りょーへーかの熊本益城町慰問の舞台裏

こんなの見つけちゃったよ



何かおばちゃんが大声で指示出してますね。

ふと疑問に思ったのですが、

りょーへーかが災害慰問の際に、避難所でスリッパを履かないことが美談になってます。

あれって何で美談になるのかイマイチわかりません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コロッケさん、中居くん>>>>‥両陛下

被災地の方々にとっては、本当に、ど~でもいい、今回の押し掛け、慈愛押し売り慰問だったんですね。熊本の方々がお気の毒でなりません。スリッパにそんなに固執するなら、諱はスリッパ天皇にすればいいと思います。

動員かけられて指事されて待つ

しばらく皆さんたちは、ここで待ってて下さい!

はいストップ~!

子供だけ?


ヤラセ感ありありw
これで両陛下を見ると感動して泣くのね。
お膳立てされているから涙も簡単に出てくるのかしらねー。

つまり、本当はスリッパ履きたいんですよ。
本当はスリッパ履かないなんて汚いと思っていて、そこをお得意の自愛…あ、間違えたジアイで我慢してやってやるんだから美談になると踏んでるんですよ、きっと。
高貴なアテクシが、汚くて本当は嫌で嫌でたまらないけど、下々の人間と同じ目線になるべくスリッパなど履かずにアテクシ励ましに参りましたの、ってやりたいんじゃないですかね?

京都の御所ですら靴脱がない元平民のコーゴーですしね。

表に声が出てき始めている

今週の「週刊女性」、Webに上がっていた記事です。

両陛下は「怖いとか危険だという前に、国民を思うお気持ちが強い」
http://www.jprime.jp/tv_net/imperial_household/27563

渡辺みどりだの宮内庁担当記者だのを使ってのいつもの美談持ち上げ記事です。
でもね

>5月19日、「熊本地震」の被災地を日帰りで見舞われた天皇・皇后両陛下だが、前の週にその予定が報じられると、
>読者から「両陛下が現地をお見舞いすれば、人手がかかることになります。余震が続くなか、もう少し落ち着いてからいらしたほうが、被災地のためになるのではないでしょうか」といった声が『週刊女性』に届けられた。

と書かれているんです。
おそらく、実際には、相当な疑問や批判の声が届いているのではないかと思います。
それに対する適切な回答はしてませんけれどね。

>また、「自然災害に負けない姿勢」をお示しになる目的もあったのでは、と話すのは宮内庁関係者。

長崎国体に行ったときに台風が来そうになると「自分たちのために警備がとられると迷惑がかかる」とか行って、予定を切り上げてとっとと帰京しましたけどね(笑)
あの時こそ、現地で祈ればよかったのに。

スリッパ

福島県の避難所ご訪問の時に関係者が、
「スリッパの用意」「昼食の手配」がとても大変だった。
本当にありがた迷惑と言っていたと、
以前こちらに投稿しました。

避難所の使い古したスリッパを両陛下に使わせるわけにもいかず、物流もままならない時期の突然の訪問に、
両陛下に相応しいスリッパを準備するのが本当に大変だったようです。

「スリッパ話」は関係者の耳に入ったのでしょうか?

「熊本ではスリッパは履きませんから、迷惑かけてません」
なのかなと、思いました。


プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR