ねーねー、なんで出待ちしてあげないの?秋篠宮家って人気者なんでしょ?

皇室7DAYSにもバッチリ予定が書かれていた先週土曜日の世田谷文学館訪問

これがその日の様子↓



出待ちの人が一人もいない・・・。

まあ、鳥がチュンチュン鳴いてるから早朝なのかな?

それにしても一人もいないっておかしくないかい?

秋篠信者が毎週月曜日にチェックしている皇室7DAYSにバッチリ書いてあったんだから、行ってあげなよ!

で、本日の秋篠さんちの様子

父ちゃんと眞子丼が東京都美術館に行きました。



帰りの際に一応出待ちの人がいますね。

しかし、スーツを着た男の人が

「ご協力ありがとうございました」

って言ってるんですよね。


・・・もしかして通行人に

「すいません。秋篠宮さまと眞子さまがいらっしゃってるのでちょっとここで待って声をかけてください」

とお願いしたんじゃないだろうね?

秋篠さんちの車が行ったあと、みんなすぐ離れて行ってるんだよなー。

参考動画↓雅子さまのお誕生日の映像


出待ちの人たちは車が行ってもすぐにはその場を離れません。


あと眞子丼は秋篠宮家のルールに従って、今日も黒のパンプスと黒のバッグでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

雅子さまのときは

私事ながら、昨年の12月の皇太子妃雅子さまのお誕生日という嬉しい日に偶然、半蔵門をお通りになる雅子さまを間近で拝見し、お祝いの言葉を申し上げましたが、あの時のことは今でも覚えています。

前回書いたかどうかは忘れましたが、雅子さまの時は事前の知らせとかはなく、自然に人々が集まったと思います。皇室追っかけの方々は勿論、私のように偶然雅子さまを拝見できる機会のあった人々、観光客、更にはサラリーマンもいたと思います。

勿論、皇宮警察や警察の方が「雅子さまがいらっしゃいます。是非、お出迎えしてくださーい!」なんてことを通行人には言いません。次第に人々が自然と集まり、皆さんとともにお祝いをさせて頂きました。その時の雅子さまの笑顔はとても素敵で、療養に入られる前の輝きを取り戻しつつありました。

ちなみに雅子さまが皇居に入られた後、その場を後にする方もいましたが、中にはお帰りのお見送りもしようと場所を移動する方々もいらっしゃいました。私は友人と会う時間が近づいていたので残念ながら、お見送りはできませんでしたが、後で動画を観たとき、お出迎えの時よりも多くの方々がお見送りをされていてビックリしました。私も最後まで残って、雅子さまをお見送りしたかったですね。

裏口が似合うなぁ

裏口から出て行ったんですね-w
それにしても世田谷文学館。数年前、閉館後に皿がひとりで行っている筈。
なんだろう。皿繋がりの何かがある?

ヘカテ―様、世田谷文学館の周りは高級マン(億)ションが多くて、子どもは小学校から名門私立という方も多いです。
鯰が来たって・・・ねぇ?閑散とした見送りも納得ですw

マスコミの主催・協賛

世田谷文学館で挨拶していらっしゃる女性は、児童文学作家の上橋菜穂子さんでしょうか。
彼女の作品に関する展覧会だったようですね。
こちらの展覧会の協力企業には、新潮社、講談社、角川、筑摩書房が名を連ねています。

下の画像のブータン展には、フジテレビ会長の日枝氏が出迎えているのがわかります。
たかだか秋篠宮家の父娘のために、忙しいのにわざわざ美術館にまで来てるんですね。
このブータン展の主催は、フジテレビ、産経新聞、東映となっています。

大体、美術展やコンサートって、チケットを見ればわかりますが、殆どが新聞社、テレビ局、出版社や広告代理店が主催・協賛に名を連ねています。

こういう鑑賞系公務にマメに顔を出してマスコミのご機嫌取りするのも、皇族としての世渡り術なんでしょうか、今上夫妻譲りですね。

先日、舛添都知事の「視察」のうち7割が「展覧会鑑賞」だったことがわかり、「私的趣味を公務にしているのはけしからん!」と大バッシングされていました。
だったら今上夫妻も(立場は違うとはいえ)ほぼ同様のことをやってるんだから、ちょっとは批判しなさいよ、と思ってしまいました。

本来、展覧会もコンサートも、ゆったりと心を豊かにするために行くものであって、公務の回数かせぎや「熱心に働いてますアピール」のためのものではないはずです。
正直、今上夫妻や鯰家のどうでもいい外出を見ると、もう、うんざりしますね。
もはや昨日のように、公園を夫婦で散策しただけでも公務になっている始末。

結婚なさった典子女王は、婚約時の報道で、趣味としてプライベートで美術展によくいかれると書かれていました。

上記の世田谷文学館もブータン展も、わざわざ公務にしなくても、暇なときに私的にそっと行ったっていいんですよ、眞子さんは単なる宮家の子供ですしね。
それにプライベートだと、警備や応対の負担もずいぶんと軽くなるんでしょうから。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR