昭和は27年間も皇太子不在でした

今回の秋篠さんちがもらしたとか

ミテコさまがリークしたとか言われている

「天皇やめちゃうぞ!」ニュース

90パーセント以上の国民が

「どうぞ、どうぞ」

とダチョウ倶楽部みたいな反応をしました。

さて、マスコミは

「皇太子殿下が天皇になったら皇太子がいなくなる!」

と騒いでます。

INDEXさまの記事にナイスなコメントを見つけたので引用させていただきます。

≪引用はじめ≫
ベーキングパウダーさまコメント
徳仁天皇の東宮が不在でも全く困りません
Wiki より

■ 皇太子
次期皇位承継者が決定されると同時に、もしくは日を改めて速やかに立太子礼が開かれ、次期皇位継承者は皇太子になる。
しかし、立太子礼を経ない場合には、「皇太子」ではなく、「儲君」(ちょくん、もうけのきみ)と呼ばれた。

■ 立太子
日本の朝廷においては、古くは儲君(ちょくん、もうけのきみ)とも呼ばれ、儲君を受けた皇子は立太子の礼(立太子礼)の儀式を執り行い、下記の例の如く、内外に皇嗣たる皇太子に就任したことを宣言する習わしであった。


■ 大正天皇
1879年(明治12年)8月31日 ご誕生
1887年(明治20年)8月31日、8歳の誕生日の時に儲君となる
1889年(明治22年)、皇室典範の制定により皇太子となり、立太子礼を挙げる。

■ 昭和天皇
1901年(明治34年)4月29日 ご誕生
1912年(明治45年)7月30日、祖父・明治天皇が崩御し、父・嘉仁親王が践祚したことに伴い、皇太子となる。
1916年(大正5年)年11月3日に宮中賢所で立太子礼を行い、正式に皇太子となる。

■ 今上天皇
1933年(昭和8年)12月23日 ご誕生
1952年(昭和27年)11月10日、皇居・表北ノ間で立太子の礼と皇太子成年式が挙行。

■ 皇太子徳仁親王
1960年(昭和35年)2月23日 ご誕生
1989年(昭和64年)1月7日、昭和天皇崩御を受け皇太子明仁親王が即位した。これに伴い、皇位継承順位が1位となり、徳仁親王は事実上の皇太子となる。
1991年(平成3年)2月23日、満31歳となった日に立太子の礼が執り行われた。また同日、皇太子の印とされる「壺切御剣」を今上天皇から親授された。


*************************

皇位継承第一位の親王であっても「立太子の礼」という儀式を経て正式な皇太子となります。

このままでは東宮が不在になると言われていますが、
■ 立太子礼を経ない場合には、「皇太子」ではなく、「儲君」(ちょくん、もうけのきみ)と呼ばれた。

ということですので、徳仁天皇の東宮(皇太子)が不在でも何ら問題ありません。

皇位継承第二位の秋篠宮文仁親王は可及的速やかに皇太弟にならねばならない必要は全く無いのです。

≪引用終了≫

立太子の礼

この儀式はものすごーく重要です。

昭和天皇と良子さまの間には長いこと内親王さまばかりで、

親王が生まれないという時がありました。

この間にもし弟君であらせられる秩父宮さまが立太子の礼をされて皇太子となられていたら、

例え天皇の息子がその後に生まれても、秩父宮さまが皇太子のままです。

そのくらい重い儀式なのです。

秋篠信者はそれがまーーーーったく分かってないので

「ナルを引きずり降ろして秋篠宮さまを皇太子に!」

とか言っちゃってるのです。

うーむ、しかし歴史的に見ると皇太子がいない時代って非常に多いのです。

昭和ってスゲー。

27年間も皇太子不在ですよ。

まあ昭和8年に継宮明仁親王が生まれたからということもありますが、

その時点でもすでに8年間も皇太子不在ですよ。

むしろ平成の方が皇室の歴史を考えると非常にレアですね。

大正生まれの人ならわかるけど、

80代以下の日本人はみんな知らないんじゃないかな?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ホント、こういう事をメディアで流してほしいですよね!
でもきっと今回の事で今上はますます嫌われたと思うので、思うようには進まないと信じています!
バカの浅知恵

優先順位が間違ってる!

アンチ東宮と自称保守の主張としては、やはり皇太子殿下が第126代天皇に即位された場合、秋篠宮が「皇太子」「皇太弟」となるだろうと言っていましたね。中には質問の回答として分かり切ったように答える者もおりました。

正直、皇室としては別に皇太子が不在でも構わないんですよ。ヘカテー様も既に挙げられているように、昭和天皇の御代では今の陛下がお生まれになるまでの8年間は、皇太子が不在な時期があったんですから。継宮がご生誕となってからは、事実上皇太子殿下として扱われましたが、立太子の礼は戦後の昭和27年でしたので、実質27年間は皇太子不在の時期があった訳です。

昭和8年まで皇位継承順位1位であった秩父宮殿下は、昭和天皇の子になかなかお世継ぎが生まれない時期であっても、皇太子、皇太弟として冊立されず、あくまで昭和天皇の皇弟というお立場でした。もう香淳皇后がお世継ぎをお産みになることは難しいかもしれない、という風潮が出てきても、冊立なんていう話はありませんでした。つまり、皇室としては別にわざわざ皇太子、皇太弟がいなくても困ることはなかったという訳です。

私は、皇太子不在で一番困るのは、皇室というよりは宮内庁ではないかと思います。皇太子不在となれば、確かに東宮職の存在意義は当面無くなるわけで、配置転換などの問題が生じます。また、皇太子としてのお務め(公的活動)も支障は出ると思っているのでは。宮家皇族のままだと、皇太子としてのお務めを果たすことはできませんからね(だからといって、徳仁天皇陛下が皇太子時代の公的活動までを引き継ぐことは負担増になるので簡単にはいきません)。

皇室としては皇太子不在なんて困ることはありません。皇位継承問題はまだ未解決ですし、秋篠宮は徳仁天皇陛下の皇弟してこのままでいれば良いと思います。皇太子冊立は、まず皇位継承問題の結論を出してからでも十分間に合います。

皇位継承問題を放置したまま、「秋篠宮殿下を皇太子、皇太弟に」なんて話を出す方がそもそもおかしいことなんです。優先順位を間違えています。

あの弟だけはマジ勘弁

ヘカテ―様、物凄く解り易い記事をありがとうございます!

INDEXさまの記事のコメント+ヘカテ―様の解説を読んでホッとしました。
精神状態が体のダメージに繋がるお年頃なもので助かります!
私にとって、一服の清涼剤の記事です^^
漠然とした不安があったものですから。
皇太弟とか冗談じゃないっちゅーの!

私の母が言うことにゃ。

私の母親は昭和10年生まれ。
「良子さまは女の子ばかりが生まれて、肩身の狭い思いをして可哀そうだった。美智子さんがすぐに男の子(浩宮)を生んだのは、別に美智子さんが偉いからってわけでじゃない」
そう言ってますよ。(祖母の受け売りだろう。)
母と私は仲の良い親子ではないが、皇室バナシでは意見が完全一致します。
もう死にましたけど、母方祖父母は美智子皇后のことは、アッサリ、
「早い話が、粉屋のムスメ」
ひとことでしたなあ。
今上と美智子皇后は同世代に評判悪いんですよ。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR