塗りこむような人間。

それが私の中のアンチ像です。


追伸 イトコばあちゃんの着物の着方はどう考えても変だし、川嶋家はどう見ても狭いです。
あれを普通と言ってしまうアンチはどういう人生を送ってきたか知りたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR