6月16日は良子さまが昭和天皇の元へ旅立たれた日

2000年にお隠れになったからもう10年以上前なんですね。





今もなお、「美智子さま虐めの犯人」と汚名を着せられている良子さま

よみうり報知写真館で調べてみると良子さまが昭和天皇が崩御されてからものすごく認知症が進行していることが分かります。

パッと見た感じでは介護度4、もしかしたら介護度5だったんじゃないかと思います。

良子さまが崩御された日の映像がYOUTUBEを探したけど見つかりません。

昭和天皇はあるけど良子さまはありません。

昭和天皇と一緒の映像ばかりです。



アンチ東宮という名の下郎下女どもが

「マサコは香淳皇后の葬儀に出なかった」

と叩いてますが、

友納さんは

「実はその時流産されていてその療養の為にご欠席された」

と書いてます。

良子さまが昭和天皇の元へ旅立たれた一年後の2001年に生まれたのが、

良子さまにそっくりな敬宮さまです。

いやー、ミチコさまは驚いたと思いますよ。

あれだけ嫌いだった姑にそっくりな孫が生まれたんだもん。

「やっと死んだわ、あのババア」

と喜んでたら、

大嫌いな皇太子妃が良子さまそっくりな姫宮を出産した。

「大嫌い」と言っても何か嫌なことをされて嫌いなったのではなく、

「自分よりも優れているから嫌い」なのです。

敬宮さまがミテコさまから小さい時に可愛がられなかった理由は

「大嫌いな姑にそっくりなのに、自分より注目を集めていて人気があるのが気に食わない」

というのもありそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

当時から疑問でした

ほんの数年前までは今上夫妻、特に美智子さまはお優しい立派な人だとか、わたしも思っていたんですよ。
皇太子ご夫妻へのバッシングも、敬宮さまへの皇位継承も、いつか両陛下が手をさしのべて下さる‥‥とも。
ただ、香淳さまが美智子さんいじめをしていたというのは、ずっと信じられない思いでした。
皇室特番では香淳さまが登場する場面は少なかったですが、昔の映像などを見るととてもお優しそうに笑っておいでだったからです。
こんなに優しい表情する人が、虐めたりするんだろうか‥‥?
表情は人柄を語るものです。
そうした違和感や疑問は、両陛下のおかしなことを知って全てがてんがいきました。
そうか、おかしかったのは美智子さんの方だったんだ‥‥と。
そういえば、敬宮さまが生まれた当初、皇太子さまにそっくりだという人がほとんどでしたが、まれに「紀宮に似ている」という人もいました。
わたしはあまりそうは思えなかったのですけど、紀宮も顔の系統としては皇太子さま同様、香淳さまのお血筋が出ているかもしれません。
美智子さんは紀宮に対してどんな感情を抱いていたんでしょうね?自分にはこれっぽっちも似てなくて、姑に似ている娘。
いつも辛気くさくて暗い表情をしていた紀宮。結婚したときの表情も暗かった。
どんな母子関係だったのかは、容易に想像出来そうです。

昭和の皇后さまの笑顔が懐かしいです

友納さんの書いていることの真偽はともかく、前年12月末に繋留流産の手術をなさって、わずか2ヶ月で公務に復帰された雅子さまが、術後半年の段階で不安定な体調だったとしても何の不思議もないと思います。
昭和の皇太子妃が第2子を流産した時は、半年間静養させていました(実父付き)。

昭和と平成、一体どちらの皇室が温かかったでしょう。

香淳さまの汚名が雪がれる日が必ず訪れることを希望します。

敬宮さまを執拗に苛めてた理由がわかりました。

憎さも憎し、だったんですね。敬宮さまが優秀で、文武両道、容姿も秋篠宮家の女子の格段上、国民の人気も上、というのを悟った途端、「愛子はわたくしに似ている。」発言ですものね、なにをかいわんやです。近づいて来るな!と言いたいです。

皇太后さま葬儀当時のこと

香淳皇后斂葬の儀の日は、雅子さまは欠席されたため、アンチがサボったと騒いでおりますが、確かに当時は体調不良を理由に欠席されました。

ただ、前年の稽留流産に伴うご静養は、2000年2月、3月の辺りで終わっていて、皇太后さまが崩御された6月の段階では、既に雅子さまは公務に復帰されています。同月8日には小渕元首相の合同葬にも皇太子さまとともに参列されているので…。

友納氏の著書にも書いてありましたが、斂葬の儀当日に体調を崩された背景には、確かお世継ぎ問題を巡って雅子さまが宮内庁幹部から信じがたい発言か何かを受けたことが原因であったとされています。今、手元にその著書がないので詳細は書きませんが、ようやく公務に復帰されたばかりの雅子さまに更なる追い打ちをかけたことが大きな理由で、妃殿下も3年後に療養生活に入られるまでは、誰にもこの出来事をお話にならなかったと言われています。

皇太后さま崩御のときの過去の新聞をあさったことがありますが、やはり昭和天皇のお妃ということもあり、崩御される前から大きく取り沙汰されていました。ですが、やはり新聞記事などのお写真は、皇后時代のものが多く、皇太后として掲載されたお写真としては1994年当時のお写真しかありませんでした。お出ましの回数が皇太后時代には激減してしまったということで、ご症状も良くなかったのかなと思います。皇太后時代の香淳皇后に関する他の記事も探してみましたが、ご静養に入られたことと、お誕生日をお迎えになられ最近のご動静を軽く記事にしているぐらいでした。

懐かしい良子皇后さま

ヘカテ―様、良子さまの映像、ありがとうございます。
IOCの役員(?)をお迎えになる良子さま、堂々として貫録十分。
映像の中に昭和の皇太子妃がチラッと映っていたけど、ロイヤルというより、どこかのバーから臨時に連れてきたホステスみたいに見えます。

やっぱり育ちは争えない。

いつの放映だったかなあ。

いったいいつのことなのか、記録しておけばよかったと思います。
たぶん、香淳皇后の古稀か喜寿のお祝いの時だったのでしょうか。
テレビに「香淳皇后のご学友」と言う大変品のよい老婦人が出演して、
「わたくし、皇后さまのおみ足を踏んでしまったんですの。ぎゅうっと」
香淳皇后は久邇宮の女王、それでなくても皇族の姫なのに、9才にして東宮妃の最有力候補となりました。つまり将来の皇后陛下になる方。
その方の足を思いきり踏んづけたら、やっぱり「まずいわっ」と子供ごころにも思うでしょう。不敬罪のある時代です。
「そうしたら、皇后さまはわたくしの足をチョイと踏んで、『おあいこ』と、ニコッとされたんですのよ」
その品のよい老婦人は嬉しそうに話しました。
私はその映像を視ながら(変だなあ。そんなやさしい人が美智子さまをいじめるのかなあ)、そう疑問に思いました。
ニコッとして「おあいこ」、香淳皇后らしいなあ~。あの上品なご学友も香淳皇后の名誉回復のために決死の思いでテレビ出演されたと想像してます。上流の大奥さまはマスコミ露出嫌いますもの。
私は、香淳皇后の認知症は八百万の神々の思し召しだと信じてます。最愛の主上(おかみ)の崩御を正気で見るなど、残酷すぎます。
それと、香淳皇后と同世代の私の祖母は、正田美智子さんを見て、
「この娘は○○(私の母)と同じくらいの年頃だろうに、こんな太もも丸出しで男の人と歩いて、よく恥ずかしくないものだ」と話していたそうです。
テニスウェアのこと。
いえいえ、ばーちゃん、その太ももがヨカッタんでないですか~アキシト親王殿下におかれましては。(祖母が生きてたら、そう言いたいです。)

おいたわしい

本当に、昭和の両陛下の映像を見るたび、もっともっと長生きして頂きたかったと心より思っております。

知人に、「美智子様をいじめた」と言われている妃殿下と同じ名前の方がおられるのですが、「初対面の人に良く思ってもらえない」と憂鬱な表情で話しておられました。
なんとか汚名返上してあげたいです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR