両殿下、宮古市をご訪問され、被災者と懇談されました



皇太子殿下、雅子さまお疲れさまでした。


両殿下の姿をご覧になって少しでも岩手県民の皆さんが元気になれればと祈るばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昨日と今日

お出迎えとお見送りに行ってきました。
お出迎えは駅の向かいの歩道で。お見送りは駅のすぐ前で。
両日共に、天気が不安定だったのですが、両殿下のご到着近くになると雨が上がり晴れ間がのぞくという不思議を目の当たりにしました。
お出迎えの時は、お車で通り過ぎるのをちらとしかお姿を拝見できなかったのですが、お見送りの時は場所が良かったので、ご夫妻のお姿をしっかり瞼に焼き付けることができ、感激で一杯です。
沢山の困難を乗り越えられてきたご夫妻の穏やかで和やかな笑顔。テレビの映像では到底分からない説得力のある存在感。圧倒されるというのではなく、温かくこちらを包み込んでくださる優しさ。そして清々しさ。
思いの外、長く手を振ってくださって、その間私は声も出ず、固まったままひたすら並んで立つご夫妻のお姿を凝視していました。
そして「いろいろ落ち込むことが多いけど、頑張ってみよう」
そんな気持ちになりました。
優しく心を宥めていただいたという感覚です。
地震から五年たっても、こうして気にかけていただいて、遠い岩手まで来てくださって、本当に感謝の気持ちで一杯です。
岩手は広くて移動に時間が掛かり、大変なんです。
盛岡から宮古の浄土ヶ浜まで片道約三時間かかったと聞いています。
どうかゆっくりお休みくださいますようにと思っています。




北原様はじめ熊本の被災された皆様。余震もあり、また大雨の被害も出ていて、亡くなった方もいらっしゃるとのこと、お見舞いとお悔やみを申し上げます。
こんなことし言えませんが、北原様もお体ご自愛くださいますように。



ヘカテー様、下郎下女はただの部外者です。被災地に関係のない奴等ほどギャーギャーみっともなく騒ぐんです。要するに、自分の生活が満たされていなくて、よそ様を叩くことにしか楽しみを見いだせない哀れな連中。
そんな連中がなにを言おうが、私達は今回の皇太子ご夫妻のご訪問を嬉しく、有り難く思っています。
下郎下女は黙ってろ。



無知で恐縮ですが、動画最後の皇太子ご夫妻とお話しされてるおじさま、とてもいい表情でお話しですね。
ご夫妻の嘘のなさそうな仕草のひとつひとつがそういう雰囲気を作っているのだなと思いました。

岩手在住さま

詳細なご報告をありがとうございました。東宮ご夫妻のお人柄が伝わって、ほっこりいたしました。岩手在住さまも、律儀に約束を守って投稿して下さるような誠実な方で、北原は感激しました。

5年経っても完全な復興には至らない現実は、被災したばかりの熊本県民には重い真実ですが、前を向いて歩いていくしかありませんね。弱り目に祟り目の大雨に何だかやりきれなくなっていました。余震もまだあって、がっくりしちゃうんです。そんな中のこのニュースは勇気づけられるものでした。

東宮ご一家を愛する皆さまは本当に温かい人ばかり。皆さまと一緒に皇太子さまの即位をお祝い出来るよう、北原もまずは体調を回復しようと思います。

どんなに叩いても国民は東宮家が好き

>沢山の困難を乗り越えられてきたご夫妻の穏やかで和やかな笑顔。テレビの映像では到底分からない説得力のある存在感

そうなんです。直に拝見した人しか判りません。
マスゴミもアンチも10年に亘って酷いバッシングを繰り返してきた。
でも直に拝見したら思わず歓声を上げてしまう。バッシング記事なんて忘れてしまう。あんなこと嘘八百とばれてしまう。
ご夫妻の行く先々、動員なんかかけなくても人が集まり大歓声が上がる。そんな雰囲気をお持ちなのです。

バッシングさせた黒幕さん、残念でしたね。
国民の本音の声が無視されたけど、キコさんのテロ懐妊が発表されたとき、ほとんどの国民が呆れて嫌悪を覚えたのですよ。
「そこまでやるかっ!」って。
それまで特にあの夫婦が嫌いでなかった人も、すっかり嫌いになってしまったのです。
彼らが行く先で、東宮ご夫妻のような大歓声が上がりますか?
悠仁さまの存在をどれほどの人が覚えていますか?

不思議なのはアンチが秋篠夫婦の行く先々に押し掛けて「秋篠宮さまーっ、キコ様ーっ!」と、どうして大歓迎しないのでしょうか。 
どうしてカラスの声しか聞こえない状況を放っておくのでしょう。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR