学習院の文集に掲載された礼宮の卒業記念特集

学習院の卒業生の方からメールをいただきました。

「皇族に生まれた人より、皇族と結婚した私の方が偉い by 皇太子妃美智子さま」

私は学生時代、学習院で、浩宮さま=現皇太子殿下と学年が近かったので、「皇族は庶民に気を使ってくれて、控えめで、人がすごく好い」という印象で育ちました。
ですので、アーヤこと礼宮さまが、スポーツで負けそうになると「俺は礼宮なんだぞ!」と威張るという話を聞いたときに、「それはあり得ない!」と思ったものです。でも、その後いろいろあって「アーヤは、そういう人なんだ」と理解するに至り、前述の印象は、浩宮さま個人の印象だったと気がつきました。

自分が生で覚えていない、「アーヤの子供時代の様子」の手がかりに、最近、当時の学習院の文集を借りました。
「なるほど」と思ったことは幾つかありました。当時の初等科は、礼宮に対して、かなり「投げやり」だったと感じられました。何か、そうなった事情があったのでしょう。一方で、サーヤこと紀宮さまが、子供時代にわりと文才があったと感じました。

また少しづつ投稿したいと思っておりますが、今日は「卒業特集ページの1枚」です。
礼宮さまの卒業時に、「入学から今までの写真数枚」が文集に掲載された中のものです。

入学すぐの「父母参観の写真」です。参観日に昭和の皇太子夫妻は、こんな感じに「微妙な特別扱い」をされにこにこしていますね。
まだ第二次世界大戦から27年ですから、充分「平民と同じに!」なんて言われていたでしょう。

ただ、当時の「学習院初等科」には、一定の割合で「旧皇族・旧華族」の子女がいましたから、その親御さん達は生まれついての皇族や華族であったことでしょう。そういう人達が立って参観している中で、美智子妃殿下はこういう感じにしておられたんですね。

この雰囲気は記憶にあります。美智子妃殿下が来るというので、生徒がみんなで立って待たされて、でも、遅れてやってきて「めんどくさい人だなー」なんて思った記憶とか・・・。前も書いたように、私も最初は子供心に「芸能人のような美智子さま」に期待していたんですけどね。
「旧皇族・旧華族」の方々にとっても、競争心が強く、スタア気分の美智子さまは、どうも扱いにくかったかも。

あと、昭和の皇太子殿下はなんとなく「余裕がなかった」というか・・・。50年たった今、「全力で公務に尽くしてこそ、象徴天皇にふさわしい」=「天皇をやりきって引退したい」と、全国にピンを刺しておっしゃられても、天皇はスポーツ選手でも女優でもないので、何かと競争するものではないのにねー。


さてさて、この写真の主人公のアーヤは、「顔が大きい」「目線がはっきりしない」お子さんとして写っています。

入学したてと言っても、生徒たちの視線を追うと、先生の方を見ている子と、カメラの方を見ている子がいます。目が活きてます。でもでも、アーヤはボーッとして何も見ていない感じですよー。


この写真をあえて選んだ初等科は、投げやりだったのか?、それとも、どの写真選んでもこんな感じだったのかな?
スキャンしてもドットが目立つ写真です、アーヤの写真って印刷も粗めなので仕方がないんです。


cf5d2bb8a50221665c80c222eab18d2e.png


アーヤアップ

7e700b6b4ab6eb24b7226cc9e24e2a7e.png

adb766b64a32db1a699af9fe0b982541.png


メールありがとうございます!

なんか1人だけ帽子被ってますね。

アホのアーヤの両親だけ椅子に腰かけてる。

着物をお召のお母さんが多いことも時代を感じます。

ヘカテーの頃は小学校1年生の授業参観で着物を着てたお母さんは一人しかいなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

え?どこに??

探してしまいましたよ。
一際アホ面晒してる子ですね。

昭和の皇太子は、余裕がないっていうか影が薄かったですよ。
女房ばかりが目立っていたからかもしれませんが、本当に印象が薄いです。
「海外にばかり行きたがる」と言われていたのは、昭和の皇太子夫婦です。

母親なら心配になるはず

アーヤ本当にどこ見ているんでしょうね。
アップの方の写真も右目と左目で何だか見ている方向が違うし、心ここにあらず…という感じ。
普通母親なら、自分の息子が集中力にかけているとか落ち着きがないとかいうことがあれば、より注意して勉強を見てあげるとか集中力や忍耐力が増すような習い事を根気よく続けさせるとか、その子に注力しますよね。
なのに美智子さんは出歩いてばかり。
若い頃の写真を見ても、子供たちを気遣う母親というより自分がどう見られるかばかり気にしている感じ。
そういうところが彼女を好きになれない理由です。
そう考えると今秋篠宮があんななのも、
彼一人の責任ではないのかも。
まあ結婚相手は彼が選んだから自業自得ですけどね。

北の将軍みたいな表情ですね・・・

礼宮さま、お顔が大きいですね。そのお母さまは、頭が巨大で、何事も大きければヨシとする家風なのかと思ってしまいました・・。顔の大きさは、本人の意志ではないですが。

そういえば

アンチ東宮で私はき○○いブログだと思ってる○れで○草ではよく影子だとか、1号2号とか耳の形が違うから別人とかやってますがそれでいったらから皇太子殿下の愚弟も顔立ちが違うから別人ですね~(笑)
人間なんて年を取れば顔立ち変わってくるしから写真を撮る角度なんかでも雰囲気が変わるのに…。
あいつらほんとに馬鹿ですね。でもそんな風に言って自分を安心させなきゃやっていけないみたいですね~ 可哀想に…。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR