村上市観光協会公式HPを見てみよう!

村上市観光協会公式HP

村上市観光協会の観光パンフレットを閲覧できるのですが、

91681401af7dc45241e62308132b716e.png


そこにこんな記事がありました。

むらかみ市パンフレット

さらにおしゃぎり会館なる施設があると書いてあったのでクリックすると

おしゃぎり会館HP

47c834ae7cbca62a7bae5d053c23b8a4.png

WOW!「皇太子妃雅子さまゆかりの地というコーナーがある

さらにぽちっとクリックすると

http://www.iwafune.ne.jp/~osyagiri/owadake/owadake.html

皇太子妃雅子さまゆかりの地・村上

雅子妃殿下と村上とは、とりわけ深い関係があります。
 旧村上藩主内藤家の家臣家系図で、最初に小和田家の名前が登場するのは天明7年(1787)第十代藩主内藤信敦侯時代の分限帳に「下横目、小和田新六」とあります。下横目とは、下級藩士のお目付役で禄は二人扶持でした。
 小和田新六は、柔術(制剛流)の達人でした。郷土史によると新六が天明8年(1788)に丸山令二治らと出した制剛流の許状が紹介されています。許状を出すには武術だけではなく人格識見ともに備わっていなければならず、新六もまた深い学識を備えていたものと思われます。
 江戸末期、村上藩沖にも「黒船」が姿を現わします。嘉永元年(1848)4月、内藤藩は酒井藩とともに海岸防衛のために出兵します。その中に、小和田道助の名前が見えます。道助は、安政6年(1859)親鸞上人の大法要の時、本悟寺(村上市細工町)に絹に銀の刺繍をした立派な打敷を寄進、今も同寺に残っています。幕末、小和田家はいくつかの分家を出したといわれ、雅子様のご先祖もそのひとつになります。
 小和田新六から曾祖父金吉までの家系については不明の点が多く、これからの調査に待つところが大きいのが現状です。
 明治初年の氏族名寄帳と、幕末に生きた人の聞き書きをもとに大正元年に作られた村上城絵図には、四人の小和田姓が登場します。
 戊辰の役で、村上藩は激しく揺れ、明治初年まで村上に住んでいた小和田一族は武士の身分を失い各地に別れました。
 一族の墓は、本悟寺と同市寺町の西真寺に残ります。西真寺の話では、同心組に名を連ねた小和田兵五郎の墓を、小和田毅夫氏が何度か訪れているとのことでした。 また、旧村上藩士族の団体である村上城址保存育英会に保存されている明治17年の村上鮭産育養所の漁業権者名簿(736戸)に金吉氏、大正13年の名簿に毅夫氏の名が記載されています。
 雅子妃殿下の曾祖父金吉氏(1900年没)までは、現在の村上市飯野に住んでいました。祖父の毅夫氏は教員になって村上市を離れ、新発田市、上越市を転任しながら移り住みました。
 父 恒(ひさし)氏は、毅夫氏が新発田市で教壇に立っているときに生まれましたが、本籍は村上市になっていました。
 村上市を流れる三面川は、世界に先駆けた鮭の人工増殖法とされる「種川の制」を旧藩時代に確立し、貧しかった藩の財政再建に貢献しました。明治の廃藩置県以降は、この収益で私学校が設立されたほか、旧藩士の子弟の育英制度が設けられ、これによって学び世に出た人たちは「サケの子」と呼ばれました。金吉氏、毅夫氏もその一員でした。
 妃殿下の祖母静さんの先祖も、旧村上藩士であることが記録により明らかになりました。このように雅子妃殿下と村上とは深いつながりあるのです。

2階展示場にはご成婚に伴い村上市役所で行われた除籍事務の関連資料やご成婚を記念して製作された村上堆朱の大きな二斗杯などを展示しています。


5dd857da5fb9852ee5a248cbc3610914.png

さらに家系図も書いてあった。

222d7dc450431946bf5981702e0469cc.png

はい、皆さまご注目

>旧村上藩士族の団体である村上城址保存育英会に保存されている明治17年の村上鮭産育養所の漁業権者名簿(736戸)に金吉氏、大正13年の名簿に毅夫氏の名が記載されています。
>明治の廃藩置県以降は、この収益で私学校が設立されたほか、旧藩士の子弟の育英制度が設けられ、これによって学び世に出た人たちは「サケの子」と呼ばれました。金吉氏、毅夫氏もその一員でした
>妃殿下の祖母静さんの先祖も、旧村上藩士であることが記録により明らかになりました。このように雅子妃殿下と村上とは深いつながりあるのです。


村上市の人たちがちゃんと調べた結果、

正真正銘 小和田家は村上藩士の家系なのです!!

「サンダイマエガー」と喚いている下郎下女どもは村上市民の人たちがまじめに調べた結果に屈服したまえ。

村上市民のみなさんは雅子さまが大好きです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

郷土の誇り

こういう記事、本当に嬉しいですね。

村上の市の花は

はまなすの花なんですよ〜
皇太子妃殿下雅子様ゆかりの地という大きな看板もあります。
村上市は上品な佇まいの城下町❣
おしゃぎり会館には敬宮様の山車もあるそうです。(来年の雛祭りに見に行く予定)

ナマズの嫁では

3代前まで遡れないのはナマズの嫁じゃなかったでしたっけ?
ナマズ婚約の際、私も大学在学中でしたが、
当時の宮内庁はナマズの嫁は妃にはふさわしくない家柄なので

側室=愛人であればOK!!と許可したと記憶しております。

出自の卑しいカスヨ、恫喝の親爺が怒鳴り込んで無理やり
正妻の座に捻じ込んだとナマズ婚約当時からもっぱらの噂でした。

ネットなど無かった時代、地方に住む人々の間にまで、
2回の堕胎歴が語り継がれていたくらい、グレーな過去を持つ女で
有名だったんですもの。。。

そんな暗い過去を持つ女がヒートーミヤ卑になりました。
高松宮妃殿下が生前、一度も自邸に招かなかった唯一の
ミヤ卑と高松宮邸の近くに住む友人から聞きました。
「サンダイマエガー」はナマズの嫁だったと記憶しております。

週刊誌天皇制の終わり

ちゃんと調べるべきは紀子さんの方でしょうに。
父方には建築詐欺師(もみ消したが)やその他もろもろ、母方先祖も、実際はかなり怪しげな来歴なのはよく知られています。

美智子さんだって、もう盛り過ぎるだけ盛って書かれてるけど、群馬県内では、別に名家でも旧家でもなんでもないし、そもそも全くの無名のお家(母親が前橋出身の友人談)。
館林って、県の中心からするとかなり田舎ですしね。特に戦前はまだ市になっておらず、郡部としての扱いでした。

同じ醤油を作る業者は別にして、前橋や高崎あたりの県の中心部にすむ普通の人たちにとって、正田家なんて全く知られてなかったんですよ。
むしろ、東京へ出て行った分家の日清製粉がそこそこ上手くいったことによって、本家の醤油屋が多少なりとも価値を上げたというのが実情でしょう。

本当に上州の旧家なら、紀宮があんな結婚になることは絶対にありませんよ、たとえどんなひどい御面相でも。

皇室に嫁ぐということで、相当にデタラメなことをマスコミと結託してやらかした二人が、皇室の乗っ取りをたくらんでいると考えてもいいかもしれませんね。

美智子さんについても、紀子さんについても、かなり嘘があるってこと、新聞社なんかは良く知ってるはずだけど、一緒に国民を騙しちゃった共犯者だから、今更、どうしようもないんでしょう。

雅子様への攻撃は、こうした要因が背景にあるように思われます。
デタラメの集積が、時間の経過とともに隠せなくなり、溢れ出してきて慌てふためいているのが今の現状なんでしょう。
自分たちが過去にやらかした不都合なことを、全部、雅子様になすりつけて叩き出し、何とか逃げ切ろうとしているかのようです。

そう遠くない将来、過去半世紀の皇室報道が原因で、いくつかのマスコミは確実に潰れると思いますよ。
正田家にべったりついていた朝日の佐伯、そして川嶋家御用達の岩井克己、彼らが一番よくわかっているとはずです。
婚約の時から、嘘ばっかり書きやがって。
首を洗って待ってろ、と言いたいですね。




今どんな気持ち?

アンチ東宮、悔しいのうwwwww
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR