お茶の水女子大学付属小学校4年生の運動会の種目

・台風の目

・玉入れ

・大玉送り


http://www.sankei.com/life/news/160521/lif1605210024-n1.html

大玉送りってこれっすよね↓


宮さま、この時幼稚園児

へー、お茶の水女子大学付属小学校って小学校から私学に通わせる程の余裕はないけど、頭のいい子供が通う学校と思ってたけど、そうでもないんですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

つくづくほかの子どもたちが不憫

台風の目、私も小学校時代の運動会で経験しました。学年はよく覚えていないのですが、4年生よりも下の学年の時だったような?しかしこの競技は悠仁くんの走りを色々カバーできるものだと感じます。
あとは玉入れに大玉送り、ですか…ダンスや障害物競争などはやはり無理だったのでしょうね。悠仁くんのレベルに合わせざるをえない同級生の子たちが心底気の毒です。保護者たちも、これでは何のためにお茶小に我が子を入れたのかわからないですね。

大玉送り

大玉送りって、全学年全員集合の種目です。
赤白に別れて、ずらーっと並んで大玉を送るのです。
1、2年生は列の間を転がして、3年生からは頭上に上げて送ります。

大玉が跳ねたりしますから、正直、玉に触れない子どもも居ます。
つまり…並んで居れば大丈夫な種目です。

裁きはこれから始まる

流石に札束で矜持を捨てた学校。OGの方や保護者の方は歯噛みしてるだろうなぁ。子どもの運動会って案外団体競技のレベルとか完成度高くて、うちの子も成長したなぁ、と感慨に浸ったりするもんだけど、ひそくんがいたらそれどころじゃないからホントにお気の毒。

ひそくんにはちょっと同情してたけど、ポケットに手をつっこんでいる姿が悪辣で、くそガキに情けは無用だと思いました。産廃をこれからどうするんだろ。秋篠宮家の罪は重い。国民に押しつけないでね。

この子、いくつ?

昨日、ニュースでこの運動会を見ていた夫が、「いくらなんでも、ちょっとおかしいな」と言いましたよ、「この子、いくつ?」と。
全く皇室に関心など無い人なんですがね。

今回の画像を各局見てみましたが、悠仁君、クラスメートたちとの日常的な交流が全然ないんだな、ということがはっきり見てとれますね、まるで「お客さん状態」です。

隣のお世話係の女の子、一昨年と同じお嬢さんでしょうか?さぞ迷惑でしょうね。

思えば、これまで一度も、彼が同級生たちと普通に自然にうちとけた子供同士の会話をしている姿を見たことがありません。

毎日学校で会って、同じ教室で一日すごしているという空気感がまったくない。

競技内容も、幼稚園児みたいだし、組体操なんて夢のまた夢でしょう。

そろそろお茶大小学校の教育体制、カリキュラムにまで支障が出かねない状況かもしれませんが、ま、殆ど登校してないなら、大丈夫でしょうかね。
イベントの時だけ特別体制を組めば、それで済むんでしょうから。

彼の愚かな両親や二人のネーチャン達がこれでいいと思ってるんだから、この子はこのままにするしかないのでしょう。
普通なら、児童相談所に通報すべきかな、とも思いますが。

マスコミも長年、美智子さん、紀子さんと昵懇になることで記事を書いてきましたから、このままずっと彼らが垂れ流す嘘を書き続けなきゃなりませんね、まだまだ地獄は続きますよ。


それから、この運動会直前の美智子さんのお茶大でのレセプション出席、あれって、ハーバード大やオックスフォード大の学長などが関係する財団主催の講演会なんですね。

皇族への招待があったとすれば、間違いなくそれは雅子様か久子様、或いは彬子様の3人に対してしか考えられません。

美智子さん、こうやって別の人への招待を、勝手にかすめ取ってるんだな、ということがよくわかります。

悠仁君で迷惑かけまくってるお茶大への、あいさつがてらのついで公務だったのかもしれませんがね。





予行演習だったらよかったです。

お茶の水のお子さんがたが本当にお気の毒です。この
台風の目?ですか?、この部分だけ、別撮りで、本来の運動会は悠仁さん抜きで開いて差し上げたいと思いました。たまにしか登校しないとは言え、楽しい思い出になるべき行事に、何の罪もないお茶の水の児童、保護者の方々が迷惑を被ってるのが、痛ましいです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR