人生の先輩方へ質問です

えー、よみうり報知写真館を調べていたところ

以下のような記事がありました。

平安朝挙式が急増 紀子さまにあやかり十二単とおすべらかしで/大阪市
1990年06月17日
大野屋迎賓閣では「紀子さんにあやかって」ロイヤルカップルの結婚の儀を控えて、あやかり組の心理をつく、あでやかな平安朝結婚式が急増中。十二単とおすべらかし、色直しをセットで80万円コースは、すでに5組が挙式(大阪市中央区の大野屋迎賓閣)


https://database.yomiuri.co.jp/shashinkan/yomiuriPhotoEnlarge.action

平成育ちの管理人は覚えていないので、
当時のことをご存知の方は紀子さまにあやかって十二単結婚式が流行っていたか教えてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Re.平安朝挙式が急増 紀子さまにあやかり十二単とおすべらかしで/大阪市
1990年06月17日
畏れ多い皇族のお衣裳、キコさんでも皇室に上がれるのだ!
すっかり庶民的になった王朝絵巻の十二単衣
庶民の金持ちより庶民的になった皇室
鯰の成婚で庶民はそう思ったのです。

浪花っ子さま

コメントありがとうございます。

〉畏れ多い皇族のお衣裳、キコさんでも皇室に上がれるのだ!
〉すっかり庶民的になった王朝絵巻の十二単衣
〉庶民の金持ちより庶民的になった皇室
〉鯰の成婚で庶民はそう思ったのです。

そういえば藤原紀香も十二単を結婚式で着ていましたね。
その元は秋篠さんちだったのかも

No title

特に記憶にないですね。
結婚式場の、一時の話題づくりだったのでは?

キコちゃんスマイル

平成に入った頃の皇室には、重みも華もありませんでした。
突然、若い娘がメンバーになったので、マスコミは飛びついた。眞子さんが生まれたあたりまで。
そのへんで、雅子妃入内。
紀子妃の話は、マスコミ、しなくなりましたね。
しかし、平凡なOL だった私の耳には「キコさんってカラダで、あほのアーヤをたらしこんで皇室入りした」
「いたるところで発情してまぐあったので、あまりの恥ずかしさに天皇皇后は、結婚を許した」
噂が聞こえてきました。職場とお稽古ごとの場で。ネットもない時代です。
昭和天皇の喪中、喪服着て爆笑して婚約会見した紀子さんに驚いてましたから、噂は信じましたよ。
あの昭和天皇の喪中は、芸能人までこぞってお祝い事を延期し、五木ひろしなんか延期した為にデキ婚がバレたくらいでした。それなのに将来の宮家当主たる親王が「私にも責任があることですし」とか言って。
これなら私らも真似できる~と、十二単結婚も流行した…かな?

同時中継されてました

キコさんの結婚式が中継されてる時に、他の結婚式場で十二単で式を挙げた人がいて、そちらも時々はさんで中継されました。
皇族の結婚式ってやたらと手間取ってかったるい場もあるので、気分転換のためでしょう。
まことに失礼ながら、そのお嫁さんがかなりの●●だったのでキコさんが綺麗に見えました。

その当時、昭和帝の病気による自粛ムードや、おぞましい連続幼女殺人事件などで世の中が重くよどんでいました。
そこへ婚約発表という明るいニュースだったので、マスコミが飛びついたのです。
団地育ちも清貧とか、家柄でなく人柄で選ばれたキャンパスの恋とか… 本来ならマイナス要因もすべて美談に転化されました。
今、東宮家がどんな美談も悪口のネタに歪曲されてるのと逆です。

その後十二単が流行ったかは知りません。私が出た式はほとんどウェディングドレスで、和装すらごく少数でした。着物さえ着なれない若い人にはきついかもしれませんね。

十二単で結婚式

私の記憶では十二単ブームはなかったと思います。
それまでも十二単の結婚式がなかったわけでもないでしょう。

ただマスコミは3DKのプリンセスともてはやしていたので話題にはなっていたように思います。

私の知る限り一般人で十二単の結婚式は「藤原紀香」と「偽有栖川宮」くらいですね。

話題にはなってたけど

今思うと、華やかな話題が欲しくて、マスコミが大騒ぎ・連日報道していただけだったのかなあとも思う。
まだバブルのころで、景気も良かったしね。

ただ、持ち上げ報道のおかげで、「バカなアーヤにしてはふつうのお嬢さんと結婚できて良かった」と思ったし、結婚後すぐにダ○イ2回ド○○ツ婚の経緯を聞かされても信じなかったんだから、それなりにはマスコミ報道に騙されていました、情けない。

あ、でもいくら持ち上げ報道が続いても、憧れの対象とかじゃ全然なかったですよ。「要するに、親のすねかじりの半人前のバカボンとそのお相手が、皇族だと言うだけで結婚にこぎ着けて、大騒ぎなんだな―」「甘やかされている」という思いはしっかりありましたから。


やっぱり、皇太子ご夫妻のご結婚への憧れと尊敬とはレベルが違います。

皇太子ご夫妻のご結婚はいまいち盛り上がらなかったとか書いているアホをみると、嘘つけと思います。
まあ、バブルはじけて景気は悪くなってましたからね。確かにアーヤんときみたいな、マスゴミの異様な盛り上げ報道は無かったのかも知れない。あまり良く覚えていないが。
でも、心から憧れ、「皇室って素晴らしいな」と思ったのは、皇太子ご夫妻のご結婚です。マスコミの報道の程度なんて関係無く、尊敬の思いでいっぱいでした。

東大の正門近くの写真屋が、その後しばらく「祝ご結婚」と、雅子様が学生時代に撮った白黒写真を店頭に飾っていました。
今思うと、東大の学生になられたとき、学生証の証明写真用に撮られた写真だったんだろうと思います。
すぐに外交官試験に合格されたので、東大の学生だったのは1年程度(というか、入学してすぐ、5月ぐらいから試験を受けてらしたわけですよね、大学に通いつつ)だったけれども確かに東大の学生でいらっしゃった。
そして、たかが学生証のための証明写真でも、ちゃんと写真屋で撮影する、真のお嬢さま。

なーんでこの方を非難する報道ばかりが続いて
結婚して何年経ってもなんちゃって皇族にしか見えないアーヤ一家を褒め称えるのか、まったくもって訳がわかりません。

初秋さま、射手座さま、昭和育ちさま、満天星さま、名無しさま

コメントありがとうございます。

〉結婚式場の、一時の話題づくりだったのでは?

確かに私も聞いたことがないので、その可能性が高いです。

〉平成に入った頃の皇室には、重みも華もありませんでした。
〉突然、若い娘がメンバーになったので、マスコミは飛びついた。眞子
〉さんが生まれたあたりまで。
〉そのへんで、雅子妃入内。
〉紀子妃の話は、マスコミ、しなくなりましたね。

私は雅子さまが皇室に入られてからの記憶しかないので、キーコさんは一応知っていましたが、興味はありませんでした。今調べるといかに昭和がすごかったかが分かりますし、いかに平成初期はつまらない世界だったかが少しわかります。

〉私の知る限り一般人で十二単の結婚式は「藤原紀香」と「偽有栖川宮」くらいですね。

そうか、偽有栖川宮がありましたね。懐かしいなー。

〉キコさんの結婚式が中継されてる時に、他の結婚式場で十二単で式を挙げた人がいて、そちらも時々はさんで中継されました。

うわあ、筆頭宮家なのにその扱いって・・・
やっぱり当時から舐められていたんですね。

〉皇太子ご夫妻のご結婚はいまいち盛り上がらなかったとか書いているアホをみると、嘘つけと思います。

それ嘘ですね。古本屋で皇太子ご夫妻ご結婚記念の写真集は大量にありますが、秋篠さんちは2冊しか確認できていません。それに当時の映像や写真からは盛り上がりがこちらにも伝わってきます。

婚約ニュースが盛り上がらない

たしかに一部そう言う声もありました。
婚約が発表されたとき、女性たちからは「勿体ない!」という声が少なからず上がったのです。
日本女性の最高の地位に就くのだから、どんな女性でも玉の輿のはず。でもこの場合は「雅子様ほどの方があんな古臭い世界に閉じ込められるとは」という嘆きだったのです。

女性が高学歴化しつつありましたが、まだ学歴をふさわしい職業と結び付けられる人は少なかった。
すでに外交官になっていた雅子様には、ばりばり活躍して次代の女性のお手本になってほしかった、そう思うほど世の中が変化しつつありました。

事実、婚約会見ではにっこにこの徳仁さまに比べ、雅子さまはどこかぎこちなく「皇太子妃を拝命致しましたので頑張ります」と言うような、「不向きなポストなんだけどな」という戸惑いが見えました。

そして男児を産めなかったという理不尽な理由でバッシングされ、遂に病に倒れて今に至ります。
唯一の救いは、最初は夫婦としてぎこちなかった東宮夫妻が、この苦難を共に闘う間にゆるぎない信頼を築かれたということが、傍から見ても判ることです。

一方で恋愛で結ばれ、苦労せずに子供が生まれ、男児も生まれてわが世の春のはずの弟夫妻、次の記事の写真で判るように、どこか冷たい風が吹いている。目を合わせることも少ない。「本当に仲が良いんだろうか」という気がします。
庶民でも良くあります。結婚式とハネムーンまでがピークだった恋愛結婚と、結婚後にじっくり愛情を育む夫婦と。

敬宮さまも思春期。「私が女の子だったからお母様が非難されて病気になった」と気付かれたら、どれほど苦悩されるか。
こんな残酷な皇室は、無くなるなら無くなっても良いという気さえします。

昭和育ちさま

コメントありがとうございます。

〉日本女性の最高の地位に就くのだから、どんな女性でも玉の輿のはず。でもこの場合は「雅子様ほどの方があんな古臭い世界に閉じ込められるとは」という嘆きだったのです。

そうなんです。今でももしバリバリのエリート外交官がそれまでのキャリアを捨てて皇室に入られたら「もったいない」と思うでしょう。
それがまだ女性は結婚したら専業主婦がまだ主流だった時代ですからね。

〉敬宮さまも思春期。「私が女の子だったからお母様が非難されて病気になった」と気付かれたら、どれほど苦悩されるか。
こんな残酷な皇室は、無くなるなら無くなっても良いという気さえします。

それは同感です。
私もこれ以上ひどくなるなら無くなってもいいとさえ思うときがあります。
昭和天皇なら女系もOKだったと思います。

私も昭和育ち

「昭和育ち」様のコメント、私もそう思いました。
雅子妃のような優秀な女性が、皇太子妃とは「もったいない」。
日本で最高の地位の女性といっても「男出産マシン」にすぎない扱いで、外見はよいに越したことないけど、内面はフツーで充分!て世界でしょ。男を出産しなかったら、半殺しにしてヨシ。(子供の性別を決めるのは父親側の染色体で、近親結婚の続いた家系には女の子が生まれる。そんな自然の摂理を受け入れる平成皇室でもない。)
だから、雅子妃がもの凄く苦しむだろうことは婚約会見時にわかりました。雅子妃は、いかにも真面目な方でした。
香淳皇后にも女の子ばかり4人続けて生まれ、良子様は「女腹」と非難され苦しんだ。その話を両親から聞いてたので。
救いは、昭和育ち様のおっしゃるように、皇太子殿下が全力で妻を守り愛したことです。また、敬宮さんの優秀さと品格と強靭さです。
秋篠宮のほうは、アメリカ大頭領との晩餐会すっぽかしてタイに行ったくらいだから、いつまでたっても「まことちゃんのモデルのあほのアーヤ」。それにふさわしい嫁。それだけ。

思い返せば

射手座さま、フォロー有難うございます。
思い返せば、その頃女が大学に行くことも非難されました。
美智子さまの大学は、4年在学して卒業までいることはむしろ恥という学校かもしれませんね。結婚中退が女の花道。

私の中学の担任は20代前半でも女性蔑視が激しく、「女は今は成績が良くてもいずれ男に抜かれる」(本人はFラン出)と堂々と口に出してました。
確かにその現実がありました。だって社会を見れば女性のまともな採用はないと判って、どうして勉強に頑張れたでしょう。

雅子様のことを知って「外交官は女でもなれるんだ」と思いました。
当時は女が才能を生かすには、その職業の人と結婚して~夫人になることくらいでしたから。
私も「もったいない」と叫んだ一人です。

男の同僚は「僕はキコさんくらいの方が好きだな」と、出来過ぎる女性を敬遠していました。

最近また雅子妃の病気を「高学歴過ぎる故の不幸」にする動きがあります。
女が仕事もし、子供も産まなきゃ日本の将来はないのに。
Shineが「輝け」になるか「死ね」になるか、アベさん、どうしますか。

射手座さま

コメントありがとうございます。

〉雅子妃のような優秀な女性が、皇太子妃とは「もったいない」。
日本で最高の地位の女性といっても「男出産マシン」にすぎない扱いで、外見はよいに越したことないけど、内面はフツーで充分!て世界でしょ。男を出産しなかったら、半殺しにしてヨシ。(子供の性別を決めるのは父親側の染色体で、近親結婚の続いた家系には女の子が生まれる。そんな自然の摂理を受け入れる平成皇室でもない。)
だから、雅子妃がもの凄く苦しむだろうことは婚約会見時にわかりました。雅子妃は、いかにも真面目な方でした。


さすが射手座さま。
苦しむことを分かっていたなんて洞察力が優れていらっしゃいます。
本当に雅子さまは皇室にはもったいないと仰る方は多いですね。
私の親戚も全員「もったいないと思った」という意見でした。
まさか、ここまで苦しめられるとは国民一同想像すらしなかったでしょう。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR